誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    万城目学

万城目学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「万城目学」のブログを一覧表示!「万城目学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「万城目学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「万城目学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『悟浄出立』万城目学 万城目学の『悟浄出立』(2014年7月刊)を読みました。読書メーターによると、<砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ?でもある出来事をきっか ... » more
テーマ 万城目学

万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』 大坂城!大阪冬の陣夏の陣、忍び。 万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』大坂城!大阪冬の陣夏の陣、忍び。何の予備知識もなく読み始めたので、最初はなんのこったかわからなかった。だんだん、主人公はしのび、時代は豊臣政権末期、大阪冬の陣、、とわかる ... » more
テーマ 万城目学 読書 とっぴんぱらりの風太郎

「偉大なる、しゅららぼん」_しゅらら〜ぼん! 3月9日、TOHOシネマズはませんにて「偉大なる、しゅららぼん」を観る。万城目学の同名小説の映画化(原作未読)。「プリンセス・トヨトミ」「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」の作者による、日本古来からの不思議な伝説(?)をもとにした奇 ... » more
テーマ 万城目学 タイトル「あ」行 映画

琵琶湖畔、石走の町。代々その町に住み続けてきた日出家と棗家には隠された力があった!!1000年を越える日出と棗の戦いの歴史!そこに第三の力を持つ人物が割り込んできて・・・・・・・・・・・・という感じで展開していくストーリーは万城目ワ ... » more

書道楽ブログ鴨川ホルモー 万城目学
万城目学のデビュー作『鴨川ホルモー』を今更ながら読んでみました。鴨川ホルモー (角川文庫)角川グループパブリッシング 万城目 学 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベースより)このごろ都には ... » more
テーマ 万城目学 読書

なんだか妙なタイトルに魅かれ、購入しました。(笑)偉大なる、しゅららぼん集英社 万城目 学 Amazonアソシエイト by 内容紹介万城目学の最新作にして、大傑作!!!琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗 ... » more

京阪奈ときて滋賀〜「偉大なるしゅららぼん」 湖西は鵜川、白髭神社前で交通事故。そんな記事を一ヶ月ほど前に読んだ。あそこは危ない。北上するときで云えば、我慢して走ってきた狭い一車線の追い越し禁止道がやっと広がり、風景がパッと開き、解放感がありアクセルを自然に踏み込んでい ... » more

タコ部屋から「生さだ」〜岡山編〜
「生さだ」〜岡山編〜 岡山からは初めてとは意外だった。「生さだ」岡山編です。今回は構成作家の井上さん、会心の題であったのか、何度もやっていましたね。「おーかやまいいぞう!吉備といつまでも」だって。「わかやま」も使えそうって挑戦していた ... » more

「ホルモー六景」(万城目学著)を読んで 「ホルモー六景」(万城目学著)を読んでこの本は「鴨川ホルモー」の番外編であり、「ホルモー外伝」的な内容になっている。第一景「鴨川(小)ホルモー」これは「二人静」と呼ばれた男性にモテタイ2人のお話。第二景「ローマ風 ... » more
テーマ 万城目学 読書 ホルモー六景

「鴨川ホルモー」(万城目学著)を読み終えて 「鴨川ホルモー」(万城目学著)を読み終えて最初、題名だけを見たら、「安房鴨川」で繁盛している「ホルモン屋」の物語かと思ったらサニあらず。地名の鴨川は京都だし、ホルモンではなくて「ホルモー」だった。まあ、一言で言えば「 ... » more

『プリンセス・トヨトミ』に続き、万城目作品を読んでみたら、これが実に面白かった!!鹿男あをによし (幻冬舎文庫)幻冬舎 万城目 学 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」デ ... » more
テーマ 万城目学 読書

映画化され、ちょっと気になった作品なので、読んでみました。プリンセス・トヨトミ (文春文庫)文藝春秋 2011-04-08 万城目 学 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベースより)この ... » more

本作は、万城目学氏のデビュー作。謎の小オニを操り、勝利を目指す「ホルモー」なる競技を題材とした作品になっています。2ヶ月ぶりくらいに読み返したのですが、まだ感想書いていなかったので、書きます(笑)。ホルモーは1000年も ... » more

モダン焼〜「プリンセス・トヨトミ」 おぬし、やるな。そう思ったのは原作の「プリンセス・トヨトミ」のある箇所を読んだときだった。〜「太閤」のメニューに「モダン焼」はない。主人の幸一が「モダン焼」を「何か違う」と思っているからである。だが、何が違うのか、当人も ... » more

明るく元気な小学一年生のかのこちゃんと、「外国語」を解する猫のマドレーヌ夫人。読む前は、『プリンセス・トヨトミ』や『鴨川ホルモー』のようなエンタメ系作品を想像していたので、正直驚きました(笑)。作品全体が柔らかい ... » more

本作は、今や売れっ子作家の仲間入りを果たした万城目学さんのエッセイ集です。小説家になったキッカケと、デビュー作『鴨川ホルモー』の誕生秘話が一番興味深かったです。あと、作品名を説明するときの苦悩。そりゃ、「ホルモー ... » more

「プリンセス・トヨトミ」_語り継ぐもの 5/29日TOHOシネマズはませんにて「プリンセス・トヨトミ」を観る。万城目学の同名小説の映画化(原作読了)。この人の作品では他には「鴨川ホルモー」の劇場化をDVDで観たくらいであまり知らない。TVドラマの「鹿男あをによし」も ... » more
テーマ 万城目学 タイトル「は」行 映画

本作は、万城目学さんのデビュー作である『鴨川ホルモー』の続編にあたります。実は私、『鴨川ホルモー』を読む前に続編である本作を読みました。単に順番間違えただけなんですけどね(笑)、せっかくなのでそのまま最後まで読んじゃ ... » more

大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった-------------そんなキャッチコピーの本作。荒唐無稽で壮大なエンターテイメントストーリーですが、これは中学生の成長物語でもあり、親子の絆の物語でもありました。 ... » more

万城目学 ‘偉大なる、しゅららぼん’ 奇想天外。縦横無尽。青春エンタメの大傑作一度、そうだと言われればそのようにしか‘偉大なる、しゅららぼん’は表現できません。とにかく「しゅららぼん」が何ものかそして、なぜ偉大かは是非読んで欲しいです。‘ ... » more

鴨川ホルモー 私は京都に限りなく近い大阪に住んでいるので、京都は身近で親しみのある土地である。今日は、やっぱ京都ってなんでもありや〜と改めて思った本。『鴨川ホルモー』万城目学(角川文庫)“ホルモー”って何ぞや?実は、冒頭の「は ... » more
テーマ 万城目学

万城目学 ‘ザ・万遊記’ 「篤史ファン」でおなじみの(!?)小説家・万城目学氏のエッセイ集第二弾。そのタイトルは、‘ザ・万遊記’。‘ザ・万遊記’。によると、万城目学氏は腰の湯治に全国の温泉を巡ったり、フットサルでアキレス腱を切ったりと執筆 ... » more

万城目学 ‘ホルモー六景’ ‘鴨川ホルモー’の題材となった「ホルモー」なる競技は謎だらけです。そんな謎多き「ホルモー」の深淵にいざなう六篇の短編集が‘ホルモー六景’です。‘ホルモー六景’は様々な時と場所で「ホルモー」にかかわった人々の恋とオニが ... » more

万城目学 ‘ザ・万歩計’ オニが都大路を闊歩し、鹿がしゃべりだす・・・。そうかと思えば、突如、大阪の都市機能がマヒしたり・・・。万城目学氏の主だった作品のあらすじを並べてみると非常に不可解な文章が出来てしまいます。次から次へと奇妙な設定の小説 ... » more

万城目学 ‘かのこちゃんとマドレーヌ夫人’ ‘プリンセス・トヨトミ’の映画化決定、‘鹿男あをによし’の文庫化と勢いに乗っている作家のひとりである万城目学氏の最新長編をご紹介します。タイトルは‘かのこちゃんとマドレーヌ夫人’です。この作品は、第143回の直木賞候 ... » more

1800年の恋に涙する。 〜「鹿男あをによし」万城目学 著 読書感想文 何小説と呼ぶべきか。SF?でも、少しも科学的じゃないよな。歴史ミステリー?ちょっと見た感じはそうかもしれないけど、かなりはみ出てるよな。ファンタジー?まぁ、そうなのかなぁ。やっぱり一番しっくりするのは、「青春小説」か。ま ... » more

万城目学 ‘鴨川ホルモー’ 現代においてエンターテイメント小説もかなりの多種多様性を示しています。その中でも‘鴨川ホルモー’は異彩を撒き散らしています。序盤こそ「ホルモー」の正体を追いかけるミステリーのような雰囲気があります。しかし、「ホルモー」の ... » more

万城目学 ‘プリンセス・トヨトミ’ 「5月末日木曜日、大阪全停止」という帯にひかれて‘プリンセス・トヨトミ’を読みました。なぜ、大阪が停止してしまうのか?大阪が停止とはどのようなことなのか?金原瑞人をして「万城目学の最高傑作」と言わしめた、‘プリンセス ... » more

万城目学 ‘鹿男あをによし’ 邪馬台国が存在した場所に関しては、諸説あるようですが、万城目学氏の‘鹿男あをによし’は、邪馬台国は奈良に存在したという設定の小説だと言われれば、そんな気がする内容です。‘鹿男あをによし’は、ひょんなことから、奈良 ... » more

『ホルモー六景』 by 万城目学 第一作『鴨川ホルモー』も映画も水にいきなり2作目から挑む私もたいがい無茶をしているが、この作品自体「理解」何ぞする必要がないのだから結果オーライというものだ。もちろんけなしているわけではないし、理解する価値がないと行っているわけ ... » more
テーマ 万城目学 日記

 

最終更新日: 2016/09/19 09:11

「万城目学」のブログ関連商品

» 「万城目学」のブログレビュー をもっと探す

「万城目学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る