誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸時代

江戸時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 日本史
テーマ「江戸時代」のブログを一覧表示!「江戸時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江戸時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江戸時代」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

落語の中の言葉66「駆込寺」 五代目春風亭柳朝「駆込寺」より自分では締められないと女房お竹に角帯を締めてもらって出かけた亭主が、酔っぱらって帰ってきた時には帯の締め方が違うところから、翌朝夫婦げんかとなる。女房は「今までと違って、いざ鎌倉と言うときには相談に来い ... » more
テーマ 江戸時代 駈込寺 落語

世界遺産の二条城についてなのですが、改修計画がとん挫しそうな状況になったそうです。その二条城についてなのですが、一口城主としまして改修資金を寄付で賄おうとしていたんです。総工費の半分にあたる50億円を市民らの募金でまかなう計画だ ... » more
テーマ 江戸時代 城郭史 中世史

マインドコントロール、マインドコントロール2の著者である、池田整治氏がインタビューで「21世紀の武士道とは?」を語っている。今、二冊とも友人の勧めで借用し読んでいるところだが、ワールド・フォーラムが You Tu ... » more

落語の中の言葉65「掘抜井戸」 六代目三遊亭円生「子は鎹」より夫婦別れした父親にしばらくぶりに会い、お金を貰った亀坊。母に糸を巻くのを手伝わされるところで、鼻をかむように云われる。「あたいの洟〔はな〕はすぐ出てきちゃう、かんでも駄目なんダ、あたいの鼻は掘り抜き ... » more
テーマ 江戸時代 落語

落語の中の言葉64「芸人は客にせず」 三代目古今亭志ん朝「お若伊之助」より一中節が習いたいという一人娘お若のために、母親で後家の女主人が出入りの鳶の頭初五郎に女師匠を頼むと、もと侍で大変に堅いものがいるので是非にと初五郎がたのむので伊之助に来て貰う。ところがこの伊之助と ... » more
テーマ 江戸時代 落語

時雨亭往還東京の田舎は東京
東京の田舎は東京 江戸東京たてもの園の西ゾーンの一番西側に、茅葺の民家が隣接して三棟ある。あまり時間もないので、それらを慌しく回った。「江戸東京たてもの園」には、さまざまな建物があるが、この田舎テイスト満点のエリアがお気に入りだ。 ... » more

時雨亭往還いま 写楽がブームらしい
いま 写楽がブームらしい 大震災の影響か、会期が延長された東博の「写楽 特別展」が明日12日に終わるが、以前から謎とされた写楽の正体が判ったということも、ブームを助長しているのだろう。この「判った」とは、「ほぼそうではないか」と推理され、ある程度の結論ら ... » more

五代目柳家小さん「高砂や」より御出入り先の御店へお嫁さんの橋渡しをしたところから、仲人を頼まれた八っつアん、ご隠居のところへ仲人の仕方を聞きに行く。いろいろ教えてもらった上で、ご祝儀に高砂の小謡をうたったらどうだと勧められ、「高砂や ... » more
テーマ 江戸時代 祝言 落語

「江」ゆかりの建長寺唐門なのですが、修理事業がおこわれていました。その建長寺の唐門(からもん)の修理事業がこのほど終了したとのことなんです。建立された江戸時代初期の姿がほぼよみがえった、とのことです。その門なのですが、非常に ... » more
テーマ 江戸時代

江戸文化講座 最終回 −着物の柄と着方― 前回、前々回へたくさんの気持ち玉、メッセージいただき、ほんとにありがとうございましたすっごくうれしかったですありがとうございました〜。 ... » more

君はいま駒形あたりほととぎす この季節、それも駒形となれば、自然と口をつくのがこの句。何とも爽やかな印象を受ける名句だ。作者は新吉原の高尾太夫。代々継がれた花魁の大名跡である。客に惚れてはいけない掟の遊女ながら、その心情は可愛らしくいじらしい。 ... » more

江戸文化講座 2回目−髪形のお話− & ありがとうショコラちゃん 江戸文化講座二回目、髪形の講義を聞いてきました。面白かったです〜平安以降、桃山時代まで、日本女性は「垂髪」と呼ばれる、長く垂らした髪形、もしくは低い位置で後ろで結んだ髪形だったのだそうです。 ... » more

江戸文化講座 1回目♪-日本は白塗りの国だったのね・・- 先日、茶子ちゃんと明治神宮に行った時に見てきた、太田記念美術館に再び行ってきました。最初に言っておきますね。今日は、長いです。しかも興味のない方はまったく興味なし!だ ... » more

ヒゲのついでに月代(さかやき)についても少し触れておこう。林美一氏は『時代風俗考証事典』で月代についてこう述べている。月代は剃るのが礼儀ひげの慣習以上に、時代劇で当惑するのは前にもちょっと書いた月代の風習である。月代は武士が兜を ... » more
テーマ 江戸時代 落語 月代

桜尽くしその1 紅枝垂桜に魅せられて・・・神代植物公園 今日は仙台で桜が開花したそうですね。桜が、被災地の方々の痛みや苦しみを、少しでも和らげてくれますように・・・と、誰もがきっとそう思ったことでしょう。ここのところ、また頻繁に大きな余震が続いています。容赦ない地震でさら ... » more

根付(キーホルダー)について。江戸時代、タバコ入れにぶら下げたり、印籠にぶら下げたりしていました。象牙でできたものや翡翠、螺鈿細工、木彫りと材料も多彩です。全体で3〜4センチぐらいでしょうか、 ... » more

前回「髪結床」を取りあげたついでに、江戸時代のヒゲと月代について書いてみる。江戸時代も中期以後はヒゲの無い時代であったことは確かなようである。戦国時代から江戸時代初期にかけてがヒゲの時代であったのとは様変わりである。当世男髭なき事 ... » more

お城関連の情報が入ってまいりました。富山県の富山市にあります、富山城跡にて江戸時代の土塁がこのほど発見されたということです。富山城址(じょうし)公園(同市丸の内)内の富山城跡の発掘調査に手発見されたそうなのですが、具体的な内容と ... » more
テーマ 江戸時代 城郭史  トラックバック(1)

丸腰の一般人が複数の武士を殺傷する事件。江戸時代にそんなことがあったの? ●●●●●★歴史★●問題:落語の「たがや」をご存じでしょうか。川開きの花火が打ち上げられる日。江戸の両国橋は見物人が押しかけ、大賑わいです。「上がった、上がった、上がった、たぁまぁやぁ〜」という掛け声もそこここで聞かれます。■善男善 ... » more

落語の中の言葉59「髪結床」 落語に出てくる髪結床はひげを剃るところばかりである。浮世床・無精床・ぞろぞろ、それに崇徳院も。明治以後につくられたのであろうか、あるいは今の形にまとめられたのが明治以降というのであろうか。江戸時代であれば、ひげを剃ることより髷を結うことや月 ... » more
テーマ 江戸時代 髪結床 落語

愛媛県の松山城ですが、三の丸で発掘調査が行われているとのことです。その発掘調査の内容なのですが、上級武士の屋敷跡の礎石列や石塔の相輪などが見つかったそうです。松山城は江戸時代ということでそれほど古いものでもありませんが、当時の武 ... » more
テーマ 江戸時代 城郭史  コメント(1)

Show the ショウ大奥
大奥 こちらの「大奥」は2006年公開の映画。実際にあった「絵島生島事件」をモチーフにして、主演には仲間由紀恵、高島礼子等。大奥の権力争いの中で、大奥総取締まりの月光院派の絵島が天英派の陰謀にはまり、その座を追い落とされる。という ... » more

十代目柳家小三治「居残り左平次」より居残り左平次で、遊びには上中下の区別があり、廓に足を踏み入れないのが上客であるという。「上は来ず、中は昼来て昼帰り、下は夜来て朝帰り、そのまた下は居続けをし、そのまた下は居残りをする」。居残りをす ... » more
テーマ 江戸時代 落語

雪と江戸琳派展それからバーチャル江戸城 雪が降りました。昨日は久しぶりに少〜し 積もりました。ラムネは雪が見えるのかな〜?ずっと外を見続けています。こっち向いて♪ん?眠いの?ありがとね♪雪大 ... » more

落語の中の言葉57「初午」 三代目古今亭志ん朝「明烏」より「明烏」は初午の日の噺である。いつも部屋で本ばかり読んでいる堅物の息子が珍しく出かけ、なかなか戻らない。母親が心配していると帰ってくる。父親が話を聞くと、今日は初午で横丁のお稲荷さんのところに近所の人が ... » more

千代田のお城 ようやく!去年からの念願かなって、江戸城跡に行ってきました。今日も茶子ちゃんご夫妻とご一緒です♪ご主人が資料を作ってきてくれたんですよ〜〜コースもラン ... » more

「いっちばん」(畠中 恵) 「しゃばけ」シリーズの最新刊です。相変わらず、無敵(!)の病弱でがんばってる若旦那、とうとう誘拐されてしまいました。犯人は天狗、身代金はなんと…いつもなら兄や達の手助けがありますが、今回は若旦那の知恵で勝負。もちろん、事件が ... » more

左近法務事務所の歴史探訪大名の憂鬱
大名の憂鬱 「大名の殿席」とは江戸城に出仕した時に本丸内部のどの部屋に詰めるかによって区別が確立されていた。殿中の詰所は大きく7つに区分される。「大廊下」「溜りの間」「大広間」「帝艦の間」「柳の間」「 ... » more
テーマ 江戸時代 赤穂浪士 吉良家

都会の裏通り・・・史跡とオーガニックランチと昭和のきもの 都会に住む友達が、ランチに誘ってくれました。待ち合わせたのは、大江戸線の牛込柳町。東京にずっと住んでいますが、知らない場所、行ったことのない場所がまだまだたくさんあります。牛込柳町もそんな初めて行く ... » more

落語の中の言葉56「四貫相場に米八斗」 五代目古今亭志ん生「鶴亀」他より五代目古今亭志ん生師匠は噺の中で、昔は物の値段が安かったといって「四貫相場に米八斗」という言葉をよく使っている。これは、江戸時代に「昔はよかった」という意味合いを込めて使われた言葉で、その意味は、 ... » more
テーマ 江戸時代 落語

 

最終更新日: 2016/09/23 14:08

「江戸時代」のブログ関連商品

» 「江戸時代」のブログレビュー をもっと探す

「江戸時代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

冬の鷹 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 冬の鷹 (新潮文庫)
新潮社 吉村 昭

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る