誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

そうして、どれくらい時が過ぎただろか。治療の音が止み、しばらくの沈黙を経てから―――研究室のドアが、開いた。「……………」中からキョウジがふらつきながら出てくる。「兄さん!シュバルツは!?」「大丈夫だ……。やっと―― ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールその ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

「皆、ありがとう。後は、私が処置するから―――」キョウジがそう言って、皆に礼を言う。あれから皆は東方不敗のアジトに帰り、シュバルツはキョウジの研究室の寝台に、運び込まれていた。「兄さん、何か手伝う事は?」そう声をかけてくるドモン ... » more

「シュバルツ、大丈夫か?」ようやくハヤブサも、シュバルツに声をかける事が出来る。それぐらい、先程の二人の口論は、他人の介入を許さない雰囲気があった。「平気だ」シュバルツの方は、まだ怒りが収まっていないのか、多少ぶっきらぼうな返事 ... » more

ダンッ!と、ハヤブサが踏み込み、龍剣を仮面の魔道師に向かって振るう。「チィッ!!」魔道師は、ハヤブサの攻撃を間一髪で避けた。「二人とも無事か!?」シュバルツと魔道師の間に割って入り、魔道師との間合いが少し開いた所で、ハヤブサ ... » more

最悪だ。今まで自分がしてきたミスの中でも、最悪の部類に入るミス―――それを、自分は犯してしまった。キョウジ・カッシュが二人いる事を、敵にばらしてしまった事。そして―――DG細胞を、敵に渡してしまった事。何もかも自分のせい ... » more

ドンッ!!続けて、パリン、と、ガラスの砕ける音がする。魔道師の仕掛けた最後の『要』に、ハヤブサの龍剣が突き刺さっていた。「ギャアアアア―――ッ!!」断末魔の叫びを上げながら、化け物の姿が消えていく。それと同時に、 ... » more

闇の中で、魔道師が嗤う。ここまでは、計算通り。さあ―――後、もう一息だ。(何だ……?)シュバルツがふと違和感を覚えて顔を上げる。何だろう、これは。何かが、おかしい―――。キョウジの方を振り返る。キョウ ... » more

「…………」そのまま木の幹に凭れて目を閉じ、勾玉の気配に集中する。最初の内は、あれほど濃厚にキョウジの体内でその存在を主張していた勾玉も、痛みが薄れてくるにつれて、その気配も、おぼろげな物になってしまった。今では、その気配を探ることすら ... » more

「……マスターアジア…」ハヤブサは構えを解き、龍剣を下ろしながら東方不敗の方を見た。「フン―――これを仕掛けた奴は、ワシらが子供、赤子の類を見れば、手が出せんとでも思っておったのだろうよ。だがな……」東方不敗はカッと目を見開き、 ... » more

「キョウジ……もう時間切れだ。移動するぞ」そう言ってシュバルツがキョウジを抱きかかえる。キョウジはあきらめた様に「は〜い」と、生返事をしながら、大人しく従った。「…………」疾走するシュバルツの腕の中で、キョウジは目を閉じ、トン、 ... » more

尖閣諸島は「三すくみ」でバランス 広辞苑では「ナメクジは蛙を、蛇は蛙を、蛙はナメクジを食う」とあるところから・・・三者互いに牽制しあって、いずれも自由に行動できないこと。^^^尖閣諸島を挟んでのにらみ合い^^^>このことを<「日」「中」「米」の三 ... » more
テーマ パロディ 時事批評 木彫りの楽しみ方、その一

「ハヤブサよ…。これで『術』とやらは破壊出来たのか?」東方不敗の言葉に、ハヤブサは頭を振った。「いや、まだだ…。見ろ―――」そう言ってハヤブサが印を結んで呪を唱える。すると、ハヤブサの足元から前後に、青白い光が走った。それは、緩 ... » more

? タイトルなし ? .町の上に高く柱がそびえ、その上にヨーフクの王子の像が立っていました。その両目には青いサファイア、腰の剣には真っ赤なルビーが ... » more
テーマ ファッション パロディ シテール  コメント(1)

「……………」シュバルツはそっとキョウジを近くの大きな樹の根元に下ろした。そしてその樹を背に、キョウジを庇うようにして、その前に立つ。すらり、と、右手で剣を抜き、構えた。ふと、懐に有る信号弾を、意識する。(信号弾―――上げるか? ... » more

化け物から落とされる兵の数は、なおも増え続けて行く一方だ。「ドモン!!お主はキョウジの護衛に回れ!!化け物に直接ダメージが与えられぬと分かった以上、キョウジを守る事を優先した方が良い!!」「分かりました!」東方不敗の言葉に、 ... » more

「…話…して、良い……か?」問うキョウジに、シュバルツは頷いた。「じゃあ……話す…ぞ。あれは……あの、化け…物、は――――」シュバルツは、キョウジの言葉に耳を傾け続けた。「――――!」やがて、キョウジの言葉に、シ ... » more

化け物は、勾玉だけを求めて行動している。それ故、足元で動いている人間達の動きには、さほど注意を払っていなかった。しかも、まだその身に勾玉を吸収していないせいなのか、動きも鈍い。付け入る隙には事欠かなかった。「石破天驚拳!!」声と ... » more

グルルルル……。しばらく『餌』を漁っていた化け物が、唸り声を発しながら顔を上げる。ハヤブサの腕の中にいるキョウジと、目が合った。(気づかれた…!)その場にいた全員が、息を飲む。化け物の金色の目が、妖しく光った。ガ ... » more

「相手の部隊は壊滅状態だ。もう、さすがにこれ以上戦おうとはせぬじゃろう」東方不敗の言葉に、キョウジも「ええ」と、返事をしようとした。しかし―――彼はそれが出来なかった。―――カッ!!龍の勾玉から、いきなり激しい光が溢 ... » more

「……ま…さ…か……貴様……が―――」「『忍者』だからな…。変装の心得ぐらいはあるさ」残月の言葉に、ハヤブサが答える。振り返って残月は、目の前にいるキョウジを見る。残月と視線が合った『キョウジ』は、少し哀しげに瞳を曇らせた。「済 ... » more

「キョウジ・カッシュ……!」残月の自分を呼び掛ける声に、キョウジはにこ、と、人懐こい笑みを浮かべて答えた。(この『キョウジ』は、本物か?)残月は、自問自答する。確かに、実体がある。目の前にいるキョウジは、本物だ。「ここまでた ... » more

「ドモンよ、気づかぬか?」戦いながら東方不敗は、ドモンに呼びかける。「師匠、何をですか?」ドモンも戦いながら、東方不敗に返事をする。しかし、戦うと言っても、身を守る程度の軽い戦いしか二人は行っていない。キョウジを追って石陣に入る ... » more

「兄さん!!俺は!?」ドモンの声が追いかけてくる。「悪い!お前は―――外を、頼む!!」そう言ってキョウジは、忍者二人とともに、石柱の乱立する『陣』の中へと消えて行った。「兄さん……何で……」兄の後ろ姿を見ながら、ドモンが ... » more

移動をしたい方向に攻撃の比重をかけ、道が開いたと見るや移動する。移動する時に生じる隙は殿を引き受ける者がカバーする。その役目を代わるがわる交代しながら、じりじりと、少しずつだが確実に、キョウジ達は目的の場所に近づきつつあった。退却戦の要 ... » more

「怒りのスーパーモードはならんとあれほど言っていると言うのにお前は―――!」「簡単に前後の見境が無くなりおってからに!この馬鹿弟子が―――!」「そ、そんな事言ったって……兄さんが―――!」師匠と、師と言っても過言ではない存在の二 ... » more

勝った―――!仮面の魔道師は、戦場を見下ろしながらほくそ笑んだ。赤いマントの男は孤立し、あの老人と目標は、身動きが取れない。あとひと押しで、勾玉を手に入れる事が出来る。その為の仕上げを、自分はすれば良いだけだ。まず、あち ... » more

東方不敗が合図を送ると同時に、キョウジ達がいる所にも、妖気をまとった兵達が到達していた。「な、何だこいつら……!」ドモンが、兵達から発せられる妖気から兄を庇うように、その前に立つ。「ドモンよ。油断するでない。こ奴ら、何かがおかし ... » more

(くそっ!退却すべきなのか!?)傷だらけになっている自分の隊の兵と、どうしても渡れない橋を見ながら、ダレクは唸っていた。相手の戦力を、たかだか3人と侮った。その結果がこれだ。あの男は、姿をくらましている間に協力者を得たのかもしれない ... » more

シュバルツは、ハヤブサが奇襲を仕掛けている間に、気配を消して敵陣に紛れ込んでいた。もし、忍者隊とダレクの間で連携が取れているのであれば、それをかく乱するつもりでいた。しかし、忍者隊とダレクの間には、連携をとれているような動きがあるどころか、 ... » more

 

最終更新日: 2016/09/27 08:09

「パロディ」のブログ関連商品

» 「パロディ」のブログレビュー をもっと探す

「パロディ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る