誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

12 兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。 13 つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、 14 主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が ... » more
テーマ 宗教 説教

1 わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。 2 わたしたちは、天から与えられる住みかを上に着たいと切に願って、この ... » more
テーマ 宗教 説教

デュファイ(フランドル1400-1474)の「パドヴァの聖アントニウスのためのミサ曲」は、長い間、デュファイの作品かどうか真偽が問題になっていたようである。ともあれ、この素朴とも言うべきこのミサ曲は、心がほぐれてくる。マーラーの声楽 ... » more

デュファイ☆イムヌス(賛歌)「Conditor alme siderum(造り主なる主)」 この曲は、グレゴリオ聖歌「Conditor alme siderum(造り主なる主)」を、デュファイ(フランドル1400-1474)が、3 ... » more

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Helas m ... » more

グレゴリオ聖歌「サルヴェ・レジーナSalve,Regina」の歌詞に新しく言葉を加え、ダンスタブルがモテトゥスとして作曲したもの。グレゴリオ聖歌の旋律にこだわらず自由に作った3声の曲。優しく淡々と歌われてゆく。美しい曲だ。デ・プレに ... » more

物的財産は一時的な所有物 あなたは、あなたとの縁を通じて援助の手を差しのべる機会が与えられます。その時にあなたなりの最善を尽くせばよいのです。地上世界には、為さねばならないことが山ほどあります。物的財産は一時的な所有物に過ぎません。所有物と言っても真 ... » more

ダンスタブル モテトゥス「聖霊よ、来たりたまえVeni Sancte Spiritus/創り主なる聖霊よ、来たりたまえVeni creator Spritus」ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最大の ... » more

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期であるゴ ... » more

「2015年11月20日のブログ」に書きましたが、昭和44年に結婚した時、家内のお母さんから勧められて「霊友会」に入会しました。昨年と一昨年と2年続けて家内と一緒に参加しましたが、今年は家内は所用があり参加できませんでした。9月24日(土) ... » more

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

神〜私がこれらの大統領、総理大臣を立てたのではない ホセア書  旧約聖書12小預言書ホセア書8章「彼らは王を立てたが、私から出たのではない。彼らは将軍を立てが、私はこれを知らない」(…世から権力者が誕生するが、それは神の意志によるものではないという意味)「私は万の律法を書き記 ... » more
テーマ 宗教 聖書 社会

2016年度 第3回秩父巡礼の旅 弐 翌日の天気も前日と全く同じ、雨でした。しかも歩きにくい靴で歩いた上に新しい履き慣れていない靴を買ったため、予定を変更して長距離は避けて、26番から29番までにしました。29番から30番までは7キロもあり、万全ではない状態ではいかがなもの ... » more
テーマ 宗教

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。音楽史上奇跡に近いといわれている。民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマリア賛歌の曲な ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

2016年度 第3回秩父巡礼の旅 壱 秩父巡礼は今年で3年目になります。初年度は1番から5番まで。去年は6番から16番まで。今年は17番から30番までを予定しました。スケジュールの都合で宿泊は1日だけ。22日の4時に家を出て、一旦柏のホテルに滞在するロシ ... » more
テーマ 宗教

スラヴ典礼はビザンツ典礼の流れをくむギリシャ正教の典礼である(スラヴ諸国において独自の民族的色彩のもとに発展したビザンツ=スラヴ典礼)。楽器を使用しない、独特の旋律をつなぎ合わせた旋法という特徴がある。大地の香りというか、海岸に打ち ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。プロテスタントのコラールのように繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。(グレゴリオなど聖歌) ◆サルヴェ・レジーナSalve ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ご相談 71、… 不倫再燃40代幸せはどこ…40歳代の会社員女性。 10年ほど前、大好きだった彼と断腸の思いで別れました。彼は既婚者でした。 その後、私は別の男性と結婚。しかし一昨年、父が病気になり、さらに私の離婚問題が持ち上が ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージ(伊1710-1736後期バロックのオペラ作曲家)は、バッハより25年後の世代だが、26歳の若さで亡くなっているため、彼より早く世を去っている。「スタ-バト・マーテル(悲しみの聖母)」は、グレゴリオ聖歌 ... » more

バルダッサーレ・ガルッピ(伊1706-1785)は、後期バロック期のオペラの作曲家であるが、大変魅力的なチェンバロのソナタを残している。チェンバロ「ソナタ5番ハ長調」は、ミケランジェリのピアノ演奏で有名になったが、曲の鳴りはじめた瞬間か ... » more

人生はドラマか一文字、一文字、この文章を書いている。もうすぐ紙の本は絶滅し、電子書籍だけになると予言する科学者もいる。そうかもしれない、とは思う。十万、二十万と集めた蔵書と共に、私の人生もタイ ... » more
テーマ 宗教 心の指針 大川隆法総裁

ジャン・マリ・ルクレール(仏1694-1764)は、「フランスのコレッリ」と呼ばれている。ラモー(仏1683-1764)と同世代のルイ15世時代のヴェルサイユ学派で、ヴァイオリンをコレッリの高弟に師事している。彼の華麗で繊細な音 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「フーガの技法」は、一つの主題を複数の声部が追いかけるのであるが、そこには反行、縮小、二重、3重、鏡影、カノンなどさまざまなフーガが展開する。やや衒学的で、感覚に訴える要素を犠牲にしても、対位法の技を極限 ... » more

奉仕に勝る宗教はありません 奉仕に勝る宗教はありません。人のために自分を役立てることは尊い行為です。あなたの望み通りの分野で仕事が出来なくても、人のためになると思うことを、その時その時に行えばよろしい。ドアを押してみてすぐに開けば、その道を行けばよろしい。 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

1 【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。】 2 苦難の日に主があなたに答え/ヤコブの神の御名があなたを高く上げ 3 聖所から助けを遣わし/シオンからあなたを支えてくださるように。 4 あなたの供え物をことごとく心に留め/あなたのいけにえを快 ... » more
テーマ 宗教 説教 詩編

バッハ(独1685-1750)の「クラヴィア練習曲集第4部アリアと種々の変奏」は、不眠に悩むロシア大使のために書かれ、伯爵専属のゴルトベルクによって弾かれた逸話を持つ。アリアの優美な旋律の多様な変奏(30変奏)を楽しむことが出来 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入れている ... » more

 

最終更新日: 2017/01/19 08:57

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る