誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)のシャンソン「千々の悲しみmille regrets」は、「天正の少年使節」が秀吉の前で演奏したとされる曲。 当時スペインなどで流行、神聖ローマ帝国の皇帝カール5世が大変好きだったこ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ジョスカン・デ・プレ「オケゲムの死を悼む晩歌」 「アヴェ・マリア」 ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)は、ルネッサンス音楽の最盛期の大作曲家の一人。 彼の作品のなかで、とくに美しいといわれる作品。オ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

「レクイエム」 オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)のレクイエムは、史上最古のポリフォニー・レクイエムといわれるものである。 中世のあいだは死者のためのミサは、グレゴリオ聖歌によって演 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

今朝、イムギャーマリンガーデン内海周辺を散歩した 昨夜は月1回のカラオケ定例会  2月18日(土)曇りのち晴れ最高気温23℃最低気温19℃北風海上風速12m今朝のイムギャーマリンガーデン今朝、インギャーの内海周辺を散歩した。昨年の12月16日から始まった市の遊歩道改修工事がまもなく ... » more

イムヌス(賛歌)「Conditor alme siderum(造り主なる主)」 この曲は、グレゴリオ聖歌「Conditor alme siderum(造り主なる主)」を、デュファイ(フランドル1400-1474)が、3声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Hela ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

1 【ダビデの詩。】主よ、わたしと争う者と争い/わたしと戦う者と戦ってください。 2 大盾と盾を取り/立ち上がってわたしを助けてください。 3 わたしに追い迫る者の前に/槍を構えて立ちふさがってください。どうか、わたしの魂に言ってください/ ... » more
テーマ 宗教 旧約聖書 詩編

ご相談 79、…貯金ゼロ贅沢三昧の姑…20歳代主婦。50歳代の姑(しゅうとめ)のことで悩んでいます。姑は海外旅行に出かけたり、ブランドバッグを買ったり、贅沢三昧(ぜいたくざんまい)の生活を送っています。舅(しゅうと)も50歳代。 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ご相談 80、…長男の嫁発言誤解し激怒…60歳代女性。長男は40歳過ぎてから結婚。孫も生まれました。同居はしていません。嫁は20歳代と若く、派手でたばこも吸い、かねがね気になっておりました。ただ、我が家に来た時は快くもてなし、嫌な顔 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

ダンスタブル モテトゥス「聖霊よ、来たりたまえVeni Sancte Spiritus/創り主なる聖霊よ、来たりたまえVeni creator Spritus」ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

タンザニアから遠く(?)離れて☆沈黙の太った猫 事情があり、タンザニアから日本にすっ飛んできて、現在に至る。ブログもしばらくほったらかしにしてしまった。。(もし心配してらした方がいたらすみません。。。)真夏のタンザニアから真冬の日本へ。2月に日本にいるなんて何十年ぶりなんだろう。開き ... » more
テーマ 宗教 映画

「沈黙」を見てきました。いい映画ですね。海外の諸教会からの励ましと私は受け取りました。そして、励まされました。本当に忠実に信仰を守って死んでいった人々がいること、素朴で勇敢な最下層にいる百姓、そして、井上さまをはじめとする武士たちの残虐性と ... » more
テーマ 宗教 説教

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。 一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期である ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。 民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声 ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

1日を先祖とともに宴席を囲むのもいいねー「十六日祭」 収穫したブロッコリーを使って料理する 2月13日(月)曇りのち晴れ最高気温18℃最低気温15℃北東の風青空昨日は「十六日祭」(ジュールクニチー)。宮古島には1年に3回正月がやってくる。新暦の正月(元旦)、旧暦の正月(旧正月)、そして十六日祭。の3 ... » more
テーマ 宗教 宮古の年間行事 料理

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。 音楽史上奇跡に近いといわれている。 民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

「恩師:小谷喜美先生:47回忌御法要」に行きました。 「1月2日のブログ」に書きましたが、私は昭和44年に京都府宮津市出身の家内と結婚した時、家内のお母さんから薦められて霊友会に入会しました。実家は「臨済宗南禅寺派」の門徒でしたが、私自身、非常に宗教に興味を持っていたからです。然し、会社勤めを ... » more
テーマ 宗教 日記

スラヴ典礼はビザンツ典礼の流れをくむギリシャ正教の典礼である(スラヴ諸国において独自の民族的色彩のもとに発展したビザンツ=スラヴ典礼)。 楽器を使用しない、独特の旋律をつなぎ合わせた旋法という特徴がある。 大地の香りというか ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。プロテスタントのコラールのように繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。 (グレゴリオなど聖歌)◆サルヴェ・レジーナSalv ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

バッハ(独1685-1750)の「フーガの技法」は、一つの主題を複数の声部が追いかけるのであるが、そこには反行、縮小、二重、3重、鏡影、カノンなどさまざまなフーガが展開する。やや衒学的で、感覚に訴える要素を犠牲にしても、対位法の技を極限にま ... » more

(パワーポイントによる種まきのたとえのプレゼン)10 弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と言った。 11 イエスはお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが ... » more
テーマ 宗教 説教

「イエスにより頼む」21:12 それから、イエスは神殿の境内に入り、そこで売り買いをしていた人々を皆追い出し、両替人の台や鳩を売る者の腰掛けを倒された。21:13 そして言われた。「こう書いてある。『わたしの家は、祈りの ... » more
テーマ 宗教 説教

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音 ... » more

人間は名称を崇めるのが好きです 地上の人間は、肩書きや名称を崇めるのが好きです。が、クリスチャンを名乗ろうと無神論者を名乗ろうと、何の違いもありません。大切なのは実生活で何をするかです。仮にここに宗教など自分には無縁だと言う人がいるとしましょう。神の名を唱 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲BWV1060」は、元は「2台のチェンバロのための協奏曲」だったものだの編曲版。ヴァイオリンとオーボエの組み合わせは、曲の魅力をいっそう引き出している。風がさりげなく吹い ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入 ... » more

この曲はベートーベンもよく研究したといわれる。幻想曲の急速なパッセージ、大胆な転調、加えて、「語り歌う」レチタティーヴォ、しばし、バッハの他の曲にみられないこのドラマティックな曲に息をのむ。この即興的な《幻想曲》で表現は、《フー ... » more

 

最終更新日: 2017/02/22 09:13

「宗教」のブログ関連商品

» 「宗教」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る