誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    臨床心理学

臨床心理学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「臨床心理学」のブログを一覧表示!「臨床心理学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「臨床心理学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「臨床心理学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

昨年の翻訳書発行、2回のシンポジウムをクリアし、かんもくの会の活動は第2フェーズに入っています。この度、会内に「保護者会発足準備会」、「行動療法実践研究会」、「特別支援教育・障害福祉研究会」、「当事者会研究会」、その他の部門を発足さ ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

2月4日の記事の続きです。緘黙症の当事者の立場からすると、どうして自分のことをもっとちゃんと考えてくれないんだ!?と不満に思うのは当たり前だと思います。私は30歳を過ぎて初めて緘黙症という言葉を知り、自分が当事者だったことを知り ... » more

かんもくの会の活動の最終目的は、場面緘黙症及び全緘黙症を巡る諸問題を全面的に解決することです。かんもくの会では、活動を拡大してそれらを円滑に遂行するために、会員による役割の分担化を模索してきました。その結果、この度、次の部門 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(4)

この記事のタイトルの問いに対する答えは、「場面緘黙症が放置されている責任は誰にもない」だと思います。私は場面緘黙症の問題を考え始めてからしばらくは、怒りをぶつける相手を探すという態度でいました。場面緘黙症の人たちはと ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(4)

先日、大阪でかんもくの会の当事者会員だけの集まりを催しました。これまで何度か会員の集会を開きましたが、当事者会員だけで集まるのは初めてでした。同じ当事者といっても状態は人によって全然違います。そういう人たちを一堂に集めてどん ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(4)

かんもくの会では2008年度も日本特殊教育学会と日本行動療法学会の年次大会でそれぞれ緘黙症シンポジウムを開催する方向で考えています。特殊教育学会年次大会は、2008年9月19〜21日に鳥取県の米子コンベンションセンターにて開催されま ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

前回の記事では、昨年は一気に丘を駆け登ったような一年だったと感想を書きました。たしかに一年終わってみるとそういう気がしましたが、よく思い出すと、「一気に」とはちょっといえない登り方でした。何度も落とし穴にはまっては這い登りし ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

昨年は、このブログを書き始めた頃から助走してつけた勢いと応援者の方々が背中を押してくれる力とで一気に丘を駆け上ったような一年でした。12月2日の緘黙症シンポジウムの後は少々休んでいます。丘を登れば次の丘がまた待っています。 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

かんもくの会の正式名称は「日本へ最新の緘黙症治療法をもたらす会」です。設立時は「緘黙児を支援する会」と名乗りましたが、実際に支援する能力はないので、誤解を与えないように会の目的そのものを表した名称に変えました。最新の緘黙症治 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(5)

悪夢にうなされる毎日でありますが、起きているときは一刻も早く緘黙症の支援体制を構築するためにあれもこれも着手しなければ・・・と四六時中考えています。近日中に新プロジェクトを一つ開始します。体がいっぱいあればいいのに!・・・と ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

また高校生の時の夢を見た。修学旅行に行っている夢。みんなからはぐれてひとりでさまよっている。いつになったらこんな夢から解放されるのかな・・・ ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

2回のシンポジウムを無事終えたことによって、かんもくの会としては目的達成のための第一ステージをクリアしたと考えています。かんもくの会の目的は、緘黙症を抱える子どもたちと後遺症に苦しむ人々に対する効果的な支援方法を普及させ、もともと特 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

前回の記事にいただいたコメントで、自分自身が体験を語ることによって「やるせない」気持ちを味わったことに共感していただきました。けれども、推察してくださった気持ちが実際私が感じた気持ちとはちょっと違っていたので、改めて、「やるせない」 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(6)

先日の行動療法学会でのシンポジウムでは、はじめに場面緘黙経験者の立場で話題提供を予定していた方に代わって私自身が話題提供をしました。シンポジウムの申し込みをした後に、人の前で過去のことを語ることがとても辛く不安だと本人が訴えてきたの ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(2)

行動療法学会のシンポジウムから帰りました。来場者数は72名だったと終わってから係の人から教えてもらいいました。今回のシンポジウムでは学会員の先生方から具体的な提言をいただきたいへん実りのあるものになったと思います。いくつ ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

今日、明日の緘黙症シンポジウムのリハーサルを行いました。全員まずまずOKという感じです。明日は午前8時に三宮駅に集合して会場へ向かいます。特殊教育学会のシンポジウムではたいへん気が張っていましたが、明日はリラックスして臨 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

今日から3日間の日本行動療法学会年次大会が始まりました。かんもくの会のシンポジストたちは、明日リハーサルを行います。前回の特殊教育学会でのシンポジウムのリハーサルは本番1週間前に行いましたが、今回は日程の都合で前日となりまし ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

明日30日からいよいよ行動療法学会の年次大会が始まります。今回は会場の下見には行きません。私たちの緘黙症シンポジウムは最終日12月2日の午前10時から。行動療法の先生方の活発な議論を呼ぶ内容の濃いシンポジウムにしたい ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

いよいよ行動療法学会のシンポジウムまであと10日となりました。前回のシンポジウムは準備にかなり余裕があり、粛々と進めているといった感じでした。けれども、今度は違って、もうぎりぎりであわてふためいてばたばたと駆け込みという感じ ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

最近3回にわたって特殊教育学会におけるシンポジウムの反省点ばかり書きましたが、全体としては私たちが訴えたかったことはほとんど訴えることができたので成功であったと考えています。とくに、最も重要なこと、即ち、一見大人しいだけに見える緘黙 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

2007年9月24日に日本特殊教育学会年次大会において開催した「緘黙症シンポジウム」は盛況のうちに幕を閉じ、300名近い来場者の方へ緘黙症の支援を訴えることができました。しかし、私は企画者ながら、同シンポジウムにおいて強調され、 ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症  コメント(3)

日本行動療法学会第33回大会において『緘黙症シンポジウム』を開催します「緘黙症シンポジウム」は大会の自主シンポジウムYとして開催されます。日本行動療法学会第33回大会学会の大会案内ページ 2007年11月30日(金) ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

9月の日本特殊教育学会年次大会での「緘黙症シンポジウム」に続き、今度は12月2日に日本行動療法学会年次大会において「緘黙症シンポジウム」を開催します。大会の開催場所は特殊教育学会と同じ神戸国際会議場です。今度のシンポジウムは ... » more
テーマ 臨床心理学 特別支援教育 場面緘黙症

最近自分の人との接し方に問題点を感じ、こういう本を読んでみた。総花的に心理学全般をわかりやすく語ってくれている。これも心理学の範囲か?と思うものもあった。能と知覚、知能と学習の心理学なんてのは意外だった。が、わかりやすい ... » more
テーマ 臨床心理学 読書 図解でわかる心理学のすべて  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/29 09:26

楽天市場のおすすめ商品

「臨床心理学」のブログ関連商品

» 「臨床心理学」のブログレビュー をもっと探す

「臨床心理学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る