誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

消費中心の経済社会の拡大や便利な科学技術(ウェブ社会)の発達といった特徴を持つ『現代社会』は、他者に合わせて自分の行動や欲求を自己規制するというかつての『社会規範(共同体の同調圧力)』が弱まりやすく、機械・コンピューターを相手にしているとす ... » more

ストレスやフラストレーションに対処する『大人の適応・成熟』:性格要因が生む精神の脆弱性 精神状態(人格状態)が発達して『大人としての適応・成熟』を実現するということは、ストレスやフラストレーションに対して効果的な対応を持続的にこなすことができるようになるということです。ストレス(フラストレーション)になる行為や出来事を ... » more

精神分析のリビドー発達論(固着・退行)やヒステリー性格から見る“子供っぽさ・未熟さ” ジークムント・フロイトが創始した精神分析では、神経症の心身症状の背後に『無意識的な葛藤の抑圧・隠蔽』を仮定しています。この無意識領域の欲求(願望)の葛藤について『言語化・意識化』することによって、神経症を治癒できると考えるのが精神分析ですが ... » more

BlueBloomBlog流行と顧客層の関係
流行と顧客層の関係 メンタルトレーニングの第一人者である西田文郎の「bP営業力」という本を読んでたら面白い説を見つけたので紹介しましょう。ベル教授によると、大衆は、お金の順位から大きく4つに分類されるそうです。金持ちの分類1,富 ... » more

大阪府の中学1年生殺害事件の容疑者逮捕:犯人の反社会的パーソナリティーと夏休みの子供の居場所 前回の記事を書いたその日の夜に、福島県の除染作業員(契約社員)の山田浩二容疑者(45)が道路上で緊急逮捕された。物流会社の駐車場に遺棄された中学1年生の平田奈津美さん(13)と一緒に行動していた星野凌斗さん(12)の生存を大勢の人が願ってい ... » more

BlueBloomBlogエクスタシーと死
フランスの社会学者エドガール・モランは以下のように指摘している。ホモ・サピエンスがオルガスムスのみならず、あらゆる領域に求まる快楽は、満足の状態を越えて、死に至るまで満足出来ない。つまり、人間は性行為においても、ギャンブ ... » more
テーマ 心理学 カバラ 哲学  コメント(14)

呼吸の瞑想を通したシンプルなマインドフルネス:思考・雑念に振り回されない集中できる知覚体験の重視 呼吸(息)は人間をはじめとする動物(animal)の生命原理であり存在原理でもあるから、『自分の呼吸に気づくことのできる機会』は無限にあるはずなのだが、普段は自律神経系で無意識にコントロールされているので、敢えて意識して注意を向けて気づくよ ... » more

今・ここに意識を心地よく集中するというマインドフルネスの考え方の面白さは、近代的価値の根本にある『思考・判断の有効性』を和らげたことにある。知識・情報を蓄えて、周囲の状況や他者の思惑(反応)を予測しながら、自分の頭でさまざまな角度か ... » more

カウンセリングマインドと人間関係:下心がある人からのご機嫌取り(お世辞)の誘惑 実際には、他人を批判してばかりの人や他人のやっていることにケチをつけてばかりの人というのは、“自分は相手よりも優れているつもり”にはなれても“他者からの評価・承認・賞賛”は得られない。人から認められないために、常に人間関係において『自分は実 ... » more

カウンセリングマインドがある人とない人:他者に対する関心・共感の示し方と会話 カウンセリングマインドは、カウンセリングや心理療法といった特別な環境設定・対話構造の中でだけ専門的に発揮されるものではない、ごく日常的な友達関係・異性関係・家族関係・他者とのふれあいの中で、誰もがあまり意識することなく発揮し合っている心理や ... » more

カウンセリングマインドとは何か?:自己一致から生まれる純粋性・率直性・話の楽しさ カウンセリングマインド(counseling-mind)というのは、カール・ロジャーズの来談者中心療法(クライエント中心療法)をベースにした『他者に素直に共感して他者の存在を受容することのできる安定した心理状態(心的能力)』のことである。 ... » more

BlueBloomBlog努力逆転の法則
「頑張れば頑張るほど、その努力とは反対の方向に現象は推移してゆく」という法則があります。かなり切ない法則である。この法則を発見したのは、フランスの薬剤師であったエミール・クーエで、「努力逆転の法則」というのであるが、 ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 魔術  コメント(15)

マインドフルネス(mindfulness)とは何か?:注意散漫(過剰な思考)から離れた心と体の調和 私たちが自分自身の心の状態を改めて振り返って内省してみると、『今、目の前で起こっている出来事』や『今、そこにいる相手とのコミュニケーション』や『今、自分がしていること』だけに十分な意識・注意・感覚を向けきれていないことが多いことに気づく。 ... » more

フリッツ・パールズとローラ・パールズのゲシュタルト療法では『今・ここの原則』が重視されるが、心理的問題を解決に近づける心理療法の本質の一つは、“過去への執着”と“未来への不安”に過度に囚われないようにすることである。特に現代人は、将 ... » more

“人から嫌われるマウンティング型の自慢話”と“人の興味を惹きつけるシェア型の自慢話”:2 マウンティング型の自慢では意識的にせよ無意識的にせよ『相手に嫌な気分(屈辱・不遇・惨めさ等)』を与えるようなやり取りが含まれていることが多く、分かりやすい自慢話ではなくても『相手が聞かれたくないこと(劣等感・恥ずかしさに触れること)が分かっ ... » more

“人から嫌われるマウンティング型の自慢話”と“人の興味を惹きつけるシェア型の自慢話”:1 “相手からの注目・関心・賞賛を得たい”という気持ちは『承認欲求』として誰もが持っているものだ。だが、承認欲求の満たし方が一方的で自己顕示的(競争的)になると、他者に不快感・嫌悪感を感じさせることで人間関係が上手くいかなくなることも多い。 ... » more

月刊精神分析2015・5月号が発刊されております。 女性ブログランキング育児ブログ・ランキングこんにちわ。セラピールーム燦燦です。 月刊精神分析2015・5月号『特集小林和彦統合失調症』が発刊されております。●小林和彦さんとは ... » more

自己愛性格の“自己の特別視”と“他者との比較・嫉妬”が生む不遇感2:アドラー心理学の共同体感覚 アルフレッド・アドラーが創始した“アドラー心理学”では、人間が幸福になるために最も必要なものとして『共同体感覚』を上げている。この共同体感覚を平たく言い直せば、『仲間と思える他人がいること(仲間である他人の成功・幸福を素直に喜んで祝えること ... » more

自己愛性格の“自己の特別視”と“過剰な競争心”が生む不遇感1:ありのままの自己の否定と優越欲求 自己愛性パーソナリティー障害(過度の自己愛性格)の人は、『自己の特別視』と『際限のない成功・幸福の欲求』によって、絶対に他者には負けられないとか常に自分が特別に認められていないと気が済まないとかいった『非現実的な競争心』に駆り立てられる。 ... » more

昨年民間での心理カウンセラーの資格を取得いたしましたが、もっと詳しく学びたい!!という気持ちが強くなり今年四月から通信制大学で心理学の勉強をがんばっています。不登校児の支援に興味があります。今後、このブログを通し ... » more
テーマ 心理学

家庭に憧れた事はなかった。高校の同級生が商店街を歩いてる時、幼い子供が通ると「可愛い。」「私も子供が欲しい。」と言っていた。私には、そういう感情や願望が全くなかった。大人になってから、職場の女性が小さな子供を見て「旦那は要ら ... » more

“相手の変化に気づくこと(相手への興味関心)”によって得られる親密さ・安心感・ふれあい それなりの関係性がある相手の『髪型・服装・装飾品やメイク・表情・顔色・雰囲気』などの変化に気づいて言葉にしたり肯定的に評価して上げることで、『相手の自分に対する好意・関心・信頼』は高まりやすい。特に恋人・夫婦の関係では、付き合いが長 ... » more

“愛情”と“依存心・執着心”の混同がもたらすもの2:理想化された他者・母を求める退行と精神的成長 “愛すること”や“愛されること”は『愛情と義務に規定される閉じた関係』において人間を不幸・苦悩に追いやってしまうことがあるが、それは『自己完結的な自分の都合だけの愛情・思いやり』を相手に一方的に押し付けて、自分が主役になって幸せになっていく ... » more

夫婦でも恋人でも、愛されるよりも愛したいと思わなければ関係が上手くいかなくなることが多く、相手と一緒になることで楽になりたいと思うよりも、相手と一緒ならどんな苦労や困窮も乗り越えていけると思えなければわずかな挫折・貧苦によって別れることにな ... » more

会いたい時に会って会いたくない時には会わなくも良いという関係、二人以外にも第三者がオープンに介入しやすい関係は『オープンで気楽な関係』である。オープンで気楽な関係には『何かをしなければならない負担感・責任感の重圧』はないが、その代わりに『相 ... » more

“自分がやりたいこと・欲しいもの”と“相手がやりたいこと・欲しいもの”の混同による愛情のすれ違い 愛とは何かという問いには、『相手の立場に立って相手が求めているものを与えてあげること(相手の味方になり相手のニーズや欠乏を満たしてあげること)』や『相手の立場に立って相手のこれからの人生や成長に役立つものを与えてあげること(相手の成長や充実 ... » more

“自己愛・依存心・執着心”によって歪められやすい対象愛(他者への愛)と見返りを求める心理 人間は精神発達段階を経験して各段階の発達課題をクリアすることで、“基本的信頼感+自律性+積極性+共感性(想像力)”に裏打ちされた『対象愛(他者への愛)』を実践しやすくなると考えられている。“本能変遷”とも呼ばれることのある『自己愛か ... » more

“ナルシシズムとしての自己愛”と“セルフラブとしての自己愛”:無条件の愛の要求と対等な人間関係の困難 自分で自分を愛する“自己愛”には『自己肯定感・自信』につながる良い側面もあれば、『他者の軽視・共感性の欠如』につながる悪い側面もある。自己愛性パーソナリティー障害のような他者との人間関係を破壊しかねない過度の自己愛の高まりは“nar ... » more

“何でもしてあげる無条件の愛”と“何でもしてもらいたい無条件の愛の要求”による満足できない男女関係 幼少期の親子関係の歪み(甘やかし)や成育途中の人間関係における傷つき(自惚れ)によって、自分をどのくらい好きか、自分をどのくらい肯定的に見るかという『自己愛』の強度は変化しやすい。自己愛が強いか弱いかという違いは、自分の価値をどう見 ... » more

BlueBloomBlog人は何によって動くのか?
新しい工場を建てる時に、近所の女性と揉めたことがあります。とにかく理不尽な「クレーム」が多いのです。最初、私達は「彼女は病的なクレーマーである」と思っていました。そしてそう思っている間は問題が解決しなかったのです。しかし、建 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 00:50

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)
SBクリエイティブ 本田 秀夫

他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書)
SBクリエイティブ 榎本 博明

良心をもたない人たち (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 良心をもたない人たち (草思社文庫)
草思社 マーサ スタウト

大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)
筑摩書房 岩波 明

発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書)
幻冬舎 齊藤 祐作

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る