誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パロディ

パロディ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パロディ」のブログを一覧表示!「パロディ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パロディ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パロディ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

BLUE'S MAGAZINE(ブルーズマガジン)で紹介されました!! http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12187158695.html2016年8月4日《転載開始》無料の土木建築系総合カルチャーマガジン『BLUE'S MAGAZINE(ブ ... » more
テーマ パロディ メディア紹介 Louis Vuitton

怪人・ルイヴィトン作業着男あらわる!! http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11970392323.html2014年12月29日《転載開始》今年最後の更新となりました。最後はこのネタで締めたいと思います。 ... » more
テーマ パロディ 展覧会・イベント Louis Vuitton

マッド・アマノ氏の葉書 マッド・アマノ氏は小学校の同級生です。遅々として進まない断捨離ですが、42年前の彼からの葉書が出てきました。マッド・アマノ氏は東京芸大出身で、日立宣伝部に10年務めた後、パロディ作家として独立しました。新潮社から発刊され ... » more
テーマ パロディ マッド・アマノ  コメント(4)

飛んできたモデル希望のセミ このところの暑さはもう真夏・・・真夏と言えばセミ、それもアブラゼミ・・・ジィジィジィ〜〜・・・これでもか、これでもかと言わんばかり・・・暑さを煽るばかりに・・・。先日、子供工作教室のため仲間と屋外でパーツ作り ... » more
テーマ パロディ ハンドスカルプチャー 木彫

【美術】コプト織風ドラえもん(Doraemon: Coptic Weaving Style) http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12177236419.html2016年7月4日《転載開始》画材:アクリル絵具・キャンバス(F3を2分割したもの) 制作:2016年6月〜 ... » more
テーマ パロディ FAN ROAD MAD 漫画

一服の清涼剤・・・パロディ 美影サカスさんの「CLUB DJ 鳥獣戯画」時には心から笑いましょう!「大総統閣下がお怒りのようですシリーズ」でも眺めながら映画「ヒトラー 最期の12日間」の一部をパロディ化し、動画サイトにアップされたシリー ... » more
テーマ パロディ 動画

「ハンドスカルプチャー・・・「おいらの季節がやってきた〜ゲロッツ〜〜」」について本当はジメジメしたこの季節は大嫌い・・・なんです。せめての気ばらしに得意の木彫りでカエルたちと遊んで見ました。笑いを誘えれば・・・と、願っています。 ... » more
テーマ パロディ ハンドスカルプチャー 木彫

ハンドスカルプチャー・・・「おいらの季節がやってきた〜ゲロッツ〜〜」 あめあめ降れ降れ〜♪〜嬉しいな〜〜♪〜朝から雨雨、へそまでしっとり気持ちいい!!ゲロッツ!!おいらの季節がやってきた!!ヘヘヘッツ!!おいらの面にしょんべんなんて、今の人間はしないよね〜っ!犬も猫も平気でおいらをまたいで行っ ... » more
テーマ パロディ ハンドスカルプチャー 木彫  トラックバック(1)

みつを ズルいよ。みつをにしとけばなんでも面白いじゃない。でも、このみつをネタは良作だよね。もうばらまかないで、っていうのがウケるわぁ。既に何枚かは、やられちゃっているっていうことだもんね。このもうに才能を感じる。素敵。二次 ... » more
テーマ パロディ コメあざっす みつを  コメント(1)

昨夜遅く、「特定秘密保護法案」が参議院で可決、成立してしまいました。orz数々の重大な、そして本質的な欠陥を指摘されているとゆうのに、強引に採決した、与党、自民、公明の議事運営は許しがたいものでした。採決には棄権したものの、与党 ... » more
テーマ パロディ 政治

ありぎりす の徒然日記笑い話
もう真面目に批判するのもバカバカしくなってきたので、今回は、笑い話にすることにしました。これはあくまでも「笑い話」です。実在する人物団体に関係があるかどうかは、皆さんでご自由にお考えください。(^-^【笑い話 ... » more

なんだか、現実があまりにも愚劣すぎますね。ですから、いささか不謹慎かも知れないけれど、これはもう茶化さずにいられません。 (^-^;ということで、今回はパロディ仕立て。・・・笑えるといいのですが・・・・ゲーム ... » more

キョウジ兄さんたちに捧げる物語 155 「もう!ドモンったら!!自分の『非』を認めないなんて、男らしくないわ!!」そう言いながらぷりぷり怒っているレインの足元で、ドモンが小さく「ご、誤解だ〜」と、言いながら呻いている。しかし、哀しいかなドモンには、レインをなだめる有効な手立て ... » more

? タイトルなし ? .ブティックCYTHÈREシテール今年は少し早めにと思って ... » more
テーマ ファッション パロディ ブティック シテール  トラックバック(1)

「キョウジは、あそこだ。あそこに見える白い建物の中に居る」そう言いながらハヤブサは、窓から見える白い建物を指さす。「あそこは『病院』だ。キョウジはあの病院の―――」キョウジが入院している部屋番号を、ハヤブサがシュバルツに教えよう ... » more

「シュバルツ?大丈夫か?」「キョウジ!?」反射的に手を握り返しながら、シュバルツは『声』の主を見る。するとそこには、キョウジではなく―――ハヤブサの顔があった。「……悪かったな。『キョウジ』じゃなくて―――」色素の薄いグリー ... » more

「ククククク!アハ……!アハハハハハハハハ!!」木偶人形はげらげら嗤いながら、『デビルガンダム』の方へすたすたと歩いて行ってしまった。木偶人形を肩に乗せたデビルガンダムは、ゴゴゴゴ……と、地鳴りを立てながら、地下へと沈んでいく。地下 ... » more

(……………)また、意識の混濁から覚醒する。何か、不思議な感覚が、全身を支配する。何だろう。身体が『おかしい』その横で、絶えず青年の声が聞こえる。―――暴走するな……!―――暴走、するな… ... » more

「私を撃てば、『この子』は止まる!!だから、撃て!!」そう叫ぶ青年の眼差しは、ぶれる事が無い。本気だ。本気でこの青年は、私に『撃たれる』ことを望んでいる。「そして……これは末期の願いだ!弟を―――!!弟を、助けて ... » more

不意に、自分が見えている画像が切り替わる。見慣れた『コクピット』破壊された街。そしてそこに居たのは『デビルガンダム』―――!唐突に、思い出す。これは、自分が『人間』だった時の記憶だ。『人間』から、今の自分 ... » more

この人、大丈夫かな。いろいろ夢中になったら、結構周りが見えていない様な気がするぞ。キョウジが、私の内部で作業をしている。少し、くすぐったい。(キョウジ……)呼び掛けてみる。「――――?」あ、振り向いた。 ... » more

「最終章」ココハ、ドコダロウ……。暗闇の中、意識の目覚めた『何者か』の声が響く。真っ暗。自分は一人。周りには、誰もいない。怖イ……。ただ震えるしか出来ない自分。そこに、一筋の『光』が差した ... » more

「!?!?!?」茫然とするシュトワイゼマンの目の前で、次々とニュースサイトが更新されて行く。『大物議員に児童買春の疑い』『大物上院議員二重帳簿の疑い』『軍需工場と癒着か?それを示す資料流出』『軍需会社の闇金?ネットに突如 ... » more

(良人(あなた)………)娘を抱いた妻が『慧信』に呼びかける。「………………」だが、魔道師の闇の中から、『慧信』が出てくる事は無かった。ぶすぶすと黒い煙を撒き散らしながら、魔道師の身体は塵の様に消えて行った。「お母 ... » more

「ぎゃああああああ――――――っ!!」仮面を破壊された魔道師の断末魔の悲鳴が、辺りに響き渡る。仮面は龍剣が発した炎に包まれて、跡形もなく消えて行った。「ナゼ……ッ!ナ…ゼ………」魔道師の身体が黒い煙の様な物を吐きだしながら、ボロ ... » more

―――シュバルツ……。「――――!」不意にキョウジから声を掛けられ、シュバルツは顔を上げる。視線が合ったキョウジが、微笑んだ。「キョウジ……?」―――ドモンが……来ル。「ドモンが!?」驚くシュバル ... » more

「信じます!!」ドモンは叫んだ。そこに在るのは『理屈』ではなかった。ドモンは『本能』でそれを言った。師匠の眼差しを信じた。その拳を信じた。この局面、師匠を信じる事が出来ずして、これから何を信じられようか―――! ... » more

「それにしてもこの凶悪な『細胞』……よくぞ今まで軍事転用されずにおったものだな……。細胞を発見した者は誰だ?」「この者の『記憶』をたどりました所……おそらくこの者の『父親』かと―――」「ほう!父親―――!」それを聞いたシュトワイ ... » more

(『状況』を忘れていた……。私は阿呆か。これじゃあ、ドモンの事を責められないな……)痛む腹をさすりながら、肝心な時にドジを踏む自分に、軽く自己嫌悪を感じてしまう。そんなシュバルツの様子を見て、優しく笑っていたキョウジであったが、不意 ... » more

忘れない。自分に向かって飛んでくる黒い機体。そこから身を乗り出して『生きろ』と、叫んでくれた人。手を伸ばしてくれた人―――。忘れてはいけない、と、思う。「『今』の貴方にこの事を言っても、仕方が無い事は分かって ... » more

 

最終更新日: 2016/09/27 08:09

「パロディ」のブログ関連商品

» 「パロディ」のブログレビュー をもっと探す

「パロディ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る