誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヘーゲル

ヘーゲル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヘーゲル」のブログを一覧表示!「ヘーゲル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヘーゲル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヘーゲル」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ヘーゲルな日々幸せのポートフォリオ
幸せのポートフォリオ 一番大きな夢のみの達成状況をみるとためいきばかりだけれど、家に着けば雨で冷え体が温まるし、ご飯を食べればおいしい。業火の中にいても、その中で味わえる喜びまで否定することはおかしいはず。 ... » more
テーマ ヘーゲル リリック

ヘーゲルな日々善の理念か。
善の理念か。 ヘーゲルの「哲学入門」で出てくる「理性と善とは同一である」という命題は、価値と真理の混交を排除する立場のみならず、知性の悪用を懸念する立場からも、違和感があるだろう。前者は、切り離された観察的理性の行き詰まりをどうするのかなと思うし、後 ... » more
テーマ ヘーゲル

推理・行為・形式・特殊化 推理における3つの展開って、例えば、「茶碗は、洗うと、きれいになる。」→「以前、茶碗を洗ったら、茶碗がきれいになった。だから、洗ったらきれいになる。」。→「茶碗をきれいにしたい。洗うときれいになる。だから、茶碗を洗う。」というもの。そし ... » more
テーマ ヘーゲル

「新世界は、夢がある。」という命題 「ワンピースが、赤い。」とは違い、そのもの自体に空間性を前提としている命題であり、その新世界に夢がない場合も当然ある。有用性という観点からは、「砂糖は甘い。」と違い、その新世界において、夢があるよう特殊化が必要。「探す」というのは、 ... » more
テーマ ヘーゲル リリック

ヘーゲルな日々「春は曙」という判断
「春は曙」という判断 「朝は起きる」、「10:00は学校」、「カレーは福神漬け」、「映画は彼女と」。ロックの第一性質とかの議論からみれば「論理的に飛躍」しているが、我々の「判断」としては普通だし、「今ここ」を中心主題とする「精神現象学」からみれば、割と扱 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

ヘーゲルな日々序論と緒論1
序論と緒論1 書店でヘーゲルについての著作をスキャン。相変わらずギリシャだとかラモーの甥だとかイポリットレベルの読解なんだなと思うと、残念と安心が半々。論理的に読めたのは自分だけの気がするので、仕事を引退し時間に余裕ができたら、「精神現象学」と「大論 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々機械語レベルで 
機械語レベルで  「大論理学」を読んでいると、日常ベースで、通常より「高度な」言語で行っている思考・行動をいわば機械語である「大論理学」レベルで再現・記述できるか試したくなる。@意識しなくても実行される欲求の過程A主題について思っただけで実行され ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々つれづれに
つれづれに 2週続けて、つきあいで文化祭なるものへ。自分の若いときには手が届かなかった世界。連休を利用して、大論理学の本質論を、久々に日本語で。本質論は、矛盾論のみいわゆる「弁証法」の理解のために重視する人が多くて、なおざりにしていたときもあっ ... » more
テーマ ヘーゲル 我が国の将来 日常

ヘーゲルな日々やっぱり「感覚的確信」
やっぱり「感覚的確信」 今まで当たり前だと思っていたことに違和感を覚え、普通の人なら「当たり前田のクラッカー」が当たり前でなくなることばかり。ある意味、不効率な僕の精神。。以前考えていた、自意識の統一性、言い換えればカントの統覚の原理は何なのかという問いが ... » more

健全な精神は健全な肉体に宿る? 精神は、追随しない肉体と常にせめぎ合っていることを考えれば、冗談のように聞こえてしまう。 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

ヘーゲルな日々「客観」
「客観」 連休を利用して、精神現象学の感覚的確信を読み直す。ここに総ての萌芽がある。認識運動の総体と「対象」という概念の関係、諸々。もっと、早くここまで読めていればより良かったのだけど。。。自分が、一番最初に精神現象学が分かり始めたのは、精神 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々愛に還ることの放棄
愛に還ることの放棄 「愛に還りたいあなた〜♪」というのも原田知世さんだけど、「精神現象学」で表される3つ目の放棄は、端的に言えば愛に還ろうとすることの放棄なのだろう。生命の未分化の状態、原初なるもの、いわば子宮の中の一体感に戻ろうとすること、「哲学入門」的 ... » more
テーマ ヘーゲル リリック

「客観」という思想について 「いくつも偶然から〜♪」って原田知世さんの「彼と彼女のソネット」だけど、「偶然とか機会には勝てないな。」とつい考えてしまいがちな身にとって「「客観」に偶然はない。」って思うとちょっと胸にくるものがある。また、そんな風に客観を捉えると、客 ... » more
テーマ ヘーゲル

「考える。」とは何かって 大論理学で、実体→概念と振り返ってみて、一体我々が「考える」って一体どんな精神作用だっけとと思ってしまった。たまたま、精神現象学に戻って、意図的に数年読まなかった「自己意識」を読む。そうだね。「精神」編の展開が、既にここで語られているん ... » more

ヘーゲルな日々セイ法則
セイ法則 古典派の「供給が購買力を作り出す」とのセイ法則。正しいんだけれど事後均衡なんだよね。。だから、生産者に対する金融作用が必要。また、生産者は常にリスクに立ち向かうし、貸し手も同様にリスクに立ち向かう。こうしてみると生産活動も精神の活動 ... » more

当たり前だと思っている観念ほど。。 長い間考えていても、結局同心円上でぐるぐる回っていてことってある。分った途端、モヤが一気に晴れ「何で今まで気がつかなかったのだろう。」とびっくりするようなこと。特にそれが、みんなが当たり前に使っている観念だと。例えば、「自由」。 ... » more
テーマ ヘーゲル 日常

ヘーゲルな日々風邪気味
風邪気味 一と多、他者の区分の問題とか考えて、1週間。仕事もそこそこ忙しかったけど、大論理学をより理解する上での問題がまた一つ解消してうれしい。体調は優れないけど。オオカミ少年のように、国の借金が増えると長期金利が上昇するおそれとか言ってみ ... » more
テーマ ヘーゲル 我が国の将来 美術

そういえば、「タイプ理論」って 昔、ヘーゲルは、主語に並列する他者と、述語となる他者を混同しているのではないかと疑ったことがある。ところが、自分の方が既成の観念体系に慣れすぎていて、ヘーゲルの方がこの2つの他者の区別を徹底的に反省していることにある時期気がついた。 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

存在する「本質(Wesen)」って。。 ズキドキとする表現だね。 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々時をかける少女か。。
時をかける少女か。。 遅ればせながら、アニメの「時をかける少女」を見た。携帯がVodafoneで「ある絵を見るためにこの時代にタイムリープしてきた。」、そして数学が得意、なんて僕みたいじゃんってのは、悪い冗談かな。こういうのにはほんとに弱い。マジに涙が出 ... » more

ヘーゲルな日々愛のアランフェス
愛のアランフェス 昔、標題の槙村さとるさん(?)の漫画で、ペアスケートの際、男性が女性を飛ばし、女性が回転しながらまた男性のところに戻ってくるロンドの中で、男性が女性に「おまえがどんなに遠くに行っても受け止める」と言っていた。生命の個別性の発揮とそれを受 ... » more
テーマ ヘーゲル

差異そのもの又は「真実」という概念について 「現象学」の査読。ヘーゲルの徹底な知性は、「差異そのもの」又は「差異そのもの」の同一性の中に時間性又は空間性の根源があることを見いだした。後世、「差異と反復しかない」ということで、差異概念の重要性に気がついた人たちも、結果、ヘーゲル ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

ヘーゲルな日々他者一般の否定
他者一般の否定 自己意識は他者を否定することで充足しているが、通常は、他者の否定性に傷つくことはないので、他者一般を傷つけようとすることもない。ストア的な無力感、形骸化した自己の充足のため、他者に対して破壊衝動が生じる。または自己の分別に対するラン ... » more
テーマ ヘーゲル

付加価値を生み出すことだけが 付加価値の生産と消費、交換(交換に供することも付加価値の生産ではあるが。)、そして保存ということで世を眺めてみるとき、自分も付加価値を生み出さねばと思う。欲望と「ことそのもの」との対比と比べて、付加価値という概念は欲望が客観化している。 ... » more
テーマ ヘーゲル 日常

「分ったような振り」の効用 紋切り型のセリフを覚えてひっかかってもそれをくりかえすような暮らし方はせず、常に他の想いを受け止めてその上で立ち向かっていこう。「浮舟」のように心乱れ、人格破綻の体をなそうが、整理し続けていく過程を併行させることにより、真の過程の中 ... » more

分け分かり続けること 倦まないこと で、自分はどうかといえば、「分け分かる」過程に身を投じていることが大切で、「分る」とかUrteil(判断)の語義にある切断、日本刀で切っていくようなことを続けていくのかなという感じ。倦まないためには、尺度による評価、つまり歴史が必要なの ... » more
テーマ ヘーゲル 日常

コンセプチュアルアートとプリコルール 個人の想いと現実との乖離という一般的な課題は、むしろ、現在の社会の側の問題として、60〜70年代頃なら資本主義による個人の疎外、80年代なら「近代」による抑圧(デュシャンの「泉」やレヴィストロースの「悲しき熱帯」は戦前だけど)等「様々な ... » more

ヘーゲルな日々出来事とゲーム
出来事とゲーム 新聞やTVはいろいろな「出来事」を伝えてくれる。自己実現のために動き続ける僕たちにとって、それは、実現に向けての様々な情報をもたらすとともに、新たな運動なり運動の方向性の変更をもたらす。しかし、「出来事」に運動のための新たな「刺激」を求 ... » more
テーマ ヘーゲル 日常

一定の概念として対する場合と概念一般として対する場合 「啓示」のあるなしだよね。 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々現実と向き合う勇気
現実と向き合う勇気 現象学の理性編の読み直し。「躓きの石」の人相学・骨相学がやっときちんと読めたと思う(みんな躓くよね。)。「行為する理性」へ。現代版「罪と罰」的な抽象度の高い秋葉原事件のこともぼんやり考える。人を自分のために平気で犠牲にしても ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 11:45

「ヘーゲル」のブログ関連商品

» 「ヘーゲル」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る