誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。(93)で鐘の音の連打に曲が展開する「聖ジュヌヴィエーヴ教会の鐘の音」を取り上げたが、このほかにも、組曲があり、特に、第4 ... » more

1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。ヨハネ福音書の冒頭は非常に難解なそして同時になぜか人を引きつけて止まない魅力に満ちた言葉です。この「初めに言があった」ということはどういうことかを巡って様々な議論がなされ ... » more
テーマ 宗教 説教

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を記念する日です。このクリスマスほど、世界中で民族や宗教をも越えてお祝いされているお祭りは数少ないと思います。日本では完全に宗教の枠を超えてお祝いされています。本来的に宗教行事なのですが、無宗教を標榜する ... » more
テーマ 宗教 説教

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。マラン・マレについて書かれた小説に、パスカル・キニャールという人の「めぐり逢う朝」がある。マレの師コロンブとの共 ... » more

コレッリ(伊1653-1713)のラ・フォリアは、ヴァイオリンをやった人ならば弾いてみたことがあるヴァイオリンの古典である。ラ・フォリアという古い舞曲をベースにした変奏曲で3拍子の緩やかな音楽。ヴァイオリンがヴィオールに代わって隆盛 ... » more

ワシリー・ティトフ(露1650-1715)は、ドイツのハインリッヒ・シュッツの影響を受けロシアの教会音楽を変革していった人といわれる。「天使の叫び」は、聖母マリア賛歌で復活祭に歌われるものだが、低音と高音が融合した美しく清らかな ... » more

パッヘルベル(独1653-1706)については、ブクステフーデとともにバッハに影響を与えたといわれるように、オルガン作品集に数々の傑作がある。アポロの6弦琴、プレリュードニ短調、シャコンヌへ短調、ニ短調、リチュルカーレハ短調、さらにルタ ... » more

ヨハン・パッヘルベル(独1653-1706)は、「カノンとジーグ」で有名であるが、バッハの父アンブロジウスと交流のあったオルガニストで、ブクステフーデなどともにバッハに影響を残した人である。彼は、オルガン曲だけでなく、器楽アンサンブ ... » more

ドイツのプロテスタントのオルガン音楽において、バッハの先輩たちにブクステフーデやパッヘルベルなどがいるが、その当時の一人、ゲオルクムファット(Georg Muffat独1653-1704)は南ドイツオーストリアのカトリック系オルガン音楽 ... » more

ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(チュコ1644-1704)は、17世紀屈指のヴァイオリンのヴィルトゥオーソ・作曲家」といわれる。ザルツブルグの宮廷礼拝堂楽長を務めていたこともあり、「教会あるいは宮廷用ソナタ」「ロザリオのソ ... » more

10 主は更にアハズに向かって言われた。 11 「主なるあなたの神に、しるしを求めよ。深く陰府の方に、あるいは高く天の方に。」 12 しかし、アハズは言った。「わたしは求めない。主を試すようなことはしない。」 13 イザヤは言った。「ダビデ ... » more
テーマ 宗教 説教

マルカントワーヌ・シャルパンティエ(仏1643-1704)は、バッハより少し前のフランスの作曲家で、この「真夜中のミサ」は、クリスマス前夜の真夜中の曲。当時、フランスで広く歌われていたノエル(クリスマスの歌)が、ミサ曲として仕立 ... » more

ブクステフーデブクステフーデ(独1637−1707)のオルガン作品は、前奏曲やフーガに優れた作品が多い。特に「前奏曲 ト短調149」「フーガ ハ長調174」のこの2曲は、特に印象に残る作品である。前奏曲 ト長調149」は、冒頭、 ... » more

ご相談 77、…夫の死後、女が関係告白…60歳代主婦。夫は今年、病気で亡くなりました。夫には生前、女がいました。同じ職場の部下です。そのことが分かったのは有志が開いてくれた「しのぶ会」でした。その席で、女は夫と2人で写っている写 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

大切なのは日常生活です 宗教家や信心深い人は霊的に程度が高いという考えが、人間を長い間迷わせてきたようです。実際は必ずしもそうとは言えないのです。ある宗教の熱烈な信者になったからといって、それだけで霊的に向上するわけではありません。大切なのは日常生活で ... » more

1 【賛歌。ダビデの詩。】神の子らよ、主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ 2 御名の栄光を主に帰せよ。聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。 3 主の御声は水の上に響く。栄光の神の雷鳴はとどろく。主は大水の上にいます。 4 主の御声は力をもって響き ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

ブクステフーデ(独1637−1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト ... » more

子供のころの写真と今の気持ち 最近ブログをたくさん書いてませんので、思うように画像を貼付けできず、写真の上下が逆になりました。男親は写真の裏に撮影の年月日を書くことをしてきました。昭和27年の初夏の、実の兄弟5人と母親の画像です。 ... » more

ブクステフーデ(1637−1707)は,J.S.バッハ以前のドイツにおいて最大の教会音楽の作曲家といわれる人で、バッハに多大な影響を与えている。ブクステフーデのオルガン曲には、プレリュード、トッカータなど沢山あるが、コラールやパッサ ... » more

サント・コロンブ(Sainte Colombe)(仏1630〜40-1690頃)は、フランス・バロック音楽の作曲家、ヴィオール奏者。作品の筆写譜以外、どういう人だったかの記録がない。ヴィオール奏法を究めた人として、マラン・マレの師で ... » more

ジャン=バティスト・リュリ(仏1632-1687)は、フランス・バロック時代の栄華を極めた「太陽王」ルイ14世のお気に入りの楽長を務めた作曲家である。バッハの「フランス風序曲」の様式はリュリによるものである。ディヴェルテ ... » more

処女マリアからイエス・キリストは生まれます。「そんなこと、あるわけがない」と、普通の人々は笑います。「私は、処女降誕なんて信じられませんから、キリスト教が信じられないのです。」という方に出会うことは、珍しくありません。私も、そのような方に何 ... » more
テーマ 宗教 説教

ヨハン・カスパール・ケルル(独1627〜1693)はドイツバロック盛期の作曲家。ウイーンの宮廷オルガニスト。ムファットやフローベルガーと同世代で、ともにイタリアに学んだ南部ドイツの音楽家。パッヘルベル、バッハ、ヘンデルにも影響を与えてい ... » more

1兄弟ライオンの誕生ライオンは獲物をとるのに有利なため群れで生活する。雄ライオンは一匹で、複数の雌ライオンとその子ども達でライオンの群れが形成される・・・ある時、アフリカの草原で二匹の雄ライオンが生まれた。母ライオンは狩りが上手で、 ... » more
テーマ 宗教 仏教 日蓮仏法

マティアス・ヴェックマン(独1616-1674)は、シュッツの後継者でオルガニスト、チェンバロ奏者、作曲家。フレスコバルディの弟子でイタリアの音楽をドイツに橋渡しをしたフローベルガー(独1616-1667)と相互啓発をした関係にある。 ... » more

フローベルガー(独1616-1667)については、(77)で組曲など標題音楽について取り上げたが、その中で「フローベルガーは、ヘルマン・ヘッセの小説「ガラス玉遊戯」の中で、主人公クネヒトが初めて出会う音楽名人のイメージとして取り上げられてい ... » more

ヨハン・ヤーコブ・フローベルガー(独1616-1667)は、初期バロック時代の鍵盤楽器奏者、作曲家でフレスコバルディの弟子で、イタリアの音楽をドイツに橋渡しをした。ブクステフーデやバッハに先行するドイツの重要な作曲家である。バロック時代 ... » more

エティエンヌ・ムリニエ(仏1600頃-1669以降)は、ルイ13世頃のフランス・バロック音楽における歌曲の作曲家。宗教曲を多く作っているが、必ずしも礼拝用ではなく、私的な演奏会用の作品。「ヴィオールのための4声ファンタジア」は、ヴィ ... » more

不動庵 碧眼録臘八六日目
臘八六日目 臘八示衆第六夜では、日本の臨済宗の祖、栄西が南宋より持ち帰ってきたお茶の由来が書かれていますが、意図するところはその効用の比喩。栄西が宋に留学の折、病で臥せっていたところ、ある老人が熱いお茶を飲ませてくれたそうです。そしてたちまち回 ... » more
テーマ 宗教

ロバート・ラムゼイ(Robert Ramzey 英1590s-1644)は、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)などとともにイングリッシュ・マドリガルの作曲家であるが、神話や聖書を題材とする曲も作っ ... » more

 

最終更新日: 2017/02/19 23:43

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る