誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    司馬遼太郎

司馬遼太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「司馬遼太郎」のブログを一覧表示!「司馬遼太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「司馬遼太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「司馬遼太郎」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

これは吉田松陰と高杉晋作のことを書いた小説である。前半は吉田松陰のこと、そして後半は高杉晋作のことである。今回は一気に読むのではなく、長い時間をかけて読んだ。司馬遼太郎の後半の小説らしく、タクシーに乗って萩を走っている中で吉田松陰の ... » more

#437【おもしろく】世に棲む日日(4) 司馬遼太郎  文春文庫 世に棲む日日〈4〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 高杉晋作については、読んでいてワクワクするが、この四巻では読んでいくと、徐々に晋作が病に倒れていくので、切なくなってくる。晋作の死に ... » more

#436【高杉晋作】 世に棲む日日 司馬遼太郎 文春文庫 世に棲む日日〈3〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 高杉晋作をはじめ、長州藩が倒幕に動き出す。特に狂っているのは、徳川家の将軍の行列に高杉晋作が「いよう。征夷大将軍」と叫んだこと。 ... » more

「街道をゆく」をゆく〜洛北諸道@峰定寺 「街道をゆく」のKindle版が出たので、早速、何冊かダウンロードした。どこかへ旅するときには、そこについて書いてあれば当該の一冊を持ってゆくか、読んでみて参考にする。文庫本とはいえ荷が増えるには違いなく、たまたま忘れたときなど ... » more
テーマ 司馬遼太郎 京都 街道をゆく

たたら その1 <粕淵から吉田町へ> 菅谷のタタラを見たいと思ってから、かれこれ30年以上になる。車は島根県の県道40号線の山塊を縫うように走っている。行く先は島根県雲南市吉田町の菅谷タタラである。湯抱で斎藤茂吉記念館を訪ね粕淵で遅い昼食をとった後、県道40号線を北上し ... » more
テーマ 司馬遼太郎 たたら

NHKテレビ、日本んし人は何をめざしたか第4回司馬遼太郎を見た。私が司馬竜太郎を読んだ最初が「竜馬がゆく」だった。第1巻の奥付を見ると昭和38年第1刷で私が買ったのは昭和42年の第21刷である。勤め先の同僚数人と競いあって読んだことを思い出 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 ハンガリー動乱 ノモンハン事件

#435【動けば雷電の如く】世に棲む日日(2) 司馬遼太郎 文春文庫 世に棲む日日〈2〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 吉田松陰の晩年、というか死刑になるまでと、10代の高杉晋作。どちらも言うこと、為すことがかっこいい。ー動けば雷電の如く、発す ... » more

#434【松陰】世に棲む日日⑴ 司馬遼太郎 文春文庫 世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 個人的には、司馬遼太郎の作品の中で「竜馬がゆく」とこの「世に棲む日日」がトップ2。長州藩の狂気じみたところが、ワクワクする。 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

司馬遼太郎全集31所載の短編は、これで全部である。改めて司馬遼太郎の上手さを認識する。いずれも時代小説のジャンルになるが、時代の空気、その空気の中で生まれる主人公、そして時代にもてあそばれながら、人情、野心、欲望、思惑の中で、ストーリーを造 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

司馬遼太郎全集31所載の短編の内、その分野では有名な人物について記した短編を取り上げる。「喧嘩草雲」「天明の絵師」「蘆雪を殺す」は、おもしろいことに江戸後期に活躍した絵師についてである。「喧嘩草雲」の主人公だけは、あまり有名ではなく ... » more

「街道をゆく」をゆく〜木ノ芽峠 先日、長年行ってみたかった「木ノ芽峠」に立った。司馬さんも「街道をゆく」で行こうとした。文庫でいえば第4巻。「北国街道とその脇街道」にある。難路のせいなのだろうか。タクシーの運転手さんに相談すると、いかにも弱 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 山登り 街道をゆく

これは司馬遼太郎全集31に収められている短編である。幕末に関係するもの5篇について、取りあえず感想を記しておく。「慶応長崎事件」は、長崎において土佐海援隊士がイギリス人を斬ったのではないかとの話をもとに小説にしている。主人公の2人はイギ ... » more
テーマ 司馬遼太郎

2006年10月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌、第26号です。海音寺さんの「歿後30年」ということで、郷里・鹿児島を中心にして各種の記念行事が行われたため、それらの内容を取り上げています。前回の第25号からの発行間隔が短いのはこれが理由で ... » more

「翔ぶが如く」を全巻再読し終わった。書棚にある司馬遼太郎全集の棚を見ると「坂の上の雲」「菜の花の沖」が、それぞれ全集で3巻だが、この作品は4巻であり、司馬作品の中で一番の長編であることがわかる。全集の1巻ごとに次のように感想を記してきた。私 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

#431【運】坂の上の雲(8) 司馬遼太郎  文春文庫 坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by いよいよ最終巻。伝説の名文「天気晴朗ナレドモ浪高シ」という電文は、秋山真之が考えたものらしい。天気予報の通りだが、これは日本の ... » more
テーマ 司馬遼太郎

全集でも全4巻の「翔ぶが如く」の三巻目である。この巻では、熊本神風連の乱の勃発をはじめとして、前原一誠の萩の乱などを経て、西南の役が始またところまでを書いている。相変わらず、それぞれの事件に関与する人物を次から次へと登場させて、登場 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

平日の休日。午後から天気は急速に回復するとの予報。でも地元の上空は厚い雲に覆われ小雨がパラついています。自身の心に居る悪に負け、パチンコに行ってしまいました。日本の価値観の基礎、お金が少ない自身には1円パチンコしか遊戯できません。店 ... » more

#430【官僚】坂の上の雲(7)  司馬遼太郎  文春文庫 坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by ついにロシアとの陸戦の終結を迎える。どう見ても、日本に勝ち目はないと思われていたが、ロシアのオウンゴールのような形で、日本の勝利。 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

#429【明石元二郎とロシア革命】坂の上の雲(6) 司馬遼太郎  文春文庫 坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by これを読んで改めて知ったが、明石元二郎というと男が、ロシア革命を扇動したという。彼あってこそ、ロシアの弱体化が進み、日露戦争が終結に向 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

全集でも全4巻の「翔ぶが如く」の二巻目である。第一巻目のブログhttp://mirakudokuraku.at.webry.info/201402/article_3.htmlから時間がたった。この巻では薩摩の西郷派の人物として海老原穆が登 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

#424【旅順港は見えるか?】坂の上の雲(5)司馬遼太郎  文春文庫 坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 児玉「そこから旅順港は見えるか」観測将校「見えます。まる見えであります」坂の上の雲⑸の現しているのが、この言葉。 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

#423【乃木!!】坂の上の雲(4) 司馬遼太郎 文春文庫 坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by ついに日露戦争が開戦。伊地知、乃木!何をやっているんだ!と思うくらい陸軍のこの二人は日本の兵隊を犬死にさせている。 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

この本は、史実から司馬遼太郎の小説における虚構を吉田松陰、高杉晋作、坂本龍馬の3人について指摘している本である。相手は小説なのに、歴史家が、その虚構を批判するという大人げないことをするのは、司馬遼太郎の小説が史実と思われやすい点を危惧してい ... » more

#418【ロシア】坂の上の雲(3) 司馬遼太郎 文春文庫 坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by いよいよ日露戦争が始まる。この戦争の背景としては、ロシアが早かれ遅かれ満州から朝鮮を取りに行き、もしそうなったら日本にも手を出してくる ... » more
テーマ 司馬遼太郎

きょう2月12日は『菜の花忌』です。『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』などの多くの歴史小説をかいた司馬遼太郎氏の命日です。菜の花は司馬先生が好きな花だったそうです。先生は大正12年1923年大阪に生まれ、亡くなったのも大阪で平成8年19 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 歴史 周易こよみ

満載!Myど−らく箱根の坂
箱根の坂 室町幕府の時代って、なんだか最初から最後までドタバタしているたような感じで。南北朝〜応仁の乱、で、戦国時代に突入ですから、政治的にはず〜っと混乱していた時代なんでしょうか。本来であれば、この時代初期のヒーローは尊氏に間違いないのです ... » more

「翔ぶが如く」は全集になっても4分冊という大長編である。文庫で10冊セットのようだ。新聞小説で発表されたと記憶している。今、昔、買った全集を引っ張り出して、往き帰りの電車内で楽しみながら読んでいる。本来ならば全てを読み終わってから掲載すべき ... » more

#415【男前】 坂の上の雲(2) 司馬遼太郎 文春文庫 坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 第二巻は日清戦争から、その後、真之が渡米したりして、徐々に日露戦争に近づいていく。第一巻に比べてページをめくる手が進む!頭の中 ... » more
テーマ 司馬遼太郎

年の暮れになって書類整理をしていたら、新聞切り抜きが幾つか出てきた。本当はもっとキチンと論じたい主題のための資料として取ったのだが、他の纏まった論文の課題があるので、それに時間を費やせそうにない。このまま処分してしまうのも残念だし、いつか論 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 朝日新聞 天皇論

[第218回]営業と会社の話(54)今となっては40年程前、小学校5年から中学校1年くらいにかけて、司馬遼太郎とか山岡宗八とかの「歴史小説」が好きでした。司馬遼太郎『国盗り物語』(新潮文庫)・『関ヶ原』(新潮社)・『豊臣家の人びと』(中 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/10 03:08

「司馬遼太郎」のブログ関連商品

» 「司馬遼太郎」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る