誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    司馬遼太郎

司馬遼太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「司馬遼太郎」のブログを一覧表示!「司馬遼太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「司馬遼太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「司馬遼太郎」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

以下は、私がかつて同人誌『ARJUNA(アルジュナ)』第一号(2007年8月刊)に発表したもので、後にこれを増補して一本にまとめて出版された(白順社・刊)。単行本のエッセンスともなっていると思うので、ここに録しておく。分量の関係で、二回に分 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 本・映画・音楽・言葉 自分史  コメント(1)

風塵帖 碓井昭雄のブログ老年の性
「若菜・下」の中に、光源氏が若い正室の女三の宮の懐妊を聞いたとき(それは柏木との密通の後のことだったのだが)、まず彼が思うのは《あやしくほど経てめづらしき御ことにも》ということである。つまり、彼は六条院に紫の上、明石の上、花散里などの夫人( ... » more
テーマ 司馬遼太郎 本・映画・音楽・言葉 源氏物語

NHK大河の今年は『八重の桜』だ。初回こそ面白く見たが、その後は回を重ねるに従い、興味を失った。これって、中継ゲームなんだよね。つまり、物語の中心は、京都や江戸で行われているんだけれど、八重っていう女の子は、いつも会津という田舎にいて、 ... » more

#389【豪華3本!】馬上少年過ぐ  司馬遼太郎  新潮文庫 1978年 馬上少年過ぐ (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 久々に司馬遼太郎。出張で高知に行ったせいか、「竜馬がゆく」「功名が辻」「酔って候」「夏草の賦」を思い出し、とりあえず短編集を手にしてみた。 ... » more

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩E秀次のこと 4月末に、おいでおいでをしていた近江八幡市を再訪した。近江八幡といえば豊臣秀次。豊臣秀次といえば「殺生関白」。とはいえ、秀次悪役説は石田三成らのでっちあげ、という見方もある。秀次が構想したといわれる掘り割りや ... » more
テーマ 司馬遼太郎 街道をゆく 大河ドラマ

海音寺潮五郎記念館誌 第17号 1997年3月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌、第17号です。海音寺潮五郎記念館誌第17号(PDF:8.0MB)海音寺潮五郎記念館誌第17号・平成八年度文化講演会- 寺内大吉「カオスの近代説話」- 尾崎秀 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 海音寺潮五郎 寺内大吉

海音寺潮五郎記念館誌 第16号 久しぶりの更新となりました。1996年3月31日発行の「海音寺潮五郎記念館誌第16号」です。余談ですが、ここで公開するためにスキャンした後の管理がまずかったようで、原紙の行方が分からなくなってしまいました。やっぱり電子化しておくべきですね。 ... » more

同じ新聞でも、人さまざまである。今日(12日付)の朝日新聞・朝刊を見て、改めてそれを実感した。2面の「日曜に想う」欄、山中季弘・特別編集委員の「食は広州ににあり不安もまたあり」には感心した。事実をきちんと抑えたクレバーな文章で、千年を超 ... » more

司馬遼太郎の主著は『街道をゆく』である。 もちろん、その厖大な著作群のうち、何を愛読書とし代表作とするかは人によって、あるいは『竜馬がゆく』を、または『坂の上の雲』を挙げる等、さまざまであろう。しかし主著となると、――親鸞の人口に膾炙し ... » more

#378【燃え尽きて死ぬ】城塞(下)  司馬遼太郎  新潮文庫 城塞 (下巻) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 長い物語も下巻。豊臣家の大坂城側は、前回の冬の陣で堀が埋められ、城塞としての大坂城は、弱体化。徳川軍に負けるのは目に見えていたが、 ... » more

先日、『世に棲む日日』(一〜四巻)を再度読み終えました。主人公である吉田松陰と高杉晋作の生涯と事績を知り、彼らの故郷、萩や下関を訪れるための知識の下準備のためでした。結局読み終わったのは、当地を離れてからとなってしまいましたが、前回読ん ... » more

高杉晋作の故郷、萩の旧宅跡です。とにかく静かな場所です。天気が晴天なので気分は最高です。関東圏に住む者にとっても、ご当地の空気に違和感はありません。奥に見える樹木のある場所が高杉家旧宅です。出会った人は、見学に訪れていた ... » more

小説『世に棲む日日』の主人公、吉田松陰と高杉晋作の故郷、萩の地を訪れてきました。朝六時発の電車に乗り、新山口駅からは路線バスにて中国山地を縦断、日本海側へと。訪問した日は絶好の観光日和にて、感激したのは綺麗な海でした。 ... » more

連日の好天に恵まれ、野外での読書日和で最高です。近くの海岸です。実際には彼方に、アクアラインの橋脚と海ほたるが見えます。波の音と、風の音しか聞こえません。吉田松陰は自身の経験から、高杉晋作に次のように伝えたとされています ... » more

『世に棲む日日(二)』、題目、「二十七日、朝」です。以前読んでいた時には、あまり気にならなかったのですが。吉田松陰が江戸の牢獄に収監されている、晩年の時の話です。晋作は松陰に問うています。その中で、松陰は、「識見気魄(きはく)、 ... » more

後日訪れる萩と下関。吉田松陰と高杉晋作の故郷へ。二人の人物像を頭に入れるべく、司馬氏の小説、『世に棲む日日(二)』を読んでいました。天気がよいので、近くの海岸に行き、太陽の日差しを浴びながら読書です。高杉晋作の辞世の詩につい ... » more

#377【真田幸村と後藤又兵衛】城塞(中)  司馬遼太郎  新潮文庫 城塞 (中巻) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 大坂夏の陣のシーンになり、大坂城内で淀君と女衆がチマチマしている箇所より、おもしろくなってきた。豊臣家側のメインは、真田幸村と後藤又兵衛。 ... » more

信玄公に呼ばれたと思い訪れた甲府。志摩の湯、湯村温泉を後にし湯村山山麓を歩きながら、甲府五山の一つ法泉寺に向いました。この寺は武田勝頼の歯髪塚(お寺では首塚)がある勝頼公の菩提寺の一つです。以前私はこのお寺で恩を受けたことがあり ... » more

#376【家康と淀君と秀頼】城塞(上) 司馬遼太郎  新潮文庫 城塞 (上巻) (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 豊臣秀吉亡き後の、豊臣家と徳川家康の物語。600ページ超の本が上中下の三冊。(正確には、中下巻は500ページ弱)ボリュームたっ ... » more

新年早々から計画していた萩・下関への旅。吉田松陰や高杉晋作が活躍した故郷です。司馬遼太郎の小説、『世に棲む日日』(文藝春秋)はこの両名を主役として書かれたものです。旅の前に再度読み直し事績や事跡を頭に入れようと考えています。その ... » more

両義性の魅力――辻井喬著『司馬遼太郎覚書』書評「外側、あるいは部分のみを取り上げて論評、あるいは批判をし、文学作品の内部に入っていかないのは本当の批評ではない」と言う著者は、司馬遼太郎も参加した『近代説話』の創立時の同人である。対談 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

海音寺潮五郎記念館誌 第10号 1990年3月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌第10号です。本号にはみなさんお待ちかねの司馬遼太郎さんが登場します。海音寺潮五郎さんと司馬遼太郎さんとの関わりは、別途、「ペルシャの幻術師を落とすとは何事か!!!」 としても紹介してい ... » more

司馬遼太郎氏の長編小説『翔ぶが如く』(文藝春秋刊)の第三巻「右大臣」という題目の中で目に留まる文がありました。それは、西郷がかつて討幕勢力の一大巨魁(きょかい)であったころ、信じがたいほどに熱い衆望をその一身にあつめた。薩摩 ... » more

少年の頃から北へのあこがれをもっていた司馬遼太郎には格別に東北への思い入れが深かった。『街道をゆく』シリーズでも、「陸奥のみち」で南部・津軽(岩手・青森県)を、「羽州街道」で山形県を、「仙台・石巻」で宮城県を、「秋田県散歩」で秋田県を、 ... » more

1980年(昭和55)に刊行された、司馬遼太郎氏の長編小説、『翔ぶが如く』(文集文庫刊)。明治維新を生きた政府要人を中心にした小説です。全十巻の長きに渡る物語です。三巻の初めの題目、「激突」の中で目につく文がありました。 ... » more

「胡蝶の夢」(1〜4)司馬遼太郎★★★★★主人公は幕末、明治を生きた三人の医者、幕医・松本良順、徳島藩藩医・関寛斎、孤高の天才・島倉伊之助。彼ら三人の生き様を追う内に、一体、人に誇れる生き方とは何だろう?と考えてしまった。松 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 胡蝶の夢 読書歴

#371【長宗我部盛親】戦雲の夢  司馬遼太郎 講談社文庫 1984年 新装版 戦雲の夢 (講談社文庫)講談社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by これも題名だけではわからないが、「夏草の賦」の主人公であった長宗我部元親の末子、長宗我部盛親の物語。関ヶ原でやむをえず西軍の石田三成方 ... » more

#370【人間の情熱】夏草の賦(下) 司馬遼太郎  文春文庫 1977年 夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 織田信長が明智光秀に殺害され、明智光秀が豊臣秀吉に倒された。天下を狙っていた長宗我部元親だったが、世は豊臣秀吉の時代。 ... » more

#369【長宗我部元親】夏草の賦(上) 司馬遼太郎  文春文庫 1977年 夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 題名だけではわからないが、戦国時代に土佐から四国を制した長宗我部元親の物語。戦国時代は、優れた武将が多かった。その時、 ... » more

「街道をゆく」をゆく〜鞆の浦で「こころ旅」とコラボ 「こころ旅」がお休みになって少しさみしい。鞆の浦では火野さんらが161日目に自転車で通った狭い路地を歩いた。火野さんが、映画でやくざの親分をやった組事務所のビルの写真を撮った。火野さんが車の応援を頼んだ山道へは、車でいったの ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 02:11

「司馬遼太郎」のブログ関連商品

» 「司馬遼太郎」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る