誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

丘の上に佇んでいたキョウジが、不意に馬首を返す。それを見た兵士の一人が叫んだ。「目標が逃げるぞ!!」「逃がすか!追え!!」前方の兵士たちは、そのままキョウジに向かって突っ込んでいった。この戦いは、キョウジ・カッシュの身柄を確 ... » more

「―――本当に、こんな所にキョウジ・カッシュは居るのか?」輸送機からギアナ高地に降り立ちながら、ダレクはいまだ半信半疑だった。キョウジ・カッシュをロストしたのは日本のはずだったからだ。だが、今回の任務についてきた仮面をかぶった男が、 ... » more

キョウジ兄さんたちに捧げる物語 55 「第6章」ハヤブサとシュバルツに、敵の内偵作業を頼んでから、二日が経過している。そう、たった二日のはずなのだ。それなのに。今、キョウジと東方不敗がいる部屋は、書類の山に埋め尽くされようとしていた。パソコン ... » more

「全く―――世話の焼ける奴じゃな」東方不敗がため息と共に口を開いた。「生きる道があるのならば、生きればいいのだ。足掻ける道があるのなら、足掻けばいいのだ。何を遠慮することがあろうか。死ぬ事など―――いつでも出来るのだから」「はい ... » more

「いや、でも……世界中から非難されると言う事は、あちこちからちょっかい出されたり、交渉事を持ちかけられたりするわけだから…。そうなったら研究どころでは―――」「その辺は問題なかろう。ある程度の交渉事ならワシも引き受けるし、お主が直接出て ... » more

「運よく、勾玉を持った私がシステムを乗っ取って、化け物を完全制御できたとして―――」キョウジは懸命に説明した。この作戦を行った場合、自分が―――というより、皆が背負わなければならなくなる、リスクを。「残った勾玉と、化け物をどうします ... » more

「…………」運んできてくれた四つのコップの内の一つに手を伸ばして、水を飲む。(おいしい……)ようやくキョウジは、人心地がついた。「キョウジよ。お主『今のここの設備と技術ではこれが限界』―――と、言ったな?」「はい。勾玉と ... » more

「まず……確認したい事が、あるんだけど……ハヤブサ…」「何だ?」キョウジに名を呼ばれたハヤブサが、顔を上げる。「今までの事例で……『化け物』が、勾玉を取り込みに来るまで、どれくらいの猶予期間があった…?」「―――!」「私 ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール雨の御堂筋で小さな秋見つけましたウサギの尻尾と流行とでは ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

翌朝。キョウジは起きて、パソコンに向かっていた。その横に、シュバルツが控えていた。キョウジは、まだ熱も引いていない。痛みも、断続的に続いているようだ。本来なら、寝ていてほしい所だ。しかしキョウジは、「原因は分かっている。大丈 ... » more

キョウジ兄さんたちに捧げる物語 48 「誰か…いたのか……?」「いや、気のせいだった。無理に起きようとするな!キョウジ―――」その制止の声を聞かずに、キョウジは上半身を起こした。「平、気だよ……。寝てても、起きていても……しんどさは…変わらない、から……」そう言 ... » more

夜更け。いつもの革のロングコートに着替えたシュバルツは、隠れ家からほど近い所にある大きな木の上で軽く己の身体を休めていた。そんなシュバルツの様子を、少し離れた所から、ハヤブサが見ていた。時間が無いのは百も承知だが、探らずにはいられなかっ ... » more

ガンッ!!隠れ家から外に出たハヤブサは、手近にあった岩を、思いっきり殴った。その衝撃で岩が穿たれ、ハヤブサの足元に、無数の小石や砂が降り注いでくる。結局、俺は斬らねばならないのか。「斬りたくない」と、あれほど願った人間と、同 ... » more

「「鬼が出るか”じゃ”が出るか」・・・年賀状のデザイン」について昨年、干支「辰」の年賀状デザインをアップしたところ、採用された人もありましたので、今年も来年干支「巳」を同様アップして参考に供します。ご意見をいただきたくお待ちしてい ... » more
テーマ パロディ 年賀状 図案 木彫りの楽しみ方、その一

「鬼が出るか”じゃ”が出るか」・・・年賀状のデザイン 昇天の勢いの”龍”も年が代われば地を這う”蛇”・・・盛りが過ぎれば地に落ちて”身”がつく・・・実を結ぶことに。「実を結ぶ」と云えば穀物、蛇は穀物蔵の番人とも云われ・・・鼠を捕食して穀物を守る。>>>蛇をテーマに<<<いに ... » more
テーマ パロディ 年賀状 図案 木彫りの楽しみ方、その一  トラックバック(1)

「―――以上が、里に伝わる、『龍の勾玉』に関するすべてだ」ハヤブサは、長老から伝え聞いた勾玉の話を、余すところなく一同に伝えた。「……………」部屋に、重い沈黙がのしかかってくる。「……待て……」一番最初にそれを破った ... » more

隠れ家についたシュバルツ達を、まず東方不敗が出迎えた。「久しいな。シュバルツ・ブルーダー」「お久しぶりです。マスター・アジア」一瞬、二人の間に青い火花がバチッ!と、音を立てて飛び散る。しかし。「やめよう。今は、敵同士とい ... » more

「本当に、こんな所に勾玉の持ち主がいるのか……?」ハヤブサが、思わず疑問を口にしていた。先ほどから、密林、と言っても差し支えのないギアナ高地の自然の中を進んできている。あまりにも人気が無さ過ぎて、少し不安になった。しかし、目の前 ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールファッションは過ぎて初めてきずくものそして儚く消えるもの ... » more

時が過ぎて、よれよれになったドモンが帰ってきた。余程ハードな物だったのだろう。「ちくしょう……師匠め……!料理の腕を認めるどころか、いきなりこのロードワークを課してくるとは……!覚えてろ……!次こそ絶対……!」ふらつきながら部屋 ... » more

「…………」書庫に着いた東方不敗は、さっそく自分の記憶に在った書物を見つけ、それを読みふけっていた。そこには、慧信が起こした事件の一連の件が記されていた。(確かに、これだけでも十分不吉なものだが……果たして、これだけだったかのう ... » more

3時間後。キョウジは本当に、自分に必要な電源と、システム一式を完成させていた。いつの間にやら椅子まで作って、そこにぐたっと、もたれかかる様に座っている。(あ〜……久々に本気だして仕事した……さすがに疲れた……)でも、休んでい ... » more

「第5章」これより少し、時を遡る。キョウジ達は、ギアナ高地に着いていた。南米にあるこの場所は、ドモンが少年時代に武者修行した舞台でもあり、キョウジが研究のために、何度も訪れた所でもある。東方不敗の言う「とっておきの隠れ家」は ... » more

(もう、そろそろ潮時か……)シュバルツは、そう感じていた。「龍の勾玉の正体を知りたい」と言う自分の要求に対して、ハヤブサは、ここまで応えてくれた。それこそ、充分すぎるほどに―――。本当は、ハヤブサに詫びを言いたかった。余 ... » more

ハヤブサ―――!シュバルツは、ただ、茫然としていた。心が、木石で出来ているわけではないから、ひどく打たれた。「俺は何度も何度も言った!!お前に―――『生きろ』と!」縄を緩めていたのもそうだ。刀を渡そうとしたのもそうだ。憎まれ ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールこれもフクあれもフクたぶんフクきっとフクだって淋 ... » more
テーマ ファッション パロディ シテール

Black God Aftermath残酷な天使の・・・
「じ、自分がニートになるなんて、む、昔は思ってなかった事だしさ。べ、別にす、好きでニートになったわけじゃないんだよな、うん。そうなんだよ、うん。だからさ、ひ、人から責められる筋合いはないと思うんだな。そ、そりゃ、い、いけないことだと ... » more

宿に案内してもらったシュバルツは、繕ってもらった服をそっと置くと、部屋の奥の窓際に腰を下ろした。障子を開け、外の景色を眺める。上空には上限の月が淡い光を放っている。余計な明かりもないせいか、星々もよく見えた。虫の音色と共に、優しい風がシ ... » more

「……………」キョウジは無言で、ただ、ある一点を見つめていた。何かを考えているふうにも見えた。(キョウジ……)ハヤブサもまた、キョウジを見ていた。(分かっただろう。お前が「守りたい」と願っている人間の運命が…。化け物 ... » more

時は今から800年ほど遡る。度重なる戦。襲い来る飢饉。世は、荒れに荒れていた。ここに、一人の僧がいた。名を、慧信といった。彼は、荒む世を憂い―――何とかしようと走り回った。幸いなことに、彼は異国へ留学していたので、その手には ... » more

 

最終更新日: 2016/09/27 08:09

「パロディ」のブログ関連商品

» 「パロディ」のブログレビュー をもっと探す

「パロディ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る