誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「キョウジ……ッ!」腕に力を入れる。腕に絡みついた蔓に力を込める。それを手繰って、何とかキョウジのそばに行こうと試みる。だがその蔓は、その身にかかる過剰な負荷に耐えきれず、ブチッと、音を立てて切れてしまった。「うわっ!?」「―― ... » more

「キ、キョウジ……」「腕を斬って……『消える』つもりだったな!?そうだろう!!」「――――!」自分の考えがキョウジに完全に読まれていた事に動揺し、シュバルツは思わず気圧されてしまう。黙ってしまったシュバルツを前に、キョウジは深い ... » more

気がつけば嵐の中、無数に木の葉が舞っている。樹が、葉を落とし始めているのだ。「駄目だ……!」キョウジの生命エネルギーが衰えようとしている。そう悟ったが故に、シュバルツは恐怖した。「駄目だ、キョウジ―――!」このままでは、キョ ... » more

「何て奴だ……!」男は息を飲んだ。斬っても傷つけても、『再生』するキョウジの身体。どんなに切り離そうとしても、決してその手はシュバルツを離そうとしない。シュバルツは、あと少しで消えそうだ。なのに―――キョウジが光を送り続けて ... » more

無理だ。無理だよ、シュバルツ。「泣くな」と、言われても――――。「私の事なら……気にするな……」斬られながら治されながら、シュバルツは、淡々と言葉を紡いだ。「こういう『痛み』には……慣れている……だから――――」 ... » more

(シュバルツ……!)流石にこの体勢でシュバルツの手を掴み続けるのは困難か、と、判断したキョウジは、掴む所を手から背中へと移した。とにかく自分は、シュバルツを『掴み続ける』―――絶対に『離さない』「どきたまえ、シュバルツ君」闇の中 ... » more

「―――!?」驚いて振り向くシュバルツの視界に、『キョウジ』の姿が飛び込んでくる。キョウジ、と、呼びかけようとしたシュバルツは、彼の姿の異様さに更に驚いた。それは、いつからそこにあったのか。シュバルツの目の前に、一本 ... » more

キョウジ――――!「『突きつけた』のよね?貴方が―――『彼』に。『罪』を……!」「…………!」「かわいそうに……。『彼』はせっかく忘れていたのに……。あの事件から生還して。意識が戻って……そしてその記憶も、曖昧だったと言 ... » more

移動を開始した東方不敗の腕の中で、キョウジは、胸に激しい痛みを感じ、嘔吐感を覚える。「――――ッ!」ぐっとこらえたが、口の中に血が溢れ、それが、口の端から零れおちた。東方不敗にそれと悟られないように、彼はその血をそっと拭う。(シ ... » more

「分かった……。しかし、お主はどうする?」東方不敗はキョウジに問うた。システムを掌握したとは言え―――ここは敵の真っただ中だ。こんな所に、キョウジ一人を置いて行くわけにはいかない。「そうですね…。ですから……私を、あそこに……」 ... » more

「う……く……ッ!」倒れた状態から懸命に起き上がろうとするキョウジ。しかし、手についた血が、彼の手を滑らせた。再び床に叩きつけられそうになる。それを、東方不敗が支えて防いだ。グオオオオ!と吠えながら、一匹の獣が突進してくる。 ... » more

ストン、と音を立てて、ハヤブサは着地する。そして、返す刀で魔道師に斬りかかろうとして―――そこで力尽きた。ガクっと膝をついてしまう。「――――」ハヤブサはじっと己が手を見た。『シュバルツを斬った』と言う嫌な感触。おそらくこれは、忘れ ... » more

ハヤブサは、忸怩たる思いだった。この『右腕』―――呪いが穿たれた『右腕』を、何故自分はもっと早く斬り落としておかなかったのか。自分に課せられた呪いの名残を、敵に利用される可能性があると、気づいていながら……!(くそっ!動け!!) ... » more

ドクン!!魔道師の負の魔力が、鉤爪を通して容赦なくシュバルツに注ぎ込まれる。「うあ……!ああああ――――ッ!!!」最初に彼の『左腕』が、人間の形を保つ事を止めた。ドゴォッ!!と音を立てて無数のケーブルが派生する。その先には、 ... » more

(おのれ……ッ!!)仮面の下に隠れて見えないが、魔道師は、己が唇を切れるほど強く噛み締めていた。たかが人間二人―――しかも、その片方の身体に触れるという簡単そうに思える事が、どうしてこうも困難になってしまっているのか。誤算だったのは ... » more

その声が合図となるかのように、訓練場の中に戦いの嵐が巻き起こる。シュバルツが敵を切り裂きながら間を走り抜け、ドモンがその周りに拳圧弾を放つ。シュバルツを追いまわしていたら、弟の拳にまとめてやられ、弟を狙い撃ちしようとしたら、いつの間にか ... » more

「…私は君とは話していない。こちらの『シュバルツ君』……」「うるさい!!黙れ!!」またしてもドモンは、仮面の男の言を遮るように声を出す。この男に兄たちの名前を呼ばれる事は、ドモンにとってもひどく不快だった。それこそ、虫唾が走るほどに ... » more

「止めろ!!」声と共にシュバルツの鉄拳がダレクに向かって飛ぶ。殴られたダレクは、銃を手放しながら派手に吹っ飛ばされた。地面に叩きつけられたダレクの上に、シュバルツは馬乗りになる。「何故そんな事をする!?貴様、これがどういう物なのか、 ... » more

キョウジは既に、10個目の関門を突破していた。分かる。残る関門は、おそらくあと僅か―――。目指すシステムまで、あとひと押しだ。(痛ッ………!)キーの上を走る指に、時々痛みが走る。恐らく、シュバルツを治す時に出来た傷が、開きかけて ... » more

「―――!」その言葉に、ドモンは憤り、シュバルツの表情が哀しみゆえに曇る。この極限の状況。実は、信じる方が難しい事を、彼は知っているからだ。「……この階段は、下の『訓練場』から地上に伸びている『脱出路』だ。今、この施設は私たちが襲撃 ... » more

」これも男のロマンですか] 先月、弟が兄貴に先駆けて身罷りました。葬儀は仏式、中身も判らぬまま、長々と続く坊主の読経に、つかぬことを考えていました。宗教心の薄い、罰当たりなこの翁の考えることですから、どうぞご容赦を!昔、先代の通夜では遺体の胸元に懐 ... » more
テーマ パロディ 木彫りの楽しみ方、その一

「……………」ブン、と、刀の露払いをし、鞘にそれを収めようとする。龍剣の刀身から放たれる青白い光を眼にした時、ハヤブサはふと思い至った。(待て―――!DG細胞で動かされていた残月を、滅する事が出来たと言う事は……この太刀は―――!) ... » more

「IDト、パスワードヲ入力シテクダサイ―――」目指すシステムのある部屋は、電子ロックのついた分厚い扉に閉ざされていた。(どうやって錠を解除しようか)キョウジが電子ロックの錠を見ながらその方法を考えようとすると、後ろから東方不 ... » more

まぐまぐ! 『マッド・アマノの“世界は嘘ばっかり”』配信開始!〔マッド・アマノのパロディー・ブログ〕 2013-03-10 10:43:36 まぐまぐ! 『マッド・アマノの“世界は嘘ばっかり”』配信開始! テーマ:パロディhttp://ameblo.jp/parody/entry-11487241640.html ... » more
テーマ パロディ 表現の自由 B層

「…………!」だが、彼らを助けると言う事は、それだけこちらにかかってくる不確定要素とリスクが増える。だから、どうするべきかとシュバルツは少し迷っていたのだ。だが。「じゃあ、行こう!兄さん!助けられる人がいるのなら―――」ドモンは ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテールふくふくやふくふくふくやふくふくやよくふくふくやふくうるふくや ... » more
テーマ パロディ ファッション シテール

レーザーの発射口は、かなり小さいうえに、出現するのも一瞬。しかも、当たればただでは済まない。それなのに、そこを攻撃しろと言う―――。実際、かなりの無茶ぶりだ。だが、このキョウジからのむちゃくちゃな要求に、ハヤブサの闘争心が燃えた。知らず ... » more

再び鎌がブオン!!と唸りを上げてハヤブサに迫る。彼はそれを、間一髪でかわした。「ハヤブサ!!鎌の脚から一番遠い反対側の脚を切断する事は出来るか!?」キョウジがハヤブサに向かって叫ぶ。「問題無い!」ハヤブサは短く答えると、再び ... » more

大きな部屋の向こう側に、目指すシステムの部屋へと続く廊下が見える。そこに向かって歩を進めようとした時、突然背後の出入り口のドアが閉められた。その上から分厚い壁が下りてきて、完全に退路を断たれてしまう。「…………!」だが、東方不敗もハ ... » more

「ありがとう。本当に―――」ヘリから降りる直前、キョウジは振り返って彼女に礼を言った。それに対してシャリーは「フフ」と、大人びた笑顔を見せる。ドモンの恋人のレインとはまた違ったタイプの美人だった。「いいのよ。もう一人の貴方―――シュ ... » more

 

最終更新日: 2016/09/27 08:09

「パロディ」のブログ関連商品

» 「パロディ」のブログレビュー をもっと探す

「パロディ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る