誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    聖徳太子

聖徳太子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「聖徳太子」のブログを一覧表示!「聖徳太子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「聖徳太子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「聖徳太子」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

拝見 明治に皇室に献納された価値ある工芸品 法隆寺宝物 明治に皇室に献納された価値ある工芸品法隆寺宝物JR東北線上野駅徒歩9分2010年6月9日(水)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館法隆寺宝物館内入館料600円《奈良・法隆寺は聖徳太子ゆかりの寺である10 ... » more

時雨亭往還橘寺
橘寺 聖徳太子の生まれた寺ということで有名だが、現在の伽藍はほとんどが幕末に近い後世のもの。背後に仏頭山を控えるせいか、寺域は狭い。東門から西へ、ほぼ一直線に鐘楼、経蔵、庫裡、観音堂、客殿などが並ぶ。寺にそぐわない二面石は時代 ... » more

harbtea敬老の日?聖徳太子?
敬老の日の謂れ・・・。聖徳太子が貧しい人達のために施設を作ったと言われる日と同じにしているらしい。敬老の日。家族が体脂肪率の体重計を購入した。私の体重や体脂肪率を見て「本当に痩せたね」「全然、食事を取らないからだよ」と家族から言われた。 ... » more

せっかくなので・・・ 先日、四天王寺に行ってきました。かつて聖徳太子フリークだった私にとっては以前ほどではないながら法隆寺に続くテンションあがりスポット。本当は五重塔を撮りたかったのだけど上手く撮れなかった・・(TT) ... » more

一万円札の肖像に聖徳太子がふさわしいというのは、日本人が自己喪失に陥っている今日の方が、二十四年前よりも、その必要性が格段に高まっているように思えます。そして私はお札の肖像にふさわしいもうひとりの人物を挙げておきたい。もちろんそれは ... » more
テーマ 聖徳太子 西郷隆盛 お札の肖像

前回紹介した岩見隆夫氏の記事によると、今から二十四年前、一九八四年の日銀の新札発行の際、哲学者の梅原猛氏が、一万円札の肖像が聖徳太子から福沢諭吉に代わったことに対し反対運動をしようとしたことがあったとのこと。結局その運動は取り止めになったの ... » more
テーマ 聖徳太子 お札の肖像 梅原猛

サンデー毎日2008年7月13日号の「聖徳太子になぜ人気があるのか」と題された岩見隆夫氏の記事に興味を持ちました。先ずはその記事を紹介したいと思います。《一万円札の肖像が聖徳太子から福沢諭吉に代わったのは一九八四年十一月一日だっ ... » more
テーマ 聖徳太子 岩見隆夫 お札の肖像

「中日新聞」の今日の社説は興味深い。「書き換わる聖徳太子像」と題する社説は、教科書にも書かれている日本古代史の「通説」が、今や瓦解していることを紹介している。すでに私はこの本をはじめ聖徳太子関係の本を読んでいるが、人には聖徳太子非実在説で話 ... » more

静音の小径広隆寺
広隆寺 弥勒菩薩にようやく会える再び日本が戦争をする国にならないように祈るわたしの最後の修学旅行は終わる ... » more

最近は、お札にもなった聖徳太子だとされていた図像が教科書などから消えているという。図像が消されていると時期を同じくして、聖徳太子像に対する疑問が次々とだされ、その存在すら疑問をもたれている。聖徳太子像が揺らいでいる中、この本は聖徳太 ... » more
テーマ 聖徳太子

冥王星の失脚に続く教科書の異変。聖徳太子の記述が消えてしまうの? ●●●●●★●問題:●昭和30年代に小学生だった男女は、聖徳太子は身近な存在でした。学校で習うだけでなく、1000円札、5000円札、1万円札のすべてに聖徳太子の肖像が使われていました。100円札の板垣退助、500円札の岩倉具視以外は ... » more

野中寺の塔跡なんですが、思わず考え込みますね・・ 大阪の羽曳野市の野中寺にある塔の跡です。聖徳太子由来の「中の太子」と呼ばれているところです。さて、ここにどんな塔が立っていたんでしょうね。これだけ見ていると、基本的に礎石の上にのっかっていただけという感じですね。こういう古建築を見る ... » more
テーマ 古建築(1) 聖徳太子 羽曳野

斑鳩寺に付くとまず正門の仁王像がギョロ目をむいて出迎えてくれる。私は何故かこの仁王像を見ていると、心が安まるのである。この斑鳩寺は聖徳太子ゆかりの寺として太子町に建っているのだが、播磨の人にも余り知られていない。 ... » more

西郷隆盛明治維新の原理
今回は『新西郷南洲伝』の上巻をようやく世に問うたということで、これまで西郷南洲が日本の伝統を体現すると述べてきたにもかかわらず、具体的に言及しなかった部分について触れてみたいと思います。西郷南洲が体現する伝統的規範はいろいろな側面があり ... » more
テーマ 聖徳太子 「和」の原理 西郷隆盛(南洲)

毎度毎度、このBlogで書いていて本当に嘆かわしいことですが、前回紹介した海音寺潮五郎さんの『聖徳太子』(学習研究社)も今では絶版になっています。作家としての活動時期が少し古いということを割り引くとしても、絶版になっている海音寺潮五郎作品の ... » more
テーマ 聖徳太子 蘇我入鹿 蘇我蝦夷

海音寺潮五郎さんは日本人に日本歴史の常識を持ってもらいたいという信念のもと、非常に多くの人物伝を書いています。それらの史伝を読めばおおよその日本歴史全体が分かるようにしたかったということで、各時代の人物を幅広く取り扱っているのが特徴 ... » more
テーマ 聖徳太子 小野妹子 神武天皇

 

最終更新日: 2016/12/07 02:12

「聖徳太子」のブログ関連商品

» 「聖徳太子」のブログレビュー をもっと探す

「聖徳太子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る