誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ミステリー

ミステリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ミステリー」のブログを一覧表示!「ミステリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ミステリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ミステリー」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『ガラスの絆』 夏樹静子 (角川文庫) 『孤独のフェアウェイ』と同様、先月、実家から持ち帰った夏樹静子の短編集。来週帰省するので、その前に――ということで、読みました。解説は石井ふく子。表題作『ガラスの絆』をテレビドラマ化した縁からのようです。Wikipe ... » more

本当にこんな課があったら面白いが。暴走車に大勢殺され、遺族が復讐の事件を起こす。 主役とその同期の女性警官の性格描写をじっくり書き込んだため、サスペンスの前のテンポがだれた。 サスペンスは愚作に近い。 ... » more
テーマ ミステリー

『火曜クラブ』 アガサ・クリスティー 中村妙子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 先週、実家から持ち帰った4冊のうちの1冊はミス・マープルの短編集。タイトル通り、火曜日にエントリー出来てよかったです。読んだのはほぼ月曜日でしたが・・・。何度も読んだ短編集でも、新たな発見がありました。・・・というか、前 ... » more

『僕だけがいない街』('16初鑑賞28・劇場) ☆☆☆−−(10段階評価で6)3月19日(土)109シネマズHAT神戸シアター7にて12:20の回を鑑賞。チェック:三部けいによるミステリー漫画を、『ツナグ』などの平川雄一朗監督が映画化。自分の意志に関係 ... » more

夏樹静子の訃報を受け、実家の本棚から選んだ一冊。夏樹静子といえば、グリーン碁石。グリーンといえば、ゴルフでしょう――ということで、『孤独のフェアウェイ』。当然、後付けなわけで・・・。だいたい、そんなに選択肢ありませんから・・・。 ... » more

哀悼 夏樹静子 福岡で桜が開花した3月19日に、ミステリー作家の夏樹静子さんが同じ福岡で心不全のため77才で亡くなったそうです。慶応大学卒業後に結婚して福岡に移り、主婦をしながら数多くの作品を発表しました。作品は非常に多くどれも面白いのですが、松本清張同様 ... » more

きのう『蜘蛛の巣』を読んだ勢いで、きょうは『ブラック・コーヒー』。ブラックではなく、ミルク入りのコーヒーを飲みながらでしたが・・・。読み始めると、さっそくくもの巣が――。リチャードぼくはくもの巣にかかった蝿のようなものさ ... » more

1月に帰省した時に持ち帰ったクリスティーの戯曲集は、3冊あっという間に読み終わりました。でも、先月持ち帰った2冊はまったく手つかずのまま、約3週間が経過。次の帰省は来週なのでそろそろ――ということで読み始めたのが『蜘蛛の巣』。 ... » more

『ヘイトフル・エイト』('16初鑑賞19・劇場) ☆☆☆−−(10段階評価で6)2月27日(土)OSシネマズ神戸ハーバーランドスクリーン2にて16:30の回を鑑賞。チェック:クエンティン・タランティーノが放つ、ウエスタン仕立てのミステリー。男女8人が閉じ ... » more

山口県が舞台ということで、実家の本棚から選んだ『耳なし芳一からの手紙』『赤い雲伝説殺人事件』との共通点は山口が舞台――だけではありません。こちらは七盛塚、あちらは落人伝説と、どちらも平家絡みの記述があること。そして、「高山」 ... » more

nkp book short comment堂場瞬一 傷
ちょっと三冊お休みしてから読んだら、もたもたした感じ。新米の刑事と女性記者が花形野球選手の医療ミスの謎わ追う。 スポーツ界内幕に新味はあるが。 ... » more
テーマ ミステリー

テキストは、身の危険を感じ無我夢中で真っ暗な道を走っていた。頭の中は混乱していたが確かなのはカイトが人狼だったことそして僕の最愛の妻ノーコを殺したのは、人狼であるカイトだ。僕は怒りと憎しみを噛み殺し走り続けた。途中コピーやソニーの家に行こう ... » more
テーマ ミステリー 中二乙 小説

千葉へ戻る車中で読んだのは、『赤い雲伝説殺人事件』。『明日香の皇子』との共通点は内田康夫、そして、30年前の角川文庫――。4分の1ほど読んだ本がありましたが、確実に寝てしまうと思い、予定変更。結局、途中で寝てしまったので、海 ... » more

『明日香の皇子』 内田康夫 (角川文庫) スキマ時間にネットカフェにて、その2――。実家の本棚から選んだのは30年前に発行された角川文庫。内田康夫の作品としては異色となる「伝記推理小説」。鍵を握るのは大伯皇女の歌――。うつそみの人にあるわれや明日よりは二 ... » more

四☆月読み怪盗山猫 鼠たちの宴 
怪盗山猫 鼠たちの宴  神永学著角川文庫2015山猫シリーズ第3巻短編集です。ドラマの中にちりばめられている部分もあります。相変わらずの出没の仕方といい話しっぷりといい山猫がかっこいいです。3巻まできたら、勝村さ ... » more
テーマ ミステリー

怪盗山猫 虚像のウロボロス  神永学著角川文庫2013前回に引き続きシリーズで読み進めています。このお話は天才ハッカー魔王が偶然手に入れた携帯電話の番号がウロボロスにつながっていた。魔王は、ただの興味からウロボロスを追っていた勝村に情報提 ... » more
テーマ ミステリー

四☆月読み怪盗探偵 山猫
怪盗探偵 山猫 神永学著角川文庫2010連続ドラマが面白くて原作を読みたくなったので購入しました。主演の亀梨和也のイメージが強くなる前に原作の山猫のイメージをつけたかったというところです。この本もカドフェスグランプリに選 ... » more
テーマ ミステリー

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』:新シリーズが待ち遠しい特別篇 @ロードショウ ベネディクト・カンバーバッチの『SHERLOCK/シャーロック』が劇場スクリーンに登場。こんどは19世紀ヴィクトリア朝時代のロンドンが舞台だそうな。タイトルは『SHERLOCK/シャーロック忌まわしき花嫁』。おどろおどろしい ... » more

『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』('16初鑑賞16・劇場) ☆☆☆−−(10段階評価で6)2月13日(土)109シネマズHAT神戸シアター5にて16:55の回を鑑賞。チェック:「屍鬼」などで知られるベストセラー作家・小野不由美の本格ホラー小説「残穢」を、『予告犯』など ... » more

心にも膨らし粉・・・ 笑う人笑わせる人心にも膨らし粉のあり二次発酵まつ笑うを怒るにしたら・・・? 唐花草(野生のホップ?)毎朝楽しみに、テレビ欄を見る。そして蛍光ペンで印をつける。一番の楽しみは、今日(木曜日)の【プレバト ... » more

新たな評論の、ばくぜんとした構想はあるのだが、具体的にどっから手をつけたらよいかわからない。考えが浮かぶまで、しばし関係ない本(小説)を読む。コール夫妻の探偵小説は、創元推理文庫・江戸川乱歩編『世界短編傑作集2』に収録された「窓のふ ... » more

『萩殺人事件』 内田康夫 (光文社文庫) 『汚れちまった道』の上下巻に続き、きのう『萩殺人事件』を読了。ヤマグチ・クロスということで、内容はかなり重複しています(特に、会話の部分)。なので、550ページ以上という分量のわりに、速く読めました。『汚れちまった道』で深く ... » more

きのう、『汚れちまった道』の下巻を読み終えました。複数の事件が絡み合い、登場人物も多くて、その関係性はかなり複雑。読み終わったのに、未だにすべて整理出来ていない感じです。。ヤマグチ・クロスのもう一冊、『萩殺人事件』も読まないとダ ... » more

島田荘司の「奇想、天を動かす」 島田荘司のミステリは一時よく読んだ。とてもありそうにない奇抜なトリックがおもしろいのであるが、なかでももっとも気に入っているトリックが「奇想、天を動かす」である。昭和32年の北海道・札沼線で事件が起こる。今は廃線となった新十津川〜石 ... » more
テーマ ミステリー

約半年ぶりの内田康夫は『汚れちまった道』。文庫本が出たのは知っていましたが、ほかにもいろいろ読むべきものがあり、控えていました。・・・が、クリスティーの戯曲を3冊読み、一区切りついたので(?)衝動買い。もっとも、「読むべきもの」 ... » more

三日連続でクリスティーの戯曲。『ねずみとり』は「世界で最も長い連続上演をしている演劇」なのです。→Wikipedia執筆のきっかけをWikipediaから引用すると――。もとは王太后メアリー・オブ・テックの80歳の誕生日 ... » more

きのう読み終わった『招かれざる客』に続く、クリスティーの戯曲。次は『検察側の証人』――。タイトルは覚えていても、内容はすっかり忘れています。新鮮に読めそうです。。・・・と書きましたが、読んでいくうちにだいたい思い出し ... » more

大友が獲りにがしたスリが死体で見つかる。柴と淳美のコンビで追う。 シリーズ第四作。 書くほうも大分疲れてきて、読む方も疲れてきた。 しばらくおやすみにしよう。第四 ... » more
テーマ ミステリー

http://jp.sputniknews.com/science/20160126/1496972.html2016年01月26日 23:40(アップデート 2016年01月26日 23:41) 米中央情報局(CIA)は、UF ... » more
テーマ ミステリー

順序が逆になりましたが、『1998年の宇多田ヒカル』の前に読み終わった本。先週、実家から持ち帰った五冊のうちの三冊はクリスティの戯曲集で、まずは『招かれざる客』です。全編会話で成り立っていて、その間に人物の描写や動作が書き込まれ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/11 14:21

「ミステリー」のブログ関連商品

» 「ミステリー」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る