誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    藤沢周平

藤沢周平

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「藤沢周平」のブログを一覧表示!「藤沢周平」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「藤沢周平」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「藤沢周平」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

作成日付 2007/2/17(土) 午前 0:54確かに洗練された描写が新鮮。現在、通勤時間を利用して細切れで読破中。この休みは雨らしい。読みきるぞ。at 2007 02/12 11:49 編集藤沢周平さんが紹介されている。 ... » more

「『花のあと』藤沢周平」について全8篇からなる短編集ですが、いずれも心に残ります。町人ものは「鬼ごっこ」「寒い日」「疑惑」「冬の日」の4篇ですが、姑との折り合いが悪く、家を出て行ったが、姑の病気を機に姑から頼られ、家に戻っていく「寒い日」 ... » more
テーマ 藤沢周平 大衆小説 時代小説

★寒梅忌(その3) 藤沢周平さんを偲んで 「物を増やさず、むしろ少しずつ減らし、生きている痕跡をだんだんに消しながらやがてふっと消えるように生涯を終ることが出来たら、しあわせだろうと時どき夢想する。」‥‥藤沢周平‥‥この言葉は、藤沢周平という希有な作家の ... » more
テーマ 藤沢周平

★寒梅忌(その2) 藤沢周平さんを偲んで 芥川竜之介は「河童忌」、太宰治は「桜桃忌」、司馬遼太郎は「菜の花忌」そして藤沢周平は「寒梅忌」である。文学忌とは、作家の命日を、そのペンネ−ムや代表作などにちなんでその文学的業績を偲ぶ日としたものである。(フリ− ... » more
テーマ 藤沢周平

★寒梅忌(その1) 藤沢周平さんを偲んで 1997年1月26日、時代小説の巨匠「藤沢周平」は、惜しまれつつ69歳の若さでこの世を去った。告別式で弔辞を読んだ作家「丸谷才一」は、藤沢周平をしのんで次のように述べている{明治、大正、昭和三代の時代小説を通じて ... » more

★武士の一分(その4) 脇役 山田洋次監督の映画で、特筆すべきは、主役の脇を固める脇役の存在です。ご存じ「男はつらいよ」では、いうまでもなく葛飾柴又の団子や「とらや」の面々である。この脇役の存在が主人公の魅力を ... » more

武士の一分(その3)「主従の絆」 今日、妻と二人で「武士の一分」を観てきました。この映画は夫婦で是非観てもらいたい映画です。ただ、まだ映画を、ご覧になっていない方は、私の拙文を読まないで映画を、観に行って頂きたいと思います。そして、映画の後、 ... » more

タッキ−独言武士の一分(その2)
武士の一分(その2) ↑写真は藤沢周平氏の故郷「金峰山」の麓、小説の舞台「海坂藩」いよいよ、藤沢周平原作、山田洋次監督、木村拓哉主演による「武士の一分」を、今夜観にいってきます。この作品は、「隠し剣シリ−ズ」の「隠し剣秋風抄」の中 ... » more

しろやま日記「武士の一分」  -104-
「武士の一分」  -104- この映画〔◎〕です。よかった、面白かった。藤沢周平の本は、実をいうと3冊くらいしか読んだことがないのです。どうして避けているかというとですね、書店にズラッとこの人の本が並んでますが、ウッカリ読んでとりこになってしまい、あの数の本を次 ... » more

藤沢周平と山田洋次(その5) 小説を映画化した場合、原作を読まないで(または、何の先入観もなく)、映画を観る人は問題ないのですが、原作を読んだ人が観る場合、どうしても、原作との比較という避けてはとおれない問題が出てきます。そして、この場合、映画は ... » more

藤沢周平と山田洋次(その4) ところで、私は「武士の一分」を、まだ観ていないのです。観るのが怖いのです。私のような「藤沢信者」は、山田洋次監督には大変失礼なのですが、映画によって、原作のイメ−ジが壊れはしないかそればかり、心配しているのです。「た ... » more

時雨みち(藤沢周平著、新潮文庫) 1981年に刊行された江戸市井もの短編集。全11編のなかでは、最初の夫に死に別れ、2番目の夫には離縁された不幸な武家の娘が回り道をしながらもようやく幸せをつかむという「山桜」、小さい頃に人攫いにさらわれ、貧乏のなかで育ち、ようやく職人の女房 ... » more
テーマ 藤沢周平 大衆小説 時代小説

周平さんの傑作 ≪隠し剣 秋風抄≫ 収録作品の中からぼくの好きな一編、 【盲目剣谺返し】 が [ 武士の一分 ] と改題して映画化され、今月から上映されています。今の若い方たち (特に男性) に是非とも見てもらいたい、そして読んで戴きた ... » more

藤沢さんの昭和53年の作品。氏の故郷山形県荘内地方は出羽羽黒山の麓であり、子供の頃から山伏を見ていたのであろう。山伏の宗教は仏教だろうか、神道だろうか、がよくわからない。山伏の主人公大鷲坊というからには坊主のようにも思え、般若心経を唱えると ... » more
テーマ 藤沢周平 大衆小説

ある短編にちょいと出てきた登場人物が、別の短編では主役になったり・・と、その町に住んでいる人々の日常が描写されている、そんな短編集です。一つ一つの話も短めです。「猫」「ふたたび猫」「みたび猫」「おしまいの猫」と、紅屋の栄之助と妾をしてい ... » more

藤澤周平の<隠し剣>シリーズは「隠し剣孤影抄」と「隠し剣秋風抄」の二短編集から成っている。文春文庫から平成十六年六月十日に同時出版された文庫本である。「隠し剣孤影抄」<邪剣竜尾返し><臆病剣松風><暗殺剣虎の目><必死剣鳥刺し> ... » more
テーマ 藤沢周平 隠し剣シリーズ 読書  コメント(2)

my favorite stories藤沢周平 傑作5編
五味康祐柴田錬三郎司馬遼太郎池波正太郎藤沢周平この5人の順番は、私が一時期夢中になって読んだ本の順番である。五味康祐、柴田錬三郎の架空の剣豪たち。司馬遼太郎の史実に忠実な歴史上の出来事と、人物像。江戸時代の庶民の食文化と、ちょっと色っぽ ... » more

『消えた女』『漆黒の霧の中で』『ささやく河』の3作からなるシリーズ。これまで時代小説と言えば、原則読み切り連載物を読んでいた私が、初めて長編シリーズものにトライした作品でもあります。 これらの作品が書かれた時代は、まだまだ仕事一筋が ... » more

彫師伊之助シリーズ第3弾。シリーズの中で、ミステリー的には一番優れていると思う。相変わらずシビアな雰囲気の話ではあるが、無銭飲食未遂のくだりでは笑った。しかしながら、単行本を購入し、友達同士で回し読みした後、みなで「圭太 ... » more

彫師伊之助シリーズ第2弾。小説として完成度の高い第一作と、ミステリーとして優れている第3作に挟まれて、分が悪そうだが、この僧侶と大奥女中がどうとかいうテーマは割りに好みだったりする(汗)「霧の果て」(神谷玄次郎)と似ているとか、そういう ... » more

その昔、捕物帳と言えば短編読み切り連作専科だった私が、初めて長編にトライした作品でもある。シリーズのこの作品について言えば、インパクトが強かったのは、実は「色○違い」こと高麗屋のおかみ・おうのであった。いや、ぶっ倒れそうになりました ... » more

月9蝉しぐれ/藤沢周平/文芸春秋
藤沢周平という人の作品を読むのは3作目である。おそら若い頃に時代小説を読まずに過ごした事がそうさせているのだろう。とは云え司馬遼太郎は大好きだった。藤沢周平の作品を多く読んでいないので判らないのであるが、私の読んだ作品はいずれも何年だと ... » more

秘太刀馬の骨 藤沢周平/著 文春文庫 ある仕事の関係で、藤沢周平さんの「秘太刀馬の骨」を読んだ。感想を一言で言うと、不思議な気分になる小説だった。物語は、秘太刀「馬の骨」の使い手探し。とある暗殺事件に関わった秘太刀を、現在誰が継承しているか?という謎解 ... » more
テーマ 藤沢周平 日記

短編集・・一冊に4編収録されています。4編のみ、と言うべきかも?すべて武家物、表題作「麦屋町昼下がり」は『隠し剣』シリーズ系と言うのでしょうか。婚約者(?)の満江が清々しい気分にさせてくれます。「三ノ丸広場下城どき」は『たそがれ清兵衛』 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 03:43

「藤沢周平」のブログ関連商品

» 「藤沢周平」のブログレビュー をもっと探す

「藤沢周平」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る