誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「沈黙」を見てきました。いい映画ですね。海外の諸教会からの励ましと私は受け取りました。そして、励まされました。本当に忠実に信仰を守って死んでいった人々がいること、素朴で勇敢な最下層にいる百姓、そして、井上さまをはじめとする武士たちの残虐性と ... » more
テーマ 宗教 説教

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。 一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期である ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。 民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

1日を先祖とともに宴席を囲むのもいいねー「十六日祭」 収穫したブロッコリーを使って料理する 2月13日(月)曇りのち晴れ最高気温18℃最低気温15℃北東の風青空昨日は「十六日祭」(ジュールクニチー)。宮古島には1年に3回正月がやってくる。新暦の正月(元旦)、旧暦の正月(旧正月)、そして十六日祭。の3 ... » more
テーマ 宗教 宮古の年間行事 料理

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。 音楽史上奇跡に近いといわれている。 民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

「恩師:小谷喜美先生:47回忌御法要」に行きました。 「1月2日のブログ」に書きましたが、私は昭和44年に京都府宮津市出身の家内と結婚した時、家内のお母さんから薦められて霊友会に入会しました。実家は「臨済宗南禅寺派」の門徒でしたが、私自身、非常に宗教に興味を持っていたからです。然し、会社勤めを ... » more
テーマ 宗教 日記

スラヴ典礼はビザンツ典礼の流れをくむギリシャ正教の典礼である(スラヴ諸国において独自の民族的色彩のもとに発展したビザンツ=スラヴ典礼)。 楽器を使用しない、独特の旋律をつなぎ合わせた旋法という特徴がある。 大地の香りというか ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。プロテスタントのコラールのように繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。 (グレゴリオなど聖歌)◆サルヴェ・レジーナSalv ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

バッハ(独1685-1750)の「フーガの技法」は、一つの主題を複数の声部が追いかけるのであるが、そこには反行、縮小、二重、3重、鏡影、カノンなどさまざまなフーガが展開する。やや衒学的で、感覚に訴える要素を犠牲にしても、対位法の技を極限にま ... » more

(パワーポイントによる種まきのたとえのプレゼン)10 弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と言った。 11 イエスはお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが ... » more
テーマ 宗教 説教

「イエスにより頼む」21:12 それから、イエスは神殿の境内に入り、そこで売り買いをしていた人々を皆追い出し、両替人の台や鳩を売る者の腰掛けを倒された。21:13 そして言われた。「こう書いてある。『わたしの家は、祈りの ... » more
テーマ 宗教 説教

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音 ... » more

人間は名称を崇めるのが好きです 地上の人間は、肩書きや名称を崇めるのが好きです。が、クリスチャンを名乗ろうと無神論者を名乗ろうと、何の違いもありません。大切なのは実生活で何をするかです。仮にここに宗教など自分には無縁だと言う人がいるとしましょう。神の名を唱 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲BWV1060」は、元は「2台のチェンバロのための協奏曲」だったものだの編曲版。ヴァイオリンとオーボエの組み合わせは、曲の魅力をいっそう引き出している。風がさりげなく吹い ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入 ... » more

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フー ... » more

24の調による「プレリュードとフーガ」の第2集。第1集に比べ音楽性が豊か。全体的にプレリュードが美しい。優雅さ、快適さ、甘美さなど次々繰り広げられる多彩な曲想に、飽きることはない。なかでも、印象に残る曲は、第4曲嬰ハ短調BWV873、 ... » more

24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV846,この曲を基にグノーが「アヴェ・マリア」のメロディ ... » more

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、 ... » more

バッハ(独1685-1750)の組曲は、このフランス組曲に先立ち「イギリス組曲」がある。「イギリス組曲」は、各曲の冒頭に自由なプレリュードがおかれているが、フランス組曲は、それはなく、舞曲リズムのアルマンド、クーラント、サラバンド、ジー ... » more

1 主に従う人よ、主によって喜び歌え。主を賛美することは正しい人にふさわしい。 2 琴を奏でて主に感謝をささげ/十弦の琴を奏でてほめ歌をうたえ。 3 新しい歌を主に向かってうたい/美しい調べと共に喜びの叫びをあげよ。 4 主の御言葉は正しく ... » more
テーマ 宗教 説教 詩編

12 イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた。 13 そして、ナザレを離れ、ゼブルンとナフタリの地方にある湖畔の町カファルナウムに来て住まわれた。 14 それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。 ... » more
テーマ 宗教 説教

オルガンコラール「深き淵より我汝をよばわる」→詩篇130の基づくマルティン・ルターの作詞作曲。同名のカンタータ第38がある。詩篇130は罪の深い絶望から神の赦しを乞うという内容。コラールの単旋律をもとに、深い淵からの重い叫びが響 ... » more

協力者を常に求めています 個人でも団体でも、何らかの形で人類のために役立つこと一人間の資質を高め、魂の高貴さと崇高さを現してあげ、誤りを正して不正を終わらせ、不幸や悲しみや苦難を和らげるために専心していれば、霊界から同じ目的を持つ霊が自動的に引き寄せられます。霊 ... » more

田舎坊主のぶつぶつブログ初不動大祭
初不動大祭 好天気に恵まれた初不動でした。皆さまの安寧を祈願し護摩法要無魔祈修致しました。 餅まきはいつも楽しい・・・・ 合掌 ... » more
テーマ 宗教

バッハ(独1685-1750)のオルガン曲の中で、「パッサカリアとフーガ」は「トッカータとフーガ」に並んで素晴らしい。冒頭の低音主題が大変印象的で、この主題の反復と変奏がグイグイと深くて雄大な世界に我々を引き込んでゆく。 ... » more

唯一の宗教 内部に宿る神性を発揮すれば一高級界から来る霊力とインスピレーションを活用する霊的法則を理解すれば、神が意図した生き方が出来ます。自分を捨て、世間に目を向け、身体の不自由な人を癒し、苦しむ人を助け、飢えた人に食べ物を与え、渇いた人に水を与 ... » more

この曲は、誰でも知っているバッハ(独1685-1750)のオルガン曲の代表作であるが、この曲に触発されてヘルマン・ヘッセが詩を書いている。「バッハのあるトッカータに寄せて」という題がつけられている。「凝固せる太古の沈黙.... ... » more

 

最終更新日: 2017/03/25 19:37

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る