誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

ミヒャエル プレトリウス(独1571-1621)は、ドイツプロテスタントのコラールや賛美歌を編曲をした人として重要な作曲家である。主要な作品は、教会音楽「シオンのミューズたち」と理論書「音楽大全」などである。ドイツでは、10年年上のハス ... » more

波動の量と色バリエーションで運が決まる。 人間が他の動物よりも良い生活が出来る理由は何だと思いますか?動物達は、日々エサにありつくことしか頭に無いのに、人間は、日々のエサの心配から解放され、飛行機に乗ったり、高層ビルを建てたり、リゾート地で優雅に遊んだりしています。 ... » more
テーマ 宗教 魔術 波動と引き寄せ  コメント(9)

時雨亭往還仏教伝来の地
仏教伝来の地 桜井市内の大和川の河川敷に「佛教傳来之地」の巨大な石碑がある。近くには欽明帝の磯城嶋金刺宮(しきしまのかなさしのみや)があったとされる場所で、当時、ここは船着場だったらしい。欽明ならば仏教伝来は西暦552年のはずで、 ... » more
テーマ 宗教 奈良 日本史

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は多くの優れたマドリガーレを残している。ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の楽長を努め宗教曲を作曲する傍ら、いわばオフタイムにマドリガーレを作曲。ジェズアルドとともに代表的なマドリガーレ作者である。モン ... » more

全ての人の人生には意味がある? 今、座間市殺人事件が世間を騒がせています。この事件の被害者たちはほとんどが自殺志願者の女性で、ネットで知り合った犯人宅へ行き殺されたそうです。猟奇的な犯罪が大きな問題なのですが、自殺志願者が多数いることも問題です。では、人はなぜ ... » more
テーマ 宗教

夏が近づいている怨憎会苦
仏教の言葉で「怨憎会苦」という言葉がある。この言葉は高校生の時、社会科の教育実習に来ていた、仏教哲学専攻の大学生の先生に、「会いたくない人に会う苦しみ」という意味だと教わった記憶がある。せっかく入った学校で、職場で、このような思いをして ... » more
テーマ 宗教 人生 社会

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と器 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。 彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美 ... » more

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するドイ ... » more

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという ... » more

在日朝鮮人が運営している企業を前に挙げたが、創価学会が関係すると言われる企業を今度は挙げることとする。当然利益の行方は、企業→創価学会→在日朝鮮人→朝鮮総連→北朝鮮→核・ミサイル開発となる可能性はもちろんある。 ... » more
テーマ 宗教 北朝鮮 企業

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマを訪れたモ ... » more

先週の日曜日に大洗ベツレヘム教会の設立18周年が祝われました。大洗ベツレヘム教会は、サンビーチに近い魚の網の倉庫を借りていましたが、津波の被害に遭い、高台移転を願っていました。今年の5月に突如、家主の水産加工会社さんより、社員アパートに改造 ... » more
テーマ 宗教 説教

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、M.プレ ... » more

静慈圓先生を囲む会 前高野山霊宝館館長で来年は弘法大師の名代として法印となられる静慈圓先生の祝賀会「静慈圓先生を囲む会」に出席しました。静先生は書家であるとともに空海研究家で、中国に弘法大師の足跡をたどる「空海ロード」を完成され、中国では国賓として招かれる重鎮 ... » more
テーマ 宗教

伊那修太のブログリミッター
リミッター 10月25日(水)今日は冷たい雨が降っていて、秋を通過していきなり冬になるのか、と思ってしまう。でも、台風22号が発生して、またこの週末に近づいてくるらしい。変な天候だ。NHKの『100分de名著』、アンコールで「歎異抄」を取り上げてい ... » more
テーマ 宗教 釈徹宗 歎異抄

レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、音楽の後進国だったドイツが、ルターの宗教改革とともに新たな歩みを始めた。ルターは<万人司祭>の理 ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれなき受難」を受け、神に抗議する内容である。「なぜ、私の不当さを ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリア(フェリペ二 ... » more

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者としても素晴らしい。コンソート・ソングというのは、ヴィオールの合奏(コンソート)の伴奏を持つ独唱、または2重唱の歌曲であるが、「清らかな英国半島Fair ... » more

コヴェントリ・キャロルとは、16世紀の英国のコヴェントリで歌われてきたクリスマスキャロルで、「ラリルラ、小さき子よ(July,july thou little tiny child)」は作者不明、「ララバイ(子守唄)」は、ウィリアム・バード ... » more

ロバートホワイト(英1538-1574)は、トーマス・タリス(英1505-1585)より少し後の作曲家で、ヘンリ8世からエリザベス1世に変わる、丁度、宗教改革によってカトリックからプロテスタントのスタイルへの変更を余儀なくされた時代の人であ ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)のレクイエムも素晴らしい。ラッススのポリフォニーには、ナチュラルな美しさがある。湧き出る泉の音をいつまでも聞いているような魅力がある。「レクイエム(5声)」は、グレゴリオ聖歌の「レクイエム」と ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。「音楽は神の贈り物」は6声部のモテトゥスであるが、ポリフォニーに深みがあり、調和のとれた美しい曲で、題名にふさわしい ... » more

ご相談 90、…夫が浮気改心したが不安…30歳代主婦。結婚10年目の30歳代主婦。子どもが2人います。夫の浮気が発覚しました。もう駄目だと思いましたが、夫が「改心する」と約束したので、離婚は踏みとどまりました。しかし、数か月後、 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

パレストリーナ(伊1525-1594)の代表的なモテット。詩篇42、詩篇137に基づくものであるが、バビロンの捕囚など、イスラエルが破壊され、旧約の神に見放されてしまう絶望の時期の詩である。敵を倒す神はもはやいない、ひたすら苦しみをとも ... » more

 

最終更新日: 2018/02/24 16:58

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る