誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヘーゲル

ヘーゲル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヘーゲル」のブログを一覧表示!「ヘーゲル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヘーゲル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヘーゲル」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

●実存主義 ●実存主義実存主義とは、一言で言うと人間の在り方を求める思想のことです。存在には本質はないという考え方を基にしており、人間は何らかの使命を持って生まれてくるのではなく、自分自身でその在り方や生き方を決めて行動すべきであるとしてい ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル ポール・サルトルの名言

■不合理な心理療法はより悪化する。 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル サイコパスとは?

サイコパスとは?サイコパスとは精神病質、あるいは反社会性人格障害などと呼ばれる極めて特殊な人格を持つ人々のことを指す言葉です。極めて特殊というと、滅多にであう機会の無い特別な存在という感じがするかも知れませんが、実はそれ ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル サイコパスとは?

【和田心理カウンセラー!!】■生き方
■無頓着、こだわららないということ ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル 純粋理性批判

■悩まない…ということ ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル 純粋理性批判

哲学者ジャン=ポール・サルトルの名言 人間の運命は人間の手中にある。 出典:ジャン=ポール・サルトル - 名言結びに、これらの名言を総括するようなサルトルの名言をひとつ。「運命」という言葉は、時にマイナスなニュアン ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル ポール・サルトルの名言

宇都宮の連続爆発、栗原容疑者に一体何が「離婚問題が全て・・・」 TBS系(JNN) 10月25日(火)2時36分配信 72歳の元幹部自衛官が爆発物を爆破させて死亡しました。現場は祭りでにぎわう公園で、3人が巻き込まれてけがをしま ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル 宇都宮の連続爆発

■ヘーゲル .■ヘーゲルヘーゲルはドイツ観念論を完成させた哲学者であると同時に、現代哲学が乗り越えるべき壁ともなっています。ですので、まずヘーゲルの思想を概観した上で、後世の批判的立場の一例を紹介いたします。 ヘーゲル以前の哲学は、 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 ヘーゲル 純粋理性批判

ヘーゲルな日々本質の呪縛からの回避
ポパーは、プラトンの呪縛として反証できない断言の追放をうたったが、他方、科学の実用性はその反証され難さにある。過去の豊富な経験を利用することが可能となった現在、「哲学的」な議論は無意義とも考えられる傾向にあるが、知識の反証可能性と、知識の確 ... » more

ヘーゲルの大論理学等は、ポパーが言うとおり、普通の人には、頭の中だけの単なる「妄想」としか思えないと僕も思う。でも、実は、我々の方が「当たり前」に頼りすぎていて、ヘーゲルの徹底さについていけないだけなのだが。最近やっと難所の一つであ ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

大論理学の本質論では、本質は、存在論から抜け出した最初は、存在にとらわれない、存在の規定を否定するものとして著される。そこから、本質が、どうして自ら規定を持つものとして進展するのか考えていた。とすると、本質は、これまで(覚えられている)起こ ... » more

ヘーゲル ヘーゲルは1770年、シュトットガルトに生まれます。牧師を目指してテュービンゲン大学で神学を学び、この地でシュリング、ヘルダーリンと出会います。哲学に関心をもったヘーゲルは卒業後、カントと同様に家庭教師となります。1801 ... » more
テーマ ヘーゲル 離人症・・・ 強迫性障害

ヘーゲル ヘーゲルは1770年、シュトットガルトに生まれます。牧師を目指してテュービンゲン大学で神学を学び、この地でシュリング、ヘルダーリンと出会います。哲学に関心をもったヘーゲルは卒業後、カントと同様に家庭教師となります。1801 ... » more
テーマ ヘーゲル ■精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪 強迫性障害

ポパーは、本質を求めようとする人の営みに、人のサガ、プラトンの呪縛を見いだしたが、存在つまり生じることの真理が本質である面を理解できなかった。不思議なことに、そして、本質も最後には、他者に移行せざるを得ない。50にして、やっと分かった。 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

向自有における反発と牽引について、昔から、一が多へと反発する論理(つまり、「本」が「この本」として、「白くて」、「文字が書いてあって」・・・)、と多がそれぞれ反発する論理(「白い本」と「文字の書いてある本」・・・)とどちらでヘーゲルが展開し ... » more
テーマ ヘーゲル

この人については、本当に驚かされる。精神哲学(エンサイクロペディア)の心の箇所。精神現象学が意識から始まり、フッサールが意識について志向性を前提としたとおり、意識が啓示される円環の中であまり疑問を持たなかったが、意識を反省的とし、その前 ... » more

ヘーゲルな日々ヘーゲルの自然哲学2
自然の分類論ではなく、発展論でもないと理解するのが、精神現象学等と最も整合的なのだと思う。 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

ヘーゲルな日々ヘーゲルの自然哲学1
過去30年手を付けてこなかった自然哲学(エンサイクロペディア)を読む。ヘーゲルは精神現象学や大論理学を、本人の言どおり内在的な観点から「論理的に」書いたとする立場に立ち、ヘーゲルが「読めない」人たちに一般的な、歴史哲学や自然哲学のパッチ ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

ヘーゲルな日々また、有論へ
有と無は同一でなければ、そもそも、時空間上何かがあるということは、論じ得ないのだが、有が無に必然的に移行するわけでも、無が有に必然的に移行するわけでもなく、無が有に移行した、有が無に移行したとということが起こった(既に与えられた)ことが重要 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

高校のときから、哲学の世界では、神=絶対者であることを前提に、神=絶対者の存在が議論されてきたと理解していた。それは、哲学において、相対的な価値ではなく、不変性の探求が一つのテーマであったからと思う。という観点からして、ヘーゲルの論理学 ... » more
テーマ ヘーゲル 哲学

俗見では、時空間は有の前提条件であり、カントでも、時空間は、直感の先験的要件であるが、有という出来事が時空間に先行すると考え抜いたヘーゲルは、やはり、天才としかいいようがない。時間は、生成、消滅を問わない有と無との同一性であり、空間は、 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々大論理学
問題意識がわからないと文章は理解できないので、ヘーゲルの論理学は難解なのだが、精神現象学や小論理学で、確実性や確定性の問題になれると、大論理学は、さらなる問題意識に対応できるものとして、良書であることがわかる。なせ、根拠も、原因も「反映」の ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々多としての本質
本質が一なのか多なのかなんて考えない人が多いだろうし、本質と非本質の対立の面を思えば、多である本質が他の物と対立するというのは、意外と難しい構成であろうが、現象が本質であると考えるときには、本質を多としてとらえるし、それが、全体と部分の相関 ... » more
テーマ ヘーゲル

ヘーゲルな日々空間概念について
時間概念は、変化(否定)の持続としてわかりやすいが、空間概念については、腑に落ちないものがあった。生きていると「刻の涙」として時間の絶対性を実感されるとしても、否定の持続として考えた場合、時間すら必ずしも先験的ではないと考えられる。それ ... » more
テーマ ヘーゲル

高校生の時、ヘーゲルやカントを読んでいて、悟性と理性の違いについて腑に落ちず、先輩に尋ねたが、やはりよくわからなかった記憶がある。悟性という言葉は、哲学の世界でしか使われない。現代人にとっては、「観念的な思考が蔓延していた過去の時代に、生み ... » more

観念的でしかない将来の快とそれを追い求めることで今そこに生じる不快とを比較して、快が上回れば不快を甘受すること。まさに投資ってやつだけれども、こんなことができるのは人間のえらさかもしれない。 ... » more
テーマ ヘーゲル

所有即権利。だからたとえ公的な所有でも、図書館の所有が侵害されると、ヘーゲル的には私達は自身の権利が侵害されたと怒る。他方、これとは別に、土地や物や人格との結びつきでしか所有を考えられない法意識がある。まさしく、ネオリベ橋下がこれだ ... » more

ヘーゲルな日々観念化と止揚
存在の観念化により、そこにある存在として意識される。それが止揚ということだが、観念化によって、存在との距離が生じ、(実際にできるかどうかは別問題だが、)その存在を求めようとすることも、離れようとすることも可能となるということかな。万葉の詩人 ... » more

美味しいものを食べたいとか、疲れたので座りたいとか、生活には様々な欲求がやって来る。生きているからやってくるのであって、自分にとってお客さんのようなもの。ばかばかしくなるときもある、でも、それを積極的にとらえて、自分のものとすることがが、「 ... » more
テーマ ヘーゲル

実体自体が主体であって、そして、それが感情を刺激する。とすれば、主体性はどこにはめ込まれるのだろうと思った。また、我々が、希望を持った単なる観客にすぎず、実体が一時的にでもどんどん悪化していくことが明らかならば、どうなるのだろうと思った ... » more
テーマ ヘーゲル

 

最終更新日: 2016/11/29 11:45

「ヘーゲル」のブログ関連商品

» 「ヘーゲル」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る