誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。プロテスタントのコラールのように繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。(グレゴリオ聖歌)◆サルヴェ・レジーナSalve,Regina ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

バッハ(独1685-1750)の「フーガの技法」は、一つの主題を複数の声部が追いかけるのであるが、そこには反行、縮小、二重、3重、鏡影、カノンなどさまざまなフーガが展開する。やや衒学的で、感覚に訴える要素を犠牲にしても、対位法の ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音のた ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲 ... » more

宗教は過去の出来事に依存してはいけない 人類は常に進化しています。そして、その進化にともなって神の概念も深くなっています。知的地平線の境界が、これまでより広くなり、神の概念もそれにともなって進化しています。しかし神自体は少しも変わっていません。これから千年後、地上 ... » more

イエス・キリストの十字架の死と復活そして、その方が天に昇られるという不思議な体験の後、復活から50日目にペンテコステの出来事は起こりました。みんながひとつのところに集まって、祈っていると、激しい風の吹くような音が聞こえ、一同は聖霊に ... » more
テーマ 宗教 説教

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

イタバッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入 ... » more

地球の頂点としての日本の役割とは何か? ※シュタイナー学園資料この奇妙な図は、人智学のルドルフ・シュタイナーが、死の間際の1924年9月9日から18日までの『地球の形と人体』という講義の中で地球を四面体のピラミッドとして認識した時、その頂点は日本になると説 ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG 魔術  コメント(5)

宗論はどちらが負けても釈迦の恥 阿耨多羅三藐三菩提の仏たちわが立つ杣に冥加あらせ給へ伝教大師最澄の有名な歌が新古今に収められている。撰者たちが満場一致で採ったほどの歌だから、作品の放つ光彩は、素人が鑑賞しても大いに認めるところである。阿耨多羅三 ... » more
テーマ 宗教 和歌 新古今和歌集

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フー ... » more

神社や古代史の専門家でもない筆者が立て続けに神社の本を三冊も著したのは、「それほど神社をめぐる謎は深く、私の心をとらえて離さなかった」からだ。それは、なんとなくわかる気がする。私も神社と古代史には興味が尽きないが、行って調べようという気は起 ... » more
テーマ 宗教 韓国

24の調による「プレリュードとフーガ」の第2集。第1集に比べ音楽性が豊か。全体的にプレリュードが美しい。優雅さ、快適さ、甘美さなど次々繰り広げられる多彩な曲想に、飽きることはない。なかでも、印象に残る曲は、第4曲嬰ハ短調BWV873 ... » more

平均律クラヴィーア曲集(1)BWV846-869 24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV8 ... » more

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、 ... » more

バッハ(独1685-1750)の組曲は、このフランス組曲に先立ち「イギリス組曲」がある。「イギリス組曲」は、各曲の冒頭に自由なプレリュードがおかれているが、フランス組曲は、それはなく、舞曲リズムのアルマンド、クーラント、サラバンド、ジー ... » more

44 イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」 45 そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開い ... » more
テーマ 宗教 説教

オルガンコラール「深き淵より我汝をよばわる」→詩篇130の基づくマルティン・ルターの作詞作曲。同名のカンタータ第38がある。詩篇130は罪の深い絶望から神の赦しを乞うという内容。コラールの単旋律をもとに、深い淵の重い叫びが響いてくる ... » more

バッハ(独1685-1750)のオルガン曲の中で、「パッサカリアとフーガ」は「トッカータとフーガ」に並んで素晴らしい。冒頭の低音主題が大変印象的で、この主題の反復と変奏がグイグイと深くて雄大な世界に我々を引き込んでゆく。 ... » more

ペダルの迫力がすごい。エネルギーがほとばしる。フーガはそのエネルギーを秘めに秘めてリズムを刻む。だんだん激しくなってゆく。 ... » more

バッハの「クラヴィア練習曲集第3部」の「オルガンミサ曲集」、100小節を越える長大フーガ、主題となっている賛美歌にちなんでマリアの母「聖アン」と呼ばれる。曲は大きく3つに分かれる、トリプルフーガ。神、キリスト、聖霊の三位一体を表していて ... » more

この曲は、誰でも知っているバッハ(独1685-1750)のオルガン曲の代表作であるが、この曲に触発されてヘルマン・ヘッセが詩を書いている。「バッハのあるトッカータに寄せて」という題がつけられている。「凝固せる太古の沈黙.....支配する ... » more

雨上がりの散歩ホームレスについて
事情を抱えて身元を明かしたくない、そういう方もいらっしゃるのでしょうか?河原に小屋を作り、空き地の畑で野菜を作ったり、野良猫や犬などとともに結構いろいろ工夫して生活してらっしゃる方もいるようです。花見の季節には稼ぎ時とばかりに空き缶集めに精 ... » more

バッハの「幻想曲とフーガ BWV542」「フーガ BWV578]は、大フーガ、小フーガといわれている名曲。大フーガ、小フーガという言い方は、BWVの番号が存在しなかったときの名残りのようである。大フーガのドラマティックで、未踏 ... » more

祭壇に何の意味があるでしょう 宗教とは何かと問われれば、私たち霊は躊躇なく言います。 “いつどこにいても人のために自分を役立てることです” と。神学などはどうでもよろしい。教義、儀式、祭礼、教典なども重要ではありません。祭壇に何の意味があるでしょう。 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。それぞれのメロデ ... » more

バッハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されているため、 ... » more

大きな仕事を一人で始めた人がいました 大きな仕事をたった一人で始めた人がいました。その名をイエス・キリストと言いました。そのたった一人の人間が、愛を基本理念とした新しい宗教の手本を、地上にもたらしました。たった一人で大きな仕事を始めた人は、他にもいます。その名を ... » more

バッハのモテットは6曲あるが、いずれも、聖書の聖句や宗教詩、コラールなどのテキストを音楽化したもので、祈りの音楽である。中でも3番「イエスよ、私の喜びよJesu,meine Freude」は、同名のコラールをベースに、それを効果的に ... » more

 

最終更新日: 2017/10/18 09:13

楽天市場のおすすめ商品

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る