誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入れて ... » more

死にたいという気持ちに理由があると思っていたが、理由が無い事がはっきりしている。死にたい。死にたく無い。お父さん。お母さん。神様。そういう言葉でぐるぐるしていたが、そこが、また、辛い。死は罰か。死は罪か。死を超えるものは何か ... » more
テーマ 宗教  コメント(1)

高齢からの創作シャーリくん
シャーリー君は、どうやら外国から来ている人のようだ。直接に話を聞いたわけではないので、国籍は不明。きりっと整った美しい顔の青年だ。体つきは小柄でスリム。いつも柔和な笑顔を絶やさない。大阪から全国へ急ぎのお届け大阪にいる家族の荷物 ... » more
テーマ 宗教 物語 創作

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フーガ ... » more

自動車で走っていると、よく出会うのが、真後ろにピタッとつけて威嚇してくる車。いわゆる通称オカマ、あおり運転というやつだ。そして前方に急に割り込んでくる車。高速道路でインターチェンジやサービスエリアから本線に合流しようとすると、前に入れて ... » more
テーマ 宗教 ホラー 創作

24の調による「プレリュードとフーガ」の第2集。第1集に比べ音楽性が豊か。全体的にプレリュードが美しい。優雅さ、快適さ、甘美さなど次々繰り広げられる多彩な曲想に、飽きることはない。なかでも、印象に残る曲は、第4曲嬰ハ短調BWV873、第6曲 ... » more

願えばかなう。そういうことも毎日のように起きている。例えば、なんとかして約束の時間に着きたいが道が混んでいる。そんなとき、信号の行列をギリギリ最後に通過できる。その先は、さっきまでが嘘のようにスイスイと走る。再び渋滞に出会うと、車線変更 ... » more
テーマ 宗教 ホラー 創作

一緒にいると、とても暖かで優しい気分にしてもらえる。そんな人もいる。神様や仏様を感じられる瞬間がある。それを確かなものだと分析しつつ、さらに学びを重ねる。そこから信じるということの豊かさや幸福を感受できる。どうも、そういうことであるようだ。 ... » more
テーマ 宗教 ホラー 創作

24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV846,この曲を基にグノーが「アヴェ・マリア」のメロデ ... » more

私を特別につけねらうのか、それとも、相手かまわずなのか。なにか気に入らないことがあったり、気分が不機嫌なときに、誰かを虐めたり陥れようとする。そんなエネルギーで強く圧迫してくる存在が確かにいたるところにいる。悪魔とか邪鬼とか呼ばれるもの ... » more
テーマ 宗教 ホラー 創作

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、第3 ... » more

バッハ(独1685-1750)の組曲は、このフランス組曲に先立ち「イギリス組曲」がある。「イギリス組曲」は、各曲の冒頭に自由なプレリュードがおかれているが、フランス組曲は、それはなく、舞曲リズムのアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ ... » more

夜の夢から生まれる物語仏様の守衛さん
仁王様は仏様の家の玄関に立つ守衛さん。口を開いているのが阿形(あぎょう)さん。口を閉じたているのは吽形(うんぎょう)さん。金剛力士ともよばれています。 ... » more
テーマ 宗教 生活 生命

夜の夢から生まれる物語仏様の代理人
仏様には、それはそれは多くの代理人がおられる。仏様の仕事の一部を仏様に代わって行ってくださる。その方々は折に触れて、さりげなく、私の困りごとを助けてくださる。危機に際しては守ってくださる。 ... » more
テーマ 宗教 生活 生命

オルガンコラール「深き淵より我汝をよばわる」→詩篇130の基づくマルティン・ルターの作詞作曲。同名のカンタータ第38がある。詩篇130は罪の深い絶望から神の赦しを乞うという内容。コラールの単旋律をもとに、深い淵からの重い叫びが響 ... » more

「霊友会釈迦殿」に行きました。 「3月22日のブログ」に書きましたが、私は昭和44年に京都府宮津市出身の家内と結婚した時、家内のお母さんから薦められて霊友会に入会しました。実家は「臨済宗南禅寺派」の門徒でしたが、私自身、非常に宗教に興味を持っていたからです。然し、会社勤め ... » more
テーマ 宗教 日記

バッハ(独1685-1750)のオルガン曲の中で、「パッサカリアとフーガ」は「トッカータとフーガ」に並んで素晴らしい。冒頭の低音主題が大変印象的で、この主題の反復と変奏がグイグイと深くて雄大な世界に我々を引き込んでゆく。 ... » more

1 神の子イエス・キリストの福音の初め。 2 預言者イザヤの書にこう書いてある。「見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、/あなたの道を準備させよう。 3 荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。』」そのとお ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

1 【指揮者によって。コラの子の詩。マスキール。】 2 神よ、我らはこの耳で聞いています/先祖が我らに語り伝えたことを/先祖の時代、いにしえの日に/あなたが成し遂げられた御業を。 3 我らの先祖を植え付けるために/御手をもって国々の領土を取 ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

ペダルの迫力がすごい。エネルギーがほとばしる。フーガはそのエネルギーを秘めに秘めてリズムを刻む。だんだん激しくなってゆく。 ... » more

・「追放される戦さ神――印欧神話と日本神話の戦士神の比較」『神話・象徴・文化』楽浪書院、2005年。・「ソーマカ王の一人息子とハイヌヴェレ」『神話・象徴・文化』U、2006年。・「『マハーバーラタ』における戦士の変装 ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

穏やかな波動が一点から円を描き天上に広がってゆく ... » more

この曲は、誰でも知っているバッハ(独1685-1750)のオルガン曲の代表作であるが、この曲に触発されてヘルマン・ヘッセが詩を書いている。「バッハのあるトッカータに寄せて」という題がつけられている。「凝固せる太古の沈黙.....支配する ... » more

バッハの「幻想曲とフーガ BWV542」「フーガ BWV578]は、大フーガ、小フーガといわれている名曲。大フーガ、小フーガという言い方は、BWVの番号が存在しなかったときの名残りのようである。大フーガのドラマティックで、未踏の空間へグ ... » more

真実の宗教は人のために役立つこと 私たち霊の世界、あなた方人間の世界から移住する、霊の住む世界から見ると、真実の宗教は人のために役立つこと、これしかないことが分かります。無私の善行が霊のお金です。つまり、人のために努力する人は、その誠意によって引きつけられる、別の人 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。それぞれのメロディの自律 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されているため、 ... » more
テーマ 宗教 バロック

東日本大震災七回忌  慰霊の旅 慰霊の旅 祈り 心込めて 南無大師遍照金剛 合掌 拝 ... » more
テーマ 宗教

バッハのモテットは6曲あるが、いずれも、聖書の聖句や宗教詩、コラールなどのテキストを音楽化したもので、祈りの音楽である。中でも3番「イエスよ、私の喜びよJesu,meine Freude」は、同名のコラールをベースに、それを効果的に生かした ... » more

 

最終更新日: 2018/02/20 11:37

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る