誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    マテリアル

マテリアル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「マテリアル」のブログを一覧表示!「マテリアル」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「マテリアル」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「マテリアル」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ヒラタイマージャーのタイイング手順 前回タイイングしたヒラタイマージャーのタイイング手順です。テールはマラードフェザーを採用しました。フェザントテイルよりも柔らかい素材です。より水中になじみやすいマテリアルを使用する事でフライの姿勢を安定させます。 ... » more

フタオニンフのタイイング手順 フタオニンフそのものは登板機会が明確にされていない予備役的なフライなのですが、今から紹介するタイイング手順は今まで紹介していない手法を用いています。というとなんか凄そうなテクを紹介しそうですが、なんてことありません。ハーズイヤー ... » more

コカゲロウニンフのタイイング手順 コカゲロウ系、チラカゲロウ、フタオカゲロウの類はスイマー系ニンフと呼ばれ、すっきりしたボディーが特徴です。ハーズイヤーニンフのようなファジーな感じとは一線を画する必要があります。タイイングの際もいかにスリムでスッキリした形状のフ ... » more

釣りバカの陸上生活コカゲロウニンフ
コカゲロウニンフ 以前のエントリーで「ハーズイヤーニンフがあればほぼニンフフィッシングをカバーできる」なんて感じの記事を書いちゃいましたが、色々考えるとそうでもない。忘れてはならないのがコカゲロウ。早期においてこいつを無視する釣りはまず考えられな ... » more
テーマ マテリアル フライフィッシング フライパターン  コメント(4)

新しいマテリアルを開ける時 新品です(^^)v開けちゃいましたヽ(^o^)丿こういう時ってなんかワクワクしますよね。僕の息子の話になりますが、新しいマーガリンを開ける仕事は彼の専売です。誤って僕なんかが新品のマーガリンを開けちゃうともう大クレー ... » more

タシロニンフダブを使いました 今日のニンフタイイングは、ボディー材としてタシロニンフダブを使いました。ソラックスはハーズイヤーです。こういう素材はダビングがしやすい事や豊富なカラーバリエーションが利点です。小さめのフライも簡単に仕上げる事が出来ます。 ... » more

ハーズイヤーニンフタイイングの勘所 ハーズイヤーニンフのタイイングは別段特別な手順がないだけにタイヤーのスキルセットによって綺麗なフライになる事も、またその逆の不細工なフライになってしまう事もあり、その差が激しいジャンルです。実は綺麗に巻くためにはベテランタイヤーならでは ... » more

ハーズイヤーニンフのタイイング手順 ニンフと言えばハーズイヤーニンフ。今回はこのタイイング手順を紹介したいと思います。中級者以上の方にはつまらないエントリーになるとは思いますが、拙ブログは初心者の方々にもご覧頂いているので何卒ご容赦ください。さて、このフラ ... » more

ハーズイヤーニンフを巻きました 前回のエントリーで予告通り、本日はニンフをタイイングしました。巻いたフライはハーズイヤーニンフ。トラディッショナルにボディーを全てハーズイヤーで巻きました。明色系と暗色系をそれぞれ3本ずつ。フックはTMC102Y#1 ... » more

釣りバカの陸上生活TMC531について
TMC531について 僕のフライの約半分はこのTMC531フックでタイイングされています。「魚を釣る」という点においては僕の中で最強のフックです。こいつのいいところは細くて軽い事。軽い事は浮力に貢献しますし、細いという事はスリムボディーフライから ... » more

コーチマンパラシュートのハックルカラー ロイヤルコーチマン。スタンダードタイプであるが故に色々なインスパイアフライが世の中に存在します。私の定番フライコーチマンパラシュートもそういったインスパイア系フライの一つです。レッドフロスのボディーを省略し、なおかつパラシュ ... » more

さすがに手番が多いな 今日は15分程度しか時間がなかったので生産量は少なめです。それにしてもふたつかぁ。H&Lソラックスは腰を落ち着けて製作に挑まなければ。マテリアルもこんなに使いますからね。ハックルストリップドピーコックピー ... » more

釣りバカの陸上生活ヘッドセメント
ヘッドセメント 僕のフライタイイングではヘッドセメントは使いません。かつて初心者の事は使っていました。ところがある時ヘッドセメントがあろうとなかろうとフライの耐久力に差がない事に気がつきました。以来まずもって使いません。しかしながら、なぜか ... » more

釣りバカの陸上生活タンカラー???
タンカラー??? さて問題です。タンカラーのフライを巻くとすればどちらのハックルを使うでしょう。普通右ですよね。ところが僕は左を使うんです。左ってタンカラーっていうよりはブルーダンじゃないですか(汗)実際ライトタンのボディーカラーと組 ... » more

釣りバカの陸上生活タイイングロット
タイイングロット 同一のパターン、サイズで一回のタイイングの数を私はタイイングロットと呼んでいます。今日はこのタイイングロットを決める要素について書きたいと思います。CDCダン等のノーハックルパターンについてはタイイングロットはその日の調子や気分 ... » more

ブラックボディーとハックルの組み合わせを比較しましょう 私の場合陸生昆虫系のブラックボディーに対してはハックルは黒、水生昆虫系のブラックボディーに対してはハックルはグリズリーを主としています。イメージを比較してみましょう。マイクロテレストリアルとクロマダラソラックス、それぞれ#1 ... » more
テーマ マテリアル フライフィッシング フライパターン

ニンフボディーのダビングにはこれがないと! ワックスは必需品です。スレッドにしっかりワックスした後にダビング材を撚りつけます。主なダビング材としては以上の二つ、タシロニンフダブとハーズイヤーとなります。これらはなかなかスレッドと馴染んでくれません。ワックス ... » more

リトルクロカワのタイイング手順 今回の新作リトルクロカワに特殊なタイイング手順はありません。黒っぽいマテリアルとクロカワムシらしいバランスが表現できれば何の問題もないはずです。今回はボディーにタシロニンフダブ、ソラックスにはハーズイヤーのブラックを使用します。 ... » more

ストーンフライニンフのタイイング手順 先般紹介したストーンフライニンフのタイイング手順です。特徴は何と言ってもターキークイルを用いたオーバーボディーとアンテナです。オニチョロやキンパクといった餌釣りで重用されるストーンフライをイミテートしているので全体的に明るいイエ ... » more

メイフライニンフのハーズイヤーの量 TMC102Yの#13では大体くれくらいですね。最初にスレッド保護のために固めにハーズイヤーを撚りつけてその後ニードルで掻きだされるファーを柔らかめに撚りつけます。巻きつけるとこんな感じです。その後ウィングケースとヘ ... » more

フェザントテイルボディーを綺麗に巻きたい メイフライ系ニンフでのボディーとソラックスの比率はフライのバランス上かなり気になる点です。本来ならば1:1位が一番見栄えのいいところなのですがタイイングの次第でソラックス部が小さくなり、それがヘッドのスペースに影響し何やらバランスの ... » more

CDCピューパのタイイング手順 今回紹介するCDCピューパのタイイング手順はCDCスペントをほぼ同じです。相違する点はボディー材。CDCスペントは#18までのミッジパターンであるためボディーはスレッドのみで成型しますがCDCピューパはフラットティンセルないしは ... » more

カディスピューパのタイイング手順 カディスピューパのタイイング手順は先般のブログで説明した通り簡単です。ですが、ひとつひとつの工程にちょっとした気配りをするかしないかで出来が大きく違ってしまいますので今回はその辺の「ちょっとした気配り」を紹介したいと思います。何 ... » more

念のため視認性の高いパターンも CDCスペントは前回紹介したとおりローテーションの最後の方で登場するフライなので視認性に特段気を使う必要がありません。ライズしているポイントは明確ですし、このフライを投入するまでに何度となく別のフライで「投球練習」をしているのでコントロ ... » more
テーマ マテリアル フライフィッシング フライパターン  コメント(1)

ガガンボパターン考察 本物のガガンボのカラーは夏場はダークダンというかくすんだ色が多いのですが早春にハッチするウスバヒメガガンボは鮮やかな黄色や白の個体が目立ちます。大型種は黄色、小型種は白といった感じでしょうか。特に白の個体はスーパーハッチする事がある ... » more

前回サンスイで何を買ったかというと 6歳の息子を連れて何度となく渋谷サンスイにお邪魔しているわけですからそろそろ店員の方にも覚えられているかもしれませんね。何にせよ入店しても珍しそうな顔をされない。むしろ「また来ましたね。」って雰囲気を感じます。当方は迷惑になって ... » more

グリズリーの方が良くないか? 今年新開発のソラックスビーのタイイング。このフライはハックルを決めていません。ブラック・チョコレートブラウン・バジャーとバリエーションを作っています。今日は何とはなしにグリズリーハックルを使ってみました。すると!!! ... » more

釣りバカの陸上生活虫走る!
虫走る! 本日のタイイング中の事。エアロドライウィングの中から極小の虫が走るのが目にとまりました。人差し指でブチっ!瞬殺。早速対策を施します。危ない所でした。今年は対処が遅れていましたね。それにしてもエアロ ... » more

ピーコックハールの余り コーチマンパラシュート#12を巻いた昨日の話です。#14まではピーコックハール1本で巻くのですが#12では2本使用します。よりボリューム感を出すためなのですが余りが中途半端。捨てるにも気が引ける長さ。そうは行ってもコ ... » more

スレッドを替えてみましたが・・・ 18番以下のフライにおいて私の場合はボディーはスレッドで作られる事が大半です。ボディー材としてのスレッドはユニスレッド8/0を用いていたのですが、ふとひらめいてユニスレッド6/0で試作してみました。狙った効果はより虫らしい体節表 ... » more
テーマ マテリアル フライフィッシング フライパターン  コメント(6)

 

最終更新日: 2016/09/21 14:07

「マテリアル」のブログ関連商品

» 「マテリアル」のブログレビュー をもっと探す

「マテリアル」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る