誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    黒澤明

黒澤明

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「黒澤明」のブログを一覧表示!「黒澤明」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「黒澤明」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「黒澤明」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

羅生門、1950年の映画ですが、今はもっとひどい状況になっている。 羅生門封切られたのは昭和25年。ほとんどの人はリアルタイムで見られた人はいないと思います。ボクだって、アメリカ版のリメイクが最初でした(多襄丸役はポール・ニューマン)見たけど記憶が薄れ,何がテーマだったのか分からない人もいる ... » more

『夢』(1990) 夢というモチーフを借りた、黒澤明監督の私小説的作品。ネタバレあり。 オムニバス形式というよりも、自らの見た「夢」をモチーフにして短編八作品を自身の歴史として紡いでいった作品集であり、後期の黒澤監督らしい審美的な映像美で満たされた作品に仕上がっています。ただ単に八本の短編を羅列しただけではなく、自身の幼少期の ... » more

『白痴』(1951)無残に切り刻まれた4時間半の大作。オリジナル版は松竹倉庫に眠る? 携帯メールで文章を作ろうとして、普通にひらがなで“はくち”と入力しても、一回目にはこの映画のタイトルは変換候補に浮かんできませんでした。Wordの変換ではさすがに出てきますが、どうやらこの言葉も過剰な配慮のために規制対象になっている ... » more
テーマ 黒澤明 映画(ハ行) 映画

『生きる』(1952)黒澤映画というより日本映画の代表的な一本。年齢を重ねるごとにズシンと響く。 最初にこの映画を見たのはたしか13歳の中学生のときでした。その後、レンタルビデオを借りてきて、二十代までの若い頃に何度も見た『生きる』は確かに良い映画でしたが、どこか共感できない部分がありました。たぶんずっと後ろ向きに生きてきて、煮 ... » more
テーマ 黒澤明 映画(ア行) 映画  コメント(12)

黒澤明監督の、というよりも歴代の日本映画の中でもジャンルを問わず、これぞ最高傑作と呼ぶに相応しい見事な出来栄えであり、彼の現代劇の中でも一二を争う素晴らしい作品です。昭和三十年代という時代に、警察の科学捜査と、知能犯かつ愉快犯との攻防という ... » more

日本映画界、最後の巨匠、黒澤明監督の1991年の公開作品にして、初上映された時に、欧米の記者達に散々叩かれた後に、日本公開されたためか、「右へならえ」とばかりに、国内でも相当叩かれてしまった不幸な作品でもあります。もう一本だけでも、観 ... » more
テーマ 黒澤明 映画(ハ行) 映画  コメント(9) トラックバック(5)

『蜘蛛巣城』(1957)水墨画のような映像美。黒澤映画史上もっともドロドロとした作品でもある。 半世紀以上も前になる1957年に製作された『蜘蛛巣城』は黒澤明監督の撮ったモノクロ映画の傑作のひとつである。1950年に国内では永田雅一社長に解りづらいと不評だった『羅生門』がヴェネチア映画祭に出品されていて、黒澤監督は結果として誰も予想し ... » more
テーマ 黒澤明 映画(カ行) 映画  コメント(10) トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/09/26 07:08

「黒澤明」のブログ関連商品

» 「黒澤明」のブログレビュー をもっと探す

「黒澤明」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

生きものの記録 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 生きものの記録 [Blu-ray]
東宝

Akira Kurosawa: Four Samurai Classics (Seven Samurai / The Hidden Fortress / Yojimbo / Sanjuro) (The Criterion の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Akira Kurosawa: Four Samurai Classics (Seven Samurai / The Hidden Fortress / Yojimbo / Sanjuro) (The Criterion
Criterion

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る