誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    直木賞

直木賞

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「直木賞」のブログを一覧表示!「直木賞」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「直木賞」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「直木賞」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

島本理生さんの「アンダスタンド・メイビー」を読みました。直木賞受賞作です。早速手にして読んでみました。主人公の女子中学生を通して感じる心情と、周りにいる同級生や親による彼女への関わり、彼女 ... » more

ノンフィクションと誤解しがちな直木賞受賞のフィクション小説・池井戸潤著「下町ロケット」を読む 今年の直木賞を受賞した池井戸潤著「下町ロケット」が面白いという評判なので浦安市図書館にて借りようとしたところ同図書館所蔵の13冊全てが貸し出し中であり198人が貸し出しを待っていると知りました。年金生活者の私は新刊書は基本的に買わずに図書館 ... » more

池井戸潤 『下町ロケット』 先端の企業間競争にほろりとする人情ドラマを調和させた直木賞受賞作 元三菱銀行のサラリーマンだった著者の『空飛ぶタイヤ』『鉄の骨』を読んで、その人柄に好感を持っていた私はこの作品が今回の直木賞を受賞したと聞いて素直によかったなぁと思いました。「企業小説」というジャンルは元銀行員とか元役人とかあるいは ... » more

気になる・・・直木賞
第145回の直木賞に、池井戸潤さんの「下町ロケット」が選ばれました。たしか、「空飛ぶタイヤ」だったかを書いた人ですね?相変わらず、タイトルが印象的。ちなみに、次点(ってあるんだね?)は島本理生さんの「 ... » more
テーマ 直木賞

直木賞 池井戸潤さん「下町ロケット」 直木賞池井戸潤さん「下町ロケット」http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011071502000029.html東京新聞2011年7月15日 朝刊【社会】 ... » more
テーマ 直木賞 東京新聞 池井戸潤さん「下町ロケット」

直木賞と「きょうのわんこ」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□□■□■□■□■□ 「きょうのわんこ」の動画が見られるサイト □■□■□■□□■□■□ み┃ん┃な┃の┃わ┃ん┃こ┃□■□ ━┛━┛━┛━┛━┛━ ... » more
テーマ 直木賞

木内昇 『漂砂のうたう』 「自由」という虚構に踊らされる人々 漂砂?なじみのない言葉だ。スーパー大辞林によれば「波浪・潮流などによって流動する土砂。また、その移動する現象。河口・港湾などを埋積したり海岸を浸食したりする。」とある。「漂砂のうたう」?流れのままに動かされるだけのちっぽけな存在が索 ... » more
テーマ 直木賞 木内昇 時代小説

道尾秀介さん、直木賞受賞おめでとう!!第144回直木賞と芥川賞の発表が行われ、直木賞は木内昇(のぼり)さん(43)の「漂砂のうたう」(集英社刊)、道尾秀介さん(35)の「月と蟹」(文芸春秋刊)に決まった。芥川賞は朝吹真理子さ ... » more

第144回 直木賞 候補作 発表 1/5、第144回直木賞候補作が発表になりました。ちなみに第144回芥川賞候補作はこちら、前回(第143回)直木賞候補作は、こちらです。今回の候補作品は以下の5作品です。犬飼六岐『蛻』(講談社)蛻犬飼 六岐講 ... » more
テーマ 直木賞

好きなものブログ直木賞 2008-2010
直木賞 2008-2010 第143回(2010年上半期)小さいおうち文藝春秋 中島 京子 Amazonアソシエイト by 第142回(2009年下半期)廃墟に乞う文藝春秋 佐々木 譲 Amazonアソシエイト by ほかならぬ人へ ... » more
テーマ 直木賞

2010年4月29日にアップした「Real Cinderella〜中澤さんが泣いた日「姫野さんからの手紙」⇒が直木賞候補に選出されました。最終発表は7月15日です。はたして中澤さんは再び涙するのでしょうか ... » more
テーマ 直木賞 ラジオ

7/2、第143回直木賞候補作が発表になりました。ちなみに第143回芥川賞候補作はこちら。候補作品は以下の6作品です。乾ルカ『あの日にかえりたい』実業之日本社あの日にかえりたい実業之日本社 乾 ルカ Amaz ... » more

芥川賞候補6作赤染晶子(あきこ)「乙女の密告」鹿島田真希「その暁のぬるさ」柴崎友香(ともか)「ハルツームにわたしはいない」シリン・ネザマフィ「拍動」広小路(ひろこうじ)尚祈(なおき)「うちに帰ろう」穂田川(ほたかわ) ... » more
テーマ 直木賞 芥川賞

佐々木譲 『廃墟に乞う』 何かと話題を呼んだ直木賞受賞作だが……… このところ北海道警察の組織体質を相当手厳しく告発する警察小説を発表してきた佐々木譲の直木賞受賞作である。道警本部に勤務する警察捜査官が事件解決の主役なのだが、『廃墟に乞う』はこれまでの佐々木譲の作品からは一風変わった印象をうける連作短編 ... » more

好きな作家「白石一文」が直木賞を! 平成22年1月15日(金曜日)好きな作家「白石一文」が直木賞を!第142回直木賞に白石一文の「ほかならぬ人へ」が受賞した!好きな作家の一人で昨年出会い昨年だけで7冊の本を読んでいる、「愛」をテーマ ... » more
テーマ 直木賞 日記

直木賞おめでとう!! 佐々木譲さん 直木賞おめでとう!!佐々木譲さん「警官の血」のドラマを見てからファンなって、小説を読んだら、どの小説も面白かった佐々木譲さんがついに直木賞を受賞されました。本当におめでとうございます。受賞作は ... » more

佐々木譲氏、直木賞受賞 「択捉発緊急電」などの傑作で知られる作家、佐々木譲氏が直木賞を受賞したそうです。2006年に、赤旗日刊紙に連載されたときの切り抜きです。NHKドラマ「エトロフはるかなり」のビデオ。 ... » more
テーマ 直木賞 佐々木譲 エトロフ

7/15、第141回直木賞受賞作が発表されました。ちなみに、第141回直木賞候補作品についてはこちらを、第141回芥川賞受賞作品についてはこちらをどうぞ。受賞作品は、北村薫さんの『鷺と雪』(文芸春秋)。鷺と雪文藝春秋 北 ... » more

7/2、第141回直木賞候補が発表になりました。ちなみに、前回(第140回)直木賞についてはこちらを、第141回芥川賞については、こちらをどうぞ。今回の直木賞候補作品は、以下のとおりです。・北村薫『鷺と雪』 (文 ... » more

珈琲Time天童荒太氏が直木賞受賞
天童荒太氏が直木賞受賞 昨日、芥川賞と直木賞の受賞作が発表されました。直木賞を受賞された天童荒太さんの作品は少し読んだことがあり、衝撃の作品だったのでよく記憶に残っています。今回の受賞作は「悼む人」という天童氏の最新作ですが、この作品はまだ読んでいません。私が ... » more

悼む人価格 1,619円 (税込 1,700 円)善と悪、生と死が交錯する。『永遠の仔』以来の感動巨編。全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる ... » more

1/5、第140回直木賞候補が発表になりました。ちなみに、第140回芥川賞についてはこちらを、前回(第139回)直木賞についてはこちらをどうぞ。今回の直木賞候補作品は、以下のとおりです。・恩田陸『きのうの世界』 (講 ... » more

いちいチャンネル★立原正秋
ベストセラー「冬の旅」などで知られる直木賞作家・立原正秋(1926〜80)。本格デビュー前に元の民族名で発表した作品があることが10月20日までに確認されたという。それは日本で刊行されていた「自由朝鮮」誌49年2月号に、金胤奎 ( ... » more
テーマ 直木賞 立原正秋 芥川賞作家

「切羽へ」  井上荒野 本は図書館でと決めていた。はやり物の本は待ち人多数で、数ヶ月先になる。何気なく入った本屋さんで「切羽へ」という表紙を見たら、なぜか、今読んでみたくなった。図書券をもらったのがあるし・・・なんと、1500円の本が945円だった。この本屋さんは ... » more
テーマ 直木賞 読書 小説

番外・直木賞の候補作 番外・直木賞の候補作第139回芥川賞、直木賞の候補作が発表になりました。最近は、本屋大賞のほうが本当に話題作の本が多くなっているせいか、注目度が下がってしまってますが、やっぱり直木賞はきになるんで、一応、ご紹介。 ... » more

三浦しをん 『まほろ駅前多田便利軒』 著者の父上とおしゃべりして……… まほろ市。東京都下南西部にある最大の住宅地、神奈川県と川を隔てて隣接している。いかにもモデルがありそうなのだが………、どこか現実離れをして蜃気楼のようにもやもやと歪んだところのある著者が作り出した空間である。ちょっと町の外に出れば農家が ... » more

7/3、第139回直木賞候補が発表になりました。今回の直木賞候補作品は、以下のとおりです。・井上 荒野『切羽へ』 (新潮社)・荻原浩 『愛しの座敷わらし』 (朝日新聞出版) ・新野 剛志『あぽやん』 (文芸春 ... » more

時雨亭往還数年中に直木賞
数年中に直木賞 クオリティの高さに比べ、著者の低い知名度は残念。ドライだが癖のない文体は読みやすい。特にこの三冊は恋愛小説慣れした読み手にも満足の内容。著者の力量は確かです。類型的な主人公設定はご愛敬。 ... » more

1/16、第138回直木賞受賞作が発表されました。ちなみに、第138回直木賞候補作品についてはこちらを、第138回芥川賞受賞作品についてはこちらをどうぞ。受賞作品は、桜庭一樹さんの『私の男』(文芸春秋)。花と淳悟という2 ... » more

荒井医院の診療日記夜の散歩
院長「ウーさぶっ!寒いと思ったら雪だな、この寒さを芥川賞や直木賞の作家だったらどう表現するんだろうな?」家内「『寒い』でいいんじゃないの?」院長「う〜ん、寒すぎて思いつかないな、ウーさぶっ!」 よろし ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 04:42

「直木賞」のブログ関連商品

» 「直木賞」のブログレビュー をもっと探す

「直木賞」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る