誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

1 【指揮者によって。伴奏付き。マスキール。ダビデの詩。 2 ジフ人が来て、サウルに「ダビデがわたしたちのもとに隠れている」と話したとき。】 3 神よ、御名によってわたしを救い/力強い御業によって、わたしを裁いてください。 4 神よ、わたし ... » more
テーマ 宗教 説教 詩編

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音のための ... » more

正統派の宗教というものは何千年もの間、廃れないで受け継がれてきた、人間の大切な遺産である。キリスト教しかり。だからこそ、欧米中心に、今まで長い間、信仰され、重宝され、ありがたがられてきたのである。この歴史をないがしろには ... » more
テーマ 宗教 人生 人間

私は近所のカトリック教会に行った。そこでいたたまれなくなって神父さんと話をした。神父さんは、近頃はここの信者たちも僕の言うことをきかない人が多くなった。何度注意してもまたやる。僕はあるカトリックの学校で義務教育を子供 ... » more
テーマ 宗教 人間

11 婦人たちが行き着かないうちに、数人の番兵は都に帰り、この出来事をすべて祭司長たちに報告した。 12 そこで、祭司長たちは長老たちと集まって相談し、兵士たちに多額の金を与えて、 13 言った。「『弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝てい ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、滑り ... » more

いわゆる“貴乃花騒動”がようやく決着したらしいのが3月末の…………ことだと思われるが、長年大相撲を見ている人間にしてみれば、相撲協会も問題が多いというのは、言うまでもないことではあるが、それ以上に貴乃花に問題があったのは過去 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

その人は大手を振って上の方の立場になって働いている。キリスト教徒の伝道師になっている。また、私のいじめのこの体験は、日本基督教団、改革派、ホーリネス、バプテスト、などのちゃんとしたキリスト教徒の集まりの中で行われたことである。 ... » more
テーマ 宗教 人生 友人

またもやキリスト教徒に裏切られ、キリスト教徒は罪深い人が多い、と思うようになった。私は突然窮地に立たされ、他人を頼った。まず、前から信頼してきたキリスト教徒に手紙を書いて、自分の苦境を語って助言を請うた。しかし、手紙 ... » more
テーマ 宗教 人間

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入れて ... » more

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フーガ ... » more

季語は・・・花祭り花祭り 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀【去年の今日】週話§土曜片々〜お釈迦様の誕生日は〜 ... » more
テーマ 俳句 宗教

24の調による「プレリュードとフーガ」の第2集。第1集に比べ音楽性が豊か。全体的にプレリュードが美しい。優雅さ、快適さ、甘美さなど次々繰り広げられる多彩な曲想に、飽きることはない。なかでも、印象に残る曲は、第4曲嬰ハ短調BWV873、第6曲 ... » more

24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV846,この曲を基にグノーが「アヴェ・マリア」のメロディ ... » more

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、第3 ... » more

バッハ(独1685-1750)の組曲は、このフランス組曲に先立ち「イギリス組曲」がある。「イギリス組曲」は、各曲の冒頭に自由なプレリュードがおかれているが、フランス組曲は、それはなく、舞曲リズムのアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを ... » more

大本教の開祖出口なおのお筆先に登場する、「悪の企みをしている勢力」とは何なのか 1999年7(なな)の月に人類が滅亡するというノストラダムスの預言解釈が70年代と90年代に非常に流行ったのだそうで、70年代や90年代のように戦争が勃発している混沌とした時代にはまるで計画でもされていたかのように預 ... » more
テーマ 宗教

オルガンコラール「深き淵より我汝をよばわる」→詩篇130の基づくマルティン・ルターの作詞作曲。同名のカンタータ第38がある。詩篇130は罪の深い絶望から神の赦しを乞うという内容。コラールの単旋律をもとに、深い淵からの重い叫びが響 ... » more

バッハ(独1685-1750)のオルガン曲の中で、「パッサカリアとフーガ」は「トッカータとフーガ」に並んで素晴らしい。冒頭の低音主題が大変印象的で、この主題の反復と変奏がグイグイと深くて雄大な世界に我々を引き込んでゆく。 ... » more

歴史、文化人類学、考古学、宗教、生活文化史などの研究者が集まって設立された国際文化研究の会による本。民族、地政学などもふまえ様々なものを絡めながら昨今の世界情勢のことをまとめて読めました。いちいち書かないけど、なぜそこで紛争が起きや ... » more
テーマ 宗教 歴史

ペダルの迫力がすごい。エネルギーがほとばしる。フーガはそのエネルギーを秘めに秘めてリズムを刻む。だんだん激しくなってゆく。 ... » more

No.1056 公民教科書読み比べ(3):寛容性と多様性の宗教観 世界では宗教的な対立紛争が絶えないのに、なぜ日本ではいろいろな宗教儀式が共存しているのか?■転送歓迎■ H30.04.01 ■ 50,876 Copies ■ 4,472,730Views■■1.「世界のあいさつ」の ... » more
テーマ 宗教 Common Sense 文化・民族

穏やかな波動が一点から円を描き天上に広がってゆく ... » more

この曲は、誰でも知っているバッハ(独1685-1750)のオルガン曲の代表作であるが、この曲に触発されてヘルマン・ヘッセが詩を書いている。「バッハのあるトッカータに寄せて」という題がつけられている。「凝固せる太古の沈黙.....支配する ... » more

バッハの「幻想曲とフーガ BWV542」「フーガ BWV578]は、大フーガ、小フーガといわれている名曲。大フーガ、小フーガという言い方は、BWVの番号が存在しなかったときの名残りのようである。大フーガのドラマティックで、未踏の空間へグ ... » more

バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。それぞれのメロディの自律 ... » more

西国巡礼の旅、京都方面 西国巡礼の旅少し疲れましたが、ありがたい巡礼でした。合掌18番六角堂頂法寺(京都御池)19番革堂行願寺(京都河原町)20番善峯寺(京都向日町)21番穴太寺(京都亀岡)28番成相寺(京都宮津) 29番松尾寺(京都舞鶴) ・・・・・・・・・ ... » more
テーマ 宗教

ハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されているため、イエ ... » more

バッハのモテットは6曲あるが、いずれも、聖書の聖句や宗教詩、コラールなどのテキストを音楽化したもので、祈りの音楽である。中でも3番「イエスよ、私の喜びよJesu,meine Freude」は、同名のコラールをベースに、それを効果的に生かした ... » more

 

最終更新日: 2018/06/22 09:11

テーマのトップに戻る