誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国武将

戦国武将

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国武将」のブログを一覧表示!「戦国武将」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国武将」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国武将」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

戦国武将フィギュア-ARMOR SERIES- 織田信長本格的な造りのミニ甲冑フィギュアです!インテリア...価格:2,300円(税込、送料別)戦国の風雲児織田信長 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア本格的な造りです! ... » more

称念寺A 明智光秀伝承 前回紹介した称念寺には、もう一人の武将の伝承が残っています。それが明智光秀夫妻の伝承です。明智光秀はご存じのように「本能寺の変」で、織田信長を急襲した武将です。その後、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れ、三日天下と主殺しの汚名を着た ... » more
テーマ 戦国武将 福井 寺社・仏閣

つとつとのブログ浅井畷古戦場
浅井畷古戦場 加賀における最後の合戦が行われたのが小松城東方の浅井畷と呼ばれる一帯でした。畷の名の通り、当時は小松の地は手取川による湿地帯が多く、そこをほそい隘路が通っていたそうです。また、その湿地を利用して桑の実畑が広がっていたそうです。現在は ... » more

六日町 長尾政景墓所 〜 坂戸城 BASARAイベント 前回の日記を書いてすぐ、車に飛び乗ってだったのですがもちろん、新潟の山道も走るので、タイヤはスタッドレスに替えてしまいました。しかし、雪には一切あわずタイヤを減らしただ ... » more
テーマ 戦国武将 新潟 中越  コメント(4)

道の駅・高岡万葉の里 〜 阿尾城 日曜日、午前中に仕事が入ってしまったので、お昼過ぎに家に帰ると、遅起きの一人が部屋にポケーっとしておりました。まったく、若い娘が休みとはいえ、何をしているのやら。。。嫁さんは、この日もお仕事。。。ここん所、休日が合わない夫婦になって ... » more

2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」 キャラクターも登場! 兵庫県姫路市、しろまるひめグッズ 来年の話しですが、2014年の大河ドラマは「軍師官兵衛」に決まりました。主人公の黒田官兵衛は、姫路市にゆかりがあることから、官兵衛イメージキャラクー「かんべえくん」も登場しています。これからいろいろな場で活躍することでしょう ... » more

武田信玄の誕生日。金を掘る技術者集団を酷使して戦費を調達していたの? ●●●●●★歴史★●問題:大永(だいえい)元年11月3日。西暦では1521年の今日、12月1日。武田信玄は、守護大名武田信虎(のぶとら)の嫡男として生まれたそうです。信玄は出家してからの名前であり、それまでは晴信(はるのぶ)だったらしい ... » more

つとつとのブログ松風閣庭園
松風閣庭園 金沢城と兼六園の間を通るお堀通りを南下して広坂の交差点から先は「本多通り」と呼ばれています。左右に広がる本多町・下本多町・出羽町があり、21世紀美術館・県立美術館・歌劇座・北陸放送・社教センターなど金沢の文教地区になっています。この3町は名 ... » more

信長の弟で有名な人。本人が「信行」と名乗ったことは一度もなく、本当の名前は信勝だ!とか真っ赤になって叫ぶ人もいるようだけれど。まあ要するにうつけと呼ばれていて、織田家の当主になってしまった信長に対して出来のい ... » more
テーマ 戦国武将

つとつとのブログ木舟城址
木舟城址 以前、紹介した前田利家の末弟・前田秀継が生涯を閉じたのが「木舟城」高徳寺址前田秀継夫妻の墓所http://72469241.at.webry.info/201210/article_33.html真光山永傳寺 http://7246 ... » more

つとつとのブログ前田利秀の墓所
前田利秀の墓所 前田利秀は父親の後を受け、小矢部の基礎を築き、北条攻めでは前田軍の主力として上野・松井田城攻め、武蔵・八王子城攻めに活躍しました。しかし、文禄2年(1593年)朝鮮出兵で滞在中の肥前・名護屋城で発病帰国しましたが、その年に治療中の京都で ... » more

つとつとのブログ真光山 永傳寺
真光山 永傳寺 前田利秀は父母の墓所を高徳寺に造り菩提寺としましたが、先に書いたように規模としては小さな寺院でした。高徳寺址前田秀継夫妻の墓所http://72469241.at.webry.info/201210/article_33.html ... » more
テーマ 戦国武将 富山 寺社・仏閣  トラックバック(1)

義弘の三男で島津家当主。伯父義久の娘亀寿を妻とした島津家当主らしい地位のひとなのだが。あくまで奥さんとは自分の地位の保証のためだけ、といった感じで愛人をかこいまくって亀寿とは別居する始末。そんな亀寿が死に、忠恒は ... » more
テーマ 戦国武将

高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所 今石動城の初代城主・前田秀継が木舟城に移って3か月後、天正13年・(1586年)に天正の大地震が起こっています。この地震により、木舟城は3丈(9メートル以上)以上も沈下し圧死した秀継夫妻の遺体発見には3日以上を要したと記録に残っています ... » more

つとつとのブログ今石動城址
今石動城址 小矢部市の城山(昔の呼び名は白馬山・石動山)の山頂186メートルにあったのが「今石動城」です。賤ヶ岳合戦後の天正13年(1585年)、加賀の前田利家と越中の佐々成政が緊張状態になった年に、前田利家によって最前線基地として築かれました。城 ... » more

つとつとのブログ七尾城址
七尾城址 能登を代表する山城「七尾城」別名は「松尾城」と云います。七尾の名は七尾城の位置する城山の七つの尾根から来ていると言います。七つの尾根の名は松尾・竹尾・梅尾(鶴尾)・菊尾(烏帽子尾)・亀尾・虎尾(袴尾)・龍尾(牛尾)ですが、七尾城 ... » more

織田劔神社 織田家発祥の地 「織田劔神社」は越前国二ノ宮にあげられる神社です。別名は織田明神。ちなみにオダではなくオタと読みます。劔神社の創建は社伝によれば、仲哀天皇の第2子の忍熊王が北陸平定の際に、近くの座ヶ岳に祀られていたスサノオの霊力と剣を借りて当地 ... » more

つとつとのブログ朝倉義景墓所
朝倉義景墓所 戦国期、越前を治めていたのが朝倉氏。朝倉氏の本拠は大野から西方の一乗谷で、5代約100年間勢威を誇っていました。5代当主・朝倉義景は織田信長に敦賀の刀根坂の合戦(斉藤龍興が戦死、美濃斉藤家の実質滅亡)に敗れ、一乗谷を放棄して大野に撤退し ... » more
テーマ 戦国武将 白山プラチナロード 墓所

つとつとのブログ越前大野城
越前大野城 越前大野城(別名:亀山城)は1575年に越前平定に織田信長の武将として活躍した金森長近が入部・築城したのが始まりの城です。金森長近は最初は大野盆地の西端にある戌山城(いぬやまじょう)に入りましたが、翌年から盆地にせり出す小孤峰の亀山の山 ... » more
テーマ 戦国武将 白山プラチナロード  コメント(4)

西光寺 柴田勝家の菩提所 北ノ庄城落城により亡くなった「柴田勝家」の菩提所がこの「西光寺」です。元々、西光寺は朝倉氏の時代、天台宗真盛派の祖・真盛上人により一乗谷に創建されたもので、現在も一乗谷の寺跡には多くの石仏塔・石仏群が残されています。柴田勝家が越前に ... » more

つとつとのブログ一乗谷朝倉氏遺跡
一乗谷朝倉氏遺跡 復元町並みの正面から川を渡った場所に朝倉義景の館跡があります。発掘以前は朝倉義景の菩提寺として「正雲院」と呼ばれる寺院が建っていましたが、現在は福井市内の心月寺に移転統一されています。入り口には朝倉遺跡の紹介写真で有名な唐門。豊臣秀 ... » more
テーマ 戦国武将 遺跡・史跡 福井  トラックバック(1)

足利尊氏の息子、基氏が鎌倉公方となって、紆余曲折を経て鎌倉公方が古河に移る。その後小田原の北条家が公方の権威を乗っ取って関東のほとんどを制圧する。この間関東はずーっと戦乱の時代で、応仁の乱とか関係なく戦が日常的に起こ ... » more
テーマ 戦国武将

先週今週と休日出勤が続いて力尽きてましたと言い訳しつつ。戦国というか当時の朝鮮の水軍のリーダー。ネルソン、ジョン・ポール、東郷平八郎のいわゆる世界三大提督に、アッチの国では彼を含めて四大提督とするほどの英雄?そ ... » more
テーマ 戦国武将

高岡古城公園 本丸広場 古城公園は高岡城の城址ですが、射水神社・市民会館・体育館・動物園・博物館を含む市民憩いの公園になっています。高岡大仏から北にまっすぐ進んで、赤い欄干の駐春橋と石垣の見られる土橋を渡った先の射水神社の隣りに3000平方メートルの芝生公 ... » more

つとつとのブログ坂戸城址
坂戸城址 坂戸城は上田荘・長尾氏の居城でした。上杉家の移封と共に堀氏が入りました。標高634mの山頂に本丸などがありますが、使用されるのは戦闘時のみで、平素は麓に館や長屋が築かれていてそこで政治や生活をとっていたようです。現在は登ってみると城 ... » more
テーマ 戦国武将 新潟 中越

龍言寺跡 長尾政景墓所 長尾政景は、上杉景勝の実父です。元々、越後の守護代家の長尾氏は、春日山、上田、栃尾などに分かれていました。守護代は春日山の長尾能定・為義・晴景・景虎と続いていましたが、政景の上田長尾家は外戚として、重要な位置を占めていました。晴景・ ... » more
テーマ 戦国武将 新潟 中越 墓所

つとつとのブログ雲洞庵
雲洞庵 天地人ですっかり有名になってしまった「こんなとこ来とうはなかった」雲洞庵現在は、すっかり観光地と化してしまいましたが、元々は藤原氏の尼寺として開祖されたものです。藤原房前(鎌足の孫、不比等の子)が庵を開いた母親の菩提を弔うための ... » more
テーマ 戦国武将 新潟 中越 寺社・仏閣

神羅万象七天の覇者に出てくる敵キャラ大ボスが家康を元にしているのはわかった。七天3弾には徳川四天王、服部半蔵をもとにしたキャラも出てきた。さらに5人の姫も家康の娘たち。4弾では息子信康、秀康、秀忠も確認済み、石川 ... » more
テーマ 戦国武将

つとつとのブログ阿尾城址
阿尾城址 阿尾城は文禄年間(1570年頃)、菊池入道によって築城されました。菊池家は南朝方として活躍した九州の菊池党の末裔と言われています。阿尾城は氷見市阿尾地区の海に突き出た岩山の上に築かれていました。富山湾に面し、七尾への街道の分 ... » more

つとつとのブログ尾山神社
尾山神社 金沢市街を走る国道157号沿いの香林坊交差点の北側にあるのが、尾山神社です。なんといっても、和洋折衷のステンドガラスの神門が目立つ神社です。夜通ると点灯されていて幻想的な雰囲気を見せてくれます。この神門は創建当時は灯台として ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 09:33

「戦国武将」のブログ関連商品

» 「戦国武将」のブログレビュー をもっと探す

「戦国武将」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る