誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

機能不全家庭に育った人には様々な特徴がある。その中に、『見捨てられ不安』がある。『権威のある人を恐れること』がある。そういう人たちに簡単に『コントロール』されたりする。私にとってスポンサーは権威ある人だったのだ。カウ ... » more

去年秋、スポンサーからメッセージメールが毎日届くようになった。特に説明や断りなどは無く。ある日、メッセージメール送信が開始されるようになる。一日3通。「アファメーション」、「今日を新たに」、「一日24時間」の3通だ。 ... » more
テーマ 心理学 病気 雑記

3月始め、スポンサーからカウンセリングを受けるように勧められた。12ステップの5が終了して、これから6&7の読み合わせに入ろうという、そのタイミングだった。*スポンサーとは自助グループの回復プログラム、12ステップの支援者。無償 ... » more

千葉県の姉による弟の殺害事件2:騒音トラブル・自分の居場所・家族とプライバシー 25歳の姉はスーパーのアルバイトをしていて、21歳の弟は老人福祉施設の職員として働いていたようだが、姉が弟を殺害した動機は『小さなことで弟ともめ、殺害してしまった』としか報道されていないものの、ネットの情報では『弟の音ゲーの騒音+複数の友達 ... » more

千葉県の姉による弟の殺害事件1:遺体切断の心理と事件事故から逃げようとする咄嗟の保身 9月13日に千葉県酒々井町の一軒家で起きた殺人事件は、25歳の姉が21歳の弟を殺害して遺体を切断するという猟奇的な色彩のある事件だった。遺体を傷つけて損壊や切断をする行為は、強い生理的嫌悪感や倫理的忌避感を引き起こしやすいが、遺体損壊をする ... » more

ADHD(注意欠如・多動性障害)の発達障害と愛着障害の側面:なぜ先進国で多く途上国で少ないのか? 発達臨床心理学・精神医学の専門家の中には、ADHD(注意欠如・多動性障害)を主に遺伝的要因(生物学的要因)によって発症する発達障害の一種として認めない人もいる。その理由は、ADHDの短期間での急増が『数十年のスパンの遺伝子の変異』によって生 ... » more

現代では、ADHD(注意欠如・多動性障害)や自閉症スペクトラム(広汎性発達障害)をはじめとする広義の発達障害が急増していると言われる。発達障害の原因は、真面目に愛情をもって子供を育ててきた母親の養育責任や罪悪感を免除するという社会的配慮も含 ... » more

毎週日曜日の夜、スカイプで 『精神分析理論講座』 を開いています。精神分析理論講座Uが終わり、今回からVに入ります。<精神分析理論講座V>日時:9月18日(日)PM8:30〜9:30講座内容:夢分析T 《 ... » more

これまでの2講座の名称を変更しました。治療者を養成するための講座を、『精神分析理論講座』に、単元ごとではなく、クライアントにあわせたペースで進む講座を『やさしい心理学講座』に変更しました。講座を受講するク ... » more

成長に必要なストレス ストレスと言うと、心にも身体にも悪いものというイメージがありますがそうではありません。ストレスを受けると@そのストレスからのダメージ、損失、弊害、脅威などを計る『一次評価』Aつぎに、自分がそのストレスにどれだけ耐えら ... » more
テーマ 心理学

まろん近親憎悪
まろんが学生時代法律の勉強に勤しんでいた当時、我が国における窃盗罪等の財産犯を除く、殺人や性犯罪などの犯罪のほぼ60?80?パーセント以上は、親族関係、恋人関係、友人関係、または会社を通じた知人関係など、所謂近親関係にある、 ... » more
テーマ 心理学 恋愛 「まろん」の知恵

自己愛性パーソナリティーの人の“適応的な能力発揮”と“不適応な挫折・無気力”:自己愛の調整 超自我の自己規律や自我理想の追求を前提にして自己アイデンティティーを構築していた時代には、超自我・自我理想に見合った自分の人格や人生を築き上げていくことが『自己愛の高まり』につながっていた。だが、現代ではより本能的かつ直接的に『誇大自己(現 ... » more

小此木啓吾の“自我理想による自己規律”と“父性衰退の自己愛の肥大”:社会・他者との関係性 厳粛な顔をしたミケランジェロのモーゼ像は自己愛の肥大を許さない現実原則の投影である『父性像・父権性(去勢して社会適応するもの)』としても読み解くことができる。だが、『自己愛の時代』とも言われる女性原理の強い現代では、こういったモーゼ ... » more

フロイトのミケランジェロのモーゼ像の感想とエディプスコンプレックスの去勢:自己愛と自己規律 “自己愛(self-love)”とは自分で自分を愛することであり、自分を他者よりも優遇して自己中心的な欲望を何とか満たそうとすることである。人間は乳幼児期には誰もが自己愛に支配されていて、特に産まれて間もない赤ちゃんの時には泣いたりぐずつい ... » more

開催します! 10/1「リーダーのための経営心理学 人を動かし導く50の心の性質」研究会 お盆休み、いかがお過ごしでしたか?10年ぶりに、D・カーネギーの「人を動かす」を読みました。「重要感を持たせる」、「相手の立場の身を置く」などの言葉を振り返りました。何より大切なのは、心理学的なテクニックではなく、自分自身の「誠 ... » more
テーマ 心理学 戦略経営研究会 リーダー

デビッド・D・バーンズの『武装解除法』のコミュニケーションスキルと相手への共感の伝え方 自分のほうが正しいのだから相手に負けまいとか、相手をやり込めてやろう(困らせてやろう)という構えでいると、どうしても自分の気持ちがオープンにならず、相手につけ込まれないようにと自我防衛機制が過剰に働いてしまいやすくなる。しかし、相手 ... » more

合わないと感じる人間関係を改善させる認知療法的アプローチ:自分の言動が相手にどう受け取られるか 認知療法(cognitive therapy)のメリットは自分の物事の捉え方や解釈である『認知(cognition)』を肯定的に変容させることで、気分・感情を改善させて行動のモチベーションも高まりやすいということである。『客観的な出 ... » more

まろんモチベーションマネージメント
ついに2016年も8月になり、今の会社で13ヶ月を越えることになりました。今までの職務経験では、そもそも二桁になることも珍しかったことを踏まえると、またまろんの仕事における時間間隔で言えば、1ヶ月というのが、3ヶ月〜 ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵  トラックバック(1)

まろん時事ニュースについて-Part.1
まろんブログでは積極的に時事ニュースについて記事を書かないようにしてきましたが、たまには書いてみようと思い立ちました。ブログも新たな道を進もうと思います。1.7/25の夜中、そろそろ眠りにつこうとして、その前 ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵

まろん幸せを実感するとき、、、
先日のまろんが唯一緊張する女性との浅草での美味しいランチでの楽しい、癒しのひとときはなんか今までにその女性とランチしたときには、感じられなかった猛烈な幸せ感があって、まだその余韻が残っている感じです。(笑)若干恋心が入っ ... » more
テーマ 心理学 「まろん」の知恵 女性

まろん真実は違った、、、
正社員として入社した今の会社で1年を越え、そして明日を越えれば13ヶ月というある意味奇跡的な(笑)出来事に遭遇することになります。そんなわけで今月のまろんは、日々の仕事を着実に、誠実にこなす一方で、それまでの「過去」を ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵

グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』から読み解くグレートマザーの光・影と子供の自我の成長 ユングが構想したカインコンプレックスは『きょうだい間の憎悪・競争・嫉妬』を材料とした複雑な感情複合体であるが、もちろん、人間のきょうだい間で生成発展する感情のあり方はネガティブなものだけではなく『共感・応援・助け合い・親しみ』などのポジティ ... » more

カインコンプレックスときょうだい間の競争心・嫉妬心:親の愛情・承認を巡る同胞葛藤 きょうだい間(兄弟姉妹間)に生起する感情コンプレックスを表現する概念として、分析心理学のカール・グスタフ・ユングは『カインコンプレックス』を提唱した。カインコンプレックスというのは『旧約聖書創世記第4章』のカインとアベルのエピソードに題材を ... » more

人の専門家の判断と統計的アルゴリズムの計算はどちらが未来を正しく予測できるか?:ポール・ミールの研究 『統計的な傾向・事実』というのは信じられないほどに軽視・無視されるものだが、これは人間の認知傾向が基本的に『統計を経験的実感としては理解できないこと』に由来しているとされる。個人的な経験・感覚・自信に基づく印象というのは、一般的に統計的な傾 ... » more

シンプルに信じられることの幸福・自信とファンドマネージャー(専門職)の『スキルの錯覚』 一般的に、人間の脳の認知機能は『もっともらしい物語性・因果関係(結果バイアス・後知恵)』を非常に強く好む傾向があるので、『統計的な平均回帰(偶然・運の要素)』は軽視されるか無視されやすい。『こういう原因があったからこの結果が生まれたのだとい ... » more

もっともらしい因果関係やストーリーを作り出す人間の脳:結果バイアス・ハロー効果 高度な教育や特別な訓練を受けた専門家でも、専門分野をはじめとするさまざまな分野の対象について『遠い未来の出来事・今と異なる状況での行動』を正確に予測することは不可能である。『客観的な因果関係』についての人の認識もいい加減な部分が多く、結果を ... » more

何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。ショックだった。それを聞いた ... » more
テーマ 教育 心理学 子供

人間アレルギーに対する即効性の対処法は『拒絶反応を感じる相手から距離を取ること・物理的にも心理的にも離れること』であるが、苦手意識や拒絶感を感じた相手のすべてを遠ざけているばかりでは、仕事関係や社会生活が上手くいかないことも多い。だから岡田 ... » more

他者に対する嫌悪・拒絶を生む人間アレルギーと他者の悪意を推測してしまう認知の歪み:1 人間アレルギーでは些細なやり取りがきっかけとなって、『異質性・違和感を感じた他者』に対する嫌悪感・拒絶感が強まり、その相手との人間関係(コミュニケーション)を維持できなくなってしまう。人間アレルギーを持つ人は、他者の言葉・表情・態度 ... » more

節約、倹約など考えた事が無い井上。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。自分が預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。家族におねだり。それが井上の生き方だから。*******井上は「また乗せてね。」と軽い口調で言 ... » more

 

最終更新日: 2017/06/21 16:13

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る