誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

アントニオ・デ・カベソン(西1510-1566 Antonio de Cabezon)は、モラレスなどとともにイベリア半島の大作曲家の一人。フェリペ(カール)2世に仕えた盲目の宮廷音楽家でオルガンの作曲家ある。スペインには古くから ... » more

トーマス・タリス(英1505-1585)は、「エレミア哀歌」で有名であるが「4声のミサ」や数々の「モテット」、「アンセム」「ミサ」が聞き応えある。バード(英1543-1623)とともに、エリザベス1世時代、カトリックから英国国教会のため ... » more

マス・タリス(英1505-1585)の「エレミア哀歌」は、ルネッサンス時代の英国における宗教曲の中でバードのミサ曲(3声、4声、5声)とともに特に美しいものとしてと知られる。「エレミア哀歌」は旧約聖書に出てくる預言者エレミアが、紀元前6 ... » more

クリストバル・デ・モラレス(西1500-1553)は、モテトゥスにおいて素晴らしい曲が多い。すべてに劇的な表現力と抑制の調和が実現されている。なかでも、「より良き生活のうちに」「羊飼いたちよ、語れ」が一層心に滲み込んでくる。「より良 ... » more

クレマン・ジャヌカン(仏1485-1558)はフランスの世俗歌謡シャンソンの作曲家であるが、言葉に鳥や動物の擬音や擬態語を取り入れるとともに、市民の日常生活を描写した歌を作り出していて、その独特でダイナミックな音の世界に圧倒される。 ... » more

ゴンベール(フランドル1495-1560)は、ジョスカン・デ・プレの弟子であり、ジョスカンより不協和音などを積極的に取り入れた複雑なポリフォニを作っている。モテット「ムーサたちよ嘆け」は、ジョスカンの追悼曲で不協和音などの効果がよく現れ ... » more

『自分の国は自分で守れ』―「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け― さてさて、次第に秋から冬へと季節は移り変わろうとしていますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうかそんな中、本日のおすすめはコチラ自分の国は自分で守れ ―「戦後政治」の終わり、「 ... » more
テーマ 宗教 政治

ジャン・レリティエル(仏、伊1480-1552)はジョスカン・デプレの弟子である。彼のモテトゥス「ニグラ・スム」は、パレストリーナが、それをもとにパロディミサ「ニグラ・スム」として作曲していることから、注目されいるのであるが、レリティエ ... » more

W.コーニッシュ(英1465-1523)ルネッサンス初期のヘンリー8世時代の傑出した作曲家。このような美しい曲が、この時代になぜ作られたのかと思われるほど印象深い。特に「ああロビン」は有名で不思議な音がする曲であるが、それに劣らず、 ... » more

伊那修太のブログ歎異抄
歎異抄 10月4日(水)今日は凄く眠い。午前中にいつもの接骨院に行こうとしたが、もの凄い混みようで、諦めた。こんなに混むのは本当に久しぶり。何かあったのかな??と思ってしまったくらい・・・。今週の月曜日からの“100分de名著”は『歎異抄』を取 ... » more
テーマ 宗教 親鸞 歎異抄

アントワーヌ・ブリュメリ(仏1460-1520)は、ジョスカンなどと同世代の作曲家で、北フランス、ジュネーブ、イタリアなどで活躍した人であるが、余り記録もなく良く知られていない。エレミア哀歌は、なにげない音の流れに、秘めた悲しみが漂うよ ... » more

ピエール・ド・ラ・リュ-(フランドル1460-1518)は、オブレヒトなどとともにジョスカン・デ・プレの同時代者。 彼の「レクイエム」は、オケゲムのレクイエムに続く古いポリフォニーのレクイエムである。この曲は、まるで死者を柔らかく包 ... » more

聖職者が一番無知 情けなく思うのは、本来なら霊的なことを最も多く知っていなければならない聖職者が、一番無知であることです。地上の既成宗教の全てが萎縮し、霊的啓示の根源から遠ざかりすぎて、それを最初に受け止めた霊覚者の教えと、その後継者たちに歪められた教義 ... » more

魂のありかとはこういうこと? 敏子さんも一緒 きょう子どもや孫たちが西国三十三所第五番葛井寺に連れて行ってくれました。西国巡礼は敏子さんと半分くらい巡ったところで行けなくなっていたので、子どもたちが声をかけてくれたのです。 お軸にご詠歌を書いていただき、本堂の前に座 ... » more
テーマ 宗教

ヤコブ・オブレヒト(フランドル1450-1505)は、ジョスカン・デ・プレの同時代者で、イザーク、ラ・リューなどとともに活躍。オランダのユトレヒトでオブレヒトが楽長をしていたとき、高名なユマニストのエラスムスが少年聖歌隊員として歌ってい ... » more

9 神から生まれた人は皆、罪を犯しません。神の種がこの人の内にいつもあるからです。この人は神から生まれたので、罪を犯すことができません。 10 神の子たちと悪魔の子たちの区別は明らかです。正しい生活をしない者は皆、神に属していません。自分の ... » more
テーマ 宗教 説教

イザーク((フランドル、1450−1517)は、ジョスカン・デ・プレと並び立つ実力派でである。シャンソンなどのほかに宗教音楽でも「使徒のミサ」や重厚なモテトゥスで聞くものを圧倒する。モテトゥス「至高なる羊飼いよ」などは、重厚な中にも ... » more

キリストは霊的真理の普及に携わっています 今キリストは、二千年前に自ら身をもって示しながら、その信者によって台無しにされた霊的真理の普及に携わっています。その働きによって、二千年前にキリストを通して表現されたのと同じ霊的現象とともに、霊的真理が地上によみがえっています。地上 ... » more

pesokoのブログ私の宗教観 (編集版)
*神とは何か?無生物があり、生物がいる。そして生物以上の存在。この「生物以上の存在」を神と呼ぶ様です。*宗教とは何か?ある特定の未知の部分を、推測する事だと思う(そして、それを反映した行動と生き方)。特定以外の未知もある。昔、地球の形が未知 ... » more
テーマ 宗教

ご相談 89、…義兄弟に暴言絶縁状態…70歳代男性。妻の兄弟との関係で悩んでいます。ことの発端は、妻の弟の嫁からの電話でした。兄弟夫婦一同で1泊旅行に行こうという話でしたが、希望にそわない所に行く話を進めていることに、私が腹を立 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

イザーク((フランドル、1450−1517)は、デ・プレと並び立つ大家である。 「インスブルックよ、さらば」は、インスブルック冬季五輪の閉会式で歌われるなど、今も歌われていて有名であるが、「私は安楽に暮らせない」というシャンソンも、深い ... » more

・デ・プレ(フランドル、1440−1521)のシャンソン「千々の悲しみmille regrets」は、「天正の少年使節」が秀吉の前で演奏トしたとされる曲。当時スペインなどで流行、神聖ローマ帝国の皇帝カール5世が大変好きだったことから「皇 ... » more

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)は、ルネッサンス音楽の最盛期の大作曲家の一人。彼の作品のなかで、とくに美しいといわれる作品。オケゲムの死を悼む曲が、オケゲムを引き継ぐデ・プレによって作られ、このように美しい5声 ... » more

眠話§小平霊園散策雑感 小平霊園で自分たちの“樹林型合葬埋蔵施設”を見た後、30分程だが墓地を散策した。あらかじめ著名人の墓の位置を記した案内図を用意していたのだ。最初、目に立ったのはキリスト教の墓の多さで、考えてみれば教会に墓地はなく、都営霊 ... » more

オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)のレクイエムは、史上最古のポリフォニー・レクイエムといわれるものである。中世のあいだは死者のためのミサは、グレゴリオ聖歌によって演奏されてきたが、デュファイやオ ... » more

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Helas m ... » more

ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最大の作曲家といわれ、大陸とイギリスの和声を融合しルネッサンス音楽誕生をもたらした人と言われている。この曲は、中世音楽の手法である複雑なイソリズム(旋律を反復する一定の繰 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。 一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期であるゴシ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。音楽史上奇跡に近いといわれている。民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマリア賛歌の ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

 

最終更新日: 2017/12/13 09:11

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る