誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

ドイツの哲学者のショーペンハウエルは、多くの人物を観察した結果、成功する者には、「二つの試練テスト」があり、それを克服した者だけが成功を手にすると言っています。まず、第一の試練とは、嘲笑・馬鹿にされることに耐える試練 ... » more

プラトンは、洞窟の比喩において、現象はイデアの光を操った影絵であると示唆した。影絵であるゆえに実在では無いということですが、影絵の人形が心の像であるのならば、我々の「心の鏡に映った現象が影絵になる」ということであり、同時にプラト ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 哲学  コメント(6)

マンスプレイニングはどうして男性に多いのか?:男性社会の変化と中高年男性の若い女性との関わり 男性が女性に対して“上から目線”で説明・説教するという『マンスプレイニング(Mansplaining)』が、BLOGOSの記事で取り上げられていました。相手が女とみると上から目線で説明してくる「マンスプレイニング」――「この概念には ... » more

BlueBloomBlog洞窟の比喩
洞窟の比喩 プラトンは、洞窟の比喩という例話で、人間は生まれながらに洞窟の中に居て壁の方向だけを見ている。洞窟の壁に映し出された影を真実と思っている。しかし本当の世界は洞窟の外にあり、人間世界の現象は、外の世界から洞窟に入ってくる光 ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 哲学  コメント(9) トラックバック(1)

ホワイトデーも近いということで、今回は「好きな女に必ず男がする質問」の話をしましょう。知ってますか?親しくなるには会話という行為が重要でありましょう。会話が無くては意志表示も出来ない。しか ... » more

“共感(empathy)”に基づくコミュニケーションの効果と難しさ2:思考の共感・感情の共感 気のおけない親密な間柄や長期の付き合い、強い信頼感があるほど『共感的理解の妥当性・正確さ(自分が相手に共感してもらえているな・相手が自分のことを分かってくれているなと思える実感)』は、やはり上がりやすくはなってくるし、正確でなくてもお互いの ... » more

脳内の『報酬系(ドーパミンの報酬回路)』の働きと依存症(病的嗜癖)の形成 脳神経科学やその知見のイメージを応用した性格テストでは人間の喜怒哀楽を『脳内ホルモン(情報伝達物質)の分泌の増減』によって解釈しようとするが、人間の“喜び・幸せの快楽の感情”には、ドーパミンやエンドルフィンといった脳内ホルモン(脳内化学物質 ... » more

“共感(empathy)”に基づくコミュニケーションの効果と難しさ1:他者の内面は正確には分からない カウンセリングや心理療法では、カール・ロジャーズのクライエント中心療法(来談者中心療法)をはじめとして『共感(empathy)』が重視されている。共感しながら相手の感情や立場を理解していくという『共感的理解』は、カウンセリングだけではなく良 ... » more

BlueBloomBlogサイコパスのイジメの特徴
知り合いの優秀な美容部員の女性リーダーが精神的に追い詰められて長年勤めた会社を退職することになったという話を聞いて驚いて彼女に理由を聞いたら、1年前に他社から引き抜いた女性部下からの執拗な非難、中傷により精神的に参ってしまっ ... » more

「彼は(彼女は)私のことをどう思っているか」確実に判る方法はないかという質問をよく見かけます。「自分のために時間を作ってくれる」とか「自分の言ったことをよく覚えている」というのも好意を示すポイントです。しかし、気があって ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 恋愛  コメント(33) トラックバック(1)

A.バンデューラのセルフ・エフィカシー(自己効力感)と内的統制の状況認知によるモチベーション向上 人間が物事を意欲的に行おうとするモチベーション(動機づけ)には、目的とする行動以外の報酬によって行動が強化される『外発的動機づけ』と目的とする行動そのものに興味関心や魅力を感じる『内発的動機づけ』がある。モチベーション向上には社会的・経済的 ... » more

この宇宙に生物が存在するか?という疑問に対し、どうやら生命が誕生するのはそんなに特別なことではないそうだ。しかし、我々人類と同じように知性を備え、文明を築くような生命がいるかとなると、こちらは非常に難しいらしい。 ... » more

非定型うつ病の“ストレス反応性・拒絶過敏性・依存行動”を緩和するための認知転換とストレスコーピング 非定型うつ病は従来のうつ病とは違って、自分の好きなことや楽しいことをしている間だけは気分が明るくなり行動力が回復するという『気分反応性(ストレス反応性)』が見られます。その為、周囲から擬態うつ病や詐病と疑われやすいのですが、『睡眠障害(過眠 ... » more

リーダーというのは、最初は皆が応援してくれますが、長くやると絡まれるというかいちゃもんを言われることが多くなります。それで悩んで苦情対策本などを読み、「人間の本質は他人認められたい」と知ると、「自分(クレーマー)が皆から ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 恋愛  コメント(9)

子どもの気質と母親の養育態度から形成される“愛着の質”:愛着行動と抗ストレスホルモンの分泌 乳幼児の精神発達では、生後5ヶ月頃から母親と知らない他人を区別して『人見知り不安(stranger anxiety)』を見せるようになり、人見知り不安は生後8ヶ月頃に最も強くなる。人見知り不安は『母親との愛着形成』や『シャイネス(回避的な恥 ... » more

乳幼児期の“言葉・遊びの発達過程”と言語獲得の相互作用説:2 1〜2歳以上の乳幼児の多くは、『耳で聞いて理解することができる言葉の数』と『実際に話すことができる言葉の数(発語可能な言葉の数)』との間に違いがあるのが普通ですが、実際には大人が思っているよりも多くの語彙を持っていて、話すことはできないが大 ... » more
テーマ 心理学 自然科学 発達心理学

A.ポルトマンの『生理的早産』と二次的離巣性を示すヒトの性格形成・能力発達の可塑性(変化可能性) 前回の記事の続きになるが、特性論(特性因子論)では性格特性を表現する『形容詞・副詞』を抽出して因子分析を行っていくが、どれくらい多くの特性を抽出すれば十分な網羅性が得られるのかというのも判断しにくい。キャッテルの特性因子論では外部から観察で ... » more

“ヒトと動物の大脳の比較”と“チンパンジー(類人猿)の言語能力・心の理論を巡る実験” 前回の記事の続きになりますが、人間の『脳重量・大脳皮質のニューロン数』を、他の動物と比較すると以下のようになります。大型哺乳類と比較すれば人間の脳は特別に巨大なわけではなく、人間の脳機能の優位性には『高度な機能分化』や『脳機能と身体構造の協 ... » more

軽度発達障害と境界知能の問題3:勉強の苦手意識がなぜ情緒不安定を生みやすいのか。 なぜ知的能力の低さによって情緒・気分が不安定になるのかというと、同級生よりも自分が勉強でいつも遅れを取っているという意識から『自尊心の傷つき・劣等コンプレックスのこじれ』が生まれるからであり、一生懸命に自分なりに勉強を頑張っているのに結果が ... » more

ジャック・ラカンは、フロイト的な原点回帰と言語中心主義の精神分析によって、『それ以外では有り得ない不可能性(各人に固有の運命)』として“現実”を再定義した。ラカンの現実の定義は、常識的な『現実』のあり方とは正反対のものであり、一般的 ... » more
テーマ 心理学 思想哲学 精神分析

『タイプ7情熱家・タイプ8挑戦者・タイプ9調停者』の性格の囚われ:エニアグラムの人間観 エニアグラムの性格タイプの分類の基準となる『エニアグラムの質問紙(9つのタイプの典型的特徴の項目)を書きましたが、前回の続きとなる『タイプ7情熱家・タイプ8挑戦者・タイプ9調停者の囚われ』を整理してみます。○タイプ7の情熱家の囚われ ... » more

レフ・ヴィゴツキーの『外言(外語)・内言(内語)』の概念を用いた言語発達論と思考力の向上 J.ピアジェの認知発達論の文脈では『過去に子どもが見聞きした大人の行動の模倣・過去の記憶内容をイメージとして思い浮かべられる能力』というのが発達課題として重要視されます。J.ピアジェの理論の眼目は、7歳以下の前操作期にある子どもは『感覚的思 ... » more
テーマ 教育 心理学 発達心理学  トラックバック(1)

PART1で引き寄せの方法としての「ミラーリング(モデリング)」と「フロー」について書きましたが、モデリングについて詳しく書こうと思う。「お金持ちの伝承」という「都市伝説」があって、それは、「お札は向きを揃えて財布に入れ ... » more
テーマ 心理学 潜在意識 波動と引き寄せ  コメント(5) トラックバック(11)

“支配的で過干渉な親”はなぜ子どもの自立心を阻害するのか2:親子の人生の境界線の混乱 間接的な子どもの言動のコントロール法としては、『断りにくい善意・援助の形をした過剰な干渉』や『寂しくて可哀想な親(子どもから取り残されて佇む親)のイメージの演出』、『家庭内の特殊な慣習やルールの押し付け』などがある。いずれの方法も子どもに自 ... » more

BlueBloomBlog超開運筆跡集
超開運筆跡集 前回の人気者達の筆跡話が案外好評みたいなんで、一気に開運の為の筆跡集を公開したい。つまり、「こういう字を書く人はこういう性格」ではなくて「こういう字を書く人はこうなるのだ!」という有りがたい話だ。これから紹介する例は ... » more

自己評価が低すぎて自分に価値がないと思っている人の根本にある確信的認知は、『自分には愛される資格がない・自分はここに存在していてはいけない・自分が一緒にいると他人に迷惑や不快を与える』といった自分についてのネガティブな見方である。幼 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 00:50

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)
SBクリエイティブ 本田 秀夫

他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書)
SBクリエイティブ 榎本 博明

良心をもたない人たち (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 良心をもたない人たち (草思社文庫)
草思社 マーサ スタウト

大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)
筑摩書房 岩波 明

発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書)
幻冬舎 齊藤 祐作

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る