誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

グレゴリオ聖歌の交唱「アヴェ・マリア」をベースにヴィクトリア(西1548-1611)は4声と二重合唱のための「アヴェ・マリア」を2曲作っている。前者は、グレゴリオの原曲がそのまま生かされた、デ・プレに劣らぬ美しいポリフォーである。後 ... » more

本日の説教個所である聖書の御言葉は、申命記18章15〜22節です。ここでは神の言葉を仲介して民に伝える預言者という職務について記述されています。申命記18章は、最初にレビ人というイスラエル民族の中で、神殿での祭儀などに祭司として従事する ... » more

ヴィクトリアレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」 ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれな ... » more

物欲優先の副産物 聖書にも “地球とそこにあるもの全ては主のものなり” とあります。これは、人間は地上のものは何一つとして所有できない、自分のものに出来ないことを意味します。地上にいる間だけ、リースで所有しているようなものです。永遠に自分のもので ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリア(フェリペ二 ... » more

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

モテット「より良き生活のうちにEmendemus in melius」ほか バードのモテットについては、バードのアンセムやモテットについては、「Sing joyfully unto God 」「turn our captivity ... » more

ひどい司会と高度な講演  国連大学にて 2016年11月9日(火)午後6時から、東京・青山の国連大学エリザベス・ローズ国際会議場開催の、日本の国連加盟60周年記念特別イベントハマーショルドの俳句と写真に、鎌倉佐弓と行く。講演者の元駐日スウェーデン大使で、スウェ ... » more
テーマ 俳句 宗教

「アヴェ ヴェルム コルプス(めでたしまことのおんからだ)」といえば、モーツアルトの曲が合唱などで必ず歌われ有名であるが、バード(英1543-1623)の曲もすばらしい。アヴェ ヴェルム コルプス(めでたしまことのおんからだ)という ... » more

(^_-)-☆注目ニュース 2853イスラムを侮辱したと、ジャカルタ州知事のアホックさんを、裁判に掛けろ、刑務所に送れと、騒いでいる。4日にそのデモが、ジャカルタ中心部を主にあった、概ね、安全な行動だったし、ゴミ拾いがニュースになるほどだった。ところが、夜になって、イ ... » more
テーマ 宗教 アガマ AGAMA

W.バードアンセム「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfully unto God 」 「捕われ人を連れ帰ってくださいturn our captivity」 「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfull ... » more

レンコン(蓮根)は今が旬、レイコン(霊魂)はずっと時期外れ そこそこ生きてきて、思ったこと。結局、超常現象、怪奇現象である「UFO、超能力、心霊」とかは、とうとう証明されることはなかった。完全否定はできないが、あるとも断定できない。見える人には見え、感じる人には感じる、というのでは個人的なも ... » more
テーマ 宗教 季節

成田山新勝寺断食参篭 所感 最後に所感など断食参篭中は体力消耗することは避ける傾向にあった。更に今回は草履の破損を恐れてあまり出歩かなかったのも理由の一つ。その為通常よりも歩かなかったかも知れない。正式を重んじるなら白足袋に草履だが、広い境内をくまなく ... » more
テーマ 宗教 日常

W.バード「コンソートソング(清らかな英国半島Fair Britain isle)(キリストは蘇りChrist rising again)」 W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者とし ... » more

不動庵 碧眼録成田山新勝寺最終日
成田山新勝寺最終日 道場に掲げてあった額5時起床、最終日ながらよく眠れた。ただ布団が硬いので節々が痛い。いつも通り水の報告と御護摩参加。御護摩の帰りに貫首様のご一行に遭遇。知らなかったのですが、貫首様は道場の裏手辺りにお住まいの様子。知 ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録成田山新勝寺三日目
成田山新勝寺三日目 22時過ぎに一度起きたときはまだ胃が痛かったのだが、3時過ぎに目覚めたときはそれもなく。水摂取報告と御護摩を済ませる。今日は輪袈裟を炙っていただいた。それにしても6時という早朝から地元の信者さんたちが30-40人以上も集まる事に驚き ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録成田山新勝寺二日目
成田山新勝寺二日目 思いの外よく寝られましたが、やはり定期的に水を飲まないと胃が痛い。空腹感ではありません。胃液の関係でしょうか。寝始めは寒かったのですが朝は意外に寒くなく。5時起床、25分に水分摂取を報告、6時に本堂。初日は数珠を護摩で炙ってもらいました。 ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録成田山新勝寺一日目
成田山新勝寺一日目 当日は朝9時前には成田山新勝寺の断食参篭道場に到着しなければならないため、5時に起床、20分には出立しました。自転車にすると駐輪場料金が高額になり、バスはまだ走っていないので徒歩で駅まで。駅に着いてから気付いたのですが、どうも草履が緩い ... » more
テーマ 宗教 日常

不動庵 碧眼録断食を始める
断食を始める 断食を思い立ったのは多分数年前、何かと最終局面で詰めが甘かったり粘りがなかったりと、自分のふがいなさに心中嘆くこと大でしたが、それらを引き出すきっかけとして断食修行がいいのではと思った次第。断食修行は古今東西で行われている修行方法の ... » more
テーマ 宗教 日常

コヴェントリ・キャロル「ラリルラ、小さき子よ」W.バード「ララバイ(子守唄)」 コヴェントリ・キャロルとは、16世紀の英国のコヴェントリで歌われてきたクリスマスキャロルで、「ラリルラ、小さき子よ(July,july thou ... » more

(^_-)-☆宗教って、厄介 2850こんなことを言うと、怒る人がると思う、だから、厄介だと思う。宗教がなければ、世の争いの半分はなくなる、戦争の80%は、なくなると思う。どうでしょうか。人間がいるから、宗教がある、人間以外の生き物に宗教はない。だから、人間っていう動物 ... » more
テーマ 宗教 無宗教 人間

Ban'ya抽象思考ができない日本人
日本人は抽象思考ができないのではないか?多神教やアニミズムに抽象思考がないわけではないが、基本的に一神教的な抽象、つまりすべてに唯一神の仕掛けた整然とした秩序があるという思想にはいたらない。一神教がすぐれているとは思わないが ... » more

ロバートホワイト(英1538-1574)は、トーマス・タリス(英1505-1585)より少し後の作曲家で、ヘンリ8世からエリザベス1世に変わる、丁度、宗教改革によってカトリックからプロテスタントのスタイルへの変更を余儀なくされた時代の人 ... » more

ポケモンGOは宗教の代わりになるか? 島田裕巳『スマホが神になる』の感想 島田裕巳『スマホが神になる』角川新書、2016年。・ポケモンGOについて日本では寺社がポケストップやジムになっている問題について、対応は様々で、世俗と神域が交わることに抵抗感を覚えて禁止する出雲大社などがある ... » more
テーマ 宗教 読書

ラッスス(フランドル1532-1594)のレクイエムも素晴らしい。ラッススのポリフォニーには、ナチュラルな美しさがある。湧き出る泉の音をいつまでも聞いているような魅力がある。「レクイエム(5声)」は、グレゴリオ聖歌の「レクイエム」と ... » more

神田明神と中国の神話「生死を司る星」: 碁盤と世界 中国に「生死を司る星」という話があって、生を司る南斗星と死を司る北斗星が桑の木の下で碁を打っているのですが、その碁盤は世界そのものを表しています。という話を授業でしているのですが、先日神田明神で面白いものを見つけました。 ... » more
テーマ 宗教 日記 神話

「シオンよ汝の救い主を讃えよ」Lauda Sionは、グレゴリオ聖歌のセクエンツィア(続唱)の一つ。この曲をベースにラッスス(フランドル1532-1594)が作曲した6声部のモテトゥス。もとの聖歌にとらわれず、自由に作曲している。 ... » more

自然との共生とカワイイ文化の結晶: 中沢新一『ポケモンの神話学』の感想 中沢新一『ポケモンの神話学』角川書店、2016年。ポケモンの生みの親、田尻智さんは、町田市の出身で、「虫取り少年」だった。田んぼで見たオタマジャクシから、そのままニョロモを発想したのだそう。本書では自然との関わり ... » more
テーマ 宗教 読書

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。「音楽は神の贈り物」は6声部のモテトゥスであるが、ポリフォニーに深みがあり、調和のとれた美しい曲で、題名にふさわしい ... » more

力強く前進しなさい 人のために役立つことは気高いことです。他人のために尽くすことで、共通の親である神の役に立つことほど気高い貢献はありません。これに勝る宗教はありません。形式を守り、教義に盲従するだけの宗教では何の価値もありません。真の宗教とは ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 09:16

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

「宗教」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

繁栄の女神が語る TOKYO 2020 ~七海ひろこ守護霊メッセージ~ (OR books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 繁栄の女神が語る TOKYO 2020 ~七海ひろこ守護霊メッセージ~ (OR books)
幸福の科学出版 大川 隆法

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る