誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の風景

日本の風景

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日本の風景」のブログを一覧表示!「日本の風景」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の風景」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の風景」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

山猫館なぜに?
わがPCの辞書ときたらいつまでたっても賢くならんのであろうか。しんちょうしゃといえば新庁舎ではなく新潮社に決まっておろうが(猫の場合)じゅうべえがなぜ一発で十兵衛とでないのだ!十兵衛と ... » more

山猫館蛍狩2008
というわけで、蛍の季節がやってきた。江戸時代には、蛍は七夕時分のもので要するに、秋の風物詩だったらしい。江戸の浮世絵を見ると、かなり元気な蛍狩だ。すそをまくって追いかけたりしてる。それが大正美人になると、 ... » more

山猫館端午
旧暦五月五日すでにアヤメの時期は過ぎつつあります。菖蒲の時期って、今頃なのでしょうか。はてさて?Wikipedia日本文化いろは事典節句と節供と節会はそれぞれ微妙に意味が違う。細かく定義すれば、だ ... » more

江戸と明治の華展-皇室侍医ベルツ博士の眼- 2008年5月31日(土)〜7月7日(月)島根県立美術館にてベルツ博士について関連イベントは以下の通り(美術館HPより引用) ● 記念講演会「ドイツに渡った日本美 ... » more

山猫館手作り市
葵祭の社頭の儀が行われる15日はちょうど、手作り市の日だ。こっちは、毎月。私が認識しているのは、百万遍の手作り市のほうだけど梅小路公園でもされているらしい。ほかにもいろいろあるんだろうな。さて、葵祭の ... » more

古稀記念 表千家而妙齋家元好み物展高島屋(京都河原町店にて)5月7日から12日入場無料呈茶有料お家元を襲名されてから30年の節目、10年ごとに、好み物展をしてこられたらしい。「雪月花展」「華甲展」とのこと。 ... » more

山猫館そつたく斎ゆかりの茶道具展
表千家北山会館にてそつたく斎ゆかりの茶道具展そつ=「口卒」たく=「啄」+「、」表千家八代家元のこと。平成20年4月26日(土)〜6月8日(日)こちらも呈茶つき。幼名は與太郎が定番だったんだなあ ... » more

裏千家茶道資料館にて。春季特別展裏千家所蔵 絵画展―屏風を中心に―会期 : 平成20 年 3月 20日 (木・祝) 〜6月 8日 (日)開館時間 : 午前9時30分〜午後4時30分 (入館は4時まで)休館日 ... » more

山猫館若桜鉄道発動!
って、実はとっくに解禁なのだが。SL機関車があって、ほーほーと汽笛を鳴らしてみたり手動の転車台があったりと楽しい場所になりつつある。http://www.infosakyu.ne.jp/s-wakasa/tetu ... » more

やっと春が来た〜♪ うちの前にある桜もやっと咲きました〜まだ七分咲きぐらいだけど今日は天気も良く穏やかな春の一日。なんだか和みます ... » more
テーマ 日本の風景

山猫館貴重品
貴重品はお預けくださいとか貴重品は身に着けておいてくださいといった注意書きこれを見聞きするたびに、貴重品ってなんだろうと思ってしまうのだ。カード類や免許証などの身分証明書系のものや現金や、鍵どれも ... » more

山猫館霙、霰
みぞれは雨に英と書き、あられは雨に散ると書く。みぞれのほうは石英の英なのだろうか。さて、本日降ったのは。みぞれ?あられ?山猫屋@管理人 ... » more

山猫館出版市場と図書館
http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20080302/1204482354■[図書館][戯言]出版市場の縮小ペースより図書館の資料費減額ペースの方が早い、とかなんとか実際にグラフ化されると、動じる( ... » more
テーマ 日本の風景 Library

山猫館針供養
旧暦二月八日関西では12月8日が針供養だと思うのだけど、関東では2月8日が針供養とのこと。供養の日なので、この日には針に触らないとのこと。もちろん、猫も触らなかった(お察しの通り、いつも触ってにゃいです。にゅ ... » more

山猫館図書館の話〜職員比率
http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20080122/1201006675■[図書館]社会のお時間―公立図書館ってどんなところ?〜明るい未来溢れる図書館〜にある、職員比率A:B:C=1:4:5な ... » more
テーマ 日本の風景 Library

山猫館消滅?
またしても、気になっていた建物が消滅するのだろうか?塀が壊され、植栽がすべて切られていた。イノベーションだったら、まあ、ましなんだけども。ただ、やっぱり、猫は、植栽や一部壊された塀なんかも含めて価値を認めていたらしく ... » more

大阪・福島でフランス料理♪ 昨日は仕事上のお付き合いで某在阪テレビ&ラジオ局のプロデューサーをはじめスタッフ、パーソナリティーの方々とお食事会でした。夕方18:30にJR福島駅集合、としか聞いてなかったので一体どこ行くの?居酒屋?と思っていたら、連行された?ところ ... » more

山猫館死因不明社会
死因不明社会 (ブルーバックス 1578)死因不明社会 (ブルーバックス 1578) (新書)海堂 尊 (著) # 新書: 278ページ# 出版社: 講談社 (2007/11/21)# ISBN-10: 40625757 ... » more

茶の湯を学ぶ―もてなしの芸術の歴史と美 (美と創作シリーズ)茶の湯を学ぶ―もてなしの芸術の歴史と美 (美と創作シリーズ) (単行本(ソフトカバー)) # 単行本(ソフトカバー): 95ページ# 出版社: 角川書店 (1999/0 ... » more

山猫館家の事
家事に関してずっと不思議なこと。家事って「家の事」だよね。家事をしようとしないひとが家族の一員と言えるのだろうか。よく言って、居候もっと端的に言えば、粗大ゴミ生ゴミでしかないと思うのだけど。一家の ... » more

山猫館片づけの技術
>糸井>高学歴とは限らないけど、>本を読むのが好きな人は絶対に>掃除や片づけはダメですね。>本を読んでて気がつくと>夜中になってたりするじゃないですか。>寝るのやメシ食うのさ ... » more

山猫館製造年月日
広告批評 323号(2008年2月号) (323)広告批評 323号(2008年2月号) (323) (単行本) # 単行本# 出版社: マドラ出版 (2008/02)# ISBN-10: 4944079591# ISB ... » more

山猫館行事のあれこれ
昨日は一応十日戎宵宮と当日と残り福とあって、なんとなく当日は行かないで<をい宵宮か残り福を狙っていってたような気がします。といっても、京都にいたころのお話。本日は、1ばっかりの日その2(勝手に名づけた) ... » more

山猫館
八坂神社にて、午前9時より初能奉納 於、能舞台観世流能「翁」・翁:片山九郎右衛門・三番三:茂山 千五郎・千歳:分林道治・面箱:茂山逸平・笛:杉市和・小鼓、頭取:曽和尚靖・胴脇:成田達志・手先:竹村英敏 ... » more

山猫館1221
特に意味はないのだけれども、1212と並んで気になる数値の日終い弘法の日参考は今日は何の日〜毎日が記念日〜でここ数年のことながら、ちっとも進まない年賀状が今年はさらなる遅れを!あう。間に合うだろうか ... » more

山猫館慌しさ
リストを作って順番に確実にというのが忙しい時の鉄則のような気がする今日この頃。山猫屋@管理人 ... » more

山猫館トイレの不親切
最近のトイレは不親切。トイレの不親切とは、例えば。和式か洋式か選べない。というよりも、猫は和式がいいのに、洋式しかない。自動消臭剤、自動メロディ、自動洗浄。最後のはともかく、最初のは絶対要らん。臭くてかな ... » more

師走ですが・・・秋の風物詩♪ 遅ればせながら今年も紅葉狩りに行ってきました10月半ばまで暑かったせいか、全体の色づきはイマイチ・・・。キレイな木をピックアップして撮影地球温暖化の影響で紅葉の時期は年々遅くなっているよ ... » more
テーマ 日本の風景

山猫館年齢
その人が死んだ年齢に生きていれば近づいて、場合によっては追い抜く。昔、私より年上だった人は、中身はともかく外見は年老いていた。現在の同年代の人よりも。そのせいか、今、同じ年齢の人が死んだら、あまりにも ... » more

城下町長府(下関市)の紅葉〜長府庭園〜 毛利長府家の城下町は今も江戸時代の名残をとどめており、秋には紅葉狩りの観光客で賑います。ここは長府藩の家老格だった西運長(にしゆきなが)の書院だったそうですが、現在は下関市が管理しています。池の周囲の楓が鮮やかに色づいていま ... » more
テーマ 日本の風景

 

最終更新日: 2016/11/29 09:45

「日本の風景」のブログ関連商品

» 「日本の風景」のブログレビュー をもっと探す

「日本の風景」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る