誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

“真面目すぎる人・完全主義思考に囚われる人”はなぜストレスを溜めやすいのか? 他人の言動や反応(評価)に影響されやすい人ほど、『過度の完全主義思考+表面的な真面目さ・責任感の強さ』を持ちやすく、他人が思い通りに動いてくれないとか、自分はこれだけ頑張っているのに他人が応えてくれないとかいった怒り・不満のストレスを抱えや ... » more
テーマ 仕事・労働 心理学 カウンセリング

他人を“自分の仕事の邪魔”と感じてしまう心理と完全主義思考による不適応・無気力のリスク ある分野の優れた能力(知識・技術)や意欲(やる気)がある人は、『他人にも自分と同程度の能力・意欲があるのが当たり前』という決めつけをしてしまいがちである。そして自分ができることを他人ができないことが許せなくなり、怒り・不満を溜め込み、リーダ ... » more

豊田真由子議員の秘書に対する暴言暴力の問題:“個人の能力の高さ”と“リーダーに求められる資質”の違い プレイヤーとして極めて優秀だった野球選手・サッカー選手が、監督・コーチとして必ずしも一流の資質・適性を持っているかは分からないように、企業の仕事や学校の勉強といったジャンルにおいても、自分個人が仕事・勉強ができる優れたプレイヤーであっても、 ... » more
テーマ 仕事・労働 心理学 カウンセリング

何でもかんでも部下と同じ目線・立場に立って考え、自分も一緒になって部下と同じ雑務的な仕事で汗を流すといったリーダー(上司)は、一見すると優れた謙虚な人格者なのだが、上下関係(お互いの役割)の区別を混乱させて組織全体の成果を出しにくくするリー ... » more

リーダーシップの心理学と上司・部下の上下関係(役割分担)の区別:1 リーダーシップの心理学では、“P(Performance,目標達成能力)”と“M(Maintenance=集団維持能力)”の強弱を組み合わせて考える三隅二不二(みすみ・じゅうじ,1924〜2002)の『PM理論(P-M leadership ... » more

回避性パーソナリティー障害の特徴である『失敗して恥をかきたくない』『挫折や拒絶によって傷つけられたくない』『人付き合いや社会的活動を面倒・億劫に感じる(今以上の責任・義務・仕事の負担を負いたくない)』というものは、一般的な人格・性格と照らし ... » more

パーソナリティー障害の『自己機能』と『対人関係機能』の分類:他者・社会状況を回避する心理 回避性パーソナリティーの認知傾向の特徴は、『マイナス要因の過大評価+プラス要因の過小評価』である。自己愛性パーソナリティーでは『実際以上に自分を自己中心的(わがまま)に高く評価する認知傾向』が見られるが、回避性パーソナリティーでは『実際以上 ... » more

回避性パーソナリティー障害(Avoidant Personality Disorder:APD)における『回避』とは、人間関係や仕事・学業などの社会的活動を避けるということであるが、回避の原因となっている心理は大きく『拒絶されて傷つきたくな ... » more

回避性パーソナリティー障害の傾向を強める現代人のライフスタイルと消費文明・ネット社会 回避性パーソナリティー障害の傾向性がある人が増えている大きな原因として、利便性や効率性が高まり拝金主義で勤勉道徳がかつてより衰え、ネット(スマホ)が普及して画面を通した間接的コミュニケーションが一般化した『現代的なライフスタイル』もあるだろ ... » more

『前向きな意欲(やる気)の低下』は極端に強くなれば精神医学的なうつ病(気分障害)に当てはまることになるが、『対人関係の苦手意識』とも密接な関わりを持つものである。『対人関係の苦手意識』といってすぐに想起されるのは、人と会ったり話した ... » more

回避性パーソナリティーの『面倒くささ・億劫さ』と社会適応の妨げとなる『前向きな意欲(やる気)の低下』 社会適応がスムーズにいかなくて悩み込む原因の多くは、『前向きな意欲(やる気)の低下』『対人関係の苦手意識』『自己評価(自己イメージ)の低下』と関わっている。『前向きな意欲(やる気)の低下』は、失敗・挫折・恥によって傷ついて意欲(やる ... » more

古い脳と口 新しい脳は目と・・・古い脳は口と直結していると前回言いました。口元の笑いは本能の笑いと言えます。思わず口元がほころぶという言葉でもわかる通り、抑えきれない喜びに「笑ってはいけない!」と新しい脳が指令を出しても、古い脳が口元にあら ... » more
テーマ 心理学

『受動的・依存的な生き方』の克服と他者との適切な距離感2:他者に振り回されない 日常生活や人間関係、仕事状況にまつわる小さな出来事やテーマに前向きな興味関心を持って現実的な対応を取れる人のほうが、精神状態が安定しやすく自己肯定感が高まりやすいとされますが、その理由としては『小さな成功体験・感覚的な実感を積み重ねやすいこ ... » more

『受動的・依存的な生き方』の克服と自己肯定感を高める1:小さな興味・成功体験の実感 自己アイデンティティーを確立できていないと、自分が何者で何をしたらいいかが分からないという意味で『受動的・依存的な生き方』に陥りやすいですが、『能動的・自立的な生き方』にシフトするためには、自己肯定感・自信(自尊心)を高めていく必要がありま ... » more

子供の頃、両親のケンカが始まると私は何も言えずに固まっていた。父親の競艇場通いが母に知れ、言い争いが始まる。子供の私にはどうにもできない状況だ。母の甲高い声、責め立てる声、金切り声に身がすくんだ。静かになったところで両親が仲良くなる ... » more

笑い方と脳の関係 赤ちゃんの笑顔はかわいい。それは左右対称に笑うからです。大人は「ここで笑っておいた方が得か・・・」考えて笑うからそうはいかない。計算があるから笑顔が右か左かにひきつる。決して左右対称にならない。そして ... » more
テーマ 心理学

脳は2重構造E 人間はだれでも大きく発達した前頭葉連合野に@創造の座A意欲の座B意志の座を持っている周りとの関わり合いさえよければ、人は誰しもが、これらを使って「何かを成し遂げたい!」そして「成し遂げた喜びを味わいたい!」と思っている。いわゆる、5 ... » more
テーマ 心理学

脳は2重構造D 人間の行動は8割がた感情に支配されると言います。特に暴力を働く、社会生活が困難なほどわがまま・・・・こんなやっかいな感情を治療に成功した例があります。1932年、リスボン大学のエガス・モーニフが、おでこの両側に2セン ... » more
テーマ 心理学

まろんとりあえず契約期間延長!
※ウェブリブログのまろんブログをご覧いただいている方々にとっては、今回の1599件目の記事が、実質的には最後の記事になります。5/15前日の土日祝日恒例のトレーニングのダメージが残る(笑)月曜日の今日いつ ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵

5/14先月の4/24に43歳を越えましたが、年齢を積み重ねるとともに、やはりというか、当然身体の回復力も落ちているようで、GWの5連休に恒例のトレーニングで苦しめられたその後遺症が今日の朝もまだ残っている気がします ... » more
テーマ 心理学 「まろん」の知恵 東日本大震災

脳は2重構造C 前頭葉、または前頭葉連合とか前頭葉前野と呼ばれている部分がもっとも生きるうえで重要と言われていますが、実はそれがなくても生きていけると言うことです。たとえば犬の大脳を切除します。それでも犬は普通に生きています。日影が寒いと日光のあた ... » more
テーマ 心理学

まろん隣の国のこととはいえ、、、
一昨日の5/9我が国の隣の国において、大統領選があり、北朝鮮に近いと言われている大統領が就任することになりました。ただ、隣の国で誰が大統領になろうと、拉致被害者の奪還の際に邪魔をしなければ、別に気にするようなこと ... » more
テーマ 心理学 「まろん」の知恵 東日本大震災

自己価値や幸せを実感するため『欲求・野心・競争心』とどう向き合うか?:自分に適切な欲求のレベル 人間にとっての『欲求・野心』は人を幸せにもするし不幸にもする。一般論としては人間の『幸福追求』は『欲求充足(目標達成)』と結びつけて語られることが多く、欲求が満たされれば“快”を感じて、欲求が満たされずに欲求不満に陥れば“不快”を感じてしま ... » more

脳は2重構造B 前回話したように、前頭葉連合は「創造の座」「意欲の座」「意志の座」がある。これはあらゆる生き物の中で人間にしかないもの。命令されたからやるのではなく・・・圧力をかけられたからやるのではなく・・・褒賞金がでるからやるのでは ... » more
テーマ 心理学

※この記事は今まで何度も書こうと思って、書けなかった記事です2011年3月11日14時46分あの東日本大震災が発生したそのときまろんは関西空港にいて、家路に着こうと列車に乗ったときでした。関西にいたことと、列車の ... » more
テーマ 心理学 「まろん」の知恵 東日本大震災

脳の2重構造A 脳は「新しい脳」と「古い脳」の2階建てです。職場でも、家庭でも、男女の中でもこの2重構造を理解することが重要です。赤ん坊はなぜ泣くのか?おなかが減る=エネルギー不足=生命維持の危機と直結するからです。古い脳に支配されている状 ... » more
テーマ 心理学

『その相手からの評価・承認を得るためだけ』に頑張っているという外発的モチベーションは、その相手がいなければ別にそんなことはしたくないし興味もないという意味で、内発的モチベーションがかなり低いことが多い。そして『相手との相互依存的な関係性』だ ... » more

前向きなモチベーションを持続させること1:特定の相手からの評価・承認に依存するリスク 人が何かをやろうとする能動的な動機づけは、大きく『外発的モチベーション(外発的動機づけ)』と『内発的モチベーション(内発的動機づけ)』に分けられる。外発的モチベーションとは『金銭・地位・名誉・賞賛(評価)・承認』など自分の外部にある ... » more

人の脳の構造 人間の脳味噌は、古い脳と新しい脳の2重構造です。脳の発達は主として「新しい脳」である。「古い脳」は生まれた時から発達済みといってよい。このことは赤ちゃんを観察すればよくわかる。「古い脳 ... » more
テーマ 心理学

人生脚本の改善 人生脚本を確認するためには自分の過去を分析することが大切です。「自分はどのように育てられたのか」「自分は親からどのような影響を受けたのか」「自分が今とっている行動パターンの原因はなんなのか」過去をまず見直し、原因を分析し ... » more
テーマ 心理学

 

最終更新日: 2017/11/14 03:15

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る