誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音のための ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、滑り ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入れて ... » more

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フーガ》 ... » more

44 「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。 45 また、天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。 46 高価 ... » more
テーマ 宗教 説教

先日行われた比較神話研究会で発表しました。レジュメを公開いたしますので、ご意見などよろしくお願いいたします。筑波大学比較宗教学研究会(比較神話学研究組織)文化英雄その他猿神ハヌーマット、サルタヒコ、孫悟空沖田 ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

24の調による「プレリュードとフーガ」の第2集。第1集に比べ音楽性が豊か。全体的にプレリュードが美しい。優雅さ、快適さ、甘美さなど次々繰り広げられる多彩な曲想に、飽きることはない。なかでも、印象に残る曲は、第4曲嬰ハ短調BWV873、第6曲 ... » more

24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV846,この曲を基にグノーが「アヴェ・マリア」のメロディ ... » more

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、第3 ... » more

バッハ(独1685-1750)の組曲は、このフランス組曲に先立ち「イギリス組曲」がある。「イギリス組曲」は、各曲の冒頭に自由なプレリュードがおかれているが、フランス組曲は、それはなく、舞曲リズムのアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを ... » more

敏子さんが旅立ちました 8月16日に退院した敏子は次の日から普通常食をむせることなく食べ、薬のコントロールもうまくいき、21日(月)のデイサービスも22日(火)のリハビリも普通にこなせるようになっていました。家に帰れたことの喜びが薬になったのでしょう。 23日( ... » more
テーマ 宗教

オルガンコラール「深き淵より我汝をよばわる」→詩篇130の基づくマルティン・ルターの作詞作曲。同名のカンタータ第38がある。詩篇130は罪の深い絶望から神の赦しを乞うという内容。コラールの単旋律をもとに、深い淵からの重い叫びが響 ... » more

24 主よ、御業はいかにおびただしいことか。あなたはすべてを知恵によって成し遂げられた。地はお造りになったものに満ちている。 25 同じように、海も大きく豊かで/その中を動きまわる大小の生き物は数知れない。 26 舟がそこを行き交い/お造り ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

24 イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。 25 人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて行った。 26 芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。 27 僕たちが ... » more
テーマ 宗教 説教

ご相談 88、…頼りない父嘆く母…大学に通う19歳女性。50歳代の母は、頼りない父のことで愚痴ばかりこぼします。父は3人兄弟の長男。祖父がおこした会社で30年以上働いていますが、何の地位もありません。社長を継いだのは次男である叔父で ... » more
テーマ 宗教 人生案内

http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/28116588.html ... » more
テーマ 宗教 政治 社会

バッハ(独1685-1750)のオルガン曲の中で、「パッサカリアとフーガ」は「トッカータとフーガ」に並んで素晴らしい。冒頭の低音主題が大変印象的で、この主題の反復と変奏がグイグイと深くて雄大な世界に我々を引き込んでゆく。 ... » more

四ん葉の練習ノート祭りごと
祭りごと 一週間ほどまえの暑さがウソであったかのように朝夕がすっかりすずしくなった。またすぐにぶり返すかもしれないけど、衣類とか布団にしても厚いものに切りかえておくにこしたことはない。夏の疲れがのこっているとしても体はいくらか軽快にうごく。 ... » more
テーマ 宗教

ブルガリア研究室テロと白人至上主義
前回「国際情勢の俯瞰図」を書いたのが、7月15日で、以来早くも2カ月弱が過ぎてしまった。小生のさぼり癖が深まっている。このブログの参照数も減退の一途で悲しい。本当は小生のブログ記事の過去記事などを参照し、読んでいただきたいのだが、忙しい ... » more

ペダルの迫力がすごい。エネルギーがほとばしる。フーガはそのエネルギーを秘めに秘めてリズムを刻む。だんだん激しくなってゆく。 ... » more

バッハの「クラヴィア練習曲集第3部」の「オルガンミサ曲集」、100小節を越える長大フーガ、主題となっている賛美歌にちなんでマリアの母「聖アン」と呼ばれる。曲は大きく3つに分かれる、トリプルフーガ。神、キリスト、聖霊の三位一体を表していてとも ... » more

我慢してあげるのです 精神が従順で感化されやすく、与えられたものは何でも吸収する幼少時に教えこまれた教義を捨てることは簡単ではありません。それがいつの間にか、潜在意識のタテ糸やヨコ糸になり、その深層部分を作ります。そうなると、自ら間違いに気づいて取り除く ... » more

この曲は、誰でも知っているバッハ(独1685-1750)のオルガン曲の代表作であるが、この曲に触発されてヘルマン・ヘッセが詩を書いている。「バッハのあるトッカータに寄せて」という題がつけられている。「凝固せる太古の沈黙.....支配する ... » more

神の心に近づくような生き方をすること 自分のことをどう呼ぶかは問題ではありません。大切なのは毎日をどう生きるかです。いったい宗教とは何なのでしょう。教会や礼拝堂や寺院に通うことでしょうか。人間の作った教義を受け入れることでしょうか。私はローマカトリック教徒で ... » more

バッハの「幻想曲とフーガ BWV542」「フーガ BWV578]は、大フーガ、小フーガといわれている名曲。大フーガ、小フーガという言い方は、BWVの番号が存在しなかったときの名残りのようである。大フーガのドラマティックで、未踏の空間へグ ... » more

バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。それぞれのメロディの自律 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されているため、 ... » more

バッハのモテットは6曲あるが、いずれも、聖書の聖句や宗教詩、コラールなどのテキストを音楽化したもので、祈りの音楽である。中でも3番「イエスよ、私の喜びよJesu,meine Freude」は、同名のコラールをベースに、それを効果的に生かした ... » more

クラスメートからのいじめが原因で自殺して以来、2年半の間、ずっと暗い世界で一人で泣いていました。残念なことに、自殺した人間はすぐ天国に行けるわけではありません。私も暗い世界で、一人ぼっちで過ごしていました。そんなある日、見たこともないよ ... » more
テーマ 宗教 人生 社会

 

最終更新日: 2017/12/11 09:13

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

「宗教」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

カルト脱出記: エホバの証人元信者が語る25年間の記録 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル カルト脱出記: エホバの証人元信者が語る25年間の記録 (河出文庫)
河出書房新社 佐藤 典雅

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る