誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    灼眼のシャナU

灼眼のシャナU

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「灼眼のシャナU」のブログを一覧表示!「灼眼のシャナU」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「灼眼のシャナU」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「灼眼のシャナU」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「灼眼のシャナU」のDVD作成 第1話から第7話までDVD-ROM形式で収録した。黒髪バージョン1/6PVC塗装済完成品特典用B2ポスター付!(外付け)【初回仕様!】第I巻〈初回限定版〉(DVD)シャ ... » more

最近主人公かのように調子に乗っていた悠二。ヘカテーに零時迷子を取られてザマァ。最終回間際なので出番を求めバルマスケ本体が動き出す。悠二の居た時計塔辺りを中心に東京ジュピターが構築され、駆けつけたシャナやヴィルヘルミナたちを足止めする ... » more

【第22話】「クリスマス・イヴ」 2学期の最終日。池速人はある決意をしていた。一美が悠二を好きだと知ってはいるものの、自分の気持ちに決着をつけるためにも自分も行動しなければ、と。 その夕方、一美もまた自分の気持ちに決着を付 ... » more

魅力のないドーデモ良いキャラのサブラク。先週倒したかと思ったらのうのうと生きてました。単純に悠二をヨイショするためだけの立ち回りだったんですね。そんな背景は置いておいて株の上がった悠二。アラストールもシャナが悠二の子供作りをしよ ... » more

【第21話】「合わさる力」 サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けない ... » more

単身イエガーを倒滅し、バンデラーの存在に気づいたのみならず、殺し屋サブラクの正体を看破、あまつさえ撃退の策まで…坂井悠二、零時迷子のミステス、何時の間にかくも大きな存在となっていたのか…とアラストールに認めさせてしまう悠二。だが、単にフレイ ... » more

【第19話】「言えなかったこと」 いつか「いなかったこと」になる存在だから、大切な人を傷付けないためにも街を出なくてはいけない。新たに抱いた決意をひとり繰り返す悠二に声を掛けたのは、「紅世の徒」ザロービだった。 実際に会う ... » more

【第20話】「茜色の死闘」 ザロービの計略を推測し、自らの力で最前の策を成し遂げた悠二の元へ、シャナとヴィルへルミナが合流した。だが、安心する間もなく新たな攻撃が3人を襲う。シャナの体を刻む無数の刃、ヴィルへルミナと悠二を飲み込 ... » more

ザロービとバンデラーを倒したのも束の間、壊刃サブラクが登場。初撃をもってシャナとマージョリーを戦闘不可に陥れる。戦えるのは手の内を知っていたヴィルヘルミナのみ。ヴィルヘルミナ好きには堪らないヴィルヘルミナ尽くしの回。しかも血染めの包帯バ ... » more

似つかわしくない言動と行動で一美とシャナにダメ出しを喰らい、あまつさえ呆けて徒ザロービに囲まれてしまった悠二。ヘタレキャラは大人しくヘタレておれと言う事だ。存在感は薄いがポコポコ雁首そろえて現われたザロービ。御崎市の住民を人質に悠二 ... » more

【第18話】「錯綜の悠二」 悠二が「封絶」で見せた“銀”の炎。それは共に戦ってきたフレイムヘイズだけでなく「紅世の王」たちにも大きなショックを与えた。誰も知らない“銀”の正体とは。何故その力が悠二の中にあるのか。 答えの見 ... » more

清秋祭で起こった数々の事を機に、危うい状況だと言うのを自覚した悠二。ってか今までも似たような経験してるのに毎回自覚したと言いながら自覚してなかったんだね。そのため変な方向に意識が向き、危うい向上心で強さを求め始める。一番問題なのは胆 ... » more

【第17話】「それぞれの道」 悠二から望んだ新たな鍛錬。それは、ヘカテーが打った刻印で「逃げも隠れもできない」なら、自分が強くならなくてはという意思表示でもあった。 時を同じく、自分の道を見つけた佐藤は、共に「マージョリーに付 ... » more

先週は一美にブルーが入り、今週は田中が話しを詰らなくすると言う、ダルダル話しが続いております。だいたい、一美はアッチ系とコレ系担当だから許せるが、脇役も脇役たる田中にそんなにスポットをあてんでも・・・マージョリーに真竹を一回殺さ ... » more

【第16話】「つきせぬ想い」 清秋祭が終わりを告げた時、そこに近衛史菜の姿はなかった。ヘカテーの偽りの器だった個としての彼女はヘカテーと同化され、この数ヶ月を共に過ごしたクラスメイトたちの記憶からも失われてしまったのだ。その違 ... » more

先週色々な設定を披露したため、今週は一回休み的な話の停滞。っていうかこのまま最終回付近のクライマックスまで停滞するんでは…銀の発現、史菜の覚醒、ヘカテーの降臨、ヨーハンの出現、急転する事態はフィレスの帰還とアラストールのナレーション ... » more

【第15話】「覚醒」 意識だけを宿した傀儡を操る自在法『風の転輪』によって、マージョリーやシャナを、そしてかつての盟友ヴィルへルミナをも利用したフィレス。彼女は寸分の間も置かず、悠二へ愛すべきヨーハンへと手を伸ばして行く。 ... » more

わりと怒涛の展開?虚弱フィレスに騙されて、まんまと悠二からヨーハンぶっこ抜きされそうになるが、祐次が腹からだした銀の腕で貫かれてしまうフィレス。フレイムヘイズの3人は、悠二とフィレスの救出をしようとするが、とんと久しぶり(顔 ... » more

【第14話】「永遠の恋人」 フィレスのが求めるヨーハン。マージョリーが狙う銀。それは本当に悠二の中にあるのか?その答えを知るため、シャナたちは二人に休戦と協力を約束させる。 その夜、悠二が衰弱したフィレスに力を分け与える時 ... » more

先週強者キャラとして出現したわりに、終わりでは病弱キャラになっていたフィレス。病弱ならしょうがないと、今週は歩ける程度までエネルギーを注入してあげ、一美の希望でフィレスを清秋祭に連れ出すこととなる・・・なんだそりゃ?一美としては ... » more

11話12話13話14話【ニコニコ動画】灼眼のシャナII 第15話「覚醒」15話veoh16話17話 ... » more

【第13話】「収束、そして兆し」 それは、清秋祭初日。校庭の特設ステージで、1年を中心とした仮装パレードの優勝者が発表された直後だった。突如ステージ上に竜巻が出現。悠二がその中心に捕らえられてしまう。琥珀色をまとう風。 ... » more

年末年始で2週間空いた今年最初のシャナ。昨年のダラダラした話からやっとアクション有りのシャナに戻った感じだが…清秋祭に突如現われるフィレス。巻き起こした砂嵐の中心に悠二と二人っきりの世界を作り出す。ヘビに睨まれたカエルよろしく、 ... » more

第12話】「清秋祭始まる」 「清秋祭」初日、商店街を練り歩く仮装パーレドがスタートした。1年2組の仮装は、ロミオとジュリエットに扮した悠二と一美、ドロシーのシャナや魔法使いの史菜を有するオズの魔法使い。 コース沿い ... » more

清秋祭が始まる。商店街を怪異な格好で練り歩き、クレープ屋に、研究発表。さすが授業を潰し、男女の泊り込みOKで準備しただけの事はある出し物の量だ。学業の一環を超えていないかが心配だ。しかし今週は先週のように色気やサービスシーンが無 ... » more

【第11話】「約束の二人」 御崎高校学園祭「清秋祭」まであと3日。教室を使った研究発表、屋外テントでの模擬店、そして仮装パレードの衣装作り。準備に忙しいのは悠二のクラスだけではなく、クラス単位で泊まり込みを含めた作業が行なわれてい ... » more

先週悠二の父と母にやっちゃえやっちゃえと煽り立てられ、悶々中のシャナと一美?それを引きずりつつ、なんと学園祭前は授業は無し、男女で泊り込みOKという無法な高校の学園祭準備が粛々と進められる。まあ、学園祭準備は、シャナと一美が ... » more

【第10話】「帰って来た男」 悠二の鍛錬は、自在法の構築を試みる段階にきていた。幾度かの失敗の後、悠二が封絶に成功した時、シャナとアラストールからの祝い言葉はなかった。悠二の張った封絶を染める、“銀色の炎”から目が離せずに ... » more

ニコニコ検索ページパンドラdaumveoh【ニコニコ動画】灼眼のシャナU 第10話 「帰ってきた男」 高画質 Full ... » more

悠二の通う高校では文化祭において、最寄商店街を仮装して練り歩くという意味不明の迷惑行為をするらしい。悠二のクラスの仮装は、『ロミオとジュリエット』と『オズの魔法使い』。悠二はロミオに決定し、ジュリエットはシャナと一美、史菜が抽選 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 13:43

「灼眼のシャナU」のブログ関連商品

» 「灼眼のシャナU」のブログレビュー をもっと探す

「灼眼のシャナU」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る