誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    龍馬伝

龍馬伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「龍馬伝」のブログを一覧表示!「龍馬伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「龍馬伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「龍馬伝」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

Freeway Walker龍馬の秘策
2010年7月25日放送大河ドラマ「龍馬伝」第30回SEASON3 長崎編 第2回。今回も見所の連続で、目を離す隙がない!序盤は、並々ならぬ決意を見せる長州藩。代表して、高杉晋作。彼は魅せてくれた。クールに見えて ... » more
テーマ 龍馬伝

Freeway Walker新天地、長崎
2010年7月18日放送大河ドラマ「龍馬伝」第29回SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR START 新シーズンの幕開けは、坂崎君の岩崎社長への取材から。今回の舞台は、明治15年の東京・千住の或る灸治院 ... » more
テーマ 龍馬伝

「龍馬伝」〜寺田屋大騒動(前) ドラマの強さに、史実もなにもかも吹っ飛んだ回だった。こういうのは製作側の強みだろうなぁ。役者さんがよかった。寺田屋騒動を詳しく描いているのは佐々木克の「坂本龍馬とその時代」(河出書房新社)だ。研究書とは思えぬ ... » more

毎回観てる龍馬伝の寺田屋騒動2話分を、まとめて観た。最近気になってたんだけど、引っ張り過ぎなんかも…ちょっと演出過剰気味やしw西郷と桂のキャスティングはいいですねー橋の西郷はないだろうて最初思った ... » more
テーマ 龍馬伝

この寺田屋騒動は、龍馬伝の中でもクライマックスの一つだと思うが。。。いやいや、制作サイドの気合いが伝わってくる回でした!まずは迫真の演技を見せた役者さんたちに拍手!福山雅治さん、筧利夫さん、そして、真木よう子さん ... » more

三都を巡る龍馬伝の旅:京都編 大阪から京都へ移動してきました大阪駅〜京都駅間も新快速を使えば30分(うん速いね〜)(まぁ大阪駅まで出てくるのに30分くらいかかってるけどw)京都駅で荷物をロッカーに放り込み地下鉄烏丸線に乗り京都御所の南西にある丸太町駅 ... » more
テーマ 龍馬伝 京都 旅行

三都を巡る龍馬伝の旅:大阪編2日目 大阪土佐藩邸跡周辺散策を終えた昨日に続き今日も龍馬伝散策で大阪城&周辺を散策しますさて・・・この旅行の開始寸前に発生し日本海に出て北東方向に進んでいる台風ですがラッキーな事に日中をさけ夜中に近畿地方の北を通過してくれました ... » more
テーマ 龍馬伝 大阪 旅行

1866年1月22日薩摩藩家老・小松帯刀の屋敷にて薩摩・長州の両藩が手を結んだその両藩の仲介を行ったのは土佐の脱藩浪人・坂本龍馬であるその知らせは京都守護職である会津藩主・松平容保に知るところとなった。 ... » more

龍馬伝、第36回を視た。 あの寺田屋事件だった。今回は、龍馬にとって終生の友となる三吉慎蔵・筧利夫にスポットがあたっていた。史実においても、彼は龍馬の遺言に従ってお龍に伝えるべきことを伝え、長州の実家で面倒を見たのち、土佐へ送りとどけているのである。 ... » more
テーマ 龍馬伝 広島 写真

第36回「寺田屋騒動」視聴率16.8%京に来てから、安宿ばかりだった弥太郎。船宿の寺田屋をいつも使っている龍馬を妬む。その目的が、薩摩の動きを探るためなのは、うわ言で漏らしており。龍馬は、土佐へ帰れと諌めるも。 ... » more

今回の龍馬伝は、おそらく今までで一番見応えがありました。薩長同盟の裏書きを希望する桂さんのために、龍馬はいまだに京に残っていました。そして仕事を終えて寺田屋に泊っているところを京都見廻組に襲撃されます。名シーンのお龍 ... » more
テーマ 龍馬伝

コルビット日誌龍馬伝 寺田屋騒動
今日の龍馬伝は福山龍馬さんが襲われ命を落としかけるというお話でした。迫真の演技に思わず息を呑んで見入ってしまいました。本当に壮絶な襲撃で瀕死の状態で助けられた龍馬さんですが正に命がけで日本を変えようとしているのが痛い ... » more

【龍馬伝、視聴後感想です♪】 暑さで冷えた物ばかり飲むせいか胃の調子が思わしくない私です。*売薬の胃薬も飲んでいます。この夏は間違いなく寿命を縮めた日本人は多いだろう。今日京都府で39度超えたそうですが、37度超えたら人間の通常の体温越えています ... » more

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第36回「寺田屋騒動」 危機!かつてない最大の危機の寺田屋騒動!これはそうどうの危機でしょう!!・・・ゴホン。あ、あの、私が手をこうやったら笑いを・・・って見えてませんでしたね。ううううう。今週のアバンタイトル〜緊迫した雰囲気、薩長連合なったというニュ ... » more

裸で助けに行かないんだ ... » more
テーマ 龍馬伝

龍馬遭難の地 寺田屋 久しぶりに、龍馬のことです。『龍馬伝』も今がピークですね〜。やはり龍馬の一番の業績は、長州と薩摩を結びつけたということですね。これは、多分他の人では難しかったと思います。そしてこの薩長同盟(1866年1月21日)が明治維 ... » more
テーマ 龍馬伝 坂本龍馬 歴史史跡  コメント(2)

三都を巡る龍馬伝の旅:大阪編初日 大阪夏&冬の陣巡りを終えて後半は龍馬伝巡りです前半に時間かけすぎて大阪土佐藩邸周辺に着いたのは午後4時近くでした大阪上本町駅そばにあるホテルを出て長〜い長〜い地下道を歩き谷町九丁目駅から地下鉄千日前線に乗って西長堀駅へ ... » more
テーマ 龍馬伝 大阪 旅行

龍馬伝、第35回を視た。 お登勢・草刈民代さんは、映画『Shall we ダンス?』を見て以来のファンなのだ。バレリーナとしての評価はわしは門外漢なのでさておき、これほどノーブルな表情を持ったアクトレスは希少ではなかろうか。そして今夜なのだが、これまでの登場 ... » more

この大河ドラマの、一つのクライマックスだと思う。薩長同盟。江戸幕府300年の歴史に終止符を打つ、クーデターの直接的な要因となったのが、この両雄の同盟だろう。「犬猿の仲」なんて言葉も生易しいぐらい、互いに憎しみ ... » more

1866年1月龍馬は近藤長次郎の妻・お徳の下を訪ねた長次郎の最期を伝えるために長次郎は最後までお徳さんと百太郎のことを心配しとったが旦那様は悪いことをしたんですか?長次郎はもっともっと学びたいと思っとった ... » more

第35回「薩長同盟ぜよ」視聴率15.4%龍馬は、大坂の大和屋に寄り、長次郎の妻・徳(酒井若菜)に、長次郎の写真を渡し、切腹したことを告げる。「旦那様は、立派なお侍になられたのですね」ここの、お徳がすごくい ... » more

この大河ドラマ、激アツです。命がけで日本を守るために生きる坂本龍馬。本当にすごい時代だと思います。日曜のこの時間にあるので明日からまた仕事なのですが自分ももうちょっと頑張らなくてわっという気持ちになります。 ... » more

回り道をした薩長同盟がとうとう成立します。弥太郎は新選組に捕えられ、拷問を受けますが、あっさりと吐いてしまいます。新選組と見廻組との確執も描かれていました。この後、見廻組は致命的なミスをしてしまいます。お龍さ ... » more
テーマ 龍馬伝

【龍馬伝、視聴後感想ぜよ♪】 裏では24時間以上放送している【24時間テレビ】が放送中、今クライマックスへ!!!でも私は龍馬伝へ♪今回は龍馬が京都で薩摩藩(西郷さん)と長州藩(木戸=元桂さん)を仲良し子良しにするため奮闘中です。 ... » more

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第35回「薩長同盟ぜよ」 どおおおしましたっ?いきなり予告編で亀甲・・ゲフンゲフン、い、いえ、縛りあげられて吊られているじゃないですか、我らが弥太郎先生!!!どういうショーのエンターテインメント?あ、新撰組?のこのこ京都に出てきたらから?うわあ、災難!にしてもし ... » more

意外と淡々。 ... » more
テーマ 龍馬伝

か、哀しい。近藤長次郎役の大泉洋さんが、「龍馬伝」の公式サイトに書いている。http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/topics/20_comments/page2.htmlその一部より、> ... » more
テーマ 龍馬伝 広島 高知

「龍馬伝」が描かない世界 龍馬が大きく影響を受けた人物に大久保一翁という幕臣がいる。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも津本陽の「龍馬」にも登場する人物なのだが、今のところNHK版「龍馬伝」には登場しない。幕臣でありながら早い段階で「大政奉還」を着想してお ... » more

企業で働いていると、今の利益と、理念やらコンセプトやらと、どちらを優先すべきか、考えることがある。今回を見ていると、そういうことはいつの時代も同じだと感じた。龍馬らは、薩摩が調達した軍艦と銃を長州に首尾よく届けた。 ... » more

あらら ... » more
テーマ 龍馬伝

 

最終更新日: 2016/11/29 02:10

「龍馬伝」のブログ関連商品

» 「龍馬伝」のブログレビュー をもっと探す

「龍馬伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る