誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

「わが青春はすでに過ぎ去り」は、スヴェーリンク(蘭1562-1621の)多くの変奏曲の中でもっとも有名な作品。ドイツの弟子を通じてもたらされた世俗曲の旋律をもとにした六つの変奏曲。「わたしの若い命は終わってゆく.......私 ... » more

鷲話§今日は二の酉までで 今年は二の酉でおしまいである。計算してみたら、11月6日が酉であるなら11月30日がぎりぎり酉にあたって、三の酉あるのだ。ちなみに2017年がその暦で、しかも来年は酉年という巡り合わせなのである。去年は大國魂神社の三の酉 ... » more
テーマ 宗教 日常

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)の、このオルガン曲「大公の舞踏会」は、イタリアの舞曲旋律に基づく四つの変奏曲で実に楽しい。主題は、エミリオ・デ・ガヴァリエリのアリアの基づくものといわれている。クラヴィオル ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開する ... » more

12 ヤコブよ、わたしはお前たちすべてを集め/イスラエルの残りの者を呼び寄せる。わたしは彼らを羊のように囲いの中に/群れのように、牧場に導いてひとつにする。彼らは人々と共にざわめく。 13 打ち破る者が、彼らに先立って上ると/他の者も打ち破 ... » more

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

独り言インドネシア(^_-)-☆難しい話
(^_-)-☆難しい話 2862また、一か月、この工場を借用延長した。12月14日が期限だ。今度は、その前、10日から3連休があるので、そのあたりが引っ越し予定になる。是非、今度こそ、間に合って欲しい。とにかく、契約した人の間がどんな話になっているのか、伝わってこ ... » more
テーマ 矛盾 宗教 新工場

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマ ... » more

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、M.プレ ... » more

ご相談 75、…80代女性60代嫁と不和…80歳代女性。夫は三十数年前に亡くなり、その後、間もなく結婚した長男夫婦と同居しました。孫はすでに自立しています。私の大きな悩みは、60歳代の嫁と、どうしても打ち解けられないこと。嫁は私 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

レヒナーモテト「もし主の御手から恵みを得るならば」ハスラーモテト「主よいつまで私を」 レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、 ... » more

グレゴリオ聖歌の交唱「アヴェ・マリア」をベースにヴィクトリア(西1548-1611)は4声と二重合唱のための「アヴェ・マリア」を2曲作っている。前者は、グレゴリオの原曲がそのまま生かされた、デ・プレに劣らぬ美しいポリフォーである。後 ... » more

本日の説教個所である聖書の御言葉は、申命記18章15〜22節です。ここでは神の言葉を仲介して民に伝える預言者という職務について記述されています。申命記18章は、最初にレビ人というイスラエル民族の中で、神殿での祭儀などに祭司として従事する ... » more

ヴィクトリアレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」 ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれな ... » more

物欲優先の副産物 聖書にも “地球とそこにあるもの全ては主のものなり” とあります。これは、人間は地上のものは何一つとして所有できない、自分のものに出来ないことを意味します。地上にいる間だけ、リースで所有しているようなものです。永遠に自分のもので ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリア(フェリペ二 ... » more

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

モテット「より良き生活のうちにEmendemus in melius」ほか バードのモテットについては、バードのアンセムやモテットについては、「Sing joyfully unto God 」「turn our captivity ... » more

ひどい司会と高度な講演  国連大学にて 2016年11月9日(火)午後6時から、東京・青山の国連大学エリザベス・ローズ国際会議場開催の、日本の国連加盟60周年記念特別イベントハマーショルドの俳句と写真に、鎌倉佐弓と行く。講演者の元駐日スウェーデン大使で、スウェ ... » more
テーマ 俳句 宗教

「アヴェ ヴェルム コルプス(めでたしまことのおんからだ)」といえば、モーツアルトの曲が合唱などで必ず歌われ有名であるが、バード(英1543-1623)の曲もすばらしい。アヴェ ヴェルム コルプス(めでたしまことのおんからだ)という ... » more

(^_-)-☆注目ニュース 2853イスラムを侮辱したと、ジャカルタ州知事のアホックさんを、裁判に掛けろ、刑務所に送れと、騒いでいる。4日にそのデモが、ジャカルタ中心部を主にあった、概ね、安全な行動だったし、ゴミ拾いがニュースになるほどだった。ところが、夜になって、イ ... » more
テーマ 宗教 アガマ AGAMA

W.バードアンセム「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfully unto God 」 「捕われ人を連れ帰ってくださいturn our captivity」 「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfull ... » more

レンコン(蓮根)は今が旬、レイコン(霊魂)はずっと時期外れ そこそこ生きてきて、思ったこと。結局、超常現象、怪奇現象である「UFO、超能力、心霊」とかは、とうとう証明されることはなかった。完全否定はできないが、あるとも断定できない。見える人には見え、感じる人には感じる、というのでは個人的なも ... » more
テーマ 宗教 季節

成田山新勝寺断食参篭 所感 最後に所感など断食参篭中は体力消耗することは避ける傾向にあった。更に今回は草履の破損を恐れてあまり出歩かなかったのも理由の一つ。その為通常よりも歩かなかったかも知れない。正式を重んじるなら白足袋に草履だが、広い境内をくまなく ... » more
テーマ 宗教 日常

W.バード「コンソートソング(清らかな英国半島Fair Britain isle)(キリストは蘇りChrist rising again)」 W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者とし ... » more

不動庵 碧眼録成田山新勝寺最終日
成田山新勝寺最終日 道場に掲げてあった額5時起床、最終日ながらよく眠れた。ただ布団が硬いので節々が痛い。いつも通り水の報告と御護摩参加。御護摩の帰りに貫首様のご一行に遭遇。知らなかったのですが、貫首様は道場の裏手辺りにお住まいの様子。知 ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録成田山新勝寺三日目
成田山新勝寺三日目 22時過ぎに一度起きたときはまだ胃が痛かったのだが、3時過ぎに目覚めたときはそれもなく。水摂取報告と御護摩を済ませる。今日は輪袈裟を炙っていただいた。それにしても6時という早朝から地元の信者さんたちが30-40人以上も集まる事に驚き ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録成田山新勝寺二日目
成田山新勝寺二日目 思いの外よく寝られましたが、やはり定期的に水を飲まないと胃が痛い。空腹感ではありません。胃液の関係でしょうか。寝始めは寒かったのですが朝は意外に寒くなく。5時起床、25分に水分摂取を報告、6時に本堂。初日は数珠を護摩で炙ってもらいました。 ... » more
テーマ 宗教 日常

 

最終更新日: 2017/02/24 09:15

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る