誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    上橋菜穂子

上橋菜穂子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「上橋菜穂子」のブログを一覧表示!「上橋菜穂子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「上橋菜穂子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「上橋菜穂子」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ハードカバー版『獣の奏者』第3巻と第4巻探索の顛末については昨日述べたとおりです。今日の午後、2冊とも無事に受け取ることができました。ついでに文庫版の第1巻と第2巻も購入。もちろんハードカバー版は既に所有しているわけですが、 ... » more

ブログ版 趣味人の放言本を求めて
いやな予感はしていました。『獣の奏者』の第3巻と第4巻のことです。8月11日に発行されることは承知していたのです。いつもならば当然、「密林」でネット購入するところ。しかし、発売日は帰省の真っ最中。「配送業者に何度も足 ... » more

ブログ版 趣味人の放言バルサの食卓
バルサの食卓 文庫版『神の守り人』2冊と同時に『バルサの食卓』と題された上橋菜穂子ファンブックが出版されました。「守り人」シリーズを始め、『狐笛のかなた』や『獣の奏者』に登場した料理を実際に作ってしまおうという、半分冗談のような企画を実現させてし ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ

Stanza ignota精霊の守り人/上橋菜穂子
精霊の守り人/上橋菜穂子 精霊の守り人 (新潮文庫)新潮社 上橋 菜穂子 ユーザレビュー:ずっと心に残るファン ...児童文学と侮る勿れこ ...アニメよりもスキです ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ ... » more
テーマ 上橋菜穂子

Stanza ignota狐笛のかなた/上橋菜穂子
狐笛のかなた/上橋菜穂子 狐笛のかなた (新潮文庫)新潮社 上橋 菜穂子 ユーザレビュー:夢と愛があふれるファ ...上橋菜穂子のファンで ...良かったです。ワクワ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ小夜は12歳。 人の心が聞 ... » more
テーマ 上橋菜穂子

『虚空の旅人』  上橋菜穂子 「守り人」シリーズというか、バルサ姐さん(やタンダ)は直接登場せず、チャグム皇太子(とシュガ)編というべきか。とはいえ、外伝という位置づけでもないような。夜光砂虫はどこで使うのだろうかと思いながら読んでいた。今回は、 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 児童書・ファンタジー  トラックバック(1)

『獣の奏者』上橋菜穂子 講談社 腕の良い「獣ノ医術師」で、「牙」という闘蛇の飼育を任されている母の仕事ぶりをみて育った10歳の少女・エリンは、「牙」が突然死んでしまった事件の責任を追及されて処刑される母を助けようとする。願いむなしく、母亡きあと、鉢飼いをして生計をたててい ... » more

『夢の守り人』 上橋菜穂子 今回は、トロガイの過去にもスポットライトが当たる。夢の湖畔の美しい宮殿で一人の青年と恋に落ち、子を生んだトロガイ。「花」が「実」を付けるためには「夢」が必要であり、現実世界での心の闇に入り込む甘い夢にチャグム皇太子も、そして皇子をなくし ... » more
テーマ 上橋菜穂子 児童書・ファンタジー  トラックバック(1)

『闇の守り人』 上橋菜穂子 『精霊の守り人』に続くシリーズ第2作。バルサの過去と、カンバル王国の危機が絡み合って語られる。けっこう効いているかと思ったのは、カンバルが豊かな国ではなく、ルイシャ頼みであるということか。二作目にして気がついたが、バルサおばさん(汗 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 児童書・ファンタジー

風のない場所虚空の旅人/上橋菜穂子
隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、〈ナユーグル・ライタの目〉と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が――。海の王国を ... » more

流れ行く者 ―守り人短編集― 上橋菜穂子 偕成社 本編が完結した後の外伝。短編というか・・中篇が三つ入っています。バルサの少女時代の出来事を描いてあるのですが、一つ一つが、とても深い。上橋さん、今更言うのもなんですが、さすがです。タイトルは「流れ行く者」。少女の ... » more

ブログ版 趣味人の放言生きること
『流れ行く者―守り人短編集』読了。4篇――最終話はエピローグ的な掌編――から成っています。うち1篇は雑誌「ユリイカ」に掲載された「ラフラ」を改稿したもの。単純に「読後感爽やか」とはいかないところがいかにもこの作者らしいところ ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ

評判が良いそうなので、たまたま手にしたまま読んでみた。文庫版である。おっとNHK教育でアニメをやっていた。(タンダ、かっこいいおっさんではないか・笑)主人公は女用心棒のバルサ。30歳というのは、この手のワールドでははっきり言っ ... » more
テーマ 上橋菜穂子 児童書・ファンタジー

岩波書店が主催した「ファンタジーっておもしろい!」という講演&トークに行ってきた。「読書」ではないけど、敢えてこのテーマで。遠かった(朝日新聞本社の浜離宮ホール)けど、面白かった。まず第一部;金原瑞人氏の講演〜ファンタジ ... » more

風のない場所夢の守り人/上橋菜穂子
人の夢を糧とする異界の“花”に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は“花”の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた“花”は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる ... » more

ブログ版 趣味人の放言流れ行く者
「守り人」シリーズ外伝が4月に出るようです。著者が以前語っていたように、ジグロとバルサの旅路を描いた短編集とのこと。偕成社のサイトで表紙絵なども見られます。発売が今から楽しみです。 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ

*過去の読書感想をアップしました(元記事2004年5月27日)「守り人シリーズ」の上橋菜穂子書き下ろし最新作。去年の末に出て、すぐ買って、でもってしばらく寝かせて(?)おいたのをようやく先週読んだ。スケールの大きさは、「 ... » more

ブログ版 趣味人の放言リアル
新潮文庫版『夢の守り人』を読み終えました。軽装版を購入した時にも書きましたが、私はやはりこの作品を完全に読み違えていたようです。「守り人シリーズ」の中で最も質が落ちるという個人的な評価も完全撤回させていただきます。これ、傑作 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ  コメント(3)

実は、『夢の守り人』の文庫版が昨年末に出ていたことを知りませんでした。たまたま私の知己お二人のブログに同時期に取り上げられているのを読んで、最近になって初めて知った次第。どうも『夢の守り人』とは相性が悪いらしく、偕成社の軽装版が ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ

風のない場所闇の守り人
女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは――。 ... » more

風のない場所精霊の守り人
老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。□感想□最近いろいろ ... » more

上橋菜穂子さんインタビュー 活字倶楽部 2007春号posted with 簡単リンクくん at 2007. 5. 8雑草社 (200704下旬)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るついこの間からお気に入りの、東村山 ... » more

「天と地の守り人」第一部  第二部  上橋菜穂子著  偕成社 ずっと楽しみにとっておいた(?)「守り人」シリーズ最終章を読み始めた。これで、バルサやチャグムの物語が終わると思うと、読む前からなんだかドキドキ。一気に読むのがもったいなく、一昨日(月曜)、昨日(火曜)と一冊ずつ読んだ。天と ... » more

『精霊の守り人』 by 上橋菜穂子 深夜アニメやその予告放送を何度かチラチラ観た時から気になっていた作品だった。主人公の女用心棒バルサは、その容姿・強さ共に十二国記の陽子を思い起こさせたし、国の継承問題などが絡んだ上、ファンタジー=謎と不思議をたんまり含んだ空想世界の ... » more

ブログ版 趣味人の放言夢の守り人
今日、たまたま立ち寄った本屋で『夢の守り人 (偕成社ポッシュ 軽装版)』が並べられているのを見つけました。7月上旬に出版される予定であったことを思い出し、いささか慌てて買ってきました。ここ数年、書籍やCDの類はAmazonで購入 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ

ブログ版 趣味人の放言闇の守り人
先月末に『闇の守り人』が文庫化されました。いわゆる「守り人」シリーズ第2作にあたるファンタジー小説です。私はかなり以前から、このシリーズのファンでした。好きになるととことん集めなくては気が済まなくなるタチであるため、全1 ... » more
テーマ 上橋菜穂子 読書 守り人シリーズ  コメント(2)

天と地の守り人 第三部 上橋菜穂子 二木真希子絵 偕成社 とうとう守り人シリーズが完結したんですね。実はこれ、忙しくて家で読む前に、美容院で、頭をいろいろいじくられながら読んでおったのです。私は美容院でも大概自分の本を読んでいるんですがこの本は、失敗でした。泣けて仕方なかった。これまで ... » more

獣の奏者 王獣編U 上橋菜穂子 講談社 なかなか更新できない・・。早くこのバタバタがおわりますように(祈)先日この一巻を読んで続きを物凄く楽しみにしてました。一巻のレビューは、こちら→http://oisiihonbako.at.webry.info/2007 ... » more

獣の奏者 闘蛇編 T 上橋菜穂子 講談社 上橋先生、面白すぎます、これ!!と、読み終わった途端に続きが読みたくなり、じたばたしてしまいました。冒頭、暗い水の底から、滑らかに水をまとって浮かび上がる巨大で神性を持つ闘蛇の姿に魅了されるエリンに、一瞬にして同化してしまった。 ... » more

天と地の守人 第一部 上橋菜穂子 偕成社 守人シリーズ最新刊です。前回の「蒼路の旅人」のラストがあまりに気になる終わり方でしてね!!海に飛び込んで暗い波の間に消えていったチャグム・・・。お〜い、これはないよお!!とジタバタしたんですが、ようやっと彼のその後を知ることがで ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 13:48

「上橋菜穂子」のブログ関連商品

» 「上橋菜穂子」のブログレビュー をもっと探す

「上橋菜穂子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る