誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

C.G.ユングの“シンクロニシティ”とミハイ・チクセントミハイの“フロー”:必然的な偶然による流れ J.D.クランボルツの『計画された偶発性理論(Planned Happenstance Theory)』では、何かをやってみようとする“意識的な行動”が、意図していなかった思いがけない“偶然の出来事・出会い”をもたらすことが仮定されている。 ... » more
テーマ 心理学 思想哲学 精神分析  トラックバック(1)

J.D.クランボルツの『計画された偶発性理論』:行動主義と偶然の幸運の引き寄せ 自分で自分がどのような人間になりたいか、どんな仕事や活動をしたいか、どんな相手と人間関係を深めていきたいか、何を実現して達成したいのかといった『目的意識・具体的な計画』を持ち、それに向けて努力や工夫を積み重ねていくというのが、『人生の幸福・ ... » more
テーマ 心理学 思想哲学  トラックバック(1)

エーリッヒフロム 『フロイトの使命』 ★おススメのネット本スーパー 『honto』です!書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。更に会員になると、毎月10%あるいは ... » more
テーマ 心理学 フロイト 科学論

私達の生活の範疇でも、さまざまな苦境で、負ける者や死ぬ者がいますし、なんでアイツがみたいな「生き残る者」もいますよね。そして、出来れば、自分もなんとか生き残りたいと誰しも思うでしょう。「生き残る者」を研究すると、ただ単に運が ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 波動と引き寄せ  コメント(16)

12ステップを始める事にしました。8月にミーティングに訪れた方に*スポンサー頼みました。メンバーの一人が勧めてくれたので。ギャマノンのミーティングで一度会って、これから準備する物を教えてもらいました。早速Sk ... » more
テーマ 教育 心理学

BlueBloomBlog天才と凡人の定義
天才と凡人の違いとは、知能や才能の差によって決定されます。しかしながら、知能が天才レベルでも凡人がいるし、才能が凡人レベルでも天才と呼ばれる人もいます。つまり天才とは、天才的偉業を成し遂げた人物をいうのであってけっし ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG アスリート  コメント(10)

三重県伊勢市の高三女子殺害事件:希死念慮による嘱託殺人・感情伝染か別の動機があるのか 三重県伊勢市の山林で高校3年生の女子生徒(18)が、同じ高校に通う同級生の男子生徒(18)に殺害された事件は、男子生徒の供述では、加害者側の殺意悪意(怨恨・目的)によって殺されたものではなく、女子生徒の側から『殺してほしい』と要求されての犯 ... » more

生物学的本能(エス)と超自我・社会適応・学習との間で葛藤する“精神分析的な人間観” “人間的な社会性・倫理観・適応力(自立性)”の基盤を獲得するために、『潜伏期(6〜12歳頃)の教育活動・人間関係』において他者と相互作用して物事を成し遂げる協働性・連帯感を培ったり、社会経済的な交換原理(何かを得るために何かで貢献するという ... » more

精神分析のリビドー発達論における『潜伏期(小学生時代)』と社会性・知識技能の学習期間 文明社会を成り立たせる人間らしい社会的・倫理的・知的な行動様式、それらを身につけるための準備期間のようなものとして、異性への興味関心・コミュニケーションが同性社会(男同士・女同士の仲間関係)の中で抑制されやすい『潜伏期』があるのである。 ... » more

文明社会参加の心的基盤を築く『潜伏期』:リビドー潜伏と“超自我・教育・人間関係”からの学び S.フロイトの精神分析のリビドー発達論では、“性的な成熟”と“社会性の獲得”という二つの発達課題が重視されているが、これは『愛すること(関係性)+働くこと(社会性)』に幸福の条件があるとしたフロイトの言葉とも重なっている。ダイバーシ ... » more

自分以外の失敗なのに上司に叱られたり、嫌な仕事が回ってきたり、そんな時に、コンビニで買った焼き鳥で食中毒になったり(これは私ですけど)頑張っているのに、どうもツキが無くて悪循環という時があります。「弱り目に祟り目」とか「泣きっ面 ... » more

何によって“やる気”を高めれば良いのか?:外発的・内発的モチベーションと他者との比較の問題点 人間が頑張って学んだり働いたりしようとするモチベーション(意欲の動機づけ)は、大きく『外発的モチベーション』と『内発的モチベーション』に分けられます。外発的モチベーション……自分の外部にある『対価(報酬)・評価(賞賛)・利益(便宜) ... » more

自分が苦手・嫌いとか顔を合わせたくないと思っている相手は、かなりの確率で相手の側も自分に対してそう思っていたりします。具体的な根拠の乏しい曖昧な苦手意識・嫌悪感の多くは『第一印象(数回のやり取りの印象)の悪さ』を引きずっていたり、『短所・欠 ... » more

『好きな人と分かり合えない悩み』と相手に対する役割期待の肥大:1 人間関係の悩みには『好きな人と分かり合えない悩み』と『嫌いな人と関わらなければならない悩み』がありますが、好きな人と分かり合えない悩みには『初期の対人評価(好意的な印象)の変化+相互の役割期待の変化』が関係しています。恋愛の情緒的関 ... » more

消費中心の経済社会の拡大や便利な科学技術(ウェブ社会)の発達といった特徴を持つ『現代社会』は、他者に合わせて自分の行動や欲求を自己規制するというかつての『社会規範(共同体の同調圧力)』が弱まりやすく、機械・コンピューターを相手にしているとす ... » more

ストレスやフラストレーションに対処する『大人の適応・成熟』:性格要因が生む精神の脆弱性 精神状態(人格状態)が発達して『大人としての適応・成熟』を実現するということは、ストレスやフラストレーションに対して効果的な対応を持続的にこなすことができるようになるということです。ストレス(フラストレーション)になる行為や出来事を ... » more

精神分析のリビドー発達論(固着・退行)やヒステリー性格から見る“子供っぽさ・未熟さ” ジークムント・フロイトが創始した精神分析では、神経症の心身症状の背後に『無意識的な葛藤の抑圧・隠蔽』を仮定しています。この無意識領域の欲求(願望)の葛藤について『言語化・意識化』することによって、神経症を治癒できると考えるのが精神分析ですが ... » more

BlueBloomBlog流行と顧客層の関係
流行と顧客層の関係 メンタルトレーニングの第一人者である西田文郎の「bP営業力」という本を読んでたら面白い説を見つけたので紹介しましょう。ベル教授によると、大衆は、お金の順位から大きく4つに分類されるそうです。金持ちの分類1,富 ... » more

大阪府の中学1年生殺害事件の容疑者逮捕:犯人の反社会的パーソナリティーと夏休みの子供の居場所 前回の記事を書いたその日の夜に、福島県の除染作業員(契約社員)の山田浩二容疑者(45)が道路上で緊急逮捕された。物流会社の駐車場に遺棄された中学1年生の平田奈津美さん(13)と一緒に行動していた星野凌斗さん(12)の生存を大勢の人が願ってい ... » more

BlueBloomBlogエクスタシーと死
フランスの社会学者エドガール・モランは以下のように指摘している。ホモ・サピエンスがオルガスムスのみならず、あらゆる領域に求まる快楽は、満足の状態を越えて、死に至るまで満足出来ない。つまり、人間は性行為においても、ギャンブ ... » more
テーマ 心理学 カバラ 哲学  コメント(14)

呼吸の瞑想を通したシンプルなマインドフルネス:思考・雑念に振り回されない集中できる知覚体験の重視 呼吸(息)は人間をはじめとする動物(animal)の生命原理であり存在原理でもあるから、『自分の呼吸に気づくことのできる機会』は無限にあるはずなのだが、普段は自律神経系で無意識にコントロールされているので、敢えて意識して注意を向けて気づくよ ... » more

今・ここに意識を心地よく集中するというマインドフルネスの考え方の面白さは、近代的価値の根本にある『思考・判断の有効性』を和らげたことにある。知識・情報を蓄えて、周囲の状況や他者の思惑(反応)を予測しながら、自分の頭でさまざまな角度か ... » more

カウンセリングマインドと人間関係:下心がある人からのご機嫌取り(お世辞)の誘惑 実際には、他人を批判してばかりの人や他人のやっていることにケチをつけてばかりの人というのは、“自分は相手よりも優れているつもり”にはなれても“他者からの評価・承認・賞賛”は得られない。人から認められないために、常に人間関係において『自分は実 ... » more

カウンセリングマインドがある人とない人:他者に対する関心・共感の示し方と会話 カウンセリングマインドは、カウンセリングや心理療法といった特別な環境設定・対話構造の中でだけ専門的に発揮されるものではない、ごく日常的な友達関係・異性関係・家族関係・他者とのふれあいの中で、誰もがあまり意識することなく発揮し合っている心理や ... » more

カウンセリングマインドとは何か?:自己一致から生まれる純粋性・率直性・話の楽しさ カウンセリングマインド(counseling-mind)というのは、カール・ロジャーズの来談者中心療法(クライエント中心療法)をベースにした『他者に素直に共感して他者の存在を受容することのできる安定した心理状態(心的能力)』のことである。 ... » more

BlueBloomBlog努力逆転の法則
「頑張れば頑張るほど、その努力とは反対の方向に現象は推移してゆく」という法則があります。かなり切ない法則である。この法則を発見したのは、フランスの薬剤師であったエミール・クーエで、「努力逆転の法則」というのであるが、 ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 魔術  コメント(15)

マインドフルネス(mindfulness)とは何か?:注意散漫(過剰な思考)から離れた心と体の調和 私たちが自分自身の心の状態を改めて振り返って内省してみると、『今、目の前で起こっている出来事』や『今、そこにいる相手とのコミュニケーション』や『今、自分がしていること』だけに十分な意識・注意・感覚を向けきれていないことが多いことに気づく。 ... » more

フリッツ・パールズとローラ・パールズのゲシュタルト療法では『今・ここの原則』が重視されるが、心理的問題を解決に近づける心理療法の本質の一つは、“過去への執着”と“未来への不安”に過度に囚われないようにすることである。特に現代人は、将 ... » more

“人から嫌われるマウンティング型の自慢話”と“人の興味を惹きつけるシェア型の自慢話”:2 マウンティング型の自慢では意識的にせよ無意識的にせよ『相手に嫌な気分(屈辱・不遇・惨めさ等)』を与えるようなやり取りが含まれていることが多く、分かりやすい自慢話ではなくても『相手が聞かれたくないこと(劣等感・恥ずかしさに触れること)が分かっ ... » more

“人から嫌われるマウンティング型の自慢話”と“人の興味を惹きつけるシェア型の自慢話”:1 “相手からの注目・関心・賞賛を得たい”という気持ちは『承認欲求』として誰もが持っているものだ。だが、承認欲求の満たし方が一方的で自己顕示的(競争的)になると、他者に不快感・嫌悪感を感じさせることで人間関係が上手くいかなくなることも多い。 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/17 14:43

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

精神分析入門 (上巻) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
新潮社 フロイト

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)
講談社 河合 隼雄

グリム童話集 5冊セット (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル グリム童話集 5冊セット (岩波文庫)
岩波書店 ヤーコプ・グリム

人とのつながりとこころ: 人と社会を見通す心理学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 人とのつながりとこころ: 人と社会を見通す心理学
ナカニシヤ出版

仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法
CCCメディアハウス フォルカー・キッツ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る