誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「…………!」だが、彼らを助けると言う事は、それだけこちらにかかってくる不確定要素とリスクが増える。だから、どうするべきかとシュバルツは少し迷っていたのだ。だが。「じゃあ、行こう!兄さん!助けられる人がいるのなら―――」ドモンは ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールふくふくやふくふくふくやふくふくやよくふくふくやふくうるふくや ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

レーザーの発射口は、かなり小さいうえに、出現するのも一瞬。しかも、当たればただでは済まない。それなのに、そこを攻撃しろと言う―――。実際、かなりの無茶ぶりだ。だが、このキョウジからのむちゃくちゃな要求に、ハヤブサの闘争心が燃えた。知らず ... » more

再び鎌がブオン!!と唸りを上げてハヤブサに迫る。彼はそれを、間一髪でかわした。「ハヤブサ!!鎌の脚から一番遠い反対側の脚を切断する事は出来るか!?」キョウジがハヤブサに向かって叫ぶ。「問題無い!」ハヤブサは短く答えると、再び ... » more

大きな部屋の向こう側に、目指すシステムの部屋へと続く廊下が見える。そこに向かって歩を進めようとした時、突然背後の出入り口のドアが閉められた。その上から分厚い壁が下りてきて、完全に退路を断たれてしまう。「…………!」だが、東方不敗もハ ... » more

「ありがとう。本当に―――」ヘリから降りる直前、キョウジは振り返って彼女に礼を言った。それに対してシャリーは「フフ」と、大人びた笑顔を見せる。ドモンの恋人のレインとはまた違ったタイプの美人だった。「いいのよ。もう一人の貴方―――シュ ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール○あありそうで、ありそうでない欲しいフク○さ ... » more
テーマ パロディ ファッション ブティック

「分かった……ドモン……。じゃあこうしよう。壊したらまずい所には、私は近づかないようにするから―――お前はそれについて来い」ズキズキと痛む頭を押さえながらシュバルツが提案した妥協案に、ドモンは嬉しそうに「うん、分かった!」と、頷いた。 ... » more

キョウジ兄さんたちに捧げる物語 110 「何ぃ!?」部下の一人が、慌てて正門付近に仕掛けている防犯カメラの映像を確認する。すると、そこには飴細工のようにグニャリ、と捻じ曲げられて哀れに壊されている門扉が映る。その近くに赤いマントを翻している男と、緑のジャケットを着ている男 ... » more

「全滅しただと!?お前までついて行っておきながら、一体どういう事だ!!」部屋に、シュトワイゼマンの激昂した声が響き渡る。「また補充すればよろしいでしょう」仮面の男が悪びれもせずに言葉を返す。その言葉にシュトワイゼマンが苛立ったよ ... » more

「そう……シュバルツは、『囮』というよりは……」そう言いながらキョウジは、東方不敗から視線を外す。「『餌』―――です」「―――!?」『餌』と言う、ある種物騒な響きを持った言葉に、東方不敗は思わず身を引きそうになる。「私と ... » more

「………………」ここで何故か、キョウジがシュバルツの顔を見たまま沈黙してしまう。「……?どうした?キョウジ」キョウジの視線を感じたシュバルツが、図面から顔を上げる。「あ……ああ、ごめん―――」キョウジはそう言いながら、面 ... » more

「キョウジ……?」少し、抱きつかれているような格好になる事に、シュバルツは戸惑った。キョウジの顔を見ようとしたが、真横に立たれているせいで、キョウジの表情が良く見えない。「ごめん、シュバルツ…。少しの間、このまま聞いてくれるか…?」 ... » more

「……しょうがない奴だな、お前は……」キョウジは優しくドモンを抱き返す。弟は、ひたすら泣き続けていた。「いいんだ……。俺、今は『泣く』って決めてる……ッ」「ドモン……」「誰にどう思われようと……俺は泣くんだ!泣くしかないんだ ... » more

「放せ……!」シュバルツがハヤブサの手を振りほどこうと、腕に力を込める。しかし、ハヤブサの手は離れなかった。ハヤブサはシュバルツの手を掴んだまま、無言で立ちあがってきた。「…………ッ!」そして、うつむいていたハヤブサが、いきなり ... » more

(しまった―――!)ハヤブサは、慌てて下を向いた。だがもう遅い。堰を切ったように溢れるそれは、次から次へと零れ落ちていく。なんて迂闊なんだ、俺は。シュバルツのあの姿の事を思い出すと、自分は絶対泣くと分かっていて―――!「…… ... » more

(でも、このままではまずいだろう?)ハヤブサは思った。シュバルツの幸せを考えるのなら……。多分、このままではまずい。キョウジがこんなふうに自分を責め立てる事を、あいつは絶対に望んでいない。それだけは、分かる。だが、どうすればいい ... » more

だが、一緒に暮らしているうちに、気づいてしまう事もある。「おそらくシュバルツには、味覚が無い―――」「――――!」「『食事』を必要としないんだ。だからある意味、いらない能力なのかもしれないな…。口の中に含んだ物の成分分析を、 ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール前回の続きでゴメンナサイ.○わ若ずくりしたけどチョット無理があり ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

「容姿を奪い、記憶を奪い、人格を奪って……」握りしめられたキョウジの拳が震えている。冷静さを保とうとして、保てなくなっているのが、見て取れた。「死ねない身体にして……揚句私は、シュバルツから『殺された事』への報復する権利すら、奪って ... » more

「彼が、『人間として』の生命活動をしていない、と言える証拠は、まだある」キョウジが、更にたたみかけるように口を開いた。「DG細胞は、その活動エネルギーを、物質的な物から得るのではなく、精神的な物から得ている。だから―――シュバル ... » more

ハヤブサは、涙を落していた。拳を握りしめ、震わせていた。「ハヤブサ……」キョウジはただ、哀しげにそれを見つめていた。この人はもしかして、もう自分の事を斬りたくなっているのではないかと。無理もない。自分は、あまりにも『罪』を犯し過 ... » more

そして、街は廃墟へと姿を変えた。いつもの通りに。キョウジはただ、涙を落とし続けるしかなかった。ふと、シュバルツの遺骸と、黒い機体の残骸が、キョウジの目に飛び込んでくる。(何故……何故、貴方は手を差し伸べたりなどしたんだ。こんな…私な ... » more

(………………)細胞たちからの答えは返ってこない。ただ、あれほど殺ス、殺ス、とわめいていた細胞たちの声が止まっている。まさか、と、キョウジは思った。しかし、もしかして今なら―――。キョウジは、祈るような気持ちでアルティメット ... » more

(僥倖だ…!)キョウジは強く思った。モニターに映る相手の顔は、覆面をかぶっているせいで、どういう人物なのかまでは分からない。でも、腕が立つのは確かなのだ。キョウジは懸命に、相手の呼び掛けに応えた。「わ、私はキョウジ・カッシュです…! ... » more

とにかく止めないと。このガンダムは暴走しかけている。しかも、自分の怒りの感情のせいで。だから、止めないと。キョウジは強くそう感じて、コクピットの中に身を滑り込ませる。メンテナンス用のハッチを開けて、メインプログラムへの接 ... » more

不意に。レーダーが、何か接近してくる物体を捉える。表示は『unknown』となっていた。「……………」キョウジはそれを、ひどく醒めた目で見ていた。レーダーが捉える機影は、次から次へと増えていく。あっという間に取り囲まれた。 ... » more

意志を失った母の身体は、無機質な『モノ』のように倒れて行く。「母さん!!母さん!!」必死に叫びながら、キョウジは母親のそばへ行こうとする。そんな彼に、兵達はなおも銃を向けようとした。「やめろ!!」父親が、息子に銃を向ける兵達 ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール謹賀新年シャンゼリゼパリの都の遠ければなお夢に見るセーヌの夕暮れ ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

ミキノ・カッシュは母親として思う。息子であるキョウジは、とても大きな愛情を持っている、と。その愛情を、誰かに、何かに―――注ぎたくて仕方が無いような感じなのだ。ドモンが産まれた時、キョウジは最初、ドモンにその愛情を注ごうとしていた。だが ... » more

 

最終更新日: 2018/07/11 02:06

テーマのトップに戻る