誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

パストラーレ(キリスト降誕の夜、牧童が笛を吹いたという聖書に基づき田園情緒を描こうとする)については、コレッリで紹介したが、ドイツの作曲家ヨハン・クリストフ・ペーツ(独Johann Christoph Pez 1664-1716)のパストラ ... » more

ジュゼッペ・ヤッキーニ(Giuseppe Maria Jacchini伊1663-1727)は、チェロの黎明期のチェロ奏者で作曲家、ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)(186参照)に師事したといわれる。いくつかのチェロソナタが素朴 ... » more

ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)は、バロック時代の作曲家でチェリスト。「チェロのドミニカ」といわれていたようで、チェロの作品が面白い。なかでも「ソナタト短調」「ソナタイ長調」が印象に残る。ト短調は、のびやかで語りかけるよ ... » more

パーセル(英1659-1695)は、バロック時代の英国の大作曲家で、彼の「ファンタジア」には不思議な魅力がある。ファンタジアというのは、声楽曲で培われたポリフォニー技法を器楽曲に転用したもので、器楽曲が独自の道を始めた時の音楽である。テキス ... » more

教会そのものが障壁になっている 私たち霊は、レンガとモルタル、祭壇と尖塔で出来た教会には、何の興味もありません。何の魅力も感じません。建物には全く関心がないのです。私たちが関心を向けるのは魂です。それで私たちは、神と人間の間にある障壁を取り除くことに努力し ... » more

姜尚中さんはどう冷静に見ても感情的に物を言っているとしか思えない。いわば、ナショナリズムを掻き立てているのである。日本にはキム・ヨナ症候群なんてものはほとんどない。キム・ヨナさんは確かに素晴らしい。典型的な、努力家で、それが ... » more
テーマ 宗教 平和 国家

ヘンリー・パーセル(英1659-1695)は、彼にはいくつかの優れたハープシコードの作品がある。ちょっとしゃれた感じの「組曲6番」、哀愁を感じさせる「グラウンド」そしてブリテンの「青少年管弦楽入門」の主題にになっている「ラウンド0」など ... » more

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。マラン・マレについて書かれた小説に、パスカル・キニャールという人の「めぐり逢う朝」がある。マレの師コロンブとの共感、 ... » more

パッヘルベル(独1653-1706)については、ブクステフーデとともにバッハに影響を与えたといわれるように、オルガン作品集に数々の傑作がある。アポロの6弦琴、プレリュードニ短調、シャコンヌへ短調、ニ短調、リチュルカーレハ短調、さらにルタ ... » more

ヨハン・パッヘルベル(独1653-1706)は、「カノンとジーグ」で有名であるが、バッハの父アンブロジウスと交流のあったオルガニストで、ブクステフーデなどともにバッハに影響を残した人である。彼は、オルガン曲だけでなく、器楽アンサンブルの ... » more

自分の過ちは自分で責任を取らねばなりません 「私たち霊はこれまで何度か、教会の中心的指導者に付き添い、大聖堂や教会を訪ねたことがあります。彼らは霊界に来て、間違いであることを知った教義が、そこで大げさに説かれているのを見て、そうした間違いと迷信で固められた組織を存続させた責任が、 ... » more

ドイツのプロテスタントのオルガン音楽において、バッハの先輩たちにブクステフーデやパッヘルベルなどがいるが、その当時の一人、ゲオルクムファット(Georg Muffat独1653-1704)は南ドイツオーストリアのカトリック系オルガン音楽を代 ... » more

ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(チュコ1644-1704)は、17世紀屈指のヴァイオリンのヴィルトゥオーソ・作曲家」といわれる。ザルツブルグの宮廷礼拝堂楽長を務めていたこともあり、「教会あるいは宮廷用ソナタ」「ロザリオの ... » more

マルカントワーヌ・シャルパンティエ(仏1643-1704)は、バッハより少し前のフランスの作曲家で、この「真夜中のミサ」は、クリスマス前夜の真夜中の曲。当時、フランスで広く歌われていたノエル(クリスマスの歌)が、ミサ曲として仕立てられて ... » more

永遠のサイクルを続ける 太古の非文明化時代には宗教は、大自然の動きを儀式の基本にしていました。彼らは移りゆく大自然のドラマと、星の動きの中に、神一自分たちを見つめている、目に見えない力の存在を感じとりました。自分たちを支配する法則に畏敬の念を抱き、春を誕生 ... » more

時雨亭往還デクノボー
デクノボー 首相官邸のHPを見ると次のようにある。一億総活躍社会実現、その本丸は人づくり。子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生10 ... » more

ブクステフーデブクステフーデ(独1637−1707)のオルガン作品は、前奏曲やフーガに優れた作品が多い。特に「前奏曲 ト短調149」「フーガ ハ長調174」のこの2曲は、特に印象に残る作品である。前奏曲 ト長調149」は、冒頭、大自 ... » more

きょうは土寺小屋ー きょうは土寺小屋ーインフルエンザで学教閉鎖状態の教室。。。 はじめての梵字で色紙書き。。。立派にできましたー 御弥津はいつもこの時期は焼き餅入りおしるこ〜〜 ... » more
テーマ 宗教

真理の全てを説く宗教はありません 真理の全てを説く宗教はありません。どの宗教も、真理の光のほんの一筋しか見ていません。しかも悲しいことに、その一筋の光さえ長い年月のうちに歪められ、狂信者によって捏造されています。宗教とは、人のために自分を役立てることです。や ... » more

ブクステフーデ(独1637−1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(B ... » more

ブクステフーデ(1637−1707)は,J.S.バッハ以前のドイツにおいて最大の教会音楽の作曲家といわれる人で、バッハに多大な影響を与えている。ブクステフーデのオルガン曲には、プレリュード、トッカータなど沢山あるが、コラールやパッサカ ... » more

フローベルガー(独1616-1667)については、組曲など標題音楽について取り上げたが、その中で「フローベルガーは、ヘルマン・ヘッセの小説「ガラス玉遊戯」の中で、主人公クネヒトが初めて出会う音楽名人のイメージとして取り上げられている。」と書 ... » more

ヨハン・ヤーコブ・フローベルガー(独1616-1667)は、初期バロック時代の鍵盤楽器奏者、作曲家でフレスコバルディの弟子で、イタリアの音楽をドイツに橋渡しをした。ブクステフーデやバッハに先行するドイツの重要な作曲家である。バロック時代の組 ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

12 それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。 13 イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。 14 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を ... » more
テーマ 宗教 説教

 有終の美良天国〜の手紙
天国〜の手紙 天国〜の手紙ひわくれしの誰もが願っている死んだら天国に行きたいみんなが夢見る楽園あこがれの理想郷GO !GO !HeavenGO !GO !Heavenと歌っているけど…あなたが思っているほどこの国は ... » more
テーマ 宗教 天国

ジローラモ・フレスコバルディ(伊1583-1643)は、声楽界におけるモンテヴェルディと並んで、初期バロックの鍵盤楽器の最大の作曲家である。ローマのサン・ピエトロ寺院のオルガニストであり、聖歌に代わる典礼用のオルガン曲などを作曲し、弟子のフ ... » more

ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)は、 ルネッサンス音楽末期のイングリッシュ・マドリガルの作曲家。イングリッシュ・マドリガルは、トーマス・モーリ(Thomas英1557-16029) をはじめジョン・ウイ ... » more

ミヒャエル プレトリウス(独1571-1621)は、ドイツプロテスタントのコラールや賛美歌を編曲をした人として重要な作曲家である。主要な作品は、教会音楽「シオンのミューズたち」と理論書「音楽大全」などである。ドイツでは、10年年上のハス ... » more

論文「詩聖ウシャナスの蘇生の術と『マハーバーラタ』における呪術 」です。出典:『人文研紀要』第66号、中央大学人文科学研究所、2009年。https://drive.google.com/file/d/11jbSSYz8m7S- ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

 

最終更新日: 2018/06/23 09:12

テーマのトップに戻る