誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    司馬遼太郎

司馬遼太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「司馬遼太郎」のブログを一覧表示!「司馬遼太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「司馬遼太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「司馬遼太郎」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

#71【ロシア事情について】 菜の花の沖(5) 司馬遼太郎 文春文庫 菜の花の沖〈5〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:レビュー(中)この巻 ...必要な脱線。脱線の面 ...歴史に「もし」はない ...Amazonアソシエイト by 全6巻中の第5巻。終わりが近づいてきて ... » more

#69【千島列島へ】 菜の花の沖(4) 司馬遼太郎 文春文庫 菜の花の沖〈4〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:千島列島〜嘉兵衛が冒 ...北へ幕府御用へと深入 ...物語を超えた日本人論 ...Amazonアソシエイト by 幕府が蝦夷地経営に力を入れ始めたおかげで、 ... » more

#67【蝦夷へ】 菜の花の沖(3) 司馬遼太郎 文春文庫 菜の花の沖〈3〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:蝦夷地開発司馬遼太郎 ...蝦夷地!自分の船を持 ...いよいよ蝦夷へ!蝦夷 ...Amazonアソシエイト by 秋田で建造した、当時では大型船「辰悦丸」に ... » more

司馬遼太郎 『竜馬がゆく 5〜8』 NHK大河ドラマを3倍楽しむために この大長編小説の後半です。1864年(元治元年)の池田屋騒動から1867年(慶応3年)大政奉還までの4年の幕末史が詳細に描かれます。密度の高い4年間でした。わたしの鞍馬天狗・正義の人に直結する尊王攘夷論がいい加減であったのは仕方なかった ... » more

内藤隼人 【7月21日の読書】司馬遼太郎「燃えよ剣(下)」(新潮文庫)を読了。う〜ん、元々が土方歳三の恋愛劇というフィクションがメイン・テーマなだけに、他の新選組物伝記との矛盾は有るだろうとは思っていましたが…本書を読み切 ... » more

司馬遼太郎「幕末」 幕末という思想と思想が激しくぶつかり合った時代。そこで起きた暗殺にスポットを当てた連作です。当たり前のことながら、暗殺をするもの、されるもの、双方に考え方や生き方があり、だからこそそこに物語もあります。時代を動かすのとは違う、なにか黒々とし ... » more

#65【自分の船】 菜の花の沖(2) 司馬遼太郎 文春文庫 菜の花の沖〈2〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:嘉兵衛、持船船頭に〜 ...出会い淡路を飛び出し ...雄大な物語の背景描写 ...Amazonアソシエイト by 全6巻中の第2巻。主人公・嘉兵衛は ... » more

土方歳三 【7月16日の読書】司馬遼太郎「燃えよ剣(上)」(新潮文庫)を読了!!久々の新選組もの時代小説...しかも、大名作!これまで、子母澤寛「新選組始末記」、池波正太郎「幕末新選組」「近藤勇白書」... ... » more

馬上少年過ぐ 司馬遼太郎 ★★★★ 2010/07/14 久しぶりに司馬遼太郎を読みました!やはり司馬遼太郎の本は読みやすく、楽しめました!短編で7作有って、俺の好きな幕末有り、伊達正宗有り、などでよかったです! ... » more
テーマ 司馬遼太郎 馬上少年過ぐ 読書

#64【幕末の経済】 菜の花の沖(1) 司馬遼太郎 文春文庫 菜の花の沖〈1〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:感動をありがとう!本 ...至極爽やかで情熱的 ...余談が長く、多い個人 ...Amazonアソシエイト by これまで読んできた司馬遼太郎の作品の中では、 ... » more

#62【幕末の蝶】 胡蝶の夢(4) 司馬遼太郎 新潮文庫 胡蝶の夢〈第3巻〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:新撰組と松本良順第 ...時代のうねりは最高潮 ...Amazonアソシエイト by 全4巻のうちの最終巻。幕府側に付く主人公・松本良順は、官軍の来襲 ... » more

大楽は孤独な長州人であった。この本はタイトルの「木曜日の夜会」は明治から大正にかけて南洋の木曜島で貝取りのために潜水していた日本人の物語で、司馬さんの作品の中ではちょっと異色なのです。でもなかなか叙情的な作品なのですが。私がいいたい ... » more

#60【徳川慶喜の主治医に】 胡蝶の夢(3) 司馬遼太郎 新潮文庫 胡蝶の夢〈第3巻〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:新撰組と松本良順第 ...時代のうねりは最高潮 ...Amazonアソシエイト by 主人公・松本良順は、ポンぺの帰国とともに、江戸の医学所の頭取となる。 ... » more

司馬遼太郎 『竜馬がゆく 1〜4』 NHK『龍馬伝』を超えた面白さがあった。 新聞連載の後、昭和41年に刊行された司馬遼太郎の初期の作品です。司馬遼太郎の著作は『梟の城』『国盗り物語』『新撰組血風録』『項羽と劉邦』は面白く読んだのですが、『翔ぶが如く』や『空海の風景』となると西郷隆盛、空海の評伝のようで、なるほど ... » more

#58【医学から身分制の崩壊】 胡蝶の夢(2) 司馬遼太郎 新潮文庫 胡蝶の夢 (第2巻) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:江戸期の身分制学生 ...舞台は徐々に動き出す ...Amazonアソシエイト by 幕末だけに、医学の分野からも身分制の崩壊、すなわち平等思想が浸透し ... » more

トシさんが歩いているこの本は司馬さんが自分の歴史観や歴史上の人物についての思いや、自分の作品の成り立ちなど、さまざまに語ったものを編集したもの。司馬さんのナマの声がたくさん詰まっていると思います。土方歳三様のこと、坂本竜馬のこと、西 ... » more

#57【蘭学者である医者が見た幕末】 胡蝶の夢(1) 司馬遼太郎 新潮文庫 胡蝶の夢〈第1巻〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:そんなに大きな展開は ...医学の歴史幕末の御典 ...医療に国境も身分もな ...Amazonアソシエイト by 題名だけではどんな本かわからないが、幕末の ... » more

第214号2版  6月19日土 【実践女子大学本むらさき式部集。を読む19】…たれを。祈る。とか知 【実践女子大学本むらさき式部集。を読む19】………返し、またの年もてきたり…………行きめぐり。あふを松浦の鏡。にはたれをかけつつ祈る。とかしる翌年、と新潮日本古典集成122ページの頭注にいう。なお、このうたは、陽 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 韃靼疾風録 むらさき式部集

豊臣家の栄華は、秀吉という天才が生んだひとひらの幻影のようであったとすら思える。豊臣秀吉その人ではなく、秀吉を取り巻いた人々のお話。でも、周囲の人々を描くことによって、その中心にいた秀吉の姿も浮かび上がってくるというしかけ。登場する ... » more

橋下君、それ間違い! A 〔保守の空洞化 (その七)〕 そもそも自分が、俗世間での成功を望めぬ『(新)西郷南洲伝』の執筆を思い立ったのは、司馬作品のファンであった頃に繰り返し読んで感じていた、『翔ぶが如く』における西郷隆盛という人物のわからなさにあった。あとにして思えば、わからなかったのでは ... » more
テーマ 司馬遼太郎 橋元徹大阪府知事 大久保利通

酔って候幕末に世間からわりと敬意を払われた4人の大名のお話。「酔って候」は土佐藩の山内豊容堂が主人公。「きつね馬」は薩摩藩の島津久光が主人公。「伊達の黒船」は宇和島藩の伊達宗城が主人公というよりは副主人公(主役は蒸気船を開発した ... » more

今日は、薩摩藩士であり日本の制度の基礎をつくったといわれる大久保利通が暗殺された日です。1878年〔M11年〕5月14日享年48歳。山田風太郎著『人間臨終図鑑上』には、次のように書かれています:明治11年5月14目日朝、 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 周易ごよみ 大久保利通

しました(`・ω・´)今日結構最後までやってたので疲れた…英語はwwwなwwwwせwwwwなwwっうぃwwwwwwwww←授業初日から色々と幸先不安(;´∀`)がんばって来年までに結構はなせるようになるz(`・ω・´ ... » more

政治ができなかった男の悲劇〜「歳月」司馬遼太郎 著 読書感想文 なんでこんなにうまくいかないのだろう。・・・と、江藤本人も思っただろうけど、本作を読んだ人もそう思うだろう。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062749963/ref=pd_lpo_k2_dp ... » more

花神(下) 司馬遼太郎 新潮文庫 花神 (下巻) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:お勧めの一冊下巻は、 ...村田蔵六と木戸孝允の ...幕末の奥深さを知った ...Amazonアソシエイト by 上中下巻のついに最終巻。「花神」 ... » more

花神(中) 司馬遼太郎 新潮文庫 花神 (中) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:お勧めの一冊蛤門ノ変 ...攘夷と階級社会の崩壊 ..."時代"が必要とした ...Amazonアソシエイト by 主人公・村田蔵六は桂小五郎に気に入られ、江戸 ... » more

1754年3月20日〔宝暦4年2月27日〕は宝暦の治水工事の始まった日です。この宝暦の治水工事で薩摩藩士51名がで自害したのです。司馬遼太郎氏は、『この国のかたち(6)』のなかで次のように書いています:薩摩藩士51人 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 周易ごよみ 宝暦の治水工事

花神(上) 司馬遼太郎 新潮文庫 花神〈上〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:イネとの関わり。宇和 ...一意専心に働く生き様 ...お勧めの一冊長州藩の ...Amazonアソシエイト by 主人公は近代兵制の創始者 大村益次郎。 ... » more

幕末 司馬遼太郎 文春文庫 幕末 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:暗殺する者、される者 ...五月闇刺客眠らず ...これはどうだろう燃え ...Amazonアソシエイト by 幕末の暗殺事件を短編小説風にまとめたもの。司馬 ... » more

「竜馬がゆく」を読み始める 「竜馬がゆく」全8巻司馬遼太郎著文春文庫を読み始めました。 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/20 02:26

「司馬遼太郎」のブログ関連商品

» 「司馬遼太郎」のブログレビュー をもっと探す

「司馬遼太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る