誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    表現

表現

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「表現」のブログを一覧表示!「表現」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「表現」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「表現」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

講義要綱 芝浦工大・公開講座;映画で学ぶフランス語の表現2009 本多敬T.Honda カルメンという名の女テーマ ΓΝΩΘΙΣΑΥΤΟΝ グノーティサゥトン 汝自らを知れ ―問題提起―神話的イメージとリアリズム相反するもの、互いに反発するもの、相異なるもの同士 1、カルメン ... » more
テーマ 表現 教育

講義要綱  芝浦工大・公開講座;映画で学ぶフランス語の表現2009   パッション パッションテーマ神話イメージとリアリズムの葛藤 私達自身の肖像画をつくること1ボードレールの詩LesChat (Charles Baudelaire)Lesamoureuxfervent etle ... » more

講義要綱  芝浦工大・公開講座2009;映画で学ぶフランス語の表現  本多敬T.Honda ゴダール;パッション(続き)課題1会話A,Bをよく観察して、HANAとISABELLEの関係を考えるポイント;HANAのキャラクター工場主の愛人。アナはこの地域の生まれではなく、(工場主がイギ ... » more

ゴダール映画で学ぶフランス語の表現 (閲覧用)  本多敬T.Honda 映画史の旅ゴダール、かく語りき私にとっての特権とは、 映画を撮ること、 そしてフランスで芸術家として暮らすことだ。 抗しがたい衰退への道を、毎日一歩ずつ下っていく国というのは格別である。 みんなそろっ ... » more
テーマ 表現 芸術

戯曲 「マルクス、未来を思い出す部屋」 (1)   本多敬作 未来を思い出す部屋本多敬作登場人物ジェニーマルクス(カール)エンゲルス(フレデリック)八百屋ドクター・フロイト女中ヘレン工事請負人ダンナレーターA(乗客1)ナレーターB(乗客2) ... » more
テーマ 表現 戯曲 思想

戯曲 「マルクス、未来を思い出す部屋」 (2)  本多敬作 第二幕ジェニーとマルクスシンメトリーと相似比の造形美で貫かれた建物が立ち並ぶウィロー通り。界隈のハムステッドの住人たちは、通りをほっつき歩く青ざめた顔のジェニーの姿を好奇の眼差しで眺めている。ジェニーにはその一つ ... » more
テーマ 表現 戯曲 思想

戯曲 「マルクス、未来を思い出す部屋」 (3)  本多敬作 第四幕手紙を書く女ベッドルームの中。ベッドに横たわるジェニーとマルクス。ジェニーは起き上がり、ベッドから離れ、窓に近寄る。外からの光を避けるようにカーテンをひいて、ベッドに近づく。カーテンの隙間から漏れて ... » more
テーマ 表現 戯曲 思想

サルトル、悪魔と書いた奇妙な戦中日記本多敬作登場人物サルトル悪魔パトリック母親娘ゴダール街の人A街の人Bボーヴォワール舞台第一幕アルザス地方の農家、母屋とそれに隣接した ... » more
テーマ 表現 戯曲 思想

c第二幕第一幕から30年後の1969年。大通りに面したパリのカフェ。サルトルは本となった「奇妙な戦争日記」を横にいるボーヴォワールに手渡す。ボーイが暖かい牛乳を運んでくる。サルトルはチップを渡す。レンブラントの「夜警」と従軍したサル ... » more
テーマ 表現 戯曲 思想

1空間都市の肖像を描くこと - バベルの塔としての舞台空間バビロンは、ヨーロッパの文脈からみると、圧制と亡命を象徴する、現存したメソポタミア文明の一都市の名である。また、その名は、天の高みにまで築かれたバベルの塔について ... » more
テーマ 表現 批評 演劇

6解釈「資本論」の舞台化としての「ブレヒト小屋」における「避暑地に訪れた人々」― 芸術至上主義批判の覚醒近年の金融危機の影響で、「資本論」がドイツ、フランス及びイギリスで再び脚光を浴び、経済学者としてのマルクスの恐慌 ... » more
テーマ 表現 批評 演劇

際限なく落ち込んでいく日本の大人と子どもたちの創造性や思考力を救うにはどうしたらいいのでしょうか?ーそして未来の日本を背負う日本の子どもたちの学力や想像力を育てるには?ーしかし学力とはなにを意味しているのでしょうか?ー人間を元気 ... » more
テーマ 表現 絵地図 学校

こんな瞬間を歌に。「別れの詩」Mireille Mathieu "Un Dernier mot D_amour"この詩が好きな方、結構いるんじゃないかな。 ... » more

2011年3月19日、絵地図分析第1回ワークショップが開催されます 第1回絵地図分析特別ワークショップ とき:2011年3月19日(土曜日)午後6時半ー10時ところ:中目黒GTプラザ主催:国際識字文化センター(ICLC)参加数:20名に限定申し込み:iclc200 ... » more
テーマ 表現 絵地図 ことば

ブログ :: いつの日か神様は微笑んだ
女子バレーボール世界選手権が開幕した。全日本初戦の対ポーランド戦、いや〜もう本当に手に汗握る接戦で、ギャーギャーワーワー!いけーっ!よーしっ!4年前のこの大会で ... » more
テーマ 表現 日記

さくらくらにっき詩と表現
もう1ヶ月以上も書いていなかった。やはり何事もゆるゆるやるのが一番ですよね。最近は詩を書きます。歌を作るためですが、こうやって、私が生んだ言霊が、実際誰の目にも触れず、音楽として具現化されぬまま、消えてゆ ... » more
テーマ 表現 音楽

ブログ :: いつの日か宇多田ヒカル
宇多田ヒカルは、何故、愛の讃歌を歌おうと思ったのだろう。CMを観て興味が湧いた。 ... » more

教育テレビでやっているのを偶然見つけた。合唱にはまっていた大学生の頃、仲間達と憧れていた、あの「キングズシンガーズ」だ!メンバーの交代はあっても気持よくさせてくれる響きは健在。最後に歌って ... » more
テーマ 表現 日記 音楽

Je suis malade 「灰色の途」Serge Lama直訳では「私は病気です」伴奏をしていると、歌詞というよりメロディーに惹かれるんですよね。この曲の山あり谷ありの構成は魅 ... » more

甘く切ないメロディー、なんともいえませんね。さて、先日書いた「遠い島」の別の歌手が歌っていたものを見つけました。どこだったか忘れてしまい散々探した結果、ありました!ありました! ... » more

アラビア「SE NON E' PER AMORE」オルネラ・ヴァノーニ直訳すると「それがそうでないのなら、愛のため」です。果たして何のこと?ってな感じですが、素敵なメロディーですよね。 ... » more

再会「je n'pourrai jamais t'oublier」ニコレッタ人気があって歌いたいという人は多いけれど、元歌は聴いたことが無いという方がほとんどなので載せてみた。 ... » more

幻の日々「La voglia di sognare」 オルネラ・ヴァノーニタイトルも好きだけれど、イントロがなんとも言えなく好き。曲全体を聴いただけで吸い込まれそうになる。 ... » more

遠い島「l'ile lointaine」二つしかない旋律。歌詞は忘れたけれど、無性に切なくなる歌だった。別の男性が歌う動画があったはずなんだけれ ... » more

イヴァ・ザニッキ 「CORAGGIO E PAURA」〜プラットホームシャンソン・カンツォーネの伴奏者として修行を始めた頃に、働いていたお店「シャンソニエプチ・テアトル」の店主・歌手であった故 ... » more

ミーナが歌う「E Penso a Te」は、古いけど何所か新鮮でかっこいい!誰か歌ってる方はいらっしゃいませんか〜Mina 「E Penso a Te」〜いつもあなたのこと ... » more

ブログ :: いつの日かちあきなおみ
「紅とんぼ」寝る前なのに、泣いてしまった。「アコーディオン弾き」やっぱり、凄い。 ... » more

何かテンプレがあるわ…どうせなので答えましょう。★まずはご挨拶をどうぞ。今日は焼酎を飲んでいるよ、こんばんは。★ブログを書こうと思ったきっかけは?私の行動の全ては思いつきと衝動だよ。★どんなブログにしたい ... » more

ブログ :: いつの日か帰り来ぬ青春
帰り来ぬ青春・・・このシャンソンは国内外問わず色んな人達が歌っていますが、その中でも梓みちよが歌ったのが印象に残っています。全体的にはおおらかに歌い上げるという形ですが、「こんな風に青 ... » more

詩歌の可能性をば。∞ある句会の選句へ。 ある句会の選句と合評をとっても愉しく読ませていただけました、のみならず、なかなか知識も力量もお備えの気鋭俳人たちの「語感のひっかかり」におれ自身の「語感のひっかかり」がまったく同調していることも再確認させ ... » more
テーマ 表現 句会 詩歌の可能性をば

 

最終更新日: 2016/11/29 07:28

「表現」のブログ関連商品

» 「表現」のブログレビュー をもっと探す

「表現」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る