誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国武将

戦国武将

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国武将」のブログを一覧表示!「戦国武将」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国武将」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国武将」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

所持者久秀自身に勝るとも劣らず、「つくも茄子」は以降数奇な人生を歩むこととなります。その流転の様をざっとたどりましょう。また久秀は「一の数奇道具」として自身の茶会で「つくも」を披露している。永禄八年、多聞山城で開かれた茶会記に千宗易、す ... » more

鎗の鞘(やりのさや)〜サイトウ ヤスヒコ『古道具に花』から 昨年の冬、手に入れた古道具。使いみちに困ると云う意味では所謂、『骨董』というべきか。『鎗の鞘』ー本来、ここに納まるべき刀身はすでに失われて黒く透けた漆と内側に施された金箔が鈍く光って往時を偲ばせる。造りは素朴かつ豪快で、少なくとも江 ... » more
テーマ 戦国武将 骨董 古道具に花

言わずと知れた徳川軍最強の武将、というけれど、敵陣に攻め込んで無双したとか、武田の赤備のように戦場を蹂躙した、ということはそんなにない。主に相手が悪すぎる家康の負け戦で、家康が無事に逃げられるように敵の追撃を阻止 ... » more
テーマ 戦国武将

家康のじいちゃん。じいちゃんというと年寄りをイメージするけれど、この人は家臣の謀反で30前に亡くなっている。10代はじめに松平家を継いで、そこから周辺豪族をばったばったとなぎ倒し、ハタチ過ぎに三河統一を成し遂げた ... » more
テーマ 戦国武将

江戸城築城 太田道灌の息子の墓 今日、三男と横須賀市衣笠栄町の大明寺へ行って来ました。太田道灌の息子、太田資康(すけやす)の墓を拝んで来ました。山門をくぐると道順を示す立て看板が何箇所かにありました。昨日の大雨と強風で枝葉がそこここに落ちている坂を ... » more

上杉家屈指の名将。特に野望でシリーズを重ねるごとに能力がやたら上昇しているのが目立つ。例えば武将風雲録で政治54 戦闘68 教養62 魅力68これが烈風伝になると政治69 戦闘70 采配63 智謀66 ... » more
テーマ 戦国武将

宇都宮家生粋の武人。宇都宮領の南部を守る要衝、多功城の主。多功城は鎌倉時代の宇都宮当主頼綱の息子宗朝。そのまま多功を名乗ったため宇都宮一族が守る重要な城となった。その名に恥じず、多功家は宇都宮家にあって勇将が ... » more
テーマ 戦国武将

信長の野望、武将風雲録で武蔵一国の主として立派に独立した大名として登場する、上杉憲賢。風雲録で上野の大名がかの山内上杉憲政で、こちらは関東管領上杉本家の当主として色々と有名。じゃあ憲賢は対抗勢力の扇谷上杉家の当主かと ... » more

佐竹義重。関東の大大名というと北条家、東北南部の大大名というと伊達、と連想されて、どっちにも寝たとしてあまりあがらない人。父の悲願、常陸統一を成し遂げて、さらに磐城の白河結城氏、岩城氏も服従させて、宇都宮家、 ... » more
テーマ 戦国武将

源氏の棟梁八幡太郎義家。義家は河内源氏となり源氏の棟梁を輩出した。戦国の世で義家の家系といえば足利将軍家。当然といえば当然。そして義家と並び源氏の大将と称えられた新羅三郎義光の末裔が常陸源氏と甲斐源氏。甲 ... » more
テーマ 戦国武将

下野佐野家の家臣。山上道及。前田慶次の友人らしいが(゚_ゝ゚)例の漫画で有名になったひと。そのせいで野望でおかしな能力になった慶次とともに照久も初登場時に戦闘能力が90超えという化物として登場。佐野家が存在しない ... » more

九州は豊前を本拠とする宇都宮一族。名門下野宇都宮家の分家ではあるけれど、こちらもこちらで北九州で多くの武家を生み出した名族。源平合戦の昔に源氏方として九州を平定、一時は九州の武士を纏め上げる親分にまでのし上がった。 ... » more
テーマ 戦国武将

宇都宮家最後の当主国綱と、結城晴朝の養子になった結城朝勝。そして芳賀高継の後を継ぎ兄の右腕となった芳賀高武。三人とも前当主広綱の息子。母親は佐竹義昭の娘、南呂院。父広綱が若くして死んだため、国綱も若くして宇都 ... » more
テーマ 戦国武将

宇都宮家の完全な従者芳賀高定を継承した人物。といっても高定の息子ではなく、宇都宮家のゴタゴタの中心人物、芳賀高経の息子。高経は当主尚綱によって殺され、芳賀家は家老としてライバルの益子家出身の高定が継ぎ、恨みを ... » more
テーマ 戦国武将

なんかBASARAにも出るとか。一般的にはそんなに有名でもないと思うのに(゚_ゝ゚)野望でも初期タイトルの頃は能力が2流以下というマゾプレイ専用大名だったというのに・・最近のはね、芳賀高定が完全で瀟洒な従 ... » more
テーマ 戦国武将

下野宇都宮氏は元をただすと毛野氏の末裔だという。毛野氏とは古代毛野地方を治める大豪族で、吉備、出雲あたりと肩を並べる実力者だった。そんな毛野氏に藤原家から養子が入って宇都宮を名乗り、二荒山神社の神主だったものが軍事力を身 ... » more
テーマ 戦国武将

本能寺の変と明智光秀 ブログタイトルにもあるように戦国武将が好きで図書館で本を借りて来ました。「俊英 明智光秀」 です。やはり、戦国最大のミステリーの本能寺の変。歴史好きでなくとも知っていると思います。主君「織田信長」を何故 ... » more
テーマ 戦国武将

清廉潔白な謀略家。下野宇都宮家の家老、益子家の出身。同じく家老の芳賀高経が謀反を起こして、主君宇都宮興綱を自害に追い込む。(興綱がえばりんぼで、高経の親類を殺してしまってそのあだ討ちのつもりだったという) ... » more
テーマ 戦国武将

おたく趣味がそのまま仕事になった幸せ者。戦術戦略マニアで、それを実行に移せば暗君として名高い斎藤龍興のもとで織田軍の攻撃から守りきる。とはいえおたくらしくヒョロい体でいたために主君からも同僚からも馬鹿にされ、頭にきた半兵 ... » more
テーマ 戦国武将

流行りのトリオユニット。斎藤家の有力な家臣三人組。ただし三好三人衆のように仲良しではなく、さらに龍造寺四天王みたいに人数がおかしい。そもそもトリオを名乗ったのは一族で仲良しというわけではなく、「家が近所でいつの間 ... » more
テーマ 戦国武将

いわゆる徳川四天王の一人。本多忠勝とは同い年で同期の桜。忠義に厚い武人という三河武士の鑑のようなイメージがあるものの、同じく三河武士らしい本多とキャラが被ってしまっていまいち地味な印象しかない人。野望でも風雲 ... » more
テーマ 戦国武将

毛利元就4本目の矢。3本の矢が有名すぎてなかなか日の光を浴びない地味な四男。元就の孫輝元とは2つ年上ながら、元春や隆景の補佐をしつつ毛利家躍進に欠かすことの出来ない名将だった。隆元、元春、隆景、五龍の局とは母親が ... » more
テーマ 戦国武将

2ちゃんかどこかで見つけたコピペ。:インタビューよろしいですか? 織田いいよ、これから切腹だからあんまり時間取れないけどね(苦笑 :謀反を起こされてしまったが。 織田まあね、こればっかりはしょうがないよね。戦国時 ... » more
テーマ 戦国武将

武将じゃなくて姫様だが(゚_ゝ゚)まあこの時代の人ということで・・・毛利元就の次女。隆元、元春、隆景と同じ母親の娘。隆元の妹、元春の姉に当たる。小説とかだと名前を可愛(えの)と言っているけど、史実じゃあ良く分から ... » more
テーマ 戦国武将

日本の海賊王。一般に海賊大名と呼ばれる志摩水軍の頭領。伊勢国司、貴族大名北畠具教の息のかかった者たちに城を奪われ、信長の下で体勢を立て直したらしい。伊勢長島一向一揆では海上封鎖をして船上から射撃の援護をしたり、仇 ... » more
テーマ 戦国武将

結城秀康の息子。つまり家康の孫。戦国武将なのかアレだけれど、大坂の陣までを戦国時代としたら一応、ぎりぎり。父が死んだ後に越前北ノ庄75万石を相続、大坂冬の陣では真田丸に勝手に攻め入った友軍の動きを見て、自 ... » more
テーマ 戦国武将

家康の次男。家康の正室、築山殿の侍女との子。築山殿は怖いかみさんだったようで、子供が出来ちゃったことを隠したかった家康は、生まれてまもない秀康に会おうともせず、母ともども本多重次のもとに預けて知らん顔をした。 ... » more

上杉軍団屈指の猛将。4度目の川中島で先鋒として突撃、武田軍の陣形を崩し、信玄と謙信の一騎打ちを演出した。ただまあ深入りしすぎて反撃を食らって、撤退せざるを得なくなったようだけど。はじめ長尾為景に仕え、晴景 ... » more
テーマ 戦国武将

信玄の五男。仁科家は盛政が村上義清や小笠原長時と共に武田と戦っていたものの、信玄に従うようになる。川中島合戦の際に上杉に寝返ったために処罰されて一旦仁科家は滅んだ。その後信玄が五男盛信に仁科家を継がせることと ... » more

秀吉の大恩人丹羽長秀(ながひで)の命日。自ら開腹手術をして結石を除去したの? ●●●●●★歴史★●問題:西暦1585年の今日、5月15日。和暦では天正(てんしょう)13年4月16日。織田四天王の1人、丹羽長秀氏がご自宅の畳の上で息を引き取りました。生まれたのは天文(てんぶん)4年(1535年)の9月ごろだそうです ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 09:42

「戦国武将」のブログ関連商品

» 「戦国武将」のブログレビュー をもっと探す

「戦国武将」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る