誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

15 「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。 16 あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。 17 すべて良い木は良い実を ... » more
テーマ 宗教 説教

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は多くの優れたマドリガーレを残している。ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の楽長を努め宗教曲を作曲する傍ら、いわばオフタイムにマドリガーレを作曲。ジェズアルドとともに代表的なマドリガーレ作者である。モン ... » more

前回の続きで、『マハーバーラタ』を題材にしたインド映画についての発表報告です。2『Arjun: The Warrior Prince』と現代映画における神話の位置づけ――『マハーバーラタ』の英雄像の<変遷>『Ar ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と器 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。 彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美 ... » more

取り返しのつかない過ちはありません 過ちも失敗も、あなたが不完全であることから起こります。しかし、転んでも起き上がることが出来ます。取り返しのつかない過ちはありません。新しい希望と新しい可能性を秘めた、新しい一日、新しい夜明けが必ず訪れます。うちの宗教を信じれ ... » more

ン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が涙) ... » more

2017年7月16日Tテモテ2章1〜8節「祈り」1 そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。 2 王たちやすべての高官のためにもささげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏 ... » more
テーマ 宗教 説教

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するドイ ... » more

次に在日朝鮮人が日本人に対して行ったことは、朝鮮宗教によるものがある。これは60.のAにあたる。朝鮮宗教として、主に以下の3つがある。1.統一教会2.オウム真理教3.創価学会1.統一教会在 ... » more
テーマ 宗教 北朝鮮 洗脳

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという ... » more

ご相談 85、…選んだ夫「外れくじ」…1歳の娘がいる20歳代主婦。結婚前にイベントの司会の仕事をしており、男性から交際を申し込まれることもよくありました。結婚を焦っていたので、その中から一番優しいと感じた人を選び、結婚しました。ただ ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

『マハーバーラタ』を題材とした現代映画について研究するよう依頼をいただきました。その成果の一部として、下記のような発表をしましたので、レジュメを掲載いたします。全二回の第一回目です。「現代インド映画における『マハーバ ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

預言者のコラム言の葉89 恐れ
言の葉89 恐れ 「おそれ」には二種類あります。1つは「恐れ」で、ジェットコースターやバンジージャンプを怖がること。怖い人、おやじ、教師、ヤクザなどを怖がること。歯医者、試験、人に話しかけることを恐れること。自分の将来を悲観すること。 ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

教会が空しい死物と化してしまった 程度はどうあれ、神の使徒として働ける私たちは光栄この上ないことです。これはキリスト教の教会には望めないことです。心の奥ではもう信じていない、古い教えを決まり文句として口にするだけです。とっくの昔に意味を失ってしまった、紋切り型の ... » more

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマを訪れたモ ... » more

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、M.プレ ... » more

レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、音楽の後進国だったドイツが、ルターの宗教改革とともに新たな歩みを始めた。ルターは<万人司祭>の理 ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれなき受難」を受け、神に抗議する内容である。「なぜ、私の不当さを ... » more

先日、神話学研究会で篠田知和基先生の『世界神話入門』と山田仁史先生の『新・神話学入門』の合評会を行いました。いろいろと裏話も聞けて、楽しい会となりました。(懇親会も含めて。飲み過ぎた。)ここでは、篠田先生の『世界神話入門』か ... » more
テーマ 宗教 神話

霊友会の「創立記念祭」に参加しました。 「2016年7月12日のブログ」に書きましたが、昭和44年に結婚した時、家内のお母さんから勧められて「霊友会」に入会した。「大正9年に法華経の研究と実践に入られた久保角太郎恩師は、人々の心を救い、世の中を変えて行くために、小谷喜美恩師ととも ... » more
テーマ 宗教 日記 家族

宗教の歴史を振り返ってみなさい 私は無位無冠、神の使徒であること以外、何者でもありません。私がどういう人物であるかに、何の意味があるのでしょう。私がどの程度の霊であるかは、私がしていることで判断して下さい。私の言葉が、誠意が、判断が、暗闇にいる人たちの灯になり ... » more

インド最古の宗教文献『リグ・ヴェーダ』には、世界がどのようにして創られたのかを語る、創世神話がいくつかあります。以下に四つ、ご紹介します。1祈禱主神ブラフマナスパティ(ブリハスパティ)ブラフマンを司る神 ... » more
テーマ 宗教 神話

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリア(フェリペ二 ... » more

授業でインドの神話の話をするときに、ヴィシュヌのアヴァターラについて取り上げています。アヴァターラとは「化身」のことで、神などが自身の一部を地上に降すことを指します。あくまで「一部」を降す、「分身」というイメージです。化身したからと ... » more
テーマ 宗教 神話

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

みなさんよくご存じの浦島太郎。竜宮城へ行って帰ってきたら、ほんの数日と思っていたのが数十年もたっていて、しわくちゃのお爺さんになってしまいましたとさ。このように異界と現世で時間の流れが違うことを「ウラシマ効果」といいます。 ... » more
テーマ 宗教 神話

 

最終更新日: 2017/12/12 09:10

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る