誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールこれもフクあれもフクたぶんフクきっとフクだって淋 ... » more
テーマ ファッション パロディ シテール

Black God Aftermath残酷な天使の・・・
「じ、自分がニートになるなんて、む、昔は思ってなかった事だしさ。べ、別にす、好きでニートになったわけじゃないんだよな、うん。そうなんだよ、うん。だからさ、ひ、人から責められる筋合いはないと思うんだな。そ、そりゃ、い、いけないことだと ... » more

宿に案内してもらったシュバルツは、繕ってもらった服をそっと置くと、部屋の奥の窓際に腰を下ろした。障子を開け、外の景色を眺める。上空には上限の月が淡い光を放っている。余計な明かりもないせいか、星々もよく見えた。虫の音色と共に、優しい風がシ ... » more

「……………」キョウジは無言で、ただ、ある一点を見つめていた。何かを考えているふうにも見えた。(キョウジ……)ハヤブサもまた、キョウジを見ていた。(分かっただろう。お前が「守りたい」と願っている人間の運命が…。化け物 ... » more

時は今から800年ほど遡る。度重なる戦。襲い来る飢饉。世は、荒れに荒れていた。ここに、一人の僧がいた。名を、慧信といった。彼は、荒む世を憂い―――何とかしようと走り回った。幸いなことに、彼は異国へ留学していたので、その手には ... » more

「あれ?リュウさん、帰って来てたのか。何やってんだ?そんな所で…」偶然通りかかった鍬を持った男に、声をかけられる。こうして平和な時間は、あっさり終わりを告げてしまった。「――――ッ!」ハヤブサは思わず頭を抱える。「ハヤブ ... » more

人里から遠く離れた山深い場所に、シュバルツとハヤブサの目的地である、「隼の里」があった。一見、普通に道を歩いているように感じるが、時々ハヤブサが、合図らしきものをいろいろな方向に向かって送っているのが分かる。ハヤブサの合図に応えるように ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール夏過ぎて秋来るらし朽ち色のヨーフクひろがる下町の店にも ... » more
テーマ ファッション パロディ シテール

「……………」東方不敗は、そんな兄弟の様子を黙って見つめながら、別の事を考えていた。(キョウジは、手掛かりを探すために死体を調べた。戦う気は充分ということ―――)だが、相手は忍者部隊に最新鋭の装備をそろえた軍隊を率いられる力があ ... » more

「も、もう敵はおらん!勝手にどこへでも動けばよかろう!」体勢を立て直しながら、東方不敗が叫ぶ。それを聞いたキョウジが「ありがとうございます」と礼を言い、己に課していた直立不動の姿勢を、やっと解いた。「に、兄さん、何律儀に師匠の許可を ... » more

「そんなことは分かっておる!!さっさと行かんか!!」「はい!!」ドモンが再び戦闘を開始するのを感じながら、東方不敗は心の中で唸っていた。(妙な手応えの奴だと!?今目の前に居るこの男より、妙な手応えのある奴などおるものか―――!! ... » more

「そんなことさせるか!!」兄を狙おうとした兵士たちの一団に、ドモンが突っ込んでいく。「キョウジよ…。そう言えば、お主はドモンの戦いを、その目で見るのは初めてであったな」東方不敗が、キョウジの方にちらりと視線を走らせながら語りかけ ... » more

「キョウジ君?どうしたのだ?君は、弟を見捨てるのかね?」すぐに出てくるだろうと踏んでいたキョウジが、なかなか出てこない。ダレクは少し、焦れた。「お前ごとき、兄さんが相手にするか!!」ドモンも必死に声を張り上げる。とにかく、奴 ... » more

(こいつらが……兄さんを狙っている奴らか―――!)ぴくぴくと、頬がひきつるのを感じる。銃口がこちらに向けられているのを見ても、ドモンは怖じ気るどころか、腹の底から怒りがわき上がってくるばかりだ。「ドモン!!」キョウジも、ドモンに ... » more

キョウジ兄さんたちに捧げる物語 25 (知らなかった。お茶って甘いんだ……)兄に点ててもらった何度目かのお茶を味わいながら、ドモンは思った。こんなにうまい飲み物があるなら、もっと早く教えてもらえば良かったと、少し後悔していたりする。「ドモン、そろそろ本題に……」兄の ... » more

東方不敗はまず、キョウジ達を家の方ではなく、蔵の方へと案内した。「ここに茶器がある。好きなのを使いなさい」壁際の棚に、箱にも入れられていない茶碗がきれいに並べられている。それらをしばらく眺めていたキョウジが、東方不敗に尋ねてきた。 ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール街の中で見つけた"涼"毎日暑いですね。「今年の夏は異常な暑さです ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

「第四章」ドモンとキョウジが、カッシュ邸から脱出をしてから丸一日が経つ。二人が目指した男―――東方不敗マスターアジアの家は、人里離れた山の奥に、ひっそりとあった。ドモンは、家から少し離れた林の中に車を止め、用心深く外に出 ... » more

「よかった……私、ハヤブサに聞きたいことがあったんだよね」キョウジが、人懐こい笑みを浮かべて顔を上げてきた。「聞きたいこと?」「龍の勾玉のことさ」「…………!」「それって…ハヤブサの里の物なんだろ?だったら、勾玉のことに ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール.先日、展示会のついでに少し寄り道をして天神祭を覗いてみました。猛暑のなか、お神輿かつぎの人は 「本 ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

しばらく潜むのに適していそうな空き家は、割とすぐ見つかった。家に人の気配が無いことを改めて確認し、尾行がついていないことも確認してから、壁抜けの術を使って忍び込む。夜露をしのげるし、ハヤブサを休ませるための畳部屋があったことが、何よりも ... » more

疾走するキョウジの背に追われながら、ハヤブサは朦朧とする意識をかろうじて保たせていた。(……同情、されたのか…)キョウジの甘すぎる性格から考えて、十分にあり得るとハヤブサは思った。何もできずに一方的に殺されそうになっていた自分の ... » more

「捉えたぞ、残月―――」クナイを手に、ハヤブサは歩きだす。(まずい!)残月は焦った。右肩をやられ、利き手が使えない。左手でハヤブサとやり合うのは分が悪すぎる。幻術を使おうにもこの出血では、血の匂いですぐに本体がばれてしまう。 ... » more

「そうか……」残月は、薄く笑う。「しかし、主がいくら望んでも、儂は今『荷物』を抱えている。まともにやり合う気なぞ、さらさら無いわ」「――――!」ピク、と、ハヤブサの眉が釣り上がる。残月はキョウジの身体を肩に担ぎあげると、刀の ... » more

「キョウジ・カッシュを捕らえるとは、さすがだな―――しかし、らしくないではないか。儂の気配に気づかんとは」そう言って、残月と呼ばれた男は、キョウジを抱えたままクックッと、笑う。その声には、ハヤブサを揶揄する響きが含まれていた。「―― ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール先夜、たまたま、金子みすずのドラマを後半だけ見ること ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

まず、シュバルツの目に飛び込んできたのは、冷たいコンクリートの床だった。ここはどこだ、と、身体を起こそうとして、手足の自由が利かないことに気づく。縄のようなもので縛られていた。(そうだった……私はハヤブサに)「―――気がついたか?」 ... » more

「第三章」知っていた。知っていました。私は、貴方の――――。ハヤブサが、この廃ビルに入ってから、少し時間が経過していた。(迷っている……)ハヤブサは、今の自分の状態をそう感じる。これは、忍びにとって非 ... » more

「――――!」不意に、キョウジの意識が戻った。と、同時に、自分の身体が狭い不安定なところに押し込められているのを感じる。いきなり下からガクン、と突き上げられ、頭をぶつけた。「いてっ!」思わず間抜けな声が出る。「兄さん、気がつ ... » more

二人にとって不幸だったのは、ここが誰もいない荒野ではなく、街中だったということだ。とあるアパートの一室で、母親が娘に起こされていた。「のどが渇いた」と、言うので、娘に茶を入れてやる。茶を一気に飲み干した後、娘が口を開いた。「 ... » more

 

最終更新日: 2018/05/16 03:07

「パロディ」のブログ関連商品

» 「パロディ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る