誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

#81 世界を揺るがすエルサレム問題ーその本質は何かー 高原剛一郎 20180125 生きる勇気と聖書の力イーグレープ 高原 剛一郎 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 宗教 キリスト ニュース

ご相談 93、…指の皮むく癖直らない…30歳代女性。指の皮をむく癖があります。爪の周りから、ちょっとずつですが、めくっていき、第1関節の上くらいまで。少し始めたら、つい指先に目がいき、どんどんむいてしまいます。ひと通り終わったら ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ジャン・フィリップ・ラモー(仏1683-1764)は、ジャン・ジャック・ルソー時代のオルガニスト、作曲家、音楽理論家でもある。「クラブサン集」には、「第1」、「第2」、「新」と3集あるが、いずれのどの曲も聴く人を退屈させない。舞曲がベー ... » more

「高尾山火渡り祭り」を見物しました。 「2017年3月15日のブログ」に書きましたが、例年、3月第二日曜日に「高尾山火渡り祭り」が開催され、4年前には3月9日(日)「動画作成」を目的に参加し約3分の動画を編集してYouTubeに「高尾山火渡り祭り」として登録しました。「3月 ... » more
テーマ 宗教 日記 祭り

静慈圓先生法印就任松三宝の儀 静慈圓先生が高野山金剛峯寺第519世寺務検校法印に就任され、 3月12日金剛峯寺において転衣式が挙行され、参列させていただきました。 緋衣緋紋白捧上 緋衣転衣 法印就任祝宴 駕籠にて帰寺 記念祝品 「竹 ... » more
テーマ 宗教

テレマン(独1681-1767)といえば、同時代のバッハやヘンデルより当時は、人気と名声があった人である。代表作は、「ターフェルムジーク(食卓の音楽)」。さまざまな楽器を魅力的に鳴らし質の高い作品を大量に作り出しているのだが、ここで取 ... » more

ヴィヴァルディ(伊1678-1741)の「調和の霊感」は12の協奏曲からなり、「四季」と並ぶもっとも有名な曲である。彼は「赤毛の神父」の愛称を持つ神父で、孤児院付属の女子音楽院の教師として活躍し、この音楽院の演奏のために多くの作品が書か ... » more

長谷寺の大観音特別拝観と大画軸大開帳と3.11慰霊法要 長谷寺の大観音特別拝観と大画軸大開帳ー結縁の五色線をいただいて、 本堂での管長さま御導師のもと 東日本大震災慰霊供養の法要に合掌。 ... » more
テーマ 宗教

東日本大震災から7年 東日本大震災から7年。 経をあげさせていただきました。 合掌 ... » more
テーマ 宗教

2 六日の後、イエスは、ただペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、 3 服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。 4 エリヤがモーセと共に現れて、イエスと語り合 ... » more
テーマ 宗教 説教

ヴィヴァルディ(伊1678-1741)といえば「四季」があまりにも有名だが、宗教曲においてもすばらしいものがある。彼は、もともと司祭でもあった。宗教曲といっても、劇音楽に興味を持っていたヴィヴァルディは、宗教的独唱とシンフォニア的なコン ... » more

フランソワクープラン(仏1668-1733)は、ラモー(仏1683-1764)とともに、フランスクラブサン学派の巨匠の一人。クープランの作品の標題に伴う情景描写が極めて印象的である。たとえば「恋する夜うぐいす」「神秘な障壁」「修道女モ ... » more

パストラーレ(キリスト降誕の夜、牧童が笛を吹いたという聖書に基づき田園情緒を描こうとする)については、コレッリで紹介したが、ドイツの作曲家ヨハン・クリストフ・ペーツ(独Johann Christoph Pez 1664-1716)のパストラ ... » more

ジュゼッペ・ヤッキーニ(Giuseppe Maria Jacchini伊1663-1727)は、チェロの黎明期のチェロ奏者で作曲家、ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)(186参照)に師事したといわれる。いくつかのチェロソナタが素朴 ... » more

ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)は、バロック時代の作曲家でチェリスト。「チェロのドミニカ」といわれていたようで、チェロの作品が面白い。なかでも「ソナタト短調」「ソナタイ長調」が印象に残る。ト短調は、のびやかで語りかけるよ ... » more

パーセル(英1659-1695)は、バロック時代の英国の大作曲家で、彼の「ファンタジア」には不思議な魅力がある。ファンタジアというのは、声楽曲で培われたポリフォニー技法を器楽曲に転用したもので、器楽曲が独自の道を始めた時の音楽である。テキス ... » more

教会そのものが障壁になっている 私たち霊は、レンガとモルタル、祭壇と尖塔で出来た教会には、何の興味もありません。何の魅力も感じません。建物には全く関心がないのです。私たちが関心を向けるのは魂です。それで私たちは、神と人間の間にある障壁を取り除くことに努力し ... » more

姜尚中さんはどう冷静に見ても感情的に物を言っているとしか思えない。いわば、ナショナリズムを掻き立てているのである。日本にはキム・ヨナ症候群なんてものはほとんどない。キム・ヨナさんは確かに素晴らしい。典型的な、努力家で、それが ... » more
テーマ 宗教 平和 国家

ヘンリー・パーセル(英1659-1695)は、彼にはいくつかの優れたハープシコードの作品がある。ちょっとしゃれた感じの「組曲6番」、哀愁を感じさせる「グラウンド」そしてブリテンの「青少年管弦楽入門」の主題にになっている「ラウンド0」など ... » more

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。マラン・マレについて書かれた小説に、パスカル・キニャールという人の「めぐり逢う朝」がある。マレの師コロンブとの共感、 ... » more

パッヘルベル(独1653-1706)については、ブクステフーデとともにバッハに影響を与えたといわれるように、オルガン作品集に数々の傑作がある。アポロの6弦琴、プレリュードニ短調、シャコンヌへ短調、ニ短調、リチュルカーレハ短調、さらにルタ ... » more

ヨハン・パッヘルベル(独1653-1706)は、「カノンとジーグ」で有名であるが、バッハの父アンブロジウスと交流のあったオルガニストで、ブクステフーデなどともにバッハに影響を残した人である。彼は、オルガン曲だけでなく、器楽アンサンブルの ... » more

自分の過ちは自分で責任を取らねばなりません 「私たち霊はこれまで何度か、教会の中心的指導者に付き添い、大聖堂や教会を訪ねたことがあります。彼らは霊界に来て、間違いであることを知った教義が、そこで大げさに説かれているのを見て、そうした間違いと迷信で固められた組織を存続させた責任が、 ... » more

ドイツのプロテスタントのオルガン音楽において、バッハの先輩たちにブクステフーデやパッヘルベルなどがいるが、その当時の一人、ゲオルクムファット(Georg Muffat独1653-1704)は南ドイツオーストリアのカトリック系オルガン音楽を代 ... » more

ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(チュコ1644-1704)は、17世紀屈指のヴァイオリンのヴィルトゥオーソ・作曲家」といわれる。ザルツブルグの宮廷礼拝堂楽長を務めていたこともあり、「教会あるいは宮廷用ソナタ」「ロザリオの ... » more

マルカントワーヌ・シャルパンティエ(仏1643-1704)は、バッハより少し前のフランスの作曲家で、この「真夜中のミサ」は、クリスマス前夜の真夜中の曲。当時、フランスで広く歌われていたノエル(クリスマスの歌)が、ミサ曲として仕立てられて ... » more

永遠のサイクルを続ける 太古の非文明化時代には宗教は、大自然の動きを儀式の基本にしていました。彼らは移りゆく大自然のドラマと、星の動きの中に、神一自分たちを見つめている、目に見えない力の存在を感じとりました。自分たちを支配する法則に畏敬の念を抱き、春を誕生 ... » more

時雨亭往還デクノボー
デクノボー 首相官邸のHPを見ると次のようにある。一億総活躍社会実現、その本丸は人づくり。子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生10 ... » more

ブクステフーデブクステフーデ(独1637−1707)のオルガン作品は、前奏曲やフーガに優れた作品が多い。特に「前奏曲 ト短調149」「フーガ ハ長調174」のこの2曲は、特に印象に残る作品である。前奏曲 ト長調149」は、冒頭、大自 ... » more

きょうは土寺小屋ー きょうは土寺小屋ーインフルエンザで学教閉鎖状態の教室。。。 はじめての梵字で色紙書き。。。立派にできましたー 御弥津はいつもこの時期は焼き餅入りおしるこ〜〜 ... » more
テーマ 宗教

 

最終更新日: 2018/07/22 09:15

テーマのトップに戻る