誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

イエス・キリストの福音とは、イエス・キリストの復活にあります。今日はイエス・キリストの復活を記念するイースター、復活祭と呼ばれる日で、キリスト教会にとって何よりも大切な祭日です。昨日の土曜日、街中を近くの神社の春の例大祭があるということ ... » more
テーマ 宗教 説教

狂信のルーツ その2 祭政一致の方針を掲げた明治政府は「国家神道」神道国教化政策を推し進めました。前回のブログ『狂信のルーツ』では、この「国家神道」を取り上げました。今回は、民間信仰について考えてみます。明治25年、出口ナオを開祖 ... » more

今日から受難週に入ります。来週の日曜日は、いよいよ主イエス・キリストの復活を記念する復活日、イースターです。今日の聖書の箇所は、イエス様がいよいよイスラエルの都、神の都であるエルサレムへ入城したときのことを伝えています。イエス様がエルサレム ... » more
テーマ 宗教 説教

ベツレヘムに生を享けたキリスト教開祖の誕生日は盛大なものだが、インドで生まれた仏教の開祖の誕生日には仏教徒ですら大きな関心を寄せていないということがわかる。我が家近くのスーパーマーケットは店の名称からして仏教と関わりがあ ... » more

「イエスは誰なのか?」ということがごく一部の弟子たちの間には明らかになっていました。ペトロが告白したとおりに、「神の子、キリスト」です。そして、イエス様はご自分がこれから、ファリサイ派の人たちや律法学者たちに捕らえられて、十字架につけられ、 ... » more
テーマ 宗教 説教

ありぎりす の徒然日記狂信のルーツ
私たちが住むこの国、日本では、年末にはキリストの生誕祭、クリスマスを祝い、大晦日にはお寺で除夜の鐘を突き、年が明けたら神社に初詣をする。私は、こういった日本のユルユルの宗教観が大好きです。おかげで ありぎりす ... » more
テーマ 宗教 歴史 政治

歩く ルネッサンスのフランチェスコ・グラナッチが描いた 明るい色のイエスの義父ヨセフ ルネッサンスのフランチェスコ・グラナッチが描いた明るい色のイエスの義父ヨセフサンタ・マリア・ノヴェッラ駅徒歩20分2015年5月6日(木)歩くPiazzale degli Uffizi, 50129 フィレンツェ、イタリアウフ ... » more

ハインリッヒ・シュッツ(独1585-1672)は、17世紀のドイツ音楽を確立した人でドイツ音楽の父と言われている。 大バッハ誕生100年前に生まれている。 受難曲やモテットを多く作曲している。「音楽による葬送」は、シュッツの領 ... » more

ジローラモ・フレスコバルディ(伊1583-1643)は、声楽界におけるモンテヴェルディと並んで、初期バロックの鍵盤楽器の最大の作曲家である。ローマのサン・ピエトロ寺院のオルガニストであり、聖歌に代わる典礼用のオルガン曲などを作曲し、 ... » more

ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)は、 ルネッサンス音楽末期のイングリッシュ・マドリガルの作曲家。イングリッシュ・マドリガルは、トーマス・モーリ(Thomas英1557-16029) をはじめジョン・ウ ... » more

ミヒャエル プレトリウス(独1571-1621)は、ドイツプロテスタントのコラールや賛美歌を編曲をした人として重要な作曲家である。 主要な作品は、教会音楽「シオンのミューズたち」と理論書「音楽大全」などである。ドイツでは、10年年上の ... » more

霊界で後悔している牧師 「神に仕える身であることを認めながら、その本来の責任を果たしていない人がいます。ただ壇上に上がって、意味もない話をしゃべるだけです。しかし、あなたが自らを神の手にゆだね、神の貯蔵庫からインスピレーションを手に入れるために魂の扉を開け ... » more

さて、本日の説教の箇所であるこの山上の変貌の出来事は、歴史的な事実と認めるには根拠が薄弱であるというのがいわゆる科学的学問的定説となっています。不思議なことが起こって、つまり、モーセとエリヤの幻をみて、イエス様の姿が変貌し、「これは私の愛 ... » more
テーマ 宗教 説教

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は多くの優れたマドリガーレを残している。ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の楽長を努め宗教曲を作曲する傍ら、いわばオフタイムにマドリガーレを作曲。ジェズアルドとともに代表的なマドリガーレ作者である。 ... » more

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。 聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と ... » more

キリストが何と言ったかはどうでもよい 一記録に残っていない、口伝えのキリストの教えが本にされようとしていますが、どう思いますか?「キリストの関心は、自分が何と言ったかではありません。地上の全ての人間が、神の法則を実行することです。人間は教義のことで騒ぎ立て、行いをお ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。 彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まこ ... » more

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。 主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するドイ ... » more

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。 妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪 ... » more

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。 ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネ ... » more

教会そのものが障壁になっている 私たち霊はレンガとモルタル、祭壇と尖塔で出来た教会には、何の興味もありません。何の魅力も感じません。建物には関心がないのです。私たちが関心を向けるのは “魂” です。私たちは、神と人類の間にある障壁を取り除こうと努力している ... » more

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマを訪れ ... » more

霊友会「故吉野きん第24支部長の27回忌御法要」に参列しました。 「2月13日のブログ」に書きましたが、私は昭和44年に京都府宮津市出身の家内と結婚した時、家内のお母さんから薦められて霊友会に入会しました。実家は「臨済宗南禅寺派」の門徒でしたが、私自身、非常に宗教に興味を持っていたからです。然し、会社勤め ... » more
テーマ 宗教 日記

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。 聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、 ... » more

レヒナーモテト「もし主の御手から恵みを得るならば」ハスラーモテト「主よいつまで私を」 レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。 義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれなき受難」を受け、神に抗議する内容である。「なぜ、私の不当さ ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。 教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。 「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリ ... » more

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさっ ... » more

 

最終更新日: 2017/06/23 09:13

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る