誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読書メモ

読書メモ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読書メモ」のブログを一覧表示!「読書メモ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読書メモ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読書メモ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

そういわれて何と答えるだろうか知識を増やす教養を深める仕事のノウハウを身に着けると、ありきたりな答えならば答えられるが、では社会人になってもなお、読書をする理由は?知識を増やすなら、仕事の書類を読んだ ... » more
テーマ 読書メモ

将棋棋士・羽生義治氏の「直観力」(PHP新書)読了。混迷の時代を生きる為の一つの指針となるのが「直感力」だと著者は述べています。負のスパイラルに陥った現代を救うには個人個人が正のスパイラルを起こす必要がある。その為に必要なのが堆く積 ... » more
テーマ 読書メモ

・ひとつひとつの事象について徹底的に考え抜き、結論を出すプロセスを繰り返すと、思考停止に陥らなくなる。思考停止とは安定を求め、自分の皮膚感覚や感情、生き方そのものに、こだわりを捨てるところから始まる。・自分の思考で情報をリサーチして ... » more
テーマ 読書メモ

★読書メモ★・人のやる気は5秒で終わる・ワーキングメモリを節約して思考力の容量を増やす・リソース使いのポイント@自分のところで流れを止めないA他人の時間を価値に転換させるBプロセスの詰まりを解消する ... » more
テーマ 読書メモ

J.R.R. トールキン/『ホビット―ゆきてかえりし物語』 現在、映画版3部作の最後が絶賛公開中のJ.R.R. トールキンの名作「ホビット」の原作本です。最初は「指輪物語」に挑戦しようと考えていたのだが、たまたま立ち寄った本屋でこの「ホビット」の上下巻を見かけ、映画も公開されることだし、 ... » more
テーマ 読書メモ

早坂吝/『○○○○○○○○殺人事件』 読書の秋ということで。早坂吝氏という人の『○○○○○○○○殺人事件』。第50回メフィスト賞受賞作だそうです。一日で読了しました。まあ簡単に言うとですね「推理小説+エロ小説+ラノベ」みたいな感じの本です。○○○・・・の中にはあ ... » more
テーマ 読書メモ

より、個人的なメモなど少しφ(・ω・ )かきかき 。▼ごはんは抜かない事。とくに朝は食べること。人間が活動するためのエネルギーは「糖質」「脂質」「たんぱく質」の3つ。糖質は運動などをしたとき、始めに使われるエネルギー ... » more
テーマ 読書メモ

フィリップ・K. ディック『マイノリティ・リポート―ディック作品集』 フィリップ・K. ディックの短編集です。世界観としては形而上学的な内容のものがほとんですが、どれも作者一流の機知とユーモアと風刺に富んでいて、オチも分かり易く、楽しく読めました。「水蜘蛛計画」に登場する予知能力者が実在する著名な ... » more
テーマ 読書メモ

ほうれん草『とんび』読後感想
不器用で頑固な「昭和の親父」ヤスが一人息子のアキラといかに向き合い、育てていくかという話 この本を原作にした同名のTBSドラマを、職場の先輩が毎週泣きながら一人で観ていたそうだ 「泣ける」と一 ... » more
テーマ 読書メモ

アントニオ・メンデス『アルゴ』 読書メモ。1979年にイラン革命が起こり、武装した過激派の学生がテヘランのアメリカ大使館を襲撃。52人の関係者が人質になる。その際、6人の外交官が大使館から脱出し、カナダ大使に匿われていた。彼らを救出するためにCIAが立案し ... » more
テーマ 読書メモ

読書メモ。いわずと知れたクラーク氏の超有名SF作品です。一言で言うと、いわゆる地球人類が○亡するという物語なのだが、それに至る過程、結末が他のどの作品にもみられない程独創的、かつ哲学的、詩的なもので、読み終わった後は ... » more
テーマ 読書メモ

読書メモ。筒井康隆氏の、ストーリーなんてあってないが如しのもう何でもありのハチャメチャSF短編集です。書かれた時期の世相の関係もあるんでしょうが、作品の端々に出てくる農協とマスコミと学生運動への痛烈な風刺がすさまじい ... » more
テーマ 読書メモ

マックス桐島『ハリウッドではみんな日本人のマネをしている 』 ハリウッドの日本人プロデューサーの著したジャパナイズされるアメリカ、アメリカ人に関する本。今、アメリカでは日本の食べ物やサブカルチャーといったものだけではなく、お歳暮、土足厳禁、飲みにケーションといった日本人の行動様式や精神風土が大 ... » more
テーマ 読書メモ

『魂の脱植民地化とは何か』(青灯社)キーワード:魂の脱植民地化要調査。人間が型にはめられて使われる状態、それを「魂の植民地化」と呼んでいるのですが、「魂の脱植民地化」、つまりそこからどう抜け出したらいいかを考えることが現 ... » more
テーマ 読書メモ

東京凸凹地形案内5mメッシュ・デジタル標高地形図で歩く(別冊太陽太陽の地図帖16) ... » more
テーマ 読書メモ

アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅』 どうも、こんにちは。アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」読了。高名な映画の方は中学のときぐらいに一度見たきりで、その時にはただよく分からん映画だな、という感想。この小説版にはそういう映画の中では象徴的でなんだかいま ... » more
テーマ 読書メモ

という本を読んだ。著者は慶応大学教授でクラシック評論家の許光俊氏。タイトルは「世界最高のクラシック」とあるけれど内容は曲の紹介というよりほとんど指揮者とオーケストラの話のみ。フルトヴェングラーからサイモン・ラトルまで ... » more
テーマ 読書メモ

神代創『パートタイムプリンセス』 読書メモ。「パートタイムプリンセス」読了。著者はサントラファンにもおなじみ、SF作家の神代創さん。7作目のオリジナル作品だそうです。どこにでもいる平凡な男子高校生がある日、別世界の王国の王女様と精神だけが入れ替わ ... » more
テーマ 読書メモ

WEBネタ帳 なたろぐ「靖国問題」
追悼が顕彰に変わるとき、「死」の原因となった戦争が正当化される。これは新たなる死への「志願者」を絶やさないための仕掛け。筆者は最終的な結論として「憲法9条」が条文通りの形で機能する「不戦国家」にならない限り、どのような「追悼」の施設も同 ... » more
テーマ 読書メモ

お笑いタレント「爆笑問題」の太田光氏と宗教学者中沢新一氏の対談。日本国憲法は第二次大戦敗戦後の占領下という特殊な環境下で様々な偶然が重なり合ってできた「希な存在で壊されやすい危険性を持った物」であるという認識。「世界遺産」とはこの特質におい ... » more
テーマ 読書メモ

日下公人『食卓からの経済学』 最近の読書ネタ。「食卓からの経済学」日下公人・著/祥伝社黄金文庫これはとても楽しい本です。個人的に著者の日下公人さんのファンという事もあって、当初は彼の本ならなんでも読んでやろうというぐらいの気持ちで、特 ... » more
テーマ 読書メモ

ども。ちょいと遅いけども、「どくとるマンボウ」シリーズというエッセイで有名な作家の北杜夫さんの話題でございます。先々月お亡くなりになられましたね。新聞で知った時はびっくりしました。最初に読んだ彼の本は、中学の頃本屋でふと手に ... » more
テーマ 読書メモ

慶應通信卒業への道いざ鎌倉へ
読書メモ源頼朝(1) (山岡荘八歴史文庫)講談社 山岡 荘八 Amazonアソシエイト by 天才戦術家として名高い「源義経」。源平合戦の第一の立役者にもかかわらず、兄「頼朝」と争い、悲劇の最期を遂げます。義経は ... » more
テーマ 読書メモ

慶應通信卒業への道逆説の日本史
読書メモ逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)小学館 井沢 元彦 Amazonアソシエイト by 有名なので、どんなもんかなと読んでみたら、あっという間に惹き込まれてしまって、最後まで読んでしまい ... » more
テーマ 読書メモ 文学、日本史

慶應通信卒業への道梅雨
最近、うちの周りにはあじさいがとてもキレイに咲いています。ついこの間は美しい桜に感動していたのに、四季っていいですね皆さんはどの季節が一番好きですか?私は秋が一番好きです。秋の季語でもあ ... » more
テーマ 読書メモ

読書日記ホッブズの社会契約論
<自然状態>ホッブズの論理においては、人間は自然状態においては、何が正しく何が正しくないかを各人がみずから判断する。それゆえ、そこにおいては、何が善であり悪であるかについての、共通の認識は生まれず、互いの異なる善を追求するもの同士の間で ... » more
テーマ 読書メモ

難しい文章ばかり読んで疲れてきてるので図書館から楽しそうな本を借りてきました。気分転換用なので簡単なものばかり1冊目は福沢諭吉 (この人を見よ!歴史をつくった人びと伝)ポプラ社 プロジェクト ... » more
テーマ 読書メモ

読書メモ今までいわゆる「レポートの書き方」といった本を読んでいなかったので読んでみました。本来なら入学してすぐ読まなくてはいけない本ですね。レポート・論文の書き方入門慶應義塾大学出版会 河野 哲也 Amazonアソシエイ ... » more
テーマ 読書メモ

慶應通信卒業への道スポーツとは何か
せっかく大学にいるので、たくさんの本を読み、心に残った本を書き留めていこうと思います。本を読むのが遅いので速読の訓練、自己啓発が目的です。できるだけたくさんの本を書きとめ、あとで振り返りニマニマしたいと思います(笑)慶応 ... » more
テーマ 読書メモ

APAC Short Term 生活読書メモ
最近本を読んでいなかったので、頭の体操を兼ねて、本の読み方、まとめ方を練習しようかと。最近ブログもアップしていなかったのでこちらで読書メモをまとめてみます。 ... » more
テーマ 読書メモ

 

最終更新日: 2016/12/06 08:31

「読書メモ」のブログ関連商品

» 「読書メモ」のブログレビュー をもっと探す

「読書メモ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る