誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    吉田修一

吉田修一

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「吉田修一」のブログを一覧表示!「吉田修一」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「吉田修一」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「吉田修一」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 吉田修一

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 吉田修一

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 吉田修一

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 吉田修一

さよなら渓谷 吉田修一 新潮社 上手いなあ・・と読み進めるごとに思う小説でした。ざわざわと不穏な気配を漂わせる冒頭から、この夫婦には何かある・・と思わせる。渓谷のある集落で、起こった幼児殺人事件。その容疑者の家の隣に、若夫婦が住んでいる。一見何の変哲もない、尾崎と ... » more

吉田修一 『さよなら渓谷』 この猛暑に汗を流しながら読むべき 今年の夏はことのほか暑い。外に出かける気にはならず、しかし、なんの因果かわが家のクーラーが壊れているものだから、生暖かい扇風機の風にあおられながら、汗が流れるままにゴロゴロと読書をしている。そういう、いたたまれないようなかったるい気 ... » more

静かな爆弾 吉田修一 中央公論新社 「想いを伝える」というのは、どういうことなんだろう。最近、これを考えることが多いんですよね。「伝える」ことで何が生まれるのか。人は、自分が考えること、思うことを誰かに伝えたい、と願う。例えば、私は、なんのためにこのブログを書 ... » more

「静かな爆弾」 吉田修一 静かな爆弾吉田 修一 中央公論新社 2008-02売り上げランキング : 2518Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明テレビ局に勤める早川俊平は、ある日公園で耳の不自由な女性と出会う。取材で人の声を集める俊平と、音 ... » more

珈琲Time『悪人』吉田修一
この物語で最も見るべきは主人公・清水祐一の人物造形ではないかと思います。清水は建設現場で働く青年で、出会い系サイトで知り合った女性を山中で殺害し別の女性と逃げ回っている男、事実の上ではそれこそ“悪人”なのだけれども、彼に関わった人物とのやり ... » more
テーマ 吉田修一 読書

吉田修一 『悪人』 人間の本当の値打ちとはなにかを問いかける。 もはや動かしようがない格差の拡大社会と歪められる家族関係を通して人間の本当の値打ちとはなにかを問いかける。このところ家族の絆をテーマにした話題作を二作読んだけれど、いずれも作者が作り上げた抽象的、技巧的世界に読者をひきつけようと ... » more

『パレード』 by 吉田修一 これほどリアルな若者を描いた小説を、私は知らない。18歳から28歳までの男3人と女2人の2LDK共同生活者たちがそれぞれ一章ずつ、自分とそこにいる彼らを冷静に見つめ告白していく構成をとっている。年表化何かにまとめてみれば一目でわかっ ... » more
テーマ 吉田修一 日記

いやあ暑い。都心の昼下がり、日なたに立ち尽くすと頭が割れるくらいっす。こんなときには、赤いソースと赤い太陽を歌ったアノ曲。そう、スガシカオの「ミートソース」!とりあえず考えることは9月になってから。人生に対するこの投げやりで渇いた感 ... » more

先週末の細野晴臣トリビュートライヴ、ええ感じでしたね。老いも若きも織り交ぜて、ゆるやかにぎやかに盛り上っちょりました。個人的には竹中直人の回る部長&ボブ彦がツボでしたよって、それ音楽じゃないだろーっというツッコミは禁止。そんなわけで、今回は ... » more

『悪人』 by 吉田修一 事件が一つ起こったということは、悲劇が一つあったということは、被害者がいて加害者がいて、勝つものがいて負けるものがいる、ということだ。笑うものと泣くものと、楽しむものと寂しいものと。生きるものと死ぬものと。世界は対立する表裏一体 ... » more
テーマ 吉田修一 小説

東京湾景(吉田修一著、新潮文庫) 吉田修一氏の作品を読んだのは芥川賞を受賞した「パークライフ」以来です。舞台はお台場、天王洲アイルと東京のシティ・ライフを感じさせるような場所です。主人公は品川埠頭の倉庫で荷物の揚げ降ろしという肉体労働に従事している亮介です。その彼が出会い系 ... » more
テーマ 吉田修一 大衆小説

おっちゃんの備忘録女たちは二度遊ぶ
「図書館レポート」について最後の息子 (文學界新人賞受賞、破片、water併録) パレード(第15回山本周五郎賞受賞) パーク・ライフ(第127回芥川賞受賞、flowers併録) ランドマーク 春、バーニーズで ... » more

おっちゃんの備忘録図書館レポート
女たちは二度遊ぶ6/7に予約し、10/18到着。資料件数は12件、予約件数は37件(10/18現在)若手?では一番好きな作家で、芥川賞のヤツも含めて5・6冊目かな。左利きの小さいピッチャーを連想してしまう(吉田修二) ... » more

山の生活7月24日通り。
7月24日通り。 気になっているんだけど、なかなか読む機会のない本ってありますよね。私の場合、この本です。吉田修一の「7月24日通り」です。なぜ読まないのかといいますと、文庫本になってから読もうかと考えていたからです。文庫 ... » more

「初恋温泉」 吉田修一 初恋温泉posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 5吉田 修一著集英社 (2006.6)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明2人が2人でいられる場所。突然妻に別れ話を ... » more

吉田修一著、「日曜日たち」を読み終わりました。あらすじ≪ありふれた「日曜日」。だが、5人の若者にとっては、特別な日曜日だった。都会の喧騒と鬱屈した毎日のなかで、疲れながら、もがきながらも生きていく男女の姿を描いた5つのストーリー ... » more
テーマ 吉田修一 読書

初恋温泉 吉田修一 集英社 恋人と、温泉・・。そんな素敵なシチュエーションに陥った経験は、ございません・・(爆)経験はございませんが、その旅が、ホテルに泊まったりするのとはちょいと趣が違うものだろうな、ということは想像できます。妄想派なんで・・。ホテル ... » more

「7月24日通り」 吉田修一 7月24日通りposted with 簡単リンクくん at 2006. 7. 8吉田 修一〔著〕新潮社 (2004.12)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明普通の女には、平凡な未来しかな ... » more

「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一 女たちは二度遊ぶposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 9吉田 修一著角川書店 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明ルーズな女、がらっぱちな女、気前 ... » more

日曜日たち 読破!!!吉田修一“日曜日たち”目の前が海だよ。ラストの話にやられた。心地よい感動。でも、こう言う前向きな終わり方好きwww何気ない日常でも、意味があったりする ... » more

「東京湾景」 吉田修一 東京湾景posted with 簡単リンクくん at 2006. 4. 2吉田 修一〔著〕新潮社 (2003.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明「今度こそ、信じたい」「バカな女にな ... » more

「ひなた」 吉田修一 ひなたposted with 簡単リンクくん at 2006. 3.18吉田 修一著光文社 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明さらけださない人間関係とは−。1組のカップル ... » more

「日曜日たち」 吉田修一 日曜日たちposted with 簡単リンクくん at 2006. 2.18吉田 修一著講談社 (2003.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明きっといつかは忘れてしまう、なのに忘れよ ... » more

「パーク・ライフ」 吉田修一 パーク・ライフposted with 簡単リンクくん at 2005.12.27吉田 修一著文芸春秋 (2002.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明停車してしまった日比谷線の中で、間 ... » more

山の生活俺も、お前も、J.BOY。
明日書くと言っておきながら、明後日になってしまいました。スイマセン。(笑)最近忙しいですね。やれレポート、やれテスト、やれ実験、やれ学科公開、やれ就活(これはまだ本腰ではない?)‥忙しさの中で自分を見失い ... » more

「熱帯魚」吉田修一著 疾走感と停滞感を併せ持つ、"現在"を描いた短編小説集。と、いきなり一行目にそれらしくまとめた結論めいたものを書くのは、いつもこのWeblogは酒を飲みながら書いているので、テキストがどこに向うのか自分で先が見えないからである。 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 02:26

楽天市場のおすすめ商品

「吉田修一」のブログ関連商品

» 「吉田修一」のブログレビュー をもっと探す

「吉田修一」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る