誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸時代

江戸時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 日本史
テーマ「江戸時代」のブログを一覧表示!「江戸時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江戸時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江戸時代」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

拝察 見返り美人図 肉筆浮世絵の美人画  見返り美人図肉筆浮世絵の美人画JR東北線上野駅徒歩9分2012年9月21日(金)拝察東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館本館1階展示室入館料600円《見返り美人図菱川師宣17世紀・江戸時代巧みな均整12 ... » more

いわゆる浅間造ですけど、カッコいいなぁ 切り妻の上に望楼のようなものが載っかっているんですが、神社の拝殿と言うよりは、なんだかお城のようですね。普通の神社の拝殿と比べると、やっぱり迫力が違うなぁ。実に素晴らしい。ちなみに写真に写っているお坊さんが神社で何をしていたのかは知りま ... » more
テーマ 江戸時代 望楼型 神社

Show the ショウ映画 天地明察
映画 天地明察 岡田准一主演の天地明察。4代将軍の頃の江戸時代。星好きな碁打ち安井算哲がいた。星好き、算術得意な事を見込まれて、北極出地隊の一員に命じられる。星を観測して、地理を測定するというもの。予定の1年以上をかけて測定を行った。江戸に帰ってき ... » more
テーマ 江戸時代 映画

落語の中の言葉89「商売往来」 三代目三遊亭金馬「高田馬場」より金馬師匠は「高田馬場」の枕で、「古い商売往来というのを調べて見ましても噺家と泥坊ばかりは出ていない。泥坊と噺家といっしょにしますと、泥坊が怒るかも知れませんが」と話している。「商売往来にない商売」 ... » more
テーマ 江戸時代 商売往来 落語

拝見 江戸時代の美人画 多色刷りの浮世絵 錦絵 江戸時代の美人画多色刷りの浮世絵錦絵JR東北線上野駅徒歩9分2012年9月21日(金)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館本館2階展示室入館料600円《五節集勝川春潮大判・錦絵18世紀美人画だ12. ... » more

十月三十日朝日新聞夕刊の「らくごよみ」に三遊亭竜楽師匠は「阿武松」を取り上げ、その初めの所に次のように書かれています。「竜楽さん、五斗俵2俵の仕送りはおかしい。1俵は4斗ですよ」地方の寄席でこんなご指摘をいただきました。確かにご説ご ... » more
テーマ 江戸時代 落語

落語の中の言葉88「蕎麦」下 また江戸時代初期の蕎麦切は今の蕎麦とは違っていたようである。土民仕置覚と同じ寛永二十年(1643)に最初の料理本ともいえる『料理物語』が出版された。それ以前のものの多くが包丁流派による「料理の式法を伝えたもの」であるのに対して、「徹底し ... » more

落語の中の言葉87「蕎麦」上 九代目入船亭扇橋「蕎麦の隠居」よりあまり見かけない品の良い隠居が蕎麦屋へ来て「お蕎麦を半分」と注文する。食べ終わって「おいくらかな」と尋ねると店の者が十六文と答える。主人を呼んで、いま食べた蕎麦が十六文というのはどういうわけかと尋ね ... » more

前回に続き「医者」について。僧侶と医者は、たとえ親が水呑百姓やその日稼ぎの裏長屋の住民であっても、本人の能力次第で、大名旗本から敬われる者に成ることも可能である。僧については寺に入って修行した正式な僧侶以外の者が僧侶に紛らわしい行為 ... » more

落語の中の言葉85「医者」上 六代目三遊亭円生「紺屋高尾」よりお玉が池の先生が久蔵を見舞うところで、久蔵は見るものがみんな高尾に見えるといい、「こうやって話をしていると、先生の顔が……」「気味の悪い男だな。こんなお前、坊主頭の高尾てエのがあるか」。江 ... » more

落語の中の言葉84「屑屋」 三代目古今亭志ん朝「井戸の茶碗」よりこの咄の中で仏像を買ってくれと云われた屑屋の清兵衛さんは、目が利かないので(紙)くずより外は買わないことにしていると最初は断るが、窮状を察して二百文で預かりそれ以上で売れたら半分を届けることにする ... » more
テーマ 江戸時代 屑屋 落語

海岸線散歩 昔の海っぺりを歩いてみた。都営新宿線・住吉駅出口銀行に寄るので、ここからスタート。四つ目通りをひたすら、南へ歩く区役所と防災センター。災害時の本部?大好きな歩道橋から♪北方向歩いてきたほう ... » more
テーマ 江戸時代 海岸線 散歩

落語の中の言葉83「二本差」 十代目柳家小三治「宿屋の仇討」より旅籠の若い者伊八は、うるさくて眠れないと怒っている客が士であることを「二本差している」と表現している。二本差=士。これは刀の大小二本差せたのは原則として士に限られたからである。町人は特に許された者以 ... » more
テーマ 江戸時代 二本差 落語

日本史の「謎解き」06 ”米”はどこへ消えた? この「統計」?が正確なものか、もちろん議論もあるでしょうが、江戸時代の米の生産量と人口には(幾分の凸凹はあるものの)、概ね比例関係があるように見えます。つまり、人口が2,000万人と推定される頃の米の生産量は概ね2,000万 ... » more
テーマ 江戸時代 鎖国 士農工商  トラックバック(2)

落語の中の言葉82「玉屋」 三代目桂三木助「たがや」より三木助師匠は咄の枕にオチの伏線として「玉屋アー」という花火の誉め方を出し、また玉屋と鍵屋と二軒の花火屋があったが、玉屋は自家火を出して御取潰しなった。それなのに大概は鍵屋と云わずに玉屋と云うといって狂歌を ... » more
テーマ 江戸時代 玉屋 落語

落語の中の言葉81「放し亀」 五代目古今亭志ん生「後生鰻」より咄のまくらに「放し亀」が出てくる。自分の功徳や先祖供養のために放たれる生き物は亀のほかは鰻や雀が多かったようである。広重の『江戸名所百景』中の「深川万年橋」に描かれた亀も「放し亀」のように思われる ... » more
テーマ 江戸時代 落語 放し亀

落語の中の言葉80「お歯黒」続 吉原遊女はいつから歯を染めるのであろうか。幕末の江戸の様子をまとめた『江戸町方の制度』によると、遊女の突出し突出しとは、新造の始めて遊女として客を取るの時を云ふなり。(中略)さて突出しの儀式は当日より十日ばかり前に姉女郎の懇意なる家 ... » more
テーマ 江戸時代 お歯黒 落語

「漆の文化史」展というものが開催中とのことです。その「漆の文化史」展なのですが、豊岡市日高町祢布の博物館、但馬国府・国分寺館が会場とのことです。日程は8月28日までとなっているそうです。その漆の文化史展なのですが、縄文土 ... » more
テーマ 江戸時代 古代史 中世史

日本史の「世界標準」02識字のお膳立て 子供「アタイ、『たかさごや〜』っての、もう覚えちゃった!」大家「聞こえていたか。祝言に向けてしばしの特訓じゃった」子供「たかさごや〜、このうらぶねに〜、ほをあげて〜・・・」大家「真似をしなくてもよい。それより、それを忘れないよう ... » more

落語の中の言葉79「お歯黒」 十代目金原亭馬生「幾世餅」より子供の頃見た時代劇映画では既婚の女性は眉を剃りお歯黒をしていた。少し不思議な或いは不気味な印象を受けたように記憶している。放送が始まった頃のテレビドラマの時代劇も映画と同様であったと思う。それが何時の頃 ... » more
テーマ 江戸時代 お歯黒 落語

香川県の丸亀城跡についてなのですが、野づら積みの石垣にちょっとした発見があったそうです。その石垣なのですが、鉄製のくさびで加工されたとみられる石が発見されました。鉄製のくさびが普及するのは寛永年間(1624〜44年)以降ということで ... » more
テーマ 江戸時代 城郭史

三河徳川家の歴史 『三河物語(下)』 大久保彦左衛門 原著小林賢章 訳新書 出版社:教育社発売日:1980/02 ... » more

別冊宝島 126 『江戸の真実』 -誰も挑まなかった近世日本のわかり方- 単行本:270ページ 出版社:宝島社 発売日:1991/02 寸法:21 x 14.6 x 1.5 cm ... » more
テーマ 江戸時代 宝島

久太郎の本棚松本藩要覧
松本藩要覧 パンフ:20ページ出版元:日本民俗資料館・松本市立博物館発売日:1984寸法:B5 ... » more

高山城下町絵図についてなのですが、発刊されたとのことです。その高山城下町絵図なのですが、江戸時代から昭和にかけての高山の絵図や地図類64点を収録したものになっています。・戦国時代の天神山城(後の高山城)本丸や道路を描いた「天 ... » more
テーマ 江戸時代 城郭史 中世史

別冊歴史読本 『図説江戸ものしり辞典』 出版社:新人物往来社 発売日:1985 ... » more
テーマ 江戸時代 時代考証 歴史読本

江戸お留守居役の日記 -寛永期の萩藩邸- 単行本:294ページ 出版社:読売新聞社 発売日:1991/7/17 寸法:19.6 x 13.8 x 2.4 cm ... » more

落語の中の言葉78「搗米屋」 五代目古今亭志ん生「搗屋幸兵衛」より搗米屋というのは今日の米屋さんである。米問屋あるいは仲買から玄米を仕入れて精白し白米を小売りする。搗き賃をもらって精米もしたようである。三代目三遊亭金馬師匠の「狂歌家主」には、狂歌の好きな家主が嫁 ... » more
テーマ 江戸時代 搗米屋 落語

久太郎の本棚江戸参府旅行日記
江戸参府旅行日記 ケンペル 著斎藤信 訳371ページ 出版社:平凡社 (1977/02) 発売日:1977/02 ... » more
テーマ 江戸時代 旅行・紀行 日本史

落語の中の言葉77「六代横綱阿武松」下 前回は六代横綱・阿武松という言葉の中の、「六代横綱」についてであったが、今回は阿武松緑之助について。阿武松は文政十一年(1828)二月に吉田司家から横綱を免許されている。谷風・小野川が横綱免許を受けた寛政元年(1789)から実に三十九年 ... » more

 

最終更新日: 2017/07/21 14:35

「江戸時代」のブログ関連商品

» 「江戸時代」のブログレビュー をもっと探す

「江戸時代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ]
楽天Kobo電子書籍ストア

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「江戸時代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る