誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    お墓

お墓

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: お墓参り
類似テーマ: お墓 
テーマ「お墓」のブログを一覧表示!「お墓」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「お墓」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「お墓」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

お墓参り支援クラブお墓参りクラブ
こんにちは。お墓参り支援クラブにお立ち寄り頂き有り難う御座います。当ブログでは、お墓やお墓参りに関するお役立ち情報を掲載して行きたいと思います。お墓参りには年に何回位行っていますか?私は年に2回位です。春のお彼岸にも行って来ました。 ... » more

どじょうの詩私のお墓
“私のお墓の前で泣かないでください・・”という歌が昨年か一昨年流行った。清々しい歌声で、だけどどこか切なく聞こえる良い歌だ。けれども、私は自分のお墓は必要ないような気がしている。お墓の存在の意義は何だろうかと考える。きっと故人をいつまでも忘 ... » more
テーマ お墓 樹木葬 散骨

乃木神社の近くで見つけた最強力士・雷電為右衛門の墓 今年も1月2日に乃木神社(港区)にて初詣をしました。毎年の初詣を乃木神社と決めている理由をついては昨年今頃のブログ乃木神社と乃木希典にて乃木希典に対する私の評価と共に詳しく書いたのでここでは省略します。初詣を終えた後に地下鉄・赤坂見 ... » more

村形明子編訳「フェノロサ夫人の日本日記」と仏教の「十戒」 昨年11月22日に東京大学にて開催されたフェノロサ没後百周年記念講演会の内容については私のブログ東京大学の「お雇い外国人教師」だったフェノロサ(1853-1909)の現代的意義を考える講演会で取り上げました。その講演会に間に合わせて上梓され ... » more
テーマ 美術  コメント(2)

Ban'ya墓の草抜き
墓の草抜き 帰省と墓参り、そして墓の草抜きが、いつもワンセットになっている。神戸の篠原北墓地には、8月11日(月)の午後に云った。親戚の乾千明さんが、すでに草を取っていてくれた。この墓地から南を見下ろすと、新しいビルが目立つ。 ... » more
テーマ 俳句 ふるさと

Ban'ya祖父母の駆け落ち
初盆の伯母のM・Mの遺影の前で、いとこのH・Mが、伯母の最期以外にいろいろ語ってくれた。共通の祖父母J・M、R・M夫婦がいとこ同士で、結婚が認められず、駆け落ちした。祖母のRは、もともとH家の娘。美人で気立てのいい女性だったようだ。 ... » more
テーマ 俳句 ふるさと

地震でお墓が大変な事になっていました。 前回の栗原での地震では、墓石は無事だったので、今回も大丈夫だと、思ったら近所の人がお墓が大変な事になっていると、教えてくれました。行って見たらお墓には石屋さんの重機がたくさんあり。至る所で墓石や灯籠が倒れていました。家のお墓は、石が台からず ... » more
テーマ お墓 登米市 地震

年に7・8回はお墓に行く。家から車で15分程度で行けるからか、とにかくよく行く。現代のカロート式お墓は、「暴き墓」という指摘を本で読んだ。死んだ者が出るたびに、お墓を暴くのだから、そう言われても当然だ。それで祟りがあると ... » more
テーマ お墓 両墓制 暴き墓

高平寺通信新しいお墓選び
新しいお墓選び 栃木県の佐野インターのそば、みかも山にある真言宗のお寺「高平寺」で、樹木葬形式のお墓の提供を始めて一ト月がたちました。わずかな間に、多くの方からお問い合わせを頂き、反響の大きさに驚いております。今後も高平寺は、お墓に対する不安や悩みが少 ... » more
テーマ お墓 樹木葬 お寺

ちかごろの祐信ラストシーン
ラストシーン 何にでも始まりと終わりがあるように、墓にもいずれ最期のときが訪れます。終わりのそのあとを担当する墓にも。この墓はぼくと同じ1954年に建てられ、5人の遺骨を守ってきました。最後のひとりが亡くなり、縁者が5人分の遺骨をひとつにまとめ、 ... » more
テーマ お墓

読みかけていた『祝祭がレジャーに変わるとき』(指昭博編、創知社、1993年)を読み終えた。副題は「英国余暇生活史」。さまざまな興味深い事柄が書かれていた中で、感覚的に共感した個所が今日読んだ最後の章中の「『墓』を楽しむ――もう一つの ... » more
テーマ 世界観

「相談」を見ていると、ちょっかいを出してくる人間はどこにもいるんだなと思う。<小学校の時に母親と死に別れ、新しい母親が出来て妹ができた。それから父がなくなり、今度は後妻で入った新しい母親が亡くなった。同じ墓に入れようとしたら、親戚が ... » more
テーマ お墓 先妻と後妻 祈祷師

羽鳥湖高原情報新撰組局長近藤勇の墓
新撰組局長近藤勇の墓 羽鳥湖高原には、また雪が降ってしまいました。金曜日の夜、別荘に到着すると、久しぶりの満天の星空だったのですが、どこからともなく雪がちらちら降っていました。土曜日の朝目が覚めると、一面うっすら真っ白ってな感じでしたが、昼は天気 ... » more
テーマ 歴史

いついつまでも念じればかなうはず?
今日はお買いものday。食材はいつも隣の町まで出かけていたけど昨日ガソリン満タンにしたら151円になってた・・・。20年前3.0エアサスソアラのパールホワイト2トン最終モデルに乗っていた。2番目に愛した車。(ウーパールーパーになる前 ... » more
テーマ お墓 病気

重ねる日々の羽ばたき  彼岸
先日、父から電話。「20日にお墓参り行こうよ」「だめだめ。24日が一般質問なんだから。原稿作らなきゃ」結局、兄一家が父夫婦に同行してくれることになった。ありがたい。持つべきものは、兄。正直な話、実母の墓参りに、継 ... » more
テーマ 彼岸

ちかごろの祐信カムバック
カムバック ときどきこういうものが地中から現れたりして、どうしたらいいかと相談をもちかけられます。「お墓参りのときに知らずに踏んでいたみたい。娘が最近見た夢に出てきた通りだ・・」そういう敏感な人は、世間にはたまにいます。刻まれた戒名を調 ... » more
テーマ お墓

韓国では、今でも土葬が主流らしい。それは、キリスト教の影響だけでもないらしい。韓国では儒教の名残りなのか、年長者への礼儀や家長への礼儀が重んじられるが、お墓は個人を葬る形だ。日本では一般的な「○○家のお墓」や「先祖代々のお墓 ... » more

韓国のお墓 日本では昔から火葬が多く,今ではほぼ99%が火葬ということで,お墓はお骨が治まるだけです。いっぽう,ここ韓国では,ほとんどが土葬だそうです。韓国ドラマの好きな方はきっと見たことがあるでしょうが,いろんなところにお墓の土盛りが見ら ... » more
テーマ 韓国 儒教

ちかごろの祐信永代供養墓科集合型属
永代供養墓科集合型属 きのうの朝日新聞の生活面の「備える」という欄で、永代供養墓の話をしていました。それだけ世間の関心が高まっているということでしょう。うちの「イチョウのうてな」は、永代供養墓の「集合型」に分類されるようです。イラストの墓地も、どことなく似て ... » more
テーマ お墓

遊牧民時代の墓地−その2− しかし、翻って考えてみると、子孫の都合で先祖を連れまわすのはいかがなものでしょう。先祖の墓のある土地はルーツ、文字通り「根っこ」です。これだけ人間が動く時代になったからこそ、先祖の墓はルーツとして残しておくという選択肢もありうるように思いま ... » more
テーマ お墓  コメント(6)

遊牧民時代の墓地−その1− 事情があって預かってほしいと、先祖の位牌を持ってきた人がいます。永代供養というわけではありません。だけど話を聞いてみると、家で祭れる時がくるとも思えません。こういうケースは、預けたことを忘れることのないように、わずかばかりですが預かり料を決 ... » more
テーマ お墓

鎌倉ちょっと不思議な物語89回後醍醐天皇の皇子護良親王は、かの「建武の新政」で晴れて征夷大将軍となったのだが、父後醍醐のために、全知全能を傾けて、日本全国の戦場を駆け巡ったにもかかわらず、宿敵足利直義の手によって、鎌倉の大塔 ... » more
テーマ 怨霊 鎌倉

ちかごろの祐信無魔成満
無魔成満 開眼供養、無事終わりました。きのうは、暑いほどの好天でした。僧侶、総代、詠歌連、施工業者、遺骨関係者、篤信の常連など、80人ほどの方々の参列をえました。短い期間の取り組みでしたが、写経も300巻以上が納められました。詳細は、「百日紅 ... » more
テーマ お墓 仏教行事

ちかごろの祐信まつりのいそぎ
まつりのいそぎ きょうはいよいよ永代供養墓の開眼供養。きのう、永代供養墓のことなど何も知らずに、遺骨をお願いしたいという人が現れました。こんなに徳のある人もいませんね。きょうの法要で一緒に納めます。いつものように、「ご祝儀の類はご辞退します」と ... » more
テーマ お墓

ちかごろの祐信さても南京玉すだれ
さても南京玉すだれ 永代供養墓の開眼がいよいよあさってになりました・・。なんてメールを送っていたら、「あさって」という言葉が気になってきました。「あ、さって」という「合いの手」の話ではありません。「あさって」って、漢字で書けば「明後日」ですが、これに「 ... » more
テーマ お墓 言葉

ちかごろの祐信最後の1枚
最後の1枚 永代供養墓をめぐる話題を、暫時紹介しています。これが銘板。これをはめこんで、完成ということになります。これが開眼法要のオープニングセレモニー。工事のときは何も手伝わずに、最期の1枚だけ板をはめて完成なんて、いいとこ取りの典型みたいな話で ... » more
テーマ お墓  コメント(4)

ちかごろの祐信木津処理場
木津処理場 永代供養墓は、永代供養の仏さんたちの遺骨を納める空間というのが基本的なコンセプトですが、しばらく墓を作れそうにない家の遺骨も預かることになりました。永代供養だけでない、遺骨の一時預かりの場としても活躍してくれそうです。とりあえず開眼 ... » more
テーマ お墓

ちかごろの祐信視察
視察 総代会は、取り立てて何もなければ、正月に新年会を兼ねた集まりをするだけですが、去年は、春に壁画の歓迎会が、秋には晋山式があったので、例年になく幾度か会を持ちました。今年は、正月以来2度目です。永代供養墓の開眼を10日後にひかえて、総 ... » more
テーマ お墓 アート

ちかごろの祐信エントランス
エントランス ダンボール箱ふたつになった永代供養の遺骨を、火葬場に焼いてもらいに行きました。ここは木津火葬場の3号炉。写真の台は、普段は遺体が乗せられる部分。きょうもかなりリアルな写真で申し訳ないです。焼いても嵩はほとんど減りませんでした。結局ほ ... » more
テーマ お墓  コメント(4)

ちかごろの祐信鳴門原人
鳴門原人 永代供養墓の開眼供養まで2週間。準備が進んでいます。石屋さんたちが、「無縁墓地」に納めていた遺骨の収拾に来てくれました。本来はぼくのやるべき仕事です。ありがたいことです。累代墓に「寄せ墓」したときに、土葬されたものを掘り返してここに ... » more

 

最終更新日: 2016/09/21 07:11

「お墓」のブログ関連商品

» 「お墓」のブログレビュー をもっと探す

「お墓」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る