誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

電子記録文書 森 芳樹イスラム教
イスラム教 池上彰のよくわかる世界の宗教 イスラム教丸善出版池上 彰ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 宗教 イスラム国家 イスラム教

フランソワクープラン(仏1668-1733)は、ラモー(仏1683-1764)とともに、フランスクラブサン学派の巨匠の一人。クープランの作品の標題に伴う情景描写が極めて印象的である。たとえば「恋する夜うぐいす」「神秘な障壁」「修道女モニ ... » more

パストラーレ(キリスト降誕の夜、牧童が笛を吹いたという聖書に基づき田園情緒を描こうとする)については、コレッリで紹介したが、ドイツの作曲家ヨハン・クリストフ・ペーツ(独Johann Christoph Pez 1664-1716)のパストラ ... » more

ジュゼッペ・ヤッキーニ(Giuseppe Maria Jacchini伊1663-1727)は、チェロの黎明期のチェロ奏者で作曲家、ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)に師事したといわれる。いくつかのチェロソナタが素朴で、哀愁を帯び ... » more

ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)は、バロック時代の作曲家でチェリスト。「チェロのドミニカ」といわれていたようで、チェロの作品が面白い。なかでも「ソナタト短調」「ソナタイ長調」が印象に残る。ト短調は、のびやかで語りかけるよ ... » more

パーセル(英1659-1695)は、バロック時代の英国の大作曲家で、彼の「ファンタジア」には不思議な魅力がある。ファンタジアというのは、声楽曲で培われたポリフォニー技法を器楽曲に転用したもので、器楽曲が独自の道を始めた時の音楽である。テキス ... » more

ヘンリー・パーセル(英1659-1695)は、彼にはいくつかの優れたハープシコードの作品がある。ちょっとしゃれた感じの「組曲6番」、哀愁を感じさせる「グラウンド」そしてブリテンの「青少年管弦楽入門」の主題にになっている「ラウンド0」など ... » more

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。マラン・マレについて書かれた小説に、パスカル・キニャールという人の「めぐり逢う朝」がある。マレの師コロンブとの共感、 ... » more

9 イエスはそこをたち、通りがかりに、マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。彼は立ち上がってイエスに従った。 10 イエスがその家で食事をしておられたときのことである。徴税人や罪人も大勢やって来て ... » more
テーマ 宗教 説教

エンタメの泉2芸能人と宗教
斉藤由貴の不倫疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、斉藤の信仰する“モルモン教”が話題となっている。なぜなら、モルモン教は厳しい戒律で知られ、不倫は特に厳禁とされているからだ。斉藤は事務所を通じて不倫疑惑を否定しているが、過去にも何かしらの ... » more
テーマ 宗教 モルモン教 芸能人

パッヘルベル(独1653-1706)については、ブクステフーデとともにバッハに影響を与えたといわれるように、オルガン作品集に数々の傑作がある。アポロの6弦琴、プレリュードニ短調、シャコンヌへ短調、ニ短調、リチュルカーレハ短調、さらにル ... » more

やばいのブーメランエホバの訪問
エホバの訪問 夕方あたり……家でゴロゴロしていたらピンポーン土曜のこんな時間に来客とは珍しいな。「この度の連休で大会がございまして」自分が何者かすら名乗らずに大会の宣伝とは非常識な……名乗ると出てこないこと ... » more

ヨハン・パッヘルベル(独1653-1706)は、「カノンとジーグ」で有名であるが、バッハの父アンブロジウスと交流のあったオルガニストで、ブクステフーデなどともにバッハに影響を残した人である。彼は、オルガン曲だけでなく、器楽アンサンブルの ... » more

ドイツのプロテスタントのオルガン音楽において、バッハの先輩たちにブクステフーデやパッヘルベルなどがいるが、その当時の一人、ゲオルクムファット(Georg Muffat独1653-1704)は南ドイツオーストリアのカトリック系オルガン音楽を代 ... » more

5 さて、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近づいて来て懇願し、 6 「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます」と言った。 7 そこでイエスは、「わたしが行って、いやしてあげよう」と言われた。 8 する ... » more
テーマ 宗教 説教

ご相談 86、…別居の夫どう接する…30歳代女性。6歳の子どもがいます。現在、夫は家を出て、職場の2階を借りて住んでいます。週に1、2回、子どもの顔を見に帰ってきて夕食を食べ、子どもが寝ると出て行きます。子どもの前では私を無視し ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(チュコ1644-1704)は、17世紀屈指のヴァイオリンのヴィルトゥオーソ・作曲家」といわれる。ザルツブルグの宮廷礼拝堂楽長を務めていたこともあり、「教会あるいは宮廷用ソナタ」「ロザリオのソナタ ... » more

マルカントワーヌ・シャルパンティエ(仏1643-1704)は、バッハより少し前のフランスの作曲家で、この「真夜中のミサ」は、クリスマス前夜の真夜中の曲。当時、フランスで広く歌われていたノエル(クリスマスの歌)が、ミサ曲として仕立てられて ... » more

ブクステフーデブクステフーデ(独1637−1707)のオルガン作品は、前奏曲やフーガに優れた作品が多い。特に「前奏曲 ト短調149」「フーガ ハ長調174」のこの2曲は、特に印象に残る作品である。前奏曲 ト長調149」は、冒頭、大自 ... » more

ブクステフーデ(独1637−1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(B ... » more

BlueBloomBlogうるわしきおとこ
「一度でも人を殺せばあと戻りは出来ないんだその烙印からは一生逃げられないんだあとには戻れない帰ってママに言うんだぞもう心配ないって」これは、1953年に公開された「シェーン」という映画の中で強欲な牧場主に苦しめられている ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG アスリート  コメント(7)

ブクステフーデ(1637−1707)は,J.S.バッハ以前のドイツにおいて最大の教会音楽の作曲家といわれる人で、バッハに多大な影響を与えている。ブクステフーデのオルガン曲には、プレリュード、トッカータなど沢山あるが、コラールやパッサカ ... » more

宗教とは崇拝することではありません 他人のためになることをする、これが一番大切です。私たち霊の意見は単純明快です。宗教には “古い” というだけで引き継がれてきたものが多すぎます。その大半が、宗教の本質とは何の関係もありません。私にとって宗教とは崇拝することで ... » more

預言者のコラム仏教の経典紹介 
仏教の経典紹介  仏教の経典はいかに解読するべきものか。実は私はその一部は解読しました。ただ読んで注釈を付けられるという意味ではありません。スピリチュアルな観点から裏読み出来るということなのです。しかし当初は、適切な文書はないものかと摸索 ... » more

フローベルガー(独1616-1667)については、組曲など標題音楽について取り上げたが、その中で「フローベルガーは、ヘルマン・ヘッセの小説「ガラス玉遊戯」の中で、主人公クネヒトが初めて出会う音楽名人のイメージとして取り上げられている。」と書 ... » more

キリストは神ではありません キリストと同じスピリット、同じ存在が今なお地上に働きかけているのです。死後さらに開発された霊力を駆使して、愛する人類のために働いているのです。キリストは神ではありません。全生命を創造し、人類に神性を与えた宇宙の神そのものではあり ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

ジローラモ・フレスコバルディ(伊1583-1643)は、声楽界におけるモンテヴェルディと並んで、初期バロックの鍵盤楽器の最大の作曲家である。ローマのサン・ピエトロ寺院のオルガニストであり、聖歌に代わる典礼用のオルガン曲などを作曲し、弟子のフ ... » more

 

最終更新日: 2017/12/13 09:11

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る