誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    情熱大陸

情熱大陸

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「情熱大陸」のブログを一覧表示!「情熱大陸」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「情熱大陸」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「情熱大陸」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

日本サッカーの最先端にして未来を担う選手はピンクの勝負パンツをはき、漢字が苦手で、カズからメールがくる。でも、その足は間違いなく「歴戦の兵の足」でした。先週の予告の時点でアジアカップ決勝の翌日というか正確には当日であるこ ... » more

今回は「小説が書きあがる過程」を撮りつつ実は物事に取り組むお手本を見せてくれた30分でした。はじめにボクは道尾さんの作品は一度も読んだことがないので作品の中身がどうのとか、作風がどうのとかそういったことは今回の放送に関し ... » more

道尾秀介さんの「情熱大陸」を観ました。昨日、仕事から帰ってテレビをつけたら、情熱大陸と言う番組で、「道尾秀介」さんのドキュメントが放送されていました。冒頭、昨年の映像が出て、「今度の直木賞をとります。」と言って、「駄目だった ... » more

この番組で3回取り上げられる人はきっと初めて。そして毎回スケールアップしているのがすごいです。「自分の幸せ」と「誰も不幸にさせないこと」が直結していると言い切ったのが2009年の放送。情熱大陸20090726『吉 ... » more

歌舞伎とか伝統芸能の世界は1人の人間からしてみたらものすごく理不尽なことが山積みなんだけれどもそれが「宿命」だと当人たちが誰より自覚しているから成り立つと思う。見ているこっちは胸が痛くなるようなことがたくさん。藤間勘十郎 ... » more

2011年最初の放送はいきなり熱い展開に。やっぱりこの人は懸けているもののレベルが違います。いきなり「そんなに無口ではない」という感じで始まった番組。でも、すぐに相撲の世界の頂点に立った人の凄みを見せつける。右手がし ... » more

2010年最後の放送、そして放送600回記念シリーズの最終回はこの番組には絶対に欠かせない人。映像と音楽の幸せな出会い方だとつくづく思います。よい番組、記憶に残る番組、感動する作品、忘れられない映画には必ずといっていいほ ... » more

毎度ながら「落語家」の回は外しませんね、情熱大陸。もっと見ていたいと思わせるのは「芸」にかける姿が本当に魅力的だからでしょう。もう3ヶ月も経ったのかと思うのは「らくご×情熱大陸」という放送600回記念の特別イベントのこと ... » more

自分の取り組んでいるものを「宿命」って認識している人なんてきっとほとんどいないんだろうと思う。伝統芸能の世界はもしかするとそうかもしれないが・・・「体操日本」という言葉はボクの親の世代では当然でそこには常に世界をリードす ... » more

トップにいる人間の一番大事な仕事は「後継者」を選ぶこと。少し表情が柔らかくなったような感じでした。熊川さんのイメージって「有言実行」という感じでして実力があるからこそ言えることがあって言ったからには実現していくというタイ ... » more

11ヶ月ぶりの登場。っていうか11ヶ月でまたこの番組に出るってそれだけドラマがあるってことなんだろう。情熱大陸20091220『長谷川穂積』去年の12月に放送された番組では「圧倒的に強い王者」として取り上げられて ... » more

ちょっと自分に重ねてみてしまうことがいくつか。もちろんまったくもってビジュアル的なものではなくてね。先週の田原総一郎が「実験」だったとすれば今週の水原さんは「宣伝」だったような気がします。結果的に水原さんの魅力は伝わった ... » more

「日曜の夜」はやっぱり違和感あるね。見るなら「日曜の朝」だと思うわけです。今回はかなり実験的だったなというのが率直な印象です。密着されている側が「取材方法」に対して疑問を投げかけそのやり取りを通して、ドキュメンタリーのあ ... » more

好きな武将が「支倉常長」って・・・いきなりポカンとした人が多そう。でも、ありきたりな返答でないところが彼女の魅力だと思うのです。つい先日までやっていたJOKERというドラマを毎回見ていたので、その時の印象が強い杏さんですが ... » more

「衝撃のラスト!」「まさかの展開!!」っていうか冒頭からぶっ飛んでいた今回の放送。放送直後なのか放送中から始まったであろう盛り上がり。今週の情熱大陸にはワロタ先週の予告の段階で絶叫していたと思ったけどいや、今 ... » more

やっぱりこの人がいるといないとでは楽しさが違う。それにしても今回の放送はものすごいタイムリー。「情熱大陸600回シリーズ」の第4弾。これまでは爆笑問題(2回に分割)、安藤忠雄ときての武豊。「日本でもっとも有名なジョッ ... » more

武豊の「情熱大陸」を見ました。昨日放送の武豊の「情熱大陸」を見ました。腕の怪我が治らない内にスケジュールがいっぱいでリハビリも中々行えていなかったようですね。高知のよさ恋競馬では、チャリティーオークションや ... » more

あだ名が「ケチタヌキ」だったかな。主張に共感することはあんまりないけどスタンスはいいと思うんだよね。みんなが同じ方向って怖いし、つまらないし。もう既に各所で今回の放送への批判があるようです。まぁそうだろうなぁと思う気 ... » more

「コミュニスト」って言葉のやり取りに笑ってしまった。「演劇はお客さんを教育するくらいの方が」という考え方はきっと大事なことだと思う。我が家では母上が頻繁に演劇を見に行くのでそのたびに新作のチラシを見せていただくのですが ... » more

肩書ききかずに話しを聞いているととても偉いお坊さんなのではないだろうかと思う。きっと話している内容が精神的に訴えてくるからだろう。感想だけ言ってしまえばなんかスッとしたという感じ。「マグマ学者」とか「 ... » more

「紙の本」の方が好きなのです。電子が嫌いなんじゃなくて、紙の良さがあるから。きっと作り手とのコミュニケーションが濃いからだと思うのです。この番組は時折、普段、何気なく目にしたり、耳にしたり、手にしたりするものの向こう側に ... » more

あんな風に写真を撮りたい。それ以上にあんな風に動物と接してみたい。そしてカメラを持ってどこかへ行きたい。先週の予告を見た時点で「これは楽しみ」と思ったのはまがりなりにも写真を撮るのが好きで近所に動物園という最高の撮影 ... » more

まさかこの番組で取り上げるとは。たまに意表をついてくるからこの番組のキャスティングは見逃せない。ほぼ同世代ってことがちょっと意外。不思議と落ち着いているようにも見えるからだろうか。いや、きっと子どもたちからあそこまで熱い ... » more

日曜の夜にちょっと哀愁漂うフラメンコの音色。ただ、激しいだけではないところが心地よい。沖さんが少し前にコンクールで優勝したニュースを偶然、twitterで見ていたのでコンクールの結果についてはちょっと落ちついて見られまし ... » more

楽しみにしていた「らくご×情熱大陸」落語と音楽を堪能してきました。本当、楽しかったです。毎週、見ている番組がイベントをする。毎年、野外フェスはやっているけど、これまで取り上げてきた落語家さんたちを集めて3夜連続でライ ... » more

よく考えたら8月最後の放送だから夏休みの宿題に追われる方々に「昆虫採集」を取り上げてくれたのではないかと思い出しました。「探検昆虫学者」という肩書きが既に一風変わっていて「昆虫学者」という人は世の中にそれなりの数の人がい ... » more

情熱大陸20100822 『上野隆博(TAKAHIRO)』 #jounetsu 人ってあんなに精密に筋肉を細かく制御して動かせるんだ。ボクの場合、その前に筋肉つける必要があるわけだけど・・・ボクは「踊る」ってこと自体、自分とは隔絶したものって感覚でいるようなところがあるので「踊れる」人を結構、無条件 ... » more

「眩しくて直視できない」という人がいるとすればきっと彼女のことなんだろうと思う。「笑顔の素敵な子が好き」と青臭いことを言っていたのはいったいいつのことだったかすら覚えていないけどきっと今でも本質的にはそこは変わっていない ... » more

美味しそうだったけど、それ以上に「ほっこり」言葉でなくても雄弁に情熱を語っていました。「地産地消」って言葉が世の中にでてどれくらい経ったのかわかりませんが、昔は当たり前だったことが特別なことになってしまっているのはき ... » more

2mオーバーの大ナマズは圧巻。それにしても続きが気になった・・・秋田県出身、37歳、釣好き。武石さんのプロフィールを見たときに誰かに似ているなぁと思ったら会社の先輩でした。ちょうど秋田に帰省していて、今日会ったので ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 02:24

「情熱大陸」のブログ関連商品

» 「情熱大陸」のブログレビュー をもっと探す

「情熱大陸」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る