誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸時代

江戸時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 日本史
テーマ「江戸時代」のブログを一覧表示!「江戸時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江戸時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江戸時代」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

落語の中の言葉135「江戸三大祭ー補足『附祭』」 「附祭」について神田祭りを中心に少し補足しておこう。江戸の祭りの歴史を概観すると、初期は京や大坂に負けない盛大な祭りにする意向が幕府にもあったらしい。江戸が発展し町人に経済力が付くに従って益々盛大になったようである。それが幕政改革が ... » more
テーマ 江戸時代 祭り

この本は、日本の情報を海外に向けて発信することを目的とした英文雑誌「ジャパン・エコー」誌のために執筆されたものの中から、江戸時代を見直す視点で書かれたものをまとめたものである。それぞれの識者が書いた次の12篇が収録されている。「富士山」、「 ... » more
テーマ 江戸時代 近世史

落語の中の言葉134「江戸三大祭り」 十代目柳家小三治「百川」より咄の枕で「江戸三大祭り」という言葉をあげ、山王祭、神田祭ともう一つは、三社祭だという人と深川八幡だという人があるといっている。江戸「三大祭り」というのは語呂がいいのでそういうだけで実際は二大祭である。そし ... » more

落語の中の言葉133「隅田堤の桜」 飛鳥山のついでに幕末の江戸で一番人気があったという隅田堤の桜についてふれておこう。隅田堤の人気が出たのは比較的新しいようである。安永(1772-80)から寛政(1789-1800)の風俗のあらましを述べた『昔ばなし』には次のようにある。 ... » more

落語の中の言葉132「飛鳥山の花見」 十代目金原亭馬生「花見の仇討」より 花見の趣向として「敵討ち」を考え、飛鳥山へ行くが大失敗となる咄である。滝亭鯉丈『花暦八笑人』春の部壱の巻(文政三年(1820))がもとと云われている。文政頃は花見に趣向を構えることも多かったらしい ... » more

お彼岸ですね。今日春分の日。 お彼岸とは、彼岸会とよぶ仏教の行事。明日21日が春分の日にあたり、お彼岸の中日になる。彼岸の入りの18日にお墓を掃除に行った。我が家の菩提寺は、佐島の東蔵寺さん、浄土真宗のお寺です。うちのお墓から、海が見えます。昔はもう少し広く見えたの ... » more
テーマ 江戸時代 歴史 漁民

落語の中の言葉131「高尾の手紙」 「仙台高尾」に出てくる高尾の手紙は夕し浪のうへの御帰らせ、御やかたの首尾いかにおはしますや、御げんのまま忘れねばこそ思ひ出さず候かしく君はいま駒形あたりほとゝぎす三浦屋内高尾やかたの君えである。高尾の手紙と云われてい ... » more

落語の中の言葉130「(仙台)高尾」 三代目三遊亭金馬「(仙台)高尾」より この噺は巷間に伝わる伊達侯と高尾に関する俗説を落語にしたもののようである。三浦屋の高尾は、七代説と十一代説があり、両説とも内容の異なるものが複数ある。古今亭志ん生師匠は「お直し」その他で、子持ち ... » more

落語の中の言葉129「穴蔵」 八代目桂文楽「穴どろ」より三両あれば何とか年が越せるからと工面にでたものの、金ができず家に帰ると女房に責められ腹を立てて再び家を出たが当ては無し、歩き回っていると大店の切戸から奉公人が隠れ遊びに出かけ、切戸が風にあおられバタンバタン ... » more
テーマ 江戸時代 落語

拝見 江戸時代から明治時代に連なる美しく豪華な螺鈿の伝統 江戸時代から明治時代に連なる美しく豪華な螺鈿の伝統JR東北線上野駅徒歩9分2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《花鳥螺鈿薬瓶箱明治時代・19世紀からくり ... » more
テーマ 江戸時代 工芸

拝見 江戸時代のカラフルな磁器 伊万里、仁清、京焼 江戸時代のカラフルな磁器伊万里、仁清、京焼JR東北線上野駅徒歩9分2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《色絵飛鳳文輪花鉢伊万里江戸時代・17世紀飛鳳が回 ... » more

落語の言葉128「蔵の目塗り」 八代目林家正蔵(のち彦六)「火事息子」より咄のなかに蔵の目塗りをするところがある。蔵さえあれば火事があっても安心というわけではない。日頃の維持管理が重要で、壁土の崩れやひび割れ、鼠穴などをしっかり補修しておかなければ火は防げない。ま ... » more
テーマ 江戸時代 落語

拝察 美しい変形 芸術性の高い素焼きの備前焼、高釉薬の高取焼 美しい変形芸術性の高い素焼きの備前焼、高釉薬の高取焼JR東北線上野駅徒歩9分2014年9月23日(火)拝察東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《矢筈口水指備前焼江戸時代・17世紀へた ... » more

拝見 安土桃山から江戸時代の西欧に輸出された美しい螺鈿の漆器 安土桃山から江戸時代の西欧に輸出された美しい螺鈿(らでん)の漆器JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《花鳥樹獣蒔絵螺鈿聖龕Ch ... » more
テーマ 江戸時代 工芸

落語の中の言葉127「凧」 十代目柳家小三治「初天神」よりあれ買ってくれこれ買ってくれと云わないという約束でいやいや初天神へ連れて行くと、心配した通りあれ買えこれ買えが始まる。飴を買い、団子を買い、凧まで買わされ、参詣もしないうちに凧を揚げたいという。子に手伝 ... » more
テーマ 江戸時代 落語

拝見 歌麿が描いた美女 江戸時代の青樓仁和嘉女藝者之部、風流花之香遊 歌麿が描いた美女江戸時代の青樓仁和嘉女藝者之部、風流花之香遊JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《青樓仁和嘉女藝者之部・淺妻船 ... » more

《等々力のさんそ》の独り言江戸川柳
江戸川柳 「男と女の江戸川柳」 小栗清吾/著 平凡社 2014.1.15江戸川柳の中から破礼句(ばれく)、すなわち卑猥なことをよんだ川柳を720句を選んで掲載、解説したもの。「はまぐりは初手赤貝は夜中なり」が冒頭に掲載されているが、江戸時代の ... » more
テーマ 江戸時代 川柳

拝見 喜多川歌麿の繊細で優麗な美人が揃う 絹本、錦絵 喜多川歌麿の繊細で優麗な美人が揃う絹本、錦絵JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《立姿美人図喜多川歌麿(1753?〜1806)筆江 ... » more

落語の中の言葉126「煤竹羅紗の長合羽ー続」 前回に続き、合羽、渋蛇の目、宗十郎頭巾、江戸留守居役について簡単にふれる。一、合羽合羽には二つの系統がある。一つはキリシタン宣教師などが用いたマント様のもの。それをまねて桐油紙で作ったものを坊主合羽といい、のちに木綿製となったも ... » more
テーマ 江戸時代 落語

拝見 江戸時代の美しい単衣の着物 帷子(かたびら) 江戸時代の美しい単衣の着物帷子(かたびら)JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝見東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《》帷子白麻地寝殿書院風景模様江戸時代・18 ... » more

江戸詰の武士の暮らしぶり。門限破りを避けるための賄賂はいくらぐらいだったの? ●●●●●★歴史★●問題:江戸時代の江戸には、町人人口とほぼ同じぐらいの武士がいたと言われています。その中には幕臣たちも多くいました。また地方から江戸に来ている武士たちも多くいたようです。■江戸に来ている武士を江戸詰(えどづめ)とか ... » more

三代目古今亭志ん朝「柳田格之進」より講釈から落語になったものであろうか。武士の一分を脇に置いてハッピーエンドの人情話となっている。このなかで気になるところがある。万屋の番頭徳兵衛が柳田格之進に再会するところである。朝から泣き出しそう ... » more
テーマ 江戸時代 落語

落語大好き髪置追補
髪置追補 「歴世女装考」に「三歳の春より髪を生す」とあるが、全面的に生やすわけではない。一部分を剃り残すのである。その部分は、盆の窪、額、百会、耳の上などである。守貞謾稿(巻之十二)を見ると今世、江戸の稚女には専ら芥子・奴・ごんべ、前髪を置く ... » more
テーマ 江戸時代 髪置 七五三

拝察 豪華な金模様が多い江戸時代の蒔絵 盃及び盃台、菓子器 豪華な金模様が多い江戸時代の蒔絵盃及び盃台、菓子器JR東北線上野駅徒歩9分 2014年9月23日(火)拝察東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館日本館入館料620円《青海波水鳥蒔絵螺鈿盃及び盃台永田友治江 ... » more
テーマ 江戸時代 蒔絵

落語の中の言葉124「七五三ーお七夜続き」 十代目桂文治「子ほめ」より前回に続いて通過儀礼の祝いについて紹介する。江戸時代の中期以後、江戸の町方で行われた主なものは七五三の祝いである。七五三の祝今月(十一月)十五日は嬰児の宮参りにて、男女三歳を髪置きの祝と唱え、男子五歳 ... » more

落語大好き歌川国貞の二十六夜待の絵
歌川国貞の二十六夜待の絵 落語とは関係ありませんが、先日太田記念美術館で「歌川国貞」展を見て来ました。一枚気になる絵がありました。「十二月之内文月廿六夜待」です。(下図)「豊国画」とありますが、国貞は豊国の門人で二十二、三歳頃から売り出し、後に師の名を継いで ... » more

十代目桂文治「子ほめ」より隠居のところにタダの酒があると聞いてご馳走になろうと訪ねると「タダ」ではなく「灘」とわかりがっかり。酒でもご馳走になろうと思ったらお世辞がなくてはいけないと云われ、人の褒め方、赤ん坊の褒め方を教わり、長屋の ... » more
テーマ 江戸時代 落語

落語の中の言葉122「客に上中下・再考」 吉原関連をもう一つ。かつて「上は来ず、中は昼来て昼帰り、下は夜来て朝帰り、そのまた下は居続けをし、その又下は居残りをする」という言葉をとりあげて、女郎屋の主人にとっては金を沢山使ってくれるのが上客のはずであるのに、「上は来ず」とはどういうこ ... » more
テーマ 江戸時代 落語

「言うことを聞く」人間を大量につくることが目的!安倍政権/江戸時代の大衆は過度な同調意識は皆無だった 「言うことを聞く」人間を大量につくることが目的!安倍政権/江戸時代の大衆は過度な同調意識は皆無だった! 晴耕雨読様よりhttp://sun.ap.teacup.com/souun/15 ... » more

落語の中の言葉121「馬道」 吉原通いの馬が通ったところから「馬道」と呼ばれたといわれるがこれにも疑問がある。馬道についてはいくつか説がある。浅草の雷門と俗にいふは、遙か後の新造なり、むかしは、今の山門、一町ばかり前、右の方の道、東北のはづれ、竹門といふもなしに ... » more
テーマ 江戸時代

 

最終更新日: 2017/08/19 02:06

「江戸時代」のブログ関連商品

» 「江戸時代」のブログレビュー をもっと探す

「江戸時代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ]
楽天Kobo電子書籍ストア

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「江戸時代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る