誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    藤沢周平

藤沢周平

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「藤沢周平」のブログを一覧表示!「藤沢周平」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「藤沢周平」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「藤沢周平」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

こりゃま日記映画『山桜』の原作
映画『山桜』の原作 「映画『山桜』藤沢周平原作」について原作は、藤沢周平短編集『時雨みち』に収録されていた。探すともなく探していたのか、『時雨みち』を再読して、みつけた。映画は、まあまあ原作に忠実に描かれていたのだ。映画を観た後で原作を読むと泣けて ... » more

こりゃま日記藤沢周平の本
藤沢周平の本 読書道楽数年前の冬に、池波正太郎の3大シリーズ(剣客商売・仕掛け人藤枝梅庵・鬼平犯科帳)をつづけざまに読んだ。以来、娯楽としての読書に復帰?して、藤沢周平もいろいろと読んできた。全部読むつもりはないが、主な作品は読みたいと思っている ... » more

「ふるさとへ廻る六部は」を読む 前回の池波正太郎に続いて時代小説作家藤沢周平のエッセイを読みました。まずタイトルは「ふるさとへ廻る六部は気の弱り」と続くとのこと。六部とは昔の修行僧のことのようです。そのタイトルどおり著者の故郷山形庄内地 ... » more

藤沢周平原作・映画『山桜』をDVDで観た。▼田中麗奈、東山紀之主演。▼実にあっさりと、淡々と、作られた作品だ。江戸時代の東北の小藩の農民や武士の「暮し」ざまとか、政治の利権屋政治、腐敗などがじっくり描かれている。それで十分見 ... » more

この物語は、作者が冷徹な視線で捉えた俳人 一茶 の、世俗に満ちた半生を浮き彫りにしたものである。そして、日本人誰しもが知っている “ 一茶 ”“ 俳句 ” の虚像と実像の落差の違いが、淡々とした筆致で解き明かされていく。一茶 ... » more

三屋清左衛門残目録(藤沢周平) 前回読んだ藤沢周平『神谷玄次郎捕物控』の主人公は、江戸の町奉行配下の町同心であった。1745年(延享2)江戸の南北両町奉行所には合計240人がいたと云い三十俵二人扶持高の軽輩であったが、今回の主人公は前藩主の用心を勤め上げ120石を270石 ... » more
テーマ 藤沢周平

深川の発展@同資料館 深川資料館の2ndリポート。江戸の町は、幾度も火災や地震、水害に見舞われながら、拡大していった。市街地も主要街道沿いに放射状に伸びて、江戸中期には、武家・町方を合わせて、人口100万人の世界最大の都市となった。こうした中で、深川も隅田川沿岸 ... » more
テーマ 藤沢周平

霧の果て・神谷玄次郎捕物控(藤沢周平) 北の定町回り同心・神谷玄次郎探索の手腕は卓抜、加えて冴えた剣技の持主なのだが、上ッ方の評判は芳しくない。このはぐれ同心は、馴染んだおかみの料理屋の二階に起臥する自堕落者なのである。……そんなある日、川に女が浮いた。死体の頸には絞めた紐の跡と ... » more
テーマ 藤沢周平

江戸の成立と町場@深川資料館 慣性の法則にのっとって、藤沢周平の江戸市井の探検。今日は江戸時代の終わりに近い天保のころの深川の一画。深川の人々が暮らす家々が実物大のレプリカで立ち並ぶ、深川資料館のレポートの1回目である。表通りと町木戸、長屋の路地に井戸端、火の見櫓に船宿 ... » more
テーマ 藤沢周平

深川界隈@清澄通り 両国に降りると雨が降っていたが、気温は冷たくはない。駅前のコンビニで買った傘をさして清澄通りまで向かった。藤沢周平の『彫師伊之助捕物覚え』3部作の主要舞台は、本所・深川地区の南北およそ2.5km、東西およそ2kmの範囲と何日か前のブログに記 ... » more
テーマ 藤沢周平

まさじいつれづれ記麦屋町昼下がり
麦屋町昼下がり 藤沢周平文春文庫NHKの時代劇スペシャルでこの文庫に収録されている物語が放映されるということで、TVを観る前に読んでおこうと思い購入した。収録されているのは次の4篇。・麦屋町昼下がり・三の丸広場下城ど ... » more

ささやく河(藤沢周平) この小説の地理的シチュエーションは、本所・深川地区の南北およそ2.5km、東西およそ2kmの範囲だ。北は、JR総武線・都営大江戸線の両国駅、南は東京メトロ東西線・都営大江戸線の門前仲町駅の先まで。東は大横川(旧横川)、西は隅田川(旧大川)ま ... » more
テーマ 藤沢周平

【海鳴り】 上・下  藤沢周平 【新兵衛】と【おこう】中年の男と女の道行ばなしなのだが、そこへ至るまでの経過が藤沢周平の世界である。初老と言われる年齢になったけれど、新兵衛の気持ちはようく判る。おこうのような女性が現れないかなアと思うオトコ ... » more

藤沢周平 『密謀』  これはもう一人の直江兼続 『天地人』と読み比べる。 NHKの来年の大河ドラマは直江兼続だが火坂雅志『天地人』と読み比べるのもいいだろう。謙信以来の精強を誇る東国の雄・上杉で主君景勝を支えるのは、二十代の若さだが知謀の将として聞こえる直江兼続。本書は兼続の慧眼と彼が擁する草(忍びの者) ... » more

「海鳴り」 劇団民藝公演 藤沢周平原作、吉永仁郎脚本、高橋清祐演出の「海鳴り」は、江戸時代後期を舞台にした中年男女の恋の物語です。紙問屋の主人の新兵衛と同業者の女房のおこうは、ふとしたきっかけで知り合い、お互いに惹かれて行き、とうとう男女の関係になります。これが公に ... » more
テーマ 江戸時代 藤沢周平 劇団民藝

前述の「時雨みち」:藤沢周平:新潮文庫に収録されている「山桜」が映画化され封切られたので観に行ってきました。野江役の田中麗奈、弥一郎役の東山紀之共に好演で、原作の味が良く出ている映画に仕上がっていると感じた。映画「山 ... » more

時雨みち 藤沢周平著 を読みました この文庫に収録されている「山桜」が映画化されたと新聞に出ていたので購入して読みました。藤沢作品は好きで最近よく読んでいます。文庫が主ですが現在33冊になりました。”下積みの人の方に、より人間的な気持が感じられるん ... » more

秘剣の奥儀 女子が遣う < さざ波 > とは?若い頃の憧れ、ギャンブラー。自由になった今・・・1ヶ月半に及ぶ博打打ちとしての仮想体験にもそろそろ疲れがきてしまいました。集中力で脳が悲鳴をあげてしまって・・・そこで遊びと息抜き ... » more
テーマ 藤沢周平 女人剣さざなみ 時代小説

私の映画友さんでもある「かずえママ」のサイトに、「山桜」の篠原哲雄監督から「『山桜』の映画評を書いたら、久々のメールの返事が来た」と有り、「藤沢周平原作で、映画化に適した作品をご紹介ください!」と篠原監督が言っていると。読書好きな割 ... » more

◆ 藤沢周平さんを偲んで「こころの絆展」 「寒梅忌」とともに、市民ホ-ルの隣室では「鶴岡藤沢周平文学愛好会」の会員が1年間かけて製作した絵画、書、写真俳句、短歌、詩、人形等々が展示されている。それも、すべてが、藤沢作品に関係のあるものばか ... » more

時代劇の退潮――『水戸黄門』と『武士の一分』の距離 このところの弊ブログを見返すと、図らずも時代劇に関するものが続いている。なぜか……。そこに現れる人々の心情、そして言葉の響きに魅かれるのだろうか。ひたむきさと正しさ、奥床しさ、含羞。そんなものに飢えている自分が見えるようだ。 ... » more

◆ 第9回「寒梅忌」(その1) 第9回「寒梅忌」が1月20日、藤沢周平の故郷山形県鶴岡市で開かれた。雪がちらちらと舞い、寒梅忌の名にふさわしい凛とした雰囲気の中、いつものように、黙祷をささげる追悼式から式が始まった。↑開会の挨拶「鶴岡藤 ... » more

久しぶりの休日,白山下鮨満寿美 2008年(平成20年)1月20日(日)病棟の患者さんたちは落着いており,風邪気味でもあったので,ひたすら寝続けました.水を飲むだけで,少し起きては林真理子の「ミルキー」,藤沢周平の「風の果て」を読んでは夕方までベットの中で過ごしました ... » more

案ずるより生むが易いが…――「腕に覚えあり2」、又八郎・佐知の恋 愛しき人と妻とが自分の前で出くわす。逃げ場のない事態が出来して「どうする又八郎」のナレーションで幕となった先週の「腕に覚えあり2」だったが、第五話の出だしは無事だった。又八郎は困惑の面持ちであったが、佐知の機転で、怪我をおった又八郎を藩命に ... » more

Let it be――「腕に覚えあり2」の又八郎、ピンチ! 成り行きにまかせる――。ということの意味はよく知っているつもりだし、建前としては、自分は無為自然を標榜する老荘の徒だと思っているが、そんなのは書生時代の思い込みを引きずっているだけで、嘘っぱちである。自然にまかせるというようなことが ... » more

藤沢周平と池波正太郎の「江戸時代もの」小説 (写真はサクラタデ)「江戸時代もの」小説この夏の、暑さしのぎに藤沢周平の小説を読んだ。面白かった。「快楽としての」読書だ。この読書癖は子どもの頃からのもので、見方によっては「逃避行為としての」読書とも言える。時代小説 ... » more

藤沢周平の小説「蝉しぐれ」―蝉しぐれから虫の音へ ■秋の蝉仲秋まで鳴く蝉は、この地では、ツクツクボウシとミンミンゼミだ。去年はツクツクボウシが驚くほどたくさん鳴いたが、この秋は、少ないほうだった。いまでも鳴いているのは、ミンミンゼミだ。もはや、秋の虫の季節になったが、相変わらず ... » more

もう20回目になるなんてびっくりします。でもやはりまだまだ初心者です。中級者と名乗るにはまだ失礼になります。藤沢周平の事書いたらま ... » more

仕事の帰りに足を伸ばして(100円ショップ)に寄る。「アイマスクとガムテープと竿フレンド」を買う。竿フレンドは・・・洗濯竿に直接干した時に洗濯物を止めるものです。ついでにキャンディも100円で1袋 ... » more

雨模様の一昨日が過ぎ昨日は、久し振りに何もせずに家でゆっくりと寛ぐことができました。八代亜紀 さんの全曲集 ♪ 悲しみよ隣で眠れ♪ を聴きながら、昨年の暮に購入した 別冊太陽 「藤沢周平」 を捲っているうちに又、 隠し剣シリーズ≠書きた ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 03:43

「藤沢周平」のブログ関連商品

» 「藤沢周平」のブログレビュー をもっと探す

「藤沢周平」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る