誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

フローベルガー(独1616-1667)については、(77)で組曲など標題音楽について取り上げたが、その中で「フローベルガーは、ヘルマン・ヘッセの小説「ガラス玉遊戯」の中で、主人公クネヒトが初めて出会う音楽名人のイメージとして取り上げられてい ... » more

ヨハン・ヤーコブ・フローベルガー(独1616-1667)は、初期バロック時代の鍵盤楽器奏者、作曲家でフレスコバルディの弟子で、イタリアの音楽をドイツに橋渡しをした。ブクステフーデやバッハに先行するドイツの重要な作曲家である。バロック時代 ... » more

エティエンヌ・ムリニエ(仏1600頃-1669以降)は、ルイ13世頃のフランス・バロック音楽における歌曲の作曲家。宗教曲を多く作っているが、必ずしも礼拝用ではなく、私的な演奏会用の作品。「ヴィオールのための4声ファンタジア」は、ヴィ ... » more

不動庵 碧眼録臘八六日目
臘八六日目 臘八示衆第六夜では、日本の臨済宗の祖、栄西が南宋より持ち帰ってきたお茶の由来が書かれていますが、意図するところはその効用の比喩。栄西が宋に留学の折、病で臥せっていたところ、ある老人が熱いお茶を飲ませてくれたそうです。そしてたちまち回 ... » more
テーマ 宗教

ロバート・ラムゼイ(Robert Ramzey 英1590s-1644)は、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)などとともにイングリッシュ・マドリガルの作曲家であるが、神話や聖書を題材とする曲も作っ ... » more

不動庵 碧眼録臘八五日目
臘八五日目 禅は悟りを得るためにする修行とされています。辞書には悟りとは「迷妄を払い去って生死を超えた永遠の真理を会得すること」だそうです。特に禅宗では修行者がずっと苦しい修行をしていてもなかなか悟れずにいたのに、何かのふとしたはずみでぱっ ... » more
テーマ 宗教

ザムエル・シャイト(独1587-1654)は、初期ドイツ・バロック音楽において、シュッツ(独1585-1672)、シャイン(独1586-1630)と並ぶ"3大S”の一人。彼らは、バッハにいたるドイツ・コラール音楽の道を形成した人たちであ ... » more

不動庵 碧眼録臘八四日目
臘八四日目 昨日ブログをアップし損ねてしまった・・・ここ最近は友人の禅僧や師匠からのアドバイスもあって、結跏趺坐を左右両方組み替えて坐るよう心掛けています。普通は右足を左股に乗せる形で、これで2時間ぐらいなら十分維持できるのですが、更に長い ... » more
テーマ 宗教

ヨハン・ヘルマン・シャイン(独1586-1630)は、、バッハにいたるドイツ・コラール音楽の道を形成した一人で「オペラ・ノーヴァ」が代表作である。一方、シャインは、優れた世俗曲を作曲している。イタリアのモンテヴェルディのマドリガーレに ... » more

第二アドベントに入りました。町はクリスマスを迎える電飾やクリスマスセールで、にぎやかです。クリスマスの飾りもなかなかあか抜けていてきれいです。クリスマスソングや讃美歌も流れています。一年で一番、教会が注目される季節です。第二アドベン ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。大バッハ誕生100年前に生まれている。受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領主であった ... » more

不動庵 碧眼録臘八三日目
臘八三日目 それにしても「禅」という漢字はなかなか示唆に富んでいると思うことがあります。「禅」は「示偏(しめすへん)」と「単(たん)」から成っています。「単」は「ひとつ」、英語で言えばsingleを意味します。示偏「礻」は ... » more
テーマ 宗教

寂しいお葬式 今朝早くから葬儀で近くの火葬場へ。あとは祀られることのない「直葬」などにちかい寂しいお葬式でした。 こういうお葬式が増えて来ました。なにかしら考えさせられます。 でも斎場からの眺めは爽やかでした。 この斎場は私が町の教育委員会に在籍し ... » more
テーマ 宗教

フレスコバルディ「フィオーリ・ムジカーリ(音楽の花束)」 ジローラモ・フレスコバルディ(伊1583-1643)は、声楽界におけるモンテヴェルディと並んで、初期バロックの鍵盤楽器の最大の作曲家である。ローマのサン・ピエトロ寺院のオル ... » more

教会や寺院よりも意義ある存在 道に迷ってあなた方のもとを訪ねて来る人々に、安堵、健康、苦痛の緩和、慰め、指導、援助のどれかを授ける霊力の通路となることほど、偉大な仕事はありません。無味乾燥な教義のお説教ばかりで、霊力の一欠片もない、教会、礼拝堂、集会、寺院等よりも遥 ... » more

不動庵 碧眼録臘八二日目
臘八二日目 臘八坐禅会では毎年、臘八示衆なる書物を老師によって提唱されます。かいつまんで言えば坐禅に関する心構えを在家用に述べたものと言えます。臘八大摂心の日にちと同じく7章で構成されていて、毎日1章ずつ読んでいきます。これがなかな ... » more
テーマ 宗教

ご相談 76、…陰で体形をけなした義妹…20歳代主婦。20歳代主婦。夫と2人暮らし。3年前の結婚時、夫の妹が陰で私の体形をばかにしていたそうです。「やせていれば少しはまともなのにね。いくら美人でも、やせていなきゃ意味がない。お兄さん ... » more
テーマ 宗教 人生案内

不動庵 碧眼録臘八初日
臘八初日 師走朔日は禅宗において、特別な日になります。仏教の始祖であるお釈迦様が、大宇宙の真理を得ようと一大決心をして「今、悟りを得られなければ生きてこの座をたたない」と誓い菩提樹の下で坐禅を組んだのがこの12月1日とされています。禅宗の ... » more
テーマ 宗教 日常

ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)は、 ルネッサンス音楽末期のイングリッシュ・マドリガルの作曲家。イングリッシュ・マドリガルは、トーマス・モーリ(Thomas英1557-16029) をはじめジョン・ウイ ... » more

『蘇った』モンブランボールペン 部屋の片付けを時間をたっぷりとりましてしてきました。十数年前に建設会社の代表から外国出張のお土産として貰いましたモンブランのペンがでてきました。ペンのインクが欲しくて文房具屋さんに数年前に聞いたところメーカー ... » more

Ban'yaゼミ生の発表完了
M大学H学部の2016年度の全ゼミ生6人の発表完了。『古事記』を軸にした比較文化のゼミ。これまでになく、高度で面白かった。エビス信仰、中央インドのマンガロールで行われている共食などがとくに印象に残る。Maday Sn ... » more
テーマ 俳句 宗教 大学

1 アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて幻に見たこと。 2 終わりの日に/主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち/どの峰よりも高くそびえる。国々はこぞって大河のようにそこに向かい 3 多くの民が来て言う。「主の山に登り、ヤコブの神の ... » more
テーマ 宗教 説教

1 【ダビデの詩。】主よ、あなたの裁きを望みます。わたしは完全な道を歩いてきました。主に信頼して、よろめいたことはありません。 2 主よ、わたしを調べ、試み/はらわたと心を火をもって試してください。 3 あなたの慈しみはわたしの目の前にあり ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

ミヒャエル プレトリウス(独1571-1621)は、ドイツプロテスタントのコラールや賛美歌を編曲をした人として重要な作曲家である。主要な作品は、教会音楽「シオンのミューズたち」と理論書「音楽大全」などである。ドイツでは、10年年上のハス ... » more

モンテヴェルディ(伊1567-1643)に、宗教的マドリガーレに「悲しみの聖母マリア」「マリアよなぜ泣くのか」といった美しい曲がある。モンテヴェルディは、マドリガーレをポリフォニーから通奏低音つきの独唱歌曲に変化させ、この分野でのバ ... » more

モンテヴェルディ マドリガーレ集:「アリアンナの嘆き」ほか モンテヴェルディ(伊1567-1643)は多くの優れたマドリガーレを残している。ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の楽長を努め宗教曲を作曲する傍ら、いわばオフタイムにマドリ ... » more

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と器 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美し ... » more

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)のオルガン曲は、コラール変奏曲などを取り上げたが、トッカータやファンタジアも彼の重要なジャンルである。エコー・ファンタジアは、鍵盤の対比によるオルガン特有のエコーが響き、 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/24 09:15

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る