誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    藤沢周平

藤沢周平

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「藤沢周平」のブログを一覧表示!「藤沢周平」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「藤沢周平」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「藤沢周平」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

山田テレビドラマ
ドラマ「ふつうが一番」を見た。藤沢周平の娘が、父が直木賞をもらうまでの奮闘、義母の援助そして父の周辺の人々などを書いた回想記が原作。原作は読んでいないが、ドラマは実によくできている。「騒々しいドラマが多い中、家族でホッと一息つける」としんぶ ... » more
テーマ 藤沢周平 ふつうが一番  コメント(1)

湯田川温泉「正面の湯」 寒鱈汁を味わった後の楽しみは温泉である。鶴岡市には有名なところでは、あつみ温泉、湯野浜温泉、湯田川温泉などがある。今回は電車で来たため、鶴岡市内での移動手段は主にバスとなる。庄内エリアのバス会社は庄内交通で、そのホームページでバス路線や時刻 ... » more

鶴岡公園、荘内神社、鶴岡市立藤沢周平記念館 そして鶴岡公園へ。ここは鶴ヶ岡城址。57万石の大大名だった最上氏が改易された後、ここに入ったのは信州松代藩から転封された酒井忠勝である。忠勝は三河以来の徳川家臣で、幕府樹立にも功績多大で徳川四天王に数えられている。譜代大名の多くが転封を繰り ... » more

「時雨のあと」を読む 藤沢周平氏は本書のあとがきで江戸期の時代もの小説を書く面白さを次のように話しています。<・・・この期になると、庶民が歴史の表面に生き生きと登場してきて、それ以前の、いわば支配者の歴史に、新たに被支配者の歴史が公然と加わってく ... » more
テーマ 藤沢周平 読書 時雨のあと

「暗殺の年輪」藤沢周平を読む 藤沢作品は好きでよく読みます。本棚で数えたら40冊ありました。しかし初期の頃の作品、とりわけ直木賞を受賞したこの作品は読んでいませんでした。今回ブックオフで見つけることができたので(文春文庫)さっそく購入し読みま ... » more
テーマ 藤沢周平 読書 暗殺の年輪

藤沢周平の『臍曲がり新左』(2008年7月15刷)を読みました。BOOKデータによると、<世評高いこの作家の短篇小説を精選、四巻に集成。第一巻たる本巻は、士道小説の傑作十一篇。端正緻密、人生通の大人の読物である>とあ ... » more
テーマ 藤沢周平

そう藤沢周平の蝉しぐれです。自分は時代小説というと、池波正太郎派でしたがこの前、彼女が面白いよってDVDを貸してくれました。映画ではなく、ドラマの『蝉しぐれ』です。内容は、さらっと書きますが普請組 ... » more

『ささやく河』藤沢周平 藤沢周平の『ささやく河』を読みました。BOOKデータによると、<元は凄腕の岡っ引、今は版木彫り職人の伊之助。定町回り同心石塚宗平の口説きに負けて、何者かに刺殺された島帰りの男の過去を探るはめに。綿密な捜査を進め、二十 ... » more

Rugの方丈私記藤沢周平に魅せられて!
藤沢周平に魅せられて! 先週、鶴岡へ行って来ました。記念館では、浮世絵展をしてました。私の父と同じ年の昭和2年生まれ、そこで仙台に帰りすぐ、たそがれ清兵衛をみました。感想はのちほど。ps.昨日は、鶴岡市へ藤沢周平記念館に行き ... » more

幸せ探しの旅日本映画「小川の辺」
最近の日本映画を見て感動することが多い。今回は録画しておいた藤沢周平原作「小川の辺」を鑑賞した。作品の微細な部分ではおやっと思うことがあったが、主演の東山紀之の演技がすばらしいと思った。またその脇役も好演している。特に沈黙の時間帯の ... » more

『天保悪党伝』藤沢周平 藤沢周平の『天保悪党伝』(2011年5月改版)を読みました。BOOKデータによると、<平和が続き、爛熟極まる江戸の天保年間、闇に生き、悪に駆ける者たちがいた。博奕好きの御家人・片岡直次郎(直侍)、辻斬りの剣客・金子市 ... » more
テーマ 藤沢周平

『闇の梯子』藤沢周平 藤沢修平の『闇の梯子』(1994年2月8刷)を読みました。BOOKデータによると、<漆黒の闇に明滅するひそやかな人生絵図。藤沢作品初期の短篇を彩るその独自の色調は読者を魅了してやまない。酔いどれの叩き大工の哀歓をえが ... » more

『静かな木』藤沢周平 藤沢修平の『静かな木』(1998年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<隠居後、まもなく還暦を迎える主人公は城下の寺に立つ欅の古木に自分の人生の静かな晩年を思い描くが…。表題作ほか、作者が多くの物語を紡ぎ ... » more

藤沢周平記念館@鶴岡(6月3日) 先日、山形への山旅の帰途、念願の藤沢周平記念館に寄ってきた。相棒の対応に感謝したい。その記念館で販売されている冊子に、彼の生涯と題した記述があったのでとりあげてみたい。全部で7つの章に分かれており、@誕生から少年時代(昭和2年〜17年)、A ... » more

2012年※12/06/14追記 ちょっと早いが、2012年のトレックデータを投稿、この夏に行きたいところなんかも追記した。1月元旦 弥彦山(神社)1月3日 瓢湖(カワウ、チュウサギ、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、 ... » more
テーマ 藤沢周平 contents

すかいさんのたより赤カブ漬け
赤カブ漬け 先日、山形県温海の「山さん」の焼き畑で採れた赤カブをおすそ分けして貰った漬けたのが下の写真味も色もいまいち、やはり一霞の酵母が無いとだめなようですね。 ... » more

21世紀かぶ祭りin一霞 早朝から買い物客が来て大盛況でした。販売のテント風景生の「赤カブ」も10kg単位で売られていました。公民館の内部状況なぜか「スイーツ」もそして肝心の「赤カブ」の品評会も ... » more
テーマ 藤沢周平 雑記

21世紀かぶ祭りin一霞(前夜祭?) 納豆つぶし(納豆汁の下ごしらえ)皆さんが擂り鉢を持って集合?酒を飲みながらの「納豆つぶし」、何しろ粘りでなかなかつぶれない何とか8パック(都会で売っている物の3倍は有る量でした)赤カブの漬け物流石に本 ... » more
テーマ 藤沢周平 雑記

すかいさんのたより「蝉しぐれ」
図書館から「蝉しぐれ」のDVDを借りて来て見ているなぜか映画を観て居いないそしてTVも???購入しても良いな〜と思っていたら、図書館に有った早速借りて来て観賞、良いですね最後のお福の「文四郎さんの御子が私 ... » more
テーマ 藤沢周平 雑記

本書は、昭和59年に文庫になっていたものが先月再刊されたものです。昭和50年から昭和53年に発表された短編が収められています。表題作の『夜の橋』は、博打が原因で出て行った妻・おきくが、相談があると顔を見せていたことを聞い ... » more

すかいさんのたより岩ガキ!
岩ガキ! 宮城県にボランティアへ行った帰りに「鶴岡市」へ再訪先日の訪れた時の宿題が有り「高坂」へ先生の生誕の地や少年の家や病院など高坂の集落をぐるぐる回ってようやく見つけましたそして庄内観光物産館で「岩ガキ」を買い出し ... » more
テーマ 藤沢周平 雑記

映画「小川の辺」の原作を読む 藤沢周平原作の映画がまた公開されたとテレビで宣伝していた。「小川の辺」というのだそうだが、あれっ、と思った。藤沢作品はほとんど読んでいるはずなのに「小川の辺」は記憶に残っていない。もしかしたら、映画化 ... » more
テーマ 藤沢周平 読書 小川の辺

すかいさんのたより鳥海山
鳥海山 鶴岡市の郊外より見える「鳥海山」藤沢周平先生や皆さんの観ている、見てた風景ですいつかわ登りたい山ですが!!! ... » more

藤沢周平の作品の故郷 念願の「鶴岡市」の藤沢周平の古里を訪ねました。先生の生誕の地、金峯山、民田、日枝神社、筬橋(おさはし)、七日町、致道館七日町の案内板は見つからず苦労しましたが致道館の方の案内で無事見つかりました後は車のナビで全部見つ ... » more
テーマ 藤沢周平 雑記

藤沢周平著「橋ものがたり」と江戸の大川(現在の隅田川)に架かる五つの橋 藤沢周平著「橋ものがたり」(実業之日本社)を読みました。藤沢周平の小説というと剣客ものというイメージが強くありますがこの短編集は「市井もの」の代表作として知られているそうです。様々な人間が毎日行き交う江戸の橋が舞台になっておりそこで繰り広げ ... » more
テーマ 藤沢周平 隅田川 橋ものがたり

藩内の陰謀に巻き込まれ、義父となるはずだった男を斬って脱藩した青江又八郎。用心棒稼業で糊口をしのぐ、又八郎の江戸での日々を描いたストーリーです。仕事あっせん屋の相模屋吉蔵や、用心棒仲間の細谷との掛け合いは和やかな緩さがあ ... » more

こりゃま日記麦屋町昼下がり
麦屋町昼下がり 読み直す藤沢周平@藤沢周平を読み直すことにした。「麦屋町昼下がり」…誰かが、この作品はウェスタンの『真昼の決闘』を脳裏において書いた、と藤沢周平が言った(書いた?)と、言っていた。いずれ確かめたいと思う。それはともかく、これ ... » more

こりゃま日記「小川の辺」映画公開に
「小川の辺」映画公開に 『小川の辺』藤沢周平原作「小川の辺」が映画化され、公開中という。この短編小説は、『海坂藩大全 上』にも収録された佳作だ。映画化は当然されてしかるべき作品といえる。この話を聞いて、ふたたび藤沢周平を再読しはじめてい ... » more

今日、「小川の辺」を観てきました。うーん、これから観る人いるだろうから何とも言えませんが・・・。監督さんは「山桜」と同じ人だそうです。「山桜」は行間をうまく表現した映画でした。俳優に多くを語らせずお話の背景を ... » more
テーマ 藤沢周平 小川の辺 映画  コメント(2)

ひのくるま藤沢周平生誕の地
藤沢周平生誕の地 今週末は天気に恵まれず何処にも行けませんでした。ということで、先週ちょこっと立ち寄った生誕の地をご紹介。金峰街道沿いに看板が出ていて前々から気になっていたのですがわざわざ寄り道をする気にもなれずずっと放置していたのですが ... » more
テーマ 藤沢周平

 

最終更新日: 2016/12/07 04:49

「藤沢周平」のブログ関連商品

» 「藤沢周平」のブログレビュー をもっと探す

「藤沢周平」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る