誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    近藤史恵

近藤史恵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「近藤史恵」のブログを一覧表示!「近藤史恵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「近藤史恵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「近藤史恵」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『薔薇を拒む』近藤史恵 近藤史恵の『薔薇を拒む』(2010年5月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<施設で育った内気な少年・博人は、進学への援助を得るため、同い年の樋野と陸の孤島にある屋敷で働き始めた。整った容姿の樋野には壮絶な過 ... » more
テーマ 近藤史恵

『三つの名を持つ犬』近藤史恵 近藤史恵の『三つの名を持つ犬』(2011年5月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<愛犬エルとの生活を綴ったブログがきっかけに、ようやく仕事が入り始めたモデルの草間都。彼女にとって、エルとの絆はあらゆる意 ... » more
テーマ 近藤史恵

『ホテル・ピーベリー』近藤史恵 近藤史恵の『ホテル・ピーベリー』(2011年11月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<木崎淳平は教師をやめ、ハワイ島を訪れる。友人から奨められた日本人経営のホテルは「リピーターを受け入れない」ことが特徴だと ... » more
テーマ 近藤史恵

『茨姫はたたかう』近藤史恵 近藤史恵の『茨姫はたたかう』(2000年6月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<「童話の眠れる茨姫は、王子様のキスによって百年の呪いが解け、幸福になった。もしそれが、ストーカーのキスだったら?」対人関係に臆 ... » more
テーマ 近藤史恵

『カナリヤは眠らない』近藤史恵 近藤史恵の『カナリヤは眠らない』(1999年7月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<変わり者の整体師合田力は、“身体の声を聞く”能力に長けている。助手を務める屈託のない美人姉妹も、一皮剥くと何がしかの依存症 ... » more
テーマ 近藤史恵

『シェルター』近藤史恵 近藤史恵の『シェルター』(2003年9月2刷)を読みました。BOOKデーターによると、<人はなぜ、最も大切な人を傷つけてしまうのだろう? わたしたちは、ひどく似ているのかもしれない-。心のシェルターを求めて出逢った恵 ... » more
テーマ 近藤史恵

『ダークルーム』近藤史恵 近藤史恵の『ダークルーム』(2012年1月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<シェフの内山が勤める高級フレンチレストランに毎晩ひとりで来店する謎の美女。黙々とコース料理を口に運ぶ姿に、不審に思った内山が問い ... » more
テーマ 近藤史恵

『賢者はベンチで思索する』近藤史恵 近藤史恵の『賢者はベンチで思索する』(2005年5月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<ファミリーレストラン「ロンド」を舞台に展開する謎の事件。不可思議な老人は21歳の女の子の人生にとって、とてもたいせつな ... » more
テーマ 近藤史恵

「最終行は読む者の脳を揺さぶり続ける」というキャプションにつられて、久方ぶりに女性作家によるミステリーを読んだ。 って、全然脳を揺さぶられません!「芸能人格付け」という面白いTV番組の「写す価値無し」という言い方をまねすると、「評論する ... » more
テーマ 近藤史恵 書評 薔薇を拒む

『はぶらし』近藤史恵 近藤史恵の『はぶらし』(2012年9月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<脚本家の鈴音は高校時代の友達・水絵と突然再会した。子連れの水絵は離婚して、リストラに遭ったことを打ち明け、1週間だけ泊めて欲しいと泣 ... » more

『アンハッピードッグズ』近藤史恵 近藤史恵の『アンハッピードッグズ』(1999年10月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<パリを舞台に乾いたタッチで描かれていく二組の男女の微妙な恋模様。 気鋭のミステリ作家がはじめて手がけた恋愛 ... » more
テーマ 近藤史恵

『散りしかたみに』近藤史恵 近藤史恵の『散りしかたみに』(1998年3月刊)を読みました。BOOKデータによると、<歌舞伎座での公演の最中、毎日決まった部分で必ず桜の花びらが散る―しかもたったの一枚。誰が、どうやって、何のために花びらを降らせて ... » more
テーマ 近藤史恵

『さいごの毛布』近藤史恵 近藤史恵の『さいごの毛布』(2014年3月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<幼い頃から自分に自信が持てず、引っ込み思案。家族とも折り合いが悪く就職活動も失敗続きだった智美は、友人の紹介で、事情があって飼い ... » more

『黄泉路の犬』近藤史恵 近藤史恵の『黄泉路の犬』(2005年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<どんな職場にも忙しい時期と暇な時期がある。珍しいことに南方署は暇だった。圭司がここに配属されてから既に三ヶ月。同僚の黒岩から、いきな ... » more
テーマ 近藤史恵

【著者に訊け】 近藤史恵氏 歌舞伎界ミステリー『胡蝶殺し』 【著者に訊け】近藤史恵氏歌舞伎界ミステリー『胡蝶殺し』NEWSポストセブン2014.07.31 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20140731_267760.html ... » more
テーマ 近藤史恵 著者に訊け NEWSポストセブン

『モップの精と二匹のアルマジロ』近藤史恵 近藤史恵の『モップの精と二匹のアルマジロ』(2011年2月刊)を読みました。BOOKデータによると、<ぼく(大介)の妻は、清掃作業員として働くキリコだ。ある日キリコは見知らぬ女性から「夫の浮気を調べてほしい」と頼まれ ... » more

ハワイ島にある、リピーターはお断り、というちょっと変わった方針の小さなホテルが舞台。カタカナの名前を覚えるのが苦手なので舞台がハワイと知って、少々不安でしたが出てくるのは日本人ばかりで、個人的には問題なしでした。 ... » more

Bathing Bear『サヴァイヴ』(近藤史恵)
『サクリファイス』、『エデン』に続くシリーズですが今度は短編集で、いくつかは雑誌などで読んだものでした。わりとぼーっと読んでいる&最近忘れるのが早いので視点となる人物が、過去の作品でどんな扱いで描かれていたのかが思い出せなく ... » more

ものすごく好きか、どうしようもなく苦手か、作品ごとに好みが大きく分かれる作家さんなのですが残念ながら、これは後者でした。嘘を重ねて泥沼化したり、安っぽい犯罪に手を染めて勝ったような顔をする人って、読んでいても楽しくないも ... » more

近藤史恵 ‘サヴァイブ’ 自転車ロードレースのエースとアシストの関係を描いた小説の‘サクリファイス’と‘エデン’の続編が‘サヴァイブ’です。‘サヴァイブ’はこれまでの小説とは趣向が異なり、短編集です。それぞれの短編を時系列に並べると純 ... » more

前作同様、タイトルの「迷宮ホテル」は別に謎でも何でもなし。そのあたりは、想定される読者層の気を引く要素なのかも。内容や設定が、小学校中〜高学年くらいの女の子には魅力的な感じだと思うし、主要な登場人物たちが好ましい程度に上品な ... » more

キリコ&大介のシリーズでは初の長編とのこと。ああ、そうか、これまでは短編集ばかりだったっけ。帯に「夫が記憶を喪失」なんてあったから大介に何が起こるの!?と思ったら記憶喪失は別人のことでした。良かった、良かった…と安心 ... » more

著者初の児童向けミステリーとのこと。ショッキングピンクの表紙が気恥ずかしい…。別に「探偵団」というわけでもないし「香港式ミルクティーの謎」なんてのは話の筋からしたら些細なことではないかい?シリーズ化を見込んでのタイト ... » more

Bathing Bear『砂漠の悪魔』(近藤史恵)
友人の自殺の原因を作ってしまったことで追われる身となった広太。私の苦手な、中途半端なダークサイドの雰囲気に心地悪さを覚えながらも、章立てのないノンストップ感に乗っかって、とりあえず最後まで読みました。「砂漠の悪魔 ... » more

近藤史恵 ‘砂漠の悪魔’ 表紙や帯から読み取れる情報からでは全くストーリーが予測できません。‘砂漠の悪魔’というタイトルにしても、親友の自殺と主人公の中国大陸への旅(逃亡なの?)のつながりが全く見えません。分かることといえば、主人公が親友を裏 ... » more

舞台は2028年。キャリアとのキスによって感染し、数週間で死に至るウィルスが存在するため恋愛や結婚のあり方までも現在とは違う社会で全寮制の学校で暮らす登場人物たち。そんな中、件のウィルスが原因で亡くなった上級生がいて…。 ... » more

Bathing Bear『薔薇を拒む』(近藤史恵)
人里離れた屋敷、「何か」を背負った人たち、「目的」が分からないことへの不安感。そんなプチ耽美な雰囲気の中で進行する物語が行きつく先の幸福と不幸。うっとりするようなノックアウト感がありました。薔薇を拒む講談社 近藤 ... » more

近藤史恵 ‘エデン’ 小説新潮別冊の‘Story Seller1〜3’、‘サクリファイス’と続いた近藤史恵氏の「自転車ロードレース小説」シリーズは‘エデン’に続きます。‘エデン’は‘サクリファイス’から三年後に開催された、ツール・ド・フランス ... » more

Bathing Bear『エデン』(近藤史恵)
『サクリファイス』の続編。でも、『サクリファイス』にあった絶妙のミステリー感はなく、ロードレースの描写がさらにマニアックに感じられたせいか、普通の小説でした。深雪さんも、何か深いところに絡んでくるかと思わせておいて( ... » more

ビストロ・パ・マルと、そこに関わる人たちの日常の謎系連作短編集。ヘビーな犯罪ではなく、誰の暮らしにも見られるようなちょっとした「?」ばかりで気分良く読めます。謎多き(?)三舟シェフの若いころの話もあって続きがますます ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 04:42

「近藤史恵」のブログ関連商品

» 「近藤史恵」のブログレビュー をもっと探す

「近藤史恵」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る