誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

時雨亭往還裏街のマリア
裏街のマリア 昨夜はイヴだというのに、寒い都内を独りでとぼとぼ歩いていると、何となく面白くなかった。私は不信心な浄土真宗の門徒だが、世間がクリスマスに浮かれているのを見ると、わずかな羨望とわずかな嫉妬とわずかな孤独感を覚える。きっと寒さのせい ... » more

ヴィヴァルディ(伊1678-1741)といえば「四季」があまりにも有名だが、宗教曲においてもすばらしいものがある。彼は、もともと司祭でもあった。宗教曲といっても、劇音楽に興味を持っていたヴィヴァルディは、宗教的独唱とシンフォニア的なコン ... » more

季語は・・・坊主の年始人なくて さすが坊主の 年始哉【去年の今日】休話§年末年始些事[2016年1月3日(日)] ... » more
テーマ 俳句 宗教 正月

アントワーヌ・フォルクレ(仏1671-1745)は、マラン・マレ(仏1656-1728)とともにフランス・ヴィオル界の双璧といわれた人。当時のクラブサンの大作曲家フランソワ・クープラン(仏1668-1733)とも宮廷で共演している。 ... » more

八王子「子安神社」にお参りしました。 「2016年1月3日のブログ」に書きましたが、毎年1月2日に八王子「子安神社」にお参りしています。この神社は地元の神社として、昭和44年に自宅を作ったときに「御祓い」をしてもらい、その後も娘二人の「七五三」孫二人の「七五三」のお参りもしまし ... » more
テーマ 宗教 日記 正月

フランソワクープラン(仏1668-1733)は、ラモー(仏1683-1764)とともに、フランスクラブサン学派の巨匠の一人。クープランの作品の標題に伴う情景描写が極めて印象的である。たとえば「恋する夜うぐいす」「神秘な障壁」「修道女 ... » more

霊友会の「新年初参拝の集い」に参加しました。 「2016年1月2日のブログ」に書きましたが、毎年正月は東京・麻布にある「霊友会釈迦殿」で開催されている霊友会の「新年初参拝」に参加します。私は昭和44年に京都府宮津市出身の家内と結婚した時、家内のお母さんから薦められて入会しました。実家は ... » more
テーマ 宗教 日記 家族

年末に、「置かれた場所で咲きなさい」で有名な渡辺和子さんが天に召されました。お読みになれた方も多いかと思います。「置かれた場所で咲く」ということを年頭に覚えるべきかなぁと思いました。私たちクリスチャンにとって、「置かれた場所で咲く」という ... » more
テーマ 宗教 説教

パストラーレ(キリスト降誕の夜、牧童が笛を吹いたという聖書に基づき田園情緒を描こうとする)については、コレッリで紹介したが、ドイツの作曲家ヨハン・クリストフ・ペーツ(独Johann Christoph Pez 1664-1716)のパス ... » more

ご相談 78、…対立してきた母の介護…50歳代後半の独身女性。実家の母はほぼ寝たきりの状態で、介護保険を利用しています。私は家事の手伝いに通っています。父も足腰が弱ってはいますが、家のことはしてくれるので、今は私も日帰り旅行に出かけ ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ジュゼッペ・ヤッキーニ(Giuseppe Maria Jacchini伊1663-1727)は、チェロの黎明期のチェロ奏者で作曲家、ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)(186参照)に師事したといわれる。いくつかのチェロソナタ ... » more

ドメニコ・ガブリエル(伊1659-1690)は、バロック時代の作曲家でチェリスト。「チェロのドミニカ」といわれていたようで、チェロの作品が面白い。なかでも「ソナタト短調」「ソナタイ長調」が印象に残る。ト短調は、のびやかで語りかけ ... » more

クリスマス、年末のこの時期になると、讃美歌をよく聞くようになる。朝日新聞12/25「折々のことば」にも讃美歌405番のフレーズが取り上げられていた。実はこのGod be with you というフレーズは、26年前に聞いたことがあっ ... » more
テーマ 宗教 人生 バイエルン

ヘンリー・パーセル(英1659-1695)は、彼にはいくつかの優れたハープシコードの作品がある。ちょっとしゃれた感じの「組曲6番」、哀愁を感じさせる「グラウンド」そしてブリテンの「青少年管弦楽入門」の主題にになっている「ラウンド0」 ... » more

田舎坊主のぶつぶつブログ終い不動
終い不動 終い不動護摩焚き供養、善男善女人の安寧を祈願し無魔成満しました。護摩の法炎はしっかりと燃え上がり、法座終了後、護摩の灰のぬくもりをそれぞれ腰など痛みのあるところに振りまいて息災を祈願していました。なかには『そろそろボケてきたんで、頭に振っと ... » more
テーマ 宗教

パーセル(英1659-1695)は、バロック時代の英国の大作曲家で、彼の「ファンタジア」には不思議な魅力がある。ファンタジアというのは、声楽曲で培われたポリフォニー技法を器楽曲に転用したもので、器楽曲が独自の道を始めた時の音楽である。テキス ... » more

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。鐘の音の連打に曲が展開する「聖ジュヌヴィエーヴ教会の鐘の音」や4声の組曲第4番ニ長調を取り上げたが、三重奏のため ... » more

1989年、東欧ドミノ革命が成功した頃に思ったのは、東西冷戦が…………終息することで、世界の秩序が安定に向かってくれるということだったが、あれから四半世紀が過ぎて世界の不安定さは、さらに悪化への道を進んで解決への糸口は見えず ... » more

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。(93)で鐘の音の連打に曲が展開する「聖ジュヌヴィエーヴ教会の鐘の音」を取り上げたが、このほかにも、組曲があり、特に、第4 ... » more

1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。ヨハネ福音書の冒頭は非常に難解なそして同時になぜか人を引きつけて止まない魅力に満ちた言葉です。この「初めに言があった」ということはどういうことかを巡って様々な議論がなされ ... » more
テーマ 宗教 説教

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を記念する日です。このクリスマスほど、世界中で民族や宗教をも越えてお祝いされているお祭りは数少ないと思います。日本では完全に宗教の枠を超えてお祝いされています。本来的に宗教行事なのですが、無宗教を標榜する ... » more
テーマ 宗教 説教

マラン・マレ(仏1656-1728)は、ルイ14世に仕えたヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者であり作曲家である。マラン・マレについて書かれた小説に、パスカル・キニャールという人の「めぐり逢う朝」がある。マレの師コロンブとの共 ... » more

コレッリ(伊1653-1713)のラ・フォリアは、ヴァイオリンをやった人ならば弾いてみたことがあるヴァイオリンの古典である。ラ・フォリアという古い舞曲をベースにした変奏曲で3拍子の緩やかな音楽。ヴァイオリンがヴィオールに代わって隆盛 ... » more

ワシリー・ティトフ(露1650-1715)は、ドイツのハインリッヒ・シュッツの影響を受けロシアの教会音楽を変革していった人といわれる。「天使の叫び」は、聖母マリア賛歌で復活祭に歌われるものだが、低音と高音が融合した美しく清らかな ... » more

パッヘルベル(独1653-1706)については、ブクステフーデとともにバッハに影響を与えたといわれるように、オルガン作品集に数々の傑作がある。アポロの6弦琴、プレリュードニ短調、シャコンヌへ短調、ニ短調、リチュルカーレハ短調、さらにルタ ... » more

ヨハン・パッヘルベル(独1653-1706)は、「カノンとジーグ」で有名であるが、バッハの父アンブロジウスと交流のあったオルガニストで、ブクステフーデなどともにバッハに影響を残した人である。彼は、オルガン曲だけでなく、器楽アンサンブ ... » more

ドイツのプロテスタントのオルガン音楽において、バッハの先輩たちにブクステフーデやパッヘルベルなどがいるが、その当時の一人、ゲオルクムファット(Georg Muffat独1653-1704)は南ドイツオーストリアのカトリック系オルガン音楽 ... » more

ハインリヒ・イグナツ・フランツ・ビーバー(チュコ1644-1704)は、17世紀屈指のヴァイオリンのヴィルトゥオーソ・作曲家」といわれる。ザルツブルグの宮廷礼拝堂楽長を務めていたこともあり、「教会あるいは宮廷用ソナタ」「ロザリオのソ ... » more

10 主は更にアハズに向かって言われた。 11 「主なるあなたの神に、しるしを求めよ。深く陰府の方に、あるいは高く天の方に。」 12 しかし、アハズは言った。「わたしは求めない。主を試すようなことはしない。」 13 イザヤは言った。「ダビデ ... » more
テーマ 宗教 説教

マルカントワーヌ・シャルパンティエ(仏1643-1704)は、バッハより少し前のフランスの作曲家で、この「真夜中のミサ」は、クリスマス前夜の真夜中の曲。当時、フランスで広く歌われていたノエル(クリスマスの歌)が、ミサ曲として仕立 ... » more

 

最終更新日: 2017/01/23 09:20

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る