誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    龍馬伝

龍馬伝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「龍馬伝」のブログを一覧表示!「龍馬伝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「龍馬伝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「龍馬伝」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

龍馬遭難の地 寺田屋 久しぶりに、龍馬のことです。『龍馬伝』も今がピークですね〜。やはり龍馬の一番の業績は、長州と薩摩を結びつけたということですね。これは、多分他の人では難しかったと思います。そしてこの薩長同盟(1866年1月21日)が明治維 ... » more
テーマ 龍馬伝 坂本龍馬 歴史史跡  コメント(2)

三都を巡る龍馬伝の旅:大阪編初日 大阪夏&冬の陣巡りを終えて後半は龍馬伝巡りです前半に時間かけすぎて大阪土佐藩邸周辺に着いたのは午後4時近くでした大阪上本町駅そばにあるホテルを出て長〜い長〜い地下道を歩き谷町九丁目駅から地下鉄千日前線に乗って西長堀駅へ ... » more
テーマ 龍馬伝 大阪 旅行

龍馬伝、第35回を視た。 お登勢・草刈民代さんは、映画『Shall we ダンス?』を見て以来のファンなのだ。バレリーナとしての評価はわしは門外漢なのでさておき、これほどノーブルな表情を持ったアクトレスは希少ではなかろうか。そして今夜なのだが、これまでの登場 ... » more

この大河ドラマの、一つのクライマックスだと思う。薩長同盟。江戸幕府300年の歴史に終止符を打つ、クーデターの直接的な要因となったのが、この両雄の同盟だろう。「犬猿の仲」なんて言葉も生易しいぐらい、互いに憎しみ ... » more

1866年1月龍馬は近藤長次郎の妻・お徳の下を訪ねた長次郎の最期を伝えるために長次郎は最後までお徳さんと百太郎のことを心配しとったが旦那様は悪いことをしたんですか?長次郎はもっともっと学びたいと思っとった ... » more

第35回「薩長同盟ぜよ」視聴率15.4%龍馬は、大坂の大和屋に寄り、長次郎の妻・徳(酒井若菜)に、長次郎の写真を渡し、切腹したことを告げる。「旦那様は、立派なお侍になられたのですね」ここの、お徳がすごくい ... » more

この大河ドラマ、激アツです。命がけで日本を守るために生きる坂本龍馬。本当にすごい時代だと思います。日曜のこの時間にあるので明日からまた仕事なのですが自分ももうちょっと頑張らなくてわっという気持ちになります。 ... » more

回り道をした薩長同盟がとうとう成立します。弥太郎は新選組に捕えられ、拷問を受けますが、あっさりと吐いてしまいます。新選組と見廻組との確執も描かれていました。この後、見廻組は致命的なミスをしてしまいます。お龍さ ... » more
テーマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第35回「薩長同盟ぜよ」 どおおおしましたっ?いきなり予告編で亀甲・・ゲフンゲフン、い、いえ、縛りあげられて吊られているじゃないですか、我らが弥太郎先生!!!どういうショーのエンターテインメント?あ、新撰組?のこのこ京都に出てきたらから?うわあ、災難!にしてもし ... » more

意外と淡々。 ... » more
テーマ 龍馬伝

か、哀しい。近藤長次郎役の大泉洋さんが、「龍馬伝」の公式サイトに書いている。http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/topics/20_comments/page2.htmlその一部より、> ... » more
テーマ 龍馬伝 広島 高知

「龍馬伝」が描かない世界 龍馬が大きく影響を受けた人物に大久保一翁という幕臣がいる。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも津本陽の「龍馬」にも登場する人物なのだが、今のところNHK版「龍馬伝」には登場しない。幕臣でありながら早い段階で「大政奉還」を着想してお ... » more

企業で働いていると、今の利益と、理念やらコンセプトやらと、どちらを優先すべきか、考えることがある。今回を見ていると、そういうことはいつの時代も同じだと感じた。龍馬らは、薩摩が調達した軍艦と銃を長州に首尾よく届けた。 ... » more

あらら ... » more
テーマ 龍馬伝

コルビット日誌近藤長次郎
近藤長次郎 本日の龍馬伝、遂に大泉洋さんこと近藤長次郎さんが死んでしまいました。本当に命がけの時代で必死に生きてこられたことに敬意を表したい思いになりました。そう考えると本当に今の時代は良い時代だと思えてしまいます。 ... » more

龍馬ら亀山社中の面々は薩摩名義でグラバーから軍艦・ユニオン号を買い付けた記念として衣装を作って、それを着て写真を撮ることにした朝廷は幕府に長州征伐を促した。長州にも薩摩にも猶予はなかった。その頃、 ... » more

ついに大型取引を終えた、近藤長次郎。元商人らしく、毛唐の悪逆な騙しテクニックにも引っかからず、こちらに優位に話を進めるあっぱれな手際。勘定を一手に握り、すべてを出し抜く知力と胆力。勤王党の武市さんどこの収二郎さんのよ ... » more

今回は、長い間龍馬とともに行動し、亀山社中の中でもひときわ活躍していた近藤長次郎が切腹して亡くなりました。町人から侍になった長次郎。龍馬がその場にいたら、その死は止められたでしょう。このときの反省から、亀山社中の取り ... » more
テーマ 龍馬伝

第34回「侍、長次郎」視聴率16.3%亀山社中は、手に入れたユニオン号を、薩摩名義の桜島丸と名づけて、下関へ運んだ。仇敵・薩摩に借りを作ったことを不満に思う長州藩士も少なくはなく、桂は板ばさみに悩んでいた。 ... » more

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第34回「侍、長次郎」 俺がおったら殺させはせぬのじゃった〜〜〜!いよいよ今宵は・・・このタイトルと先週のフラグを思い合わせたらもう逃げ場なしのオーラスの悲劇の最期のチョー泉・長次郎殿っ!どんな涙が我々を待っているのか!UKへ行け・・・ないのねえ〜〜〜。今 ... » more

三都を巡る龍馬伝の旅:神戸編2日目 JR神戸駅方面を散策した初日に続き神戸2日目の朝です朝5:30から起き出し三ノ宮の北の方にある北野異人館を見にいきます風見鶏の館オランダ館上の方に行くと港みはらし台というのがあります(狭い道を登って行く) ... » more
テーマ 龍馬伝 旅行 兵庫

龍馬伝、第33回を視た。 ちょっと今回は切ないなあ。近藤長治郎との別離がいよいよ迫ってきた。キャストの大泉洋さんは、がさつ面々の中にあってユーモラスな味を出して、彼ならではの長治郎を創り出している。ドラマの後半では遠く離れて暮らす妻へ手紙を送り、それ ... » more

Freeway Walker武市の夢
2010年7月11日放送大河ドラマ「龍馬伝」第28回 SESON2 RYOMA THE ADVENTURER 完結編 慶応元年閏5月11日。武市半平太、切腹。岡田以蔵、斬首。半平太の自白も切腹も、決め手は大殿様・ ... » more

Freeway Walker龍馬の大芝居
2010年7月4日放送大河ドラマ「龍馬伝」第27回海軍操練所閉鎖後、龍馬の足取りには空白がある。その期間を利用した、「龍馬伝」オリジナルのエピソード。半平太と以蔵を助ける為、龍馬が土佐へ密入国!しかも、そのキッカケを ... » more
テーマ 龍馬伝

タコ部屋から武士の家計簿
武士の家計簿 今年12月公開される映画「武士の家計簿」。主演は堺雅人。その奥方役に仲間由紀恵。監督は森田芳光だが、音楽は大島ミチル。組合わせで行くと大河ドラマ「新選組!」「篤姫」、「功名ヶ辻」、「天地人」の掛け合わせということになる。 ... » more

Freeway Walker西郷吉之助
2010年6月27日放送大河ドラマ「龍馬伝」第26回今回の見所は、序盤・中盤・終盤に計3つ。1つ目は、西郷吉之助(高橋克実)の初登場。柔和な笑みを絶やさず、どっしりと構える薩摩軍の参謀。その風格は、西郷吉之助のイメージに ... » more
テーマ 龍馬伝

三都を巡る龍馬伝の旅:神戸編初日 2010年8月9〜13日に神戸・大阪・京都と三都を廻り龍馬伝の舞台を散策してきました8月の旅行はお盆も兼ねてるのでまずは大阪に立ち寄りお墓参りを済ませますまぁ例年通り新幹線下りてから移動時間も含めて2時間くらいで終わっちゃう ... » more
テーマ 龍馬伝 旅行 兵庫

長次郎やった! ... » more
テーマ 龍馬伝

前回、龍馬が出した「手土産案」により、薩摩の西郷が再び長州と手を組むことに同意した。涙を流して喜んだ龍馬と中岡。でも、勝負はここからである。手土産を得て長州に届けるという重大な事業を、亀山社中で果たさなければならない。 ... » more

長州では幕府との戦に備えて日々鍛錬に励んでいた。そんな中、桂の下に一通の手紙が届いた。桂殿高杉殿西郷殿は今度こそは覚悟を決められたがやき長州のために薩摩の名義で軍艦と銃を買うがじゃこれらは必ずわしらが手に ... » more

 

最終更新日: 2018/02/24 16:30

「龍馬伝」のブログ関連商品

» 「龍馬伝」のブログレビュー をもっと探す

「龍馬伝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る