誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。それぞれのメロディの ... » more

バッハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されてい ... » more

バッハのモテットは6曲あるが、いずれも、聖書の聖句や宗教詩、コラールなどのテキストを音楽化したもので、祈りの音楽である。中でも3番「イエスよ、私の喜びよJesu,meine Freude」は、同名のコラールをベースに、それを効果的に生か ... » more

イエスはユダヤ各地で伝道して多くの信者・弟子を得た後、首都エルサレムに入り、やがて十字架にかけられるが、このエルサレム入城を「枝の日曜日」とし、その週の金曜日が受難日、次の日曜日が復活祭となる。第182番 「天の王よ、汝を迎えまつら ... » more

1 【ダビデの詩。マスキール。】いかに幸いなことでしょう/背きを赦され、罪を覆っていただいた者は。 2 いかに幸いなことでしょう/主に咎を数えられず、心に欺きのない人は。 3 わたしは黙し続けて/絶え間ない呻きに骨まで朽ち果てました。 4 ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

18 イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレが、湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。 19 イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言わ ... » more
テーマ 宗教 説教

ほんの少しの「利他」と「祈り」 昔、チベットの麓、中国青海(チンハイ)省西寧(シーニン)のチベット寺院村を訪れた時に撮ったチベット老僧の写真です。私はいつもこの写真から「無私」「無欲」「利他」「祈り」という言葉を思い浮かべていました。 でも自分にできるのは、ほんの少しの ... » more
テーマ 宗教

J.S.バッハ(独1685-1750)のこの曲は、「哀悼行事用」呼ばれる葬送用のカンタータである。リコーダー、ビオラ・ダ・ガンバの柔らかい美しい前奏で始まる。死の人間のジメジメしたやりきれなさが、どこかへ吹っ飛んでしまうような独 ... » more

バッハ(独1685-1750)のバス独唱の名曲として知られる。ルカによる福音書にある、救い主としての幼児イエスに出会い心満たされて死に赴くシメオン老人の物語で、シメオンを「私」として歌います。”私はもう結構。正しい人たちの希望である ... » more

ルターが、グレゴリオ聖歌「過越のいけにえを」Victimae paschali laudesの旋律を改編してコラール「キリストは死の縄目につながれたり」を作り、そのコラールをもとにバッハがカンタータ4番とする。このカンタータ「キリス ... » more

ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージ(伊1710-1736後期バロックのオペラ作曲家)は、バッハより25年後の世代だが、26歳の若さで亡くなっているため、彼より早く世を去っている。「スタ-バト・マーテル(悲しみの聖母)」は、グレゴ ... » more

ご相談 79、…貯金ゼロ贅沢三昧の姑…20歳代主婦。50歳代の姑(しゅうとめ)のことで悩んでいます。姑は海外旅行に出かけたり、ブランドバッグを買ったり、贅沢三昧(ぜいたくざんまい)の生活を送っています。舅(しゅうと)も50歳代。 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

この本は、著者の講演会の速記に手を入れた文章を中心にしていると最終章に書いているように、文章そのものはわかりやすい。ただし、講演会ごとの記録の為か、各章ごとの重複とか、説明不足などを感じる。本の構成は、大きく「序にかえて」「T境界」「U ... » more
テーマ 宗教 中世史  コメント(1)

ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージ(伊1710-1736後期バロックのオペラ作曲家)は、バッハより25年後の世代だが、26歳の若さで亡くなっているため、彼より早く世を去っている。「スタ-バト・マーテル(悲しみの聖母)」は、グレゴ ... » more

バルダッサーレ・ガルッピ(伊1706-1785)は、後期バロック期のオペラの作曲家であるが、大変魅力的なチェンバロのソナタを残している。チェンバロ「ソナタ5番ハ長調」は、ミケランジェリのピアノ演奏で有名になったが、曲の鳴りはじめた瞬間か ... » more

13 そのとき、イエスが、ガリラヤからヨルダン川のヨハネのところへ来られた。彼から洗礼〔バプテスマ〕を受けるためである。 14 ところが、ヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った。「わたしこそ、あなたから洗礼〔バプテスマ〕を受けるべき ... » more
テーマ 宗教 説教

「良い戒名を付けていただいてありがとうございます」 昨年暮れから正月にかけ若い檀家さんが亡くなられました。お寺に連絡が入ると同時に戒名を考えます。その方がどんなように生きてこられたのか、どんな功績があったのか、優しい方だったのか、厳しい方だったのかなど、その人となりを私が知っているなかで考え ... » more
テーマ 宗教

ジャン・マリ・ルクレール(仏1694-1764)は、「フランスのコレッリ」と呼ばれている。ラモー(仏1683-1764)と同世代のルイ15世時代のヴェルサイユ学派で、ヴァイオリンをコレッリの高弟に師事している。彼の華麗で繊細な音楽は ... » more

ヘンデル(英1685-1759)のハープシコードの作品には、魅力的な曲が多い。ヘンデル自身、ドメニコ・スカルラッティとハープシコードの腕試しをした逸話があるほどの名手である。「調子のよい鍛冶屋(組曲第5番)」は、もっとも有名であ ... » more

ヘンデル(英1685-1759)の作品のなかで、「リコーダソナタ」は、多くの人に愛されている。リコーダを吹くアマチュアにもプロにも。曲が明るく、気持ちを平和な調和の世界に整えてゆく。とにかく旋律に無理がなく単純で質素なのであるが、内 ... » more

詩篇110番「主はいわれたDixit Dominus」は、ダビデの詩による賛歌であり、マタイ福音書でイエスがこの言葉を語っている。「主はいわれた。”私の右の座に着きなさい。わたしがあなたの敵をあなたの足元に屈服させるときまで”と」。 ... » more

ドメニコ・スカルラッティ(伊1685-1757)は、ヘンデルとチェンバロの腕試しをした逸話がある名手であり、「555のソナタ」を残している。バッハ、ヘンデルと同じ年の生まれである。彼のソナタは、フラメンコの踊りやギターの音楽を思わせ ... » more

1生命の奥底―人間の潜在意識―古代インドの学僧・無著(むじゃく)、天親(てんじん)は釈迦の大乗経典を解釈して潜在意識を掘り下げ、「唯識論」の仏教哲学を展開している。そこでは、人間の意識・潜在意識を8種類に分類している。まず、感覚的意 ... » more
テーマ 宗教 日蓮仏法 究極の実在

ジャン・フィリップ・ラモー(仏1683-1764)は、ジャン・ジャック・ルソー時代のオルガニスト、作曲家、音楽理論家でもある。「クラブサン集」には、「第1」、「第2」、「新」と3集あるが、いずれのどの曲も聴く人を退屈させない。舞曲がベー ... » more

yukusu40黙示録3章9節
黙示録3章9節 ... » more
テーマ 宗教

真実の宗教は人のために役立つこと 霊界から見ると、真実の宗教は人のために役立つこと、これしかないことが分かります。つまり、人のために精一杯の努力をする人は、その誠意によって引きつけられた他の人からお返しを受けるのです。これまでの人生で、あなたは大勢の人の人生に幸せと ... » more

テレマン(独1681-1767)といえば、同時代のバッハやヘンデルより当時は、人気と名声があった人である。代表作は、「ターフェルムジーク(食卓の音楽)」。さまざまな楽器を魅力的に鳴らし質の高い作品を大量に作り出しているのだが、ここで取り ... » more

ヴィヴァルディ(伊1678-1741)の「調和の霊感」は12の協奏曲からなり、「四季」と並ぶもっとも有名な曲である。彼は「赤毛の神父」の愛称を持つ神父で、孤児院付属の女子音楽院の教師として活躍し、この音楽院の演奏のために多くの作品が書 ... » more

倫敦巴里なんだなんだ・・・の5日目
なんだなんだ・・・の5日目 もう4日、コロモを着ています。元旦も入れれば着っぱなし、です。明日、初めてのお休み・・・とい言いたいですが、護摩札書きが、まだ、2/3くらい残ってる。そもそも、弘法大師様の頃には、葬儀はしてなかったはず。宮中に「真言院」 ... » more

ヴィヴァルディ(伊1678-1741)の宗教音楽は、「スタバトマーテル」を紹介したが、詩篇126による「ニシ ドミヌス(主が建て給うのでなければ)」を忘れるわけにはいかない。9曲から構成されかなり変化に富んでいるが、展開がのびやかで自然 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/23 09:17

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る