誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    クラッシック

クラッシック

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「クラッシック」のブログを一覧表示!「クラッシック」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「クラッシック」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「クラッシック」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

花鳥風月短歌:ワルキューレ
私は誰にも邪魔されず大空を駆けめぐり鷹のごとく刺すワルキューレの騎行 ワーグナー映画「地獄の黙示録」の影響が強く、ヘリコプターのイメージがどうしても出てしまいます。 ... » more

花鳥風月短歌;夜の女王
夜の闇から生まれる怨みは人の限界を越えさせて進むNatalie Dessay - The Queen of the Night - second a魔笛夜の女王復讐の炎は地獄のように我が心に燃え ... » more

「のだめカンタービレ」にはまり、最近もっぱら聞くのはクラッシック。。漫画に出てくる曲ばかりでこーふんしております。classic@comics vol.1~コミックで出会った名曲たちジェネオン エンタテインメント 2008- ... » more

花鳥風月短歌:アラベスク
月の夜川底の織り成す光の綾蟹達と共に眠るドビッシー二つのアラベスク第1番新古今和歌集巻第十八菅原道真海ならずたたへる水の底までにCきこころは月ぞ照らさむhttp://home.cilas.net/~j ... » more

哀しみに眠れない夜は僕も起きていよう君が癒えるまではhttp://youtu.be/EwlE_qNSWLwTurandot Nessun dorma(歌劇トゥーランドット誰も寝てはならぬ)プッチーニ作曲Luciano pab ... » more

鶏の足の上に建つ小屋オレの行く道を塞ぐものは許さないと大股で歩く愚かよキエフの大門長い旅路の果ての大いなる門はなんと気高く見上げてしまうモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵鶏の足の上に建つ小屋キエフの大 ... » more

リモージュの市場子供達の駆けめぐるよ春いっぱいの野原どこまでも夢のままカタコンベ沈黙のまま通り過ぎてゆく人々の顔は苦渋に満ちてモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵リモージュの市場カタコンベ死者ととも ... » more

ただ勝ち誇っただけの男が私の前を春嵐と過ぎぬモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ ... » more

花鳥風月俳句:春嵐
俳句:春嵐 一斉に柳木乱るゝ春あらし鶯や嵐の時の宿はどこイメージ曲ビバルディ春第2楽章昨夜の嵐はひどく、雨も音をたてて降っていましたが、今朝一時風も治まり日差しも射して、こんな都会の隅にもウグイスが鳴いていました。 ... » more

ビドロ進め!兵士達の足取りは重く戦場への行進は続くプロムナード重い心のまま前に進まねばならない前へ命ずる者よ卵の殻をつけた雛の踊り君はやかましく怒鳴り散らしてばかり朝からそんなにどうしたの ... » more

右から左へかけずり回るアヒルともに追い回す子供よモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵プロムナードテュルリーの庭聞いているうち、犬からアヒルの声に聞こえ始めたので。右から左へかけずり回る犬と投げるボールの ... » more

花鳥風月短歌:展覧会の絵 古城
単調な毎日が窓の下を今日も流れゆく風とともにモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵プロムナード古城 ... » more

花鳥風月短歌:ノクターン 遺作
人はどうして殺し合うまで人を愛するのか定めというには…ショパンノクターン遺作嬰ハ短調映画「戦場のピアニスト」で流れていた曲ふと途切れそして思いだけが繋がってゆくノクターンの憧れ ... » more

花鳥風月短歌:展覧会の絵 グノーム
心に小さな嵐が吹くとき何かが変わるときそして次へモデスト・ムソルグスキー展覧会の絵プロムナード、グノーム(小人) ... » more

花鳥風月短歌:月の光
どうして悲しい目をしているの?月を見て思い出していたんだねドビッシー月の光曲のイメージにより。 ... » more

ヴォルガ川の夕日の沈む向こうにある思ひ出とともに今日、明日ラフマニノフピアノ協奏曲第2番第一楽章曲のイメージによる。行ったことも見たこともないのですが。どうやら、この映像と曲は別物らしいです。こん ... » more

花鳥風月短歌:春雨の朝 カノン
街の音が消えている何もない春の雨とカノンのみの朝だパッヘルベルのカノン ... » more

ベートーベン ピアノソナタ31番 ピアノソナタ31番の第三楽章は、なんと美しい曲であろうか。ベートーベンの傑作の1つであろう。この曲を聴くと自分自身の心のあり方について深く掘り下げ考えてしまう。又、人生について考えてしまう。真の芸術がここにある。 ... » more
テーマ クラッシック

花鳥風月短歌:ボレロ
奏でるものは違っていても何時も繰り返す永遠にボレロよラベル作曲ボレロをユーチューブで聴いていて。年年歳歳花相似年年歳歳花あい似たり歳歳年年人不同歳歳年年人同じからず ... » more

花鳥風月短歌:弦楽セレナーデ
君の事考えている春雨の降りしきるセレナーデのままにセレナーデを聴くほど心が動いているのだろうか春雨の降るチャイコフスキー弦楽セレナーデ第1楽章を急に聴きたくなったので、ユーチューブにアクセス。便利な世の中だ。 ... » more

花鳥風月短歌:G線上のアリア 2
チェロが泣いている何故そんなに悲しいのかG線の上で独りフウ様の影響でユーチューブを聞きながら、短歌が出来上がった。G線上のアリアは二度目ですが。 ... » more

ジョルジュ・プレートル指揮 2010 ニューイヤー・コンサート 2008年に続いてジョルジュ・プレートルさん指揮2010年のニューイヤー・コンサート「美しく青きドナウ」は2008年バージョンよりずっと美しかった! ジョルジュ・プレートルを指揮者に迎え行った2010年のニューイヤー・コンサ ... » more

気ままに音楽イム・ドンヒョク
イム・ドンヒョク バッハのゴールドベルク変奏曲はグールドを超える演奏は無いと思っている。しかしイム・ドンヒョクの演奏は匹敵するほど素晴らしい。全く別の曲に聴こえてしまう。改めてこの曲が好きになった。旨く表現出来ないので、他から引用します。 ... » more
テーマ クラッシック

絶対ラグビーと標題ラグビー〜クラッシック最初の一枚。 2016年はリオに決定!オリンピック。残念。関係者の方々の努力も報われず。うーん、なんで。東京でやることになりゃぁ、日本ラグビーにとっては“更に倍”みたいなチャンスだったと思うけどね。しかし残念、色々あるんでしょうね。ま、シャー ... » more

音の深みと音域の広さ・・ホルンは良いな〜数ある後悔の中の一つ・・・続けていれば良かった・・・。 ... » more

解るガンダムOOB〜ガンダム&ショパンイヤー&バースデーWeek! ガンダムOOのテレビ放映が終わりました。最高のエンディング!何度見ても感動して涙が出ます。いや、ホンとに感動するんですよ!今回のガンダムは本当に最高でした。深い。オールドファンへの配慮。未来への展開を含んだ構成。 ... » more

こないだ、初めてオペラに行ってきました。ウィンザーの陽気な女房たちシェイクスピア原作の喜劇です。喜劇。楽しいーんです。面白い。で、綺麗。歌声が、楽器が。踊りが、舞台が。本当に面白い。最初は少し緊張してたんですけど ... » more

私がもっとも好きな作曲家は、ショパンでもバッハでもモーツアルトでもなく、ガルッピとルクレールというそれぞれイタリア、フランスの人なのだが、音楽学者以外にはマイナー過ぎるだろう。もちろん彼らのすべての曲がよいわけではなく、特にガルッピは、オペ ... » more

蔵のお仕事オペラ セビリアの理髪師
オペラ セビリアの理髪師 休日の最後はお借りしていたオペラ「セビリアの理髪師」を鑑賞。前回見たオペラが「椿姫」だから、今回はかなり楽しい雰囲気。同じ恋愛物ですが、コミカルな部分が多く、明るく見られます。小気味良い音楽が続き、にっこりし ... » more

花鳥風月短歌:トロイメライ
トロイメライが鳴らない携帯を見つづけてもう終わったんだなやっと短歌が出来る様になりました。携帯は、相手により着信音が変えられ、今まで何度も好きなトロイメライの着信音に胸をときめいていたのに、もう掛かってくることは ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 13:34

「クラッシック」のブログ関連商品

» 「クラッシック」のブログレビュー をもっと探す

「クラッシック」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る