誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ブクステフーデ(独1637−1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(B ... » more

BlueBloomBlogうるわしきおとこ
「一度でも人を殺せばあと戻りは出来ないんだその烙印からは一生逃げられないんだあとには戻れない帰ってママに言うんだぞもう心配ないって」これは、1953年に公開された「シェーン」という映画の中で強欲な牧場主に苦しめられている ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG アスリート  コメント(7)

ブクステフーデ(1637−1707)は,J.S.バッハ以前のドイツにおいて最大の教会音楽の作曲家といわれる人で、バッハに多大な影響を与えている。ブクステフーデのオルガン曲には、プレリュード、トッカータなど沢山あるが、コラールやパッサカ ... » more

宗教とは崇拝することではありません 他人のためになることをする、これが一番大切です。私たち霊の意見は単純明快です。宗教には “古い” というだけで引き継がれてきたものが多すぎます。その大半が、宗教の本質とは何の関係もありません。私にとって宗教とは崇拝することで ... » more

預言者のコラム仏教の経典紹介 
仏教の経典紹介  仏教の経典はいかに解読するべきものか。実は私はその一部は解読しました。ただ読んで注釈を付けられるという意味ではありません。スピリチュアルな観点から裏読み出来るということなのです。しかし当初は、適切な文書はないものかと摸索 ... » more

フローベルガー(独1616-1667)については、組曲など標題音楽について取り上げたが、その中で「フローベルガーは、ヘルマン・ヘッセの小説「ガラス玉遊戯」の中で、主人公クネヒトが初めて出会う音楽名人のイメージとして取り上げられている。」と書 ... » more

キリストは神ではありません キリストと同じスピリット、同じ存在が今なお地上に働きかけているのです。死後さらに開発された霊力を駆使して、愛する人類のために働いているのです。キリストは神ではありません。全生命を創造し、人類に神性を与えた宇宙の神そのものではあり ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

ジローラモ・フレスコバルディ(伊1583-1643)は、声楽界におけるモンテヴェルディと並んで、初期バロックの鍵盤楽器の最大の作曲家である。ローマのサン・ピエトロ寺院のオルガニストであり、聖歌に代わる典礼用のオルガン曲などを作曲し、弟子のフ ... » more

ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)は、 ルネッサンス音楽末期のイングリッシュ・マドリガルの作曲家。イングリッシュ・マドリガルは、トーマス・モーリ(Thomas英1557-16029) をはじめジョン・ウイ ... » more

ミヒャエル プレトリウス(独1571-1621)は、ドイツプロテスタントのコラールや賛美歌を編曲をした人として重要な作曲家である。主要な作品は、教会音楽「シオンのミューズたち」と理論書「音楽大全」などである。ドイツでは、10年年上のハス ... » more

15 「偽預言者を警戒しなさい。彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。 16 あなたがたは、その実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。 17 すべて良い木は良い実を ... » more
テーマ 宗教 説教

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は多くの優れたマドリガーレを残している。ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の楽長を努め宗教曲を作曲する傍ら、いわばオフタイムにマドリガーレを作曲。ジェズアルドとともに代表的なマドリガーレ作者である。モン ... » more

前回の続きで、『マハーバーラタ』を題材にしたインド映画についての発表報告です。2『Arjun: The Warrior Prince』と現代映画における神話の位置づけ――『マハーバーラタ』の英雄像の<変遷>『Ar ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と器 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。 彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美 ... » more

取り返しのつかない過ちはありません 過ちも失敗も、あなたが不完全であることから起こります。しかし、転んでも起き上がることが出来ます。取り返しのつかない過ちはありません。新しい希望と新しい可能性を秘めた、新しい一日、新しい夜明けが必ず訪れます。うちの宗教を信じれ ... » more

ン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が涙) ... » more

2017年7月16日Tテモテ2章1〜8節「祈り」1 そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。 2 王たちやすべての高官のためにもささげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏 ... » more
テーマ 宗教 説教

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するドイ ... » more

次に在日朝鮮人が日本人に対して行ったことは、朝鮮宗教によるものがある。これは60.のAにあたる。朝鮮宗教として、主に以下の3つがある。1.統一教会2.オウム真理教3.創価学会1.統一教会在 ... » more
テーマ 宗教 北朝鮮 洗脳

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという ... » more

ご相談 85、…選んだ夫「外れくじ」…1歳の娘がいる20歳代主婦。結婚前にイベントの司会の仕事をしており、男性から交際を申し込まれることもよくありました。結婚を焦っていたので、その中から一番優しいと感じた人を選び、結婚しました。ただ ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

『マハーバーラタ』を題材とした現代映画について研究するよう依頼をいただきました。その成果の一部として、下記のような発表をしましたので、レジュメを掲載いたします。全二回の第一回目です。「現代インド映画における『マハーバ ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

預言者のコラム言の葉89 恐れ
言の葉89 恐れ 「おそれ」には二種類あります。1つは「恐れ」で、ジェットコースターやバンジージャンプを怖がること。怖い人、おやじ、教師、ヤクザなどを怖がること。歯医者、試験、人に話しかけることを恐れること。自分の将来を悲観すること。 ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

教会が空しい死物と化してしまった 程度はどうあれ、神の使徒として働ける私たちは光栄この上ないことです。これはキリスト教の教会には望めないことです。心の奥ではもう信じていない、古い教えを決まり文句として口にするだけです。とっくの昔に意味を失ってしまった、紋切り型の ... » more

 

最終更新日: 2017/10/22 09:17

楽天市場のおすすめ商品

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る