誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『人生の意味・価値』についてどう考えるとやる気がでるか2:自分の心身を使って日常を生きる 極論すれば、大多数の人には日常生活を真剣に生きて苦楽に喘ぎながらも、『自分にとっての価値ある体験』や『自分にとって大事な意味ある人間関係』を積み重ねていく以上の人生の意味はないわけだが、逆に誰もが受け入れられる究極的な意味・価値などなくても ... » more
テーマ 心理学 思想哲学 カウンセリング

『人生の意味・価値』についてどう考えるとやる気がでるか1:最終的な帰結は問題ではない 物事を実際にやってみる前から『無意味・無価値』であると決め付ける冷笑的なニヒリズム(虚無主義)は、『やる気・行動力・生き甲斐』を失わせてしまう。やる気・行動力を高める考え方とニヒリズムのリスク1:面白くない・つまらないの決めつけを捨 ... » more

まろん幸せな結婚、今は不幸な結婚
昨年2016年から今年にかけて、所謂男女関係とか、結婚、とかいう段階には至っていないものの、というか至る気配もないものの、なんだかんだ素敵な女性に囲まれて?というか囲まれすぎていて、緊迫感のない、幸せな日々を過ごしてしま ... » more
テーマ 心理学 恋愛 「まろん」の知恵

心のクセを改善する 交流分析で重視しているのがストロークです。ストロークについては以前書き綴りましたので〈ビジネス心理学〉の項目で調べてください。人の身体には必ずクセがあります。生活習慣から来ていたり、親からの遺伝だったり、長く続けたスポーツの影響だったり ... » more
テーマ 心理学

5種類の自我 交流分析の前に自分自身を知る・・・自我を理解することが重要です。自我には5種類があります。心理テストをすればCPNPAFCACの5タイプに分けられます。5つをどのように持ち合わせているかを分析するわけです。@批判的で厳しい自分 ... » more
テーマ 心理学

交流分析を考える 交流分析=トランザクショナル・アナリシスとは、人が人と交流しているときの心理分析です。フロイトの流れを組む、エリックバーンが提唱者です。悩みのほとんどは人間関係から発しているので、人と人との関わり方、いわゆるコミュニケーションがうま ... » more
テーマ 心理学

心を治すには 科学の発展と連動し、医学はどんどん進歩しました。科学=機械が多く開発され、人間の身体の構造も理解され、多くの病の治療が可能となりました。対して、人の心の病はまだほとんど解明されず大きく立ち遅れています。人の心をのぞけるマシンはあ ... » more
テーマ 心理学

カウンセリングは見守る技術 カウンセリングとは「共感」と「傾聴」以外何もない・・・・と言っても過言ではありません。心理学の知識を生かしアドバイスしてくなるのですが、あえて何もせず見守るスキルです。ついつい助言したくなるのですが、聴く姿勢をつらぬくのです。 ... » more
テーマ 心理学

傾聴は人間関係を円滑にする 各社、新卒の新入社員が入社してくる季節になりましたね。人間には「関係性の欲求」。いわゆる「属している組織でいい人間関係を築きたい」「仲間に認められたい」という欲求です。積極的傾聴を身に付けると@黙って、落 ... » more
テーマ 心理学

共感のためのかかわり技法 ビジネス社会で部下・後輩とどのように関わっていけばいいのか・・・共感の姿勢の心理学的なスキルです。 @話す時間をわざわざ作る・・・管理職の忙しいのはわかりますが、まずは話し合うための時間を割くことです。やはりわざわざ私 ... » more
テーマ 心理学

物事はなぜ計画通りに進まないのかの心理学2:統計の外部情報と他人の意図・能力の無視 極端にリスクや浪費を恐れて未来を悲観する人、今までの成功経験や周囲の支持・賞賛がない自分に自信がない人は、最高責任者や意思決定者にまずなりにくいというのが『楽観バイアスによる計画の錯誤(予算の肥大)』の要因になっているのである。物事 ... » more
テーマ 心理学 経済 学問

物事はなぜ計画通りに進まないのかの心理学1:計画の錯誤を生む楽観バイアスと専門家の直感 未来を予測することや物事を計画通り(予算通り)に進めることはかなり困難である。教育と訓練を受けていて当該分野に精通しているはずの専門家でさえ、往々にして統計的傾向や確率を軽視して間違ってしまう。今、東京都では築地市場から豊洲市場への ... » more

社会人の伝達力 どんなにいい意見も、重要なことも相手に伝わらなければ意味がありません。大卒の場合、内定者=学生のうちから研修で伝達ロープレを開催しています。「ちゃんと言ったのに」「言っても誰もやってくれない」管理職(候補)であれば部下のせいにせ ... » more
テーマ 心理学

共感的理解の為のスキル 共感的理解のためには「技法」と「かかわり方」があります。クライアントや部下、パートナーが黙っているとき・・・黙っていることで何かを伝えようとしています。話しやすい空気を作ることが重要です。これを「見守り」といいます。黙っている相手を洞察 ... » more
テーマ 心理学

積極的傾聴と共感的理解 ビジネスパートナー、同士などを作るための関係作りを心理学を活用して考えたいと思います。古い世代は飲みニケ―ションを重要視してきました。社内の堅苦しい関係から解放され、リラックスした状態ではなすことです。重要なのは「心の距離を縮める」 ... » more
テーマ 心理学

最も安心できる場所 嫌なおもいをした場合、頭でわかっていても心が乱れたり沈んだりしてなかなかやる気が出ません。簡単に嫌なおもいが忘れられないから悩むのです。自然に人は心を安定させようとします。これが「安心感」です。「大丈夫」「いつまでも悪い状況 ... » more
テーマ 心理学

やる気・行動力を高める考え方とニヒリズムのリスク2:自分から他者・世界を拒絶せずにやってみる 何をやっても意味がないとか、どうせ頑張っても無駄だとかいうニヒリズムは『自分と他者(外界)との切り離し』を行う作用を持つので、必然的に『何事に対しても誰に対しても興味関心をモテない無気力な態度・やる気のない姿勢』につながるのです。世 ... » more

やる気・行動力を高める考え方とニヒリズムのリスク1:面白くない・つまらないの決めつけを捨てる やる気(意欲)がでないや行動力がでなくなるというのはうつ病(気分障害)の中心的な症状ですが、うつ病のような精神疾患の水準の意欲低下・行動力低下でなくても、一般的な悩みとしてやる気がでなくて行動力がないというのは多いものです。うつ病な ... » more

グリム童話『つぐみの髯の王さま』と女性の持つアニムスの働き2:アニムスと自立・孤独を巡る葛藤 女性の持つアニムス(内的な男性像・男らしさ)の強度には非常に大きな個人差があるとされるが、アニムスが強い女性というのは男性主義から自立を成し遂げて大きな成功・活躍(中には歴史的功績の達成)をすることがある一方で、あまりに女性の内面にあるアニ ... » more

グリム童話『つぐみの髯の王さま』と女性の持つアニムスの働き1:美貌と自我と男性原理の切断 グリム童話の『つぐみの髯の王さま』ではお姫様のアニムスとして『父親である国王』が機能しているのだが、ユングが自己主張・意思決定としてアニムスの影響が現れるというように『男性の選り好み(あるいはかぐや姫による無理難題のふっかけによる拒絶)』と ... » more

ユングのアニマとアニムスの二元論:物語に見る親子関係(父娘)のコンプレックス カール・グスタフ・ユングは男女の性差に関する分析心理学の元型(アーキタイプ)として『アニマ』と『アニムス』を提唱した。アニマは男性の心の中にある女性像であり、アニムスは女性の心の中にある男性像であるが、これらは外部の他者に投影される ... » more

心理学や算命学などの人間分析学を身に付けると知性で人の心を切り刻む冷たい分析屋になりがちです。あいまいで不可解な自分あいまいで不可解な他者これをわかろうとする信念が大切です。フロイトは「顕在意識=理解できている自分⇒10 ... » more
テーマ 心理学

とにかくすぐやる人の仕事術 なかなかためになるなってことが書いてありました。たまにはこんな本も読まないとね! ... » more

カール・グスタフ・ユングの外向性・内向性のタイプ論とライフスタイル:元型に見る二元論の思考法 分析心理学のカール・グスタフ・ユングは『タイプ論(性格理論)』で人間の性格傾向を大きく、自分の外部にある世界(人・モノ)にリビドーを向ける『外向性(extroversion)』と自分の内面の世界(思考・イメージ)にリビドーを向ける『内向性( ... » more

一生懸命やっているのに、やるべきことがかたずかない人に サクッと読みましたが、なかなかよくできている本です。いいこと書いてありますよ。ということで、後輩へ貸してあげました。 ... » more
テーマ 心理学 やるべきこと ひとりごと

小金井ストーカー刺傷事件とストーカーの心理:被害者保護の再犯予防策・矯正教育の検討 音楽活動をしていた女子大生の冨田真由さん(21)が2016年5月21日に、東京都小金井市で、ファンとされる無職・岩埼宏被告(28)に折りたたみ式ナイフで首など34箇所を刺され重傷を負った事件は、奇跡的に一命は取り留められたもののストーカーに ... » more

BlueBloomBlog恋愛洗脳
恋愛洗脳 優しくしても尽くしても、お金を貢いでも、なかなか相手が自分を好きになってくれないのは切ない。そんな時は、黒魔術をするか?ストーカーするか?怪しげな祈祷師に依頼するか?そんな貴方に、恋愛洗脳を紹介します。これか ... » more
テーマ 心理学 誰もついていけないBLOG 恋愛  コメント(8) トラックバック(1)

ユング心理学の自己(セルフ)の元型とグリム童話『黄金の鳥』2:父性・イニシエーションの衰退 グリム童話『黄金の鳥』では、三人の王子の人生・行動の選択や分岐点もテーマになっており、三男の王子は長男・次男よりも『結果として適切な選択だが、一般的に非常識(間違っている感じ)な選択』をすることによって黄金の鳥を手に入れる成功の道を進んでい ... » more

ユング心理学のトリックスターの元型とグリム童話『黄金の鳥』1:最低と最高の交代可能性 昔話や物語では『親による子殺し(子による親殺し)のテーマ』として、例外を許さない厳しい契約履行(約束遵守)が表現されることもある。昔話や物語(童話)における『王』は『規範・秩序の体現者』であり、王が悩んだり苦しんだりしている状況を『王子・若 ... » more

S.フロイトの精神分析理論における父性原理(男性原理)の影響:切断する父性と包容する母性 ジークムント・フロイトの精神分析が理論的な説得力としての有効性を弱めた理由の一つとして、『女性原理(母性原理)優位の時代性』がある。フロイトは自分自身の性格傾向も弟子に対して『権威的・父性的』であったとされるが、精神分析の理論も幼児 ... » more

 

最終更新日: 2018/06/15 23:50

「心理学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る