誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心理学

心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「心理学」のブログを一覧表示!「心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心理学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

フロイトのミケランジェロのモーゼ像の感想とエディプスコンプレックスの去勢:自己愛と自己規律 “自己愛(self-love)”とは自分で自分を愛することであり、自分を他者よりも優遇して自己中心的な欲望を何とか満たそうとすることである。人間は乳幼児期には誰もが自己愛に支配されていて、特に産まれて間もない赤ちゃんの時には泣いたりぐずつい ... » more

開催します! 10/1「リーダーのための経営心理学 人を動かし導く50の心の性質」研究会 お盆休み、いかがお過ごしでしたか?10年ぶりに、D・カーネギーの「人を動かす」を読みました。「重要感を持たせる」、「相手の立場の身を置く」などの言葉を振り返りました。何より大切なのは、心理学的なテクニックではなく、自分自身の「誠 ... » more
テーマ 心理学 戦略経営研究会 リーダー

デビッド・D・バーンズの『武装解除法』のコミュニケーションスキルと相手への共感の伝え方 自分のほうが正しいのだから相手に負けまいとか、相手をやり込めてやろう(困らせてやろう)という構えでいると、どうしても自分の気持ちがオープンにならず、相手につけ込まれないようにと自我防衛機制が過剰に働いてしまいやすくなる。しかし、相手 ... » more

合わないと感じる人間関係を改善させる認知療法的アプローチ:自分の言動が相手にどう受け取られるか 認知療法(cognitive therapy)のメリットは自分の物事の捉え方や解釈である『認知(cognition)』を肯定的に変容させることで、気分・感情を改善させて行動のモチベーションも高まりやすいということである。『客観的な出 ... » more

まろんモチベーションマネージメント
ついに2016年も8月になり、今の会社で13ヶ月を越えることになりました。今までの職務経験では、そもそも二桁になることも珍しかったことを踏まえると、またまろんの仕事における時間間隔で言えば、1ヶ月というのが、3ヶ月〜 ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵  トラックバック(1)

まろん時事ニュースについて-Part.1
まろんブログでは積極的に時事ニュースについて記事を書かないようにしてきましたが、たまには書いてみようと思い立ちました。ブログも新たな道を進もうと思います。1.7/25の夜中、そろそろ眠りにつこうとして、その前 ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵

まろん幸せを実感するとき、、、
先日のまろんが唯一緊張する女性との浅草での美味しいランチでの楽しい、癒しのひとときはなんか今までにその女性とランチしたときには、感じられなかった猛烈な幸せ感があって、まだその余韻が残っている感じです。(笑)若干恋心が入っ ... » more
テーマ 心理学 「まろん」の知恵 女性

まろん真実は違った、、、
正社員として入社した今の会社で1年を越え、そして明日を越えれば13ヶ月というある意味奇跡的な(笑)出来事に遭遇することになります。そんなわけで今月のまろんは、日々の仕事を着実に、誠実にこなす一方で、それまでの「過去」を ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵

グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』から読み解くグレートマザーの光・影と子供の自我の成長 ユングが構想したカインコンプレックスは『きょうだい間の憎悪・競争・嫉妬』を材料とした複雑な感情複合体であるが、もちろん、人間のきょうだい間で生成発展する感情のあり方はネガティブなものだけではなく『共感・応援・助け合い・親しみ』などのポジティ ... » more

カインコンプレックスときょうだい間の競争心・嫉妬心:親の愛情・承認を巡る同胞葛藤 きょうだい間(兄弟姉妹間)に生起する感情コンプレックスを表現する概念として、分析心理学のカール・グスタフ・ユングは『カインコンプレックス』を提唱した。カインコンプレックスというのは『旧約聖書創世記第4章』のカインとアベルのエピソードに題材を ... » more

人の専門家の判断と統計的アルゴリズムの計算はどちらが未来を正しく予測できるか?:ポール・ミールの研究 『統計的な傾向・事実』というのは信じられないほどに軽視・無視されるものだが、これは人間の認知傾向が基本的に『統計を経験的実感としては理解できないこと』に由来しているとされる。個人的な経験・感覚・自信に基づく印象というのは、一般的に統計的な傾 ... » more

シンプルに信じられることの幸福・自信とファンドマネージャー(専門職)の『スキルの錯覚』 一般的に、人間の脳の認知機能は『もっともらしい物語性・因果関係(結果バイアス・後知恵)』を非常に強く好む傾向があるので、『統計的な平均回帰(偶然・運の要素)』は軽視されるか無視されやすい。『こういう原因があったからこの結果が生まれたのだとい ... » more

もっともらしい因果関係やストーリーを作り出す人間の脳:結果バイアス・ハロー効果 高度な教育や特別な訓練を受けた専門家でも、専門分野をはじめとするさまざまな分野の対象について『遠い未来の出来事・今と異なる状況での行動』を正確に予測することは不可能である。『客観的な因果関係』についての人の認識もいい加減な部分が多く、結果を ... » more

何で北海道なんだろう。気が変わって行く気を失くした場所へ。私の知らない誰かもっと他の友達と、知られないように出掛けるならともかく。目的地が違うならともかく。同じ仕事をしてる相手と。これ見よがしに。ショックだった。それを聞いた ... » more
テーマ 教育 心理学 子供

人間アレルギーに対する即効性の対処法は『拒絶反応を感じる相手から距離を取ること・物理的にも心理的にも離れること』であるが、苦手意識や拒絶感を感じた相手のすべてを遠ざけているばかりでは、仕事関係や社会生活が上手くいかないことも多い。だから岡田 ... » more

他者に対する嫌悪・拒絶を生む人間アレルギーと他者の悪意を推測してしまう認知の歪み:1 人間アレルギーでは些細なやり取りがきっかけとなって、『異質性・違和感を感じた他者』に対する嫌悪感・拒絶感が強まり、その相手との人間関係(コミュニケーション)を維持できなくなってしまう。人間アレルギーを持つ人は、他者の言葉・表情・態度 ... » more

節約、倹約など考えた事が無い井上理恵。欲しい何かを我慢して貯金した事がないのだ。預貯金できない性格だと知らない。自分を知らない。ねだって生きる。それが井上の人生観、価値観だから。*******井上理恵は「また乗せ ... » more

私は、幼少時から物をねだっても買い与えられなかったり、望みを叶えられなかったので、あきらめる癖が付いてる。欲しいものを我慢して成長した。希望を口にしないで大きくなった。決して願望が無い訳じゃない。******見た ... » more
テーマ 心理学 子供 生活

まろんない、ことの証明
この世の中には、人がどれだけ死力を尽くそうとも、どれだけ知恵を絞ろうとも、どれだけ強い想いを抱いていようと、絶対に不可能、ないしは著しく困難なことがあります。それは、「〜ない」ことを証明することです。これは、さす ... » more
テーマ 心理学 仕事 「まろん」の知恵  トラックバック(1)

グレートマザー(太母)の示すネガティブな女性性と河合隼雄のグリム童話『トルーデさん』の分析 ユング心理学を専門とした河合隼雄氏は『昔話の深層ユング心理学とグリム童話』において、グレートマザー(太母)をはじめとする女性性(母性性)の持つアンビバレンツを反映したグリム童話の物語として『トルーデさん』『蛙の王様』『黄金の鳥』などを上げて ... » more

ユング心理学のグレートマザー(太母)の元型が持つ善悪の二面性:昔話・童話の物語やイメージの分析 集合無意識(普遍的無意識)を前提とする分析心理学を創始したカール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung,1875-1961)は、集合無意識の内容を典型的に象徴するイメージとして様々な種類の『元型(アーキタイプ)』を考えた。 ... » more

まろんブログをご覧いただいている方、まろんを実際に知るほぼ100%の人が、まろんが超人見知りで、超ネガティブ思考であるなんて思われることはないようですが、実はまろんは根本的には超人見知りで、超ネガティブ思考なんです。(笑) ... » more
テーマ 心理学 恋愛 「まろん」の知恵

岡田尊司『人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのか』の書評2:過剰な異物認識 人間アレルギーの根本原因として、『愛されず虐げられてきた過去のトラウマ(不信・怒り・憎悪の鬱積と再現)』と『愛着障害による他者との距離感の混乱』を上げている。幼少期から現在に至るまで他者からの愛情・優しさ・保護を受けた感情記憶が殆どない場合 ... » more

岡田尊司『人間アレルギー なぜ「あの人」を嫌いになるのか』の書評1:異質な他者への拒絶・嫌悪 人間には“自己”と“異物”を区別して異物を攻撃・排除する『免疫応答反応』が備わっていて、この免疫によって細菌・ウイルスの感染症から自分の身を守っているが、免疫反応が不適切にアレルゲン(原因物質)に過剰反応してしまうと『アレルギー』が起こって ... » more

舛添要一都知事の“メンタル最強”と“自己特別視・客観視・脱人格化”の心理メカニズム 舛添知事の『メンタル最強(膨大な数の非難・否定に折れない平常心)』を実現している心理メカニズムを推測するとすれば、『自己特別視』『客観視(傍観者意識)』『脱人格化』などを上げることができるのではないかと思う。舛添知事は『政治家はトッ ... » more
テーマ 心理学 経済 政治

精神状態がリラックスしていて気分・機嫌が良い時の問題は、システム1の認知容易性と相関した直感性・創造性が優れやすくなる代わりに、緊張感・警戒心が弱まるために『物事を疑って深く思考すること(システム2による努力と集中を要する思考)』ができなく ... » more

認知容易性(分かりやすさ)による直観的な判断:馴染みがあるものほど信じやすい プライム(先行刺激)によって、人間の認知・行動は『プライミング効果』の無意識的な影響を受ける。先行刺激のプライムを与えられることによって『認知容易性(見慣れていることによる認知のしやすさ)』が高まるのだが、あまり深く考えなくてもすぐに認識で ... » more

私一人が必要ないものを取り入れ、無意味に動いた。後に残されたのは損害だけ。元々の計画は完全に無効になり、経済的損失だけを被った。旅行費用を全く調達できない井上理恵が、そう返事をしてから、丹羽登紀子は私に運転練習を勧めてきた。 ... » more

本人が『何でもない言語・感覚の刺激(プライム)』と思っているものが、自分の想定を超えた『連想活性化の作用=プライミング効果』をもたらすことがある。プライミング効果の実際に確認できる効果は、事前の心理状態やパーソナリティーによって個人差がある ... » more

人間の認知には“ある言葉(観念)”から“別の言葉(観念)”が自動的に連想されて、更に別の言葉(観念)が呼び起こされて次々につながっていくという『連想活性化(連合心理学の観念連合)』の機能がある。連想活性化は、自動的かつ反射的に働く“システム ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 00:50

「心理学」のブログ関連商品

» 「心理学」のブログレビュー をもっと探す

「心理学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 自閉症スペクトラム 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体 (SB新書)
SBクリエイティブ 本田 秀夫

他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書)
SBクリエイティブ 榎本 博明

良心をもたない人たち (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 良心をもたない人たち (草思社文庫)
草思社 マーサ スタウト

大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)
筑摩書房 岩波 明

発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 発達障害者の才能をつぶすな! (幻冬舎ルネッサンス新書)
幻冬舎 齊藤 祐作

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る