誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    共生

共生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「共生」のブログを一覧表示!「共生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「共生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「共生」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

あたたかいまち男の子育てメ−テ゜−
久しぶりに妻の組合のメ−デ−に行った。ずいぶんおとなしいメ−デ−だった。デモではなくパレ−ド、でも若い人が一杯いてびっくり。世の中捨てたものではない。知っている議員もいて世の中のつながりを違った目で見ることができた。こどもはよくわからないで ... » more
テーマ 共生

自治体とくに私のいる組織は、残された時間が、もう少なくなっっていると思う。やれることすべてやらないと取り返しがつかなくなる。家庭でも個人的なことでもそんなに残された時間はないそう思う。もしかしたら宗教観や死生観の問題かもしれないが、現世での ... » more
テーマ 共生

あたたかいまち男の子育てギャップ
日本創新党とか新党ブ−ム。でも感じたのは地域で仕事をしていても、世界と直結しないと地域の大好きな人はもう守れないということ。自分の能力と与えられた仕事と現実の人々を守るためにやらなければいけない仕事はギャップがあまりにもありすぎて気が狂いそ ... » more
テーマ 共生 公務員

忙しいと公私のバランスが崩れる。ところが深層意識が見れたり色んな見えないことが見えてきたりする。バランスを崩すことし悪いことだけではない。そこがおもしろい。 ... » more
テーマ 共生

本日、4月22日です、の朝日新聞朝刊の天声人語に共生の話しが掲載されてました。共生ブロガーを自負する、私ふらぬいは、恥も外聞も無く筆を進めますからね。天声人語の筆者は、野生動物の幸不幸は、人間にどう見られているかでだいたい決まる、と ... » more

あたたかいまち男の子育て25分授業
神奈川の昔教育困難校だったところは、今25分の少人数授業をしている。いいかもしれない。トップの公立校も特色のある高校も増え、中学受験する意味は絶対低下していると思う。 ... » more
テーマ 共生

あたたかいまち男の子育て村上 春樹
最新作読んだ。吸い込まれるように読んでしまうが、本当に閉塞的な自己完結した話だ。人とてを取り合って生きていく意味がすばらしさがなにも感じられない。やっぱり好きじゃない。 ... » more
テーマ 共生

4月から残業制限と管理職登用試験が始まった。残業前提で仕事している私は管理職にはなれないな・・ ... » more
テーマ 共生

日本の新聞にまでカトリック教会の不祥事が載っている。世界各地で性的虐待があつて本部に報告したのに処分されなかっったと言うのだ。恥ずかしいイエス様が泣いてるよ。早く体制を立て直してほしい。 ... » more
テーマ 共生

朝、妻に質問され答えに詰まった。ずっと一日考えてた。景気がずっと良くなることはきっとないのだと思う。神様が人間が自分で考えて、協力し合って生きていくようにわざと社会を不完全にしているのだと思う。とにかく考え続けるのが大事なのだと思う。 ... » more
テーマ 共生

自分の住んでいる所、大事にできているか。今を大事にしているか。住んでいる所も職場も大事にできているか混乱中。夏目漱石だったかな、いつも走っている日本人。立ち止まりましょ・・ ... » more
テーマ 共生

日本と中国近代において思ったより深くかかわっている。彼の人生をたどるとそう思う。とにかく色々な両国の人々が両国を往来し、駆けずり回り活躍した。私もがんばろう ... » more
テーマ 共生

またまた、共生ぶろぐを書きたくなりました。環境問題の共生と循環ではなく、あの”やどかり”と”いそぎんちゃく”の共棲のことです。なんだなんだとおっしゃる方は、これを読まれる前に、私の今までの共生ぶろぐに、ほんのちょっと目を通していただければ、 ... » more

もうすこしとりあげられてもよかったな・・かなしい・ ... » more
テーマ 共生

以前、朝日新聞社説に使われていた、共生という言葉について、少し褒め称えるかたちでぶろぐに書きました。内容も私が共生とはこうあるべしとの考えに沿っていたからです。しかしながら、数日前の朝日新聞記事は、タイトルに使った共生です、もしかしたら共生 ... » more

あたたかいまち男の子育て本居 宣長
彼は、源氏物語万葉集古事記を深く読み込んで言った。私は思う戦前の右翼と言うか思想家はどれほどちゃんとこれらを読み込んだのだろう。この感性があれば、とてもあんな戦争にならなかつたと思うのだが、自分の国の文化を理解しいればかえって国際人になれる ... » more
テーマ 共生

昔からプラネタリウムや科学が好きで新宿サンシヤインのプラネタリウムによく行った。家の近くにある洋光台の科学館にこどもと行った。そこには、プラネタリウムの他に、体験型の施設、科学の本がたくさん読めるようになっている。そこにある本を大人気なく夢 ... » more
テーマ 共生

寄付控除についての問い合わせが、増えた。これは、いいことだと思う。少しづつでもその枠は広がってきている。地方税においてもその枠は意外と広がっている。各自治体のホ−ムペ−シ゜を見てみればその対象が予想外に広がっているのがわかると思う。もっとわ ... » more
テーマ 共生

No.403育てる姿勢、潰す姿勢今の国会。自民党は鳩山内閣を潰すことに必死になっているように見えます。かつての細川政権を短時日で潰した成功体験が頭から離れないようです。だが、当時とは環境が違って、目論見通りに行きそうではありません。 ... » more
テーマ 共生 育てる心 権力闘争

私の好きな作家の一人に松本健一がいる。日本やアジア史について書いた彼の本は大好きと言うかむさぼり読んできた。社会や世の中をよくしょうと体を張って生きてきた人々の姿を描いてきた彼の本。事実や文献を丁寧においかけ、醜いこともきれいなことも描きこ ... » more
テーマ 共生

あたたかいまち男の子育て大川 周明
大川 周明 最近戦前の右翼思想家の本を読んでいつも思うが、若いときはとてもいいのに、満州事件や日中戦争太平洋戦争にいたるまではかなり首をかしげる点が私にはある。戦後教育の弊害と言われても嫌悪に近いものを感じる。死ぬほど恥ずかしい。なんでそうなるのか ... » more
テーマ 共生

日本のアジア主義 朝鮮のために明治時代、命を落とした日本人や弾圧を受けた人もいると改めて知った。それ以後はまだしらないけど、本当に歴史は複雑怪奇・・竹内好「日本のアジア主義」精読 (岩波現代文庫)岩波書店 松本 健一 ユーザレビュー:母なるアジアへの回帰 ... » more
テーマ 共生

ロックフェラ− ロ−レンス 北 一輝 宮崎 大川 頭山 イエスズ会 雨森 私はかねがね、何で明治以降、いや戦国以後、ここまでアジアとの関係がひどいのか。アジアとの共存を叫びながらあそこまで醜悪にアジアを踏みつけにしたのか、まともに共存に取り組んだ人はいないのか疑問に思っていた。タイトルにある人たちを調べている ... » more
テーマ 共生

デイビットロックフェラ−とアラビアのロ−レンスの本を読んでいる。面白い。本当に世界は広いと思う。 ... » more
テーマ 共生

「論争昭和天皇」「昭和天皇独白録」「神皇正統記」等を最近読んだ。ある意味でなんとも天皇や周りにいた要人彼らは視野が狭いような気がする。一方で今に比べて国際的で文化的な者が広い人であったとも言える。歌や宗教、文化を背負いアジアや世界全体を見て ... » more
テーマ 共生

正月だけでなく本当に一年中この地区は仏を信じる人であふれかえっている。ぼたもちでら、本覚寺、安国論時等、日蓮宗が進行がこんなに地域に根付いているとは正直思わなかった。 ... » more
テーマ 共生

あたたかいまち男の子育て複眼的思考
複眼的思考 佐藤優と立花隆の推薦ブックリストを、いくつか読んでいる。複眼的にものを見ることの大切さと言うか面白さをつくつく味わった。イスラムからみた世界。や小国からみたロ−マ帝国の歴史。アラブから見た十字軍。天皇から見た歴史。日本人から見た英国人の偏見 ... » more
テーマ 共生

あたたかいまち男の子育てつぶやき
ツイッタ−はよくわからない。英語でつぶやく前にブログモ英語で海外の人とつながりたいがどうしていいのかわからない。 ... » more
テーマ 共生

哲学者の言葉 彼らの言葉はわかりにくい。講義録を読んでも、でもわかりにくい多くの言語を習得し、外国語の文献を駆使しこの世界のことを分析する。それはすごいと思う。これだけ複雑に絡みあっった世界を分析し、方向を示してたくれるのならすばらしいことだと思うけど、 ... » more
テーマ 共生

朝日新聞の社説が2日続けて、共生という言葉を使って、人間一人勝ち社会への警鐘を鳴らし、また、アジアの人々と手を携え、大きな人づくりの連鎖と循環を生み出したい、と述べている。1月3日付け社説では「低リスク型へかじ切る年に」と題して、また、1月 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 16:12

「共生」のブログ関連商品

» 「共生」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る